シングルになっている曲はドラマやCMなどに使われていることが多く、よく耳にするため「人気の曲=シングル」ということが多いと思います。しかし、アルバムにしか収録されていない曲で「あまり有名な曲ではないけれど、この曲が一番好き」という一曲がある方も多いのではないでしょうか。そんな少しマイナーとも言える曲の中で、他の人は何の曲が一番おすすめだと思っているのか気になりませんか?

そこで今回は、嵐の歌でアルバムのみ収録されている一番おすすめの曲は何かを、無作為に集めた100名からアンケートをとり、なぜその曲が一番おすすめなのか口コミなどを集計してまとめてみました。

100名に聞いた!「嵐」の歌でアルバムのみ収録されている一番おすすめな曲の口コミランキング

100名に聞いた!「嵐」の歌でアルバムのみ収録されている一番おすすめの曲の口コミランキングのグラフ

1 位 5×10 ( All the BEST!1999-2009 ) … 14 名
2 位 虹 ( Time ) … 7 名
3 位 風 ( Time ) … 4 名
3 位 CARNIVAL NIGHT part2 ( ARASHIC ) … 4 名
5 位 Love Situation ( Time ) … 3 名
5 位 カンパイ・ソング ( 「untitled」 ) … 3 名
7 位 空高く ( 僕の見ている風景 ) … 2 名
7 位 Sugar ( 「untitled」 ) … 2 名
7 位 サワレナイ ( ARASHI No.1(ICHICOU)嵐は嵐を呼ぶ ) … 2 名
7 位 Be with you ( Time ) … 2 名
7 位 素晴らしき世界 ( One ) … 2 名
7 位 Song for you ( 「untitled」 ) … 2 名
7 位 心の空 ( Japonism ) … 2 名
7 位 夏の名前 ( One ) … 2 名
7 位 P・A・R・A・D・O・X ( LOVE ) … 2 名
16 位 Miles away ( Are You Happy? ) … 1 名
16 位 ふるさと ( Japonism ) … 1 名
16 位 Imaging Crazy ( THE DIGITALIAN ) … 1 名
16 位 リフレイン ( 僕の見ている風景 ) … 1 名
16 位 ハダシの未来 ( 5×5 THE BEST SELECTION OF 2002←2004 ) … 1 名
16 位 Hello Goodbye ( Dream”A”live ) … 1 名
16 位 Rain ( ONE ) … 1 名
16 位 ファイトソング ( Love so sweet ) … 1 名
16 位 Zero-G ( THE DIGITALIAN ) … 1 名
16 位 Do my best ( Dream “A” live ) … 1 名
16 位 Summer Splash! ( 僕の見ている風景 ) … 1 名
16 位 Green ( ウラ嵐マニア ) … 1 名
16 位 T.A.B.O.O ( 僕の見ている風景 ) … 1 名
16 位 Gimmick Game ( Dream”A”live ) … 1 名
16 位 FINAL Remix feat.WISH, Love so sweet & One Love ( ONE LOVE ) … 1 名
16 位 LIFE ( Time ) … 1 名
16 位 愛を歌おう ( LOVE ) … 1 名
16 位 証 ( Popcorn ) … 1 名
16 位 身長差のない恋人 ( How’s It Going? ) … 1 名
16 位 また今日と同じ明日が来る ( Are You Happy? ) … 1 名
16 位 エナジーソング~絶好調超!!!!~ ( Beautiful World ) … 1 名
16 位 Asterisk ( THE DIGITALIAN ) … 1 名
16 位 Take Off!!!!! ( THE DIGITALIAN 通常版 ) … 1 名
16 位 「未完」 ( 「untitled」 ) … 1 名
16 位 キミの夢を見ていた ( THE DIGITALIAN ) … 1 名
16 位 マスカレード ( Japonism ) … 1 名
16 位 スケッチ ( ウラ嵐マニア ) … 1 名
16 位 Lucky Man ( How’s it going? ) … 1 名
16 位 miyabi-night ( Japonism ) … 1 名
16 位 Oh Yeah! ( Time ) … 1 名
16 位 ギフト ( 僕の見ている風景 ) … 1 名
16 位 20825日目の曲 ( LOVE ) … 1 名
16 位 メリークリスマス ( THE DIGITALIAN ) … 1 名
16 位 どこにでもある唄。 ( Beautiful World ) … 1 名
16 位 光 ( 「untitled」 ) … 1 名
16 位 彼方へ ( 「untitled」 ) … 1 名
16 位 明日に向かって吠えろ ( 嵐 Single Collection 1999-2001 ) … 1 名
16 位 movin’on ( 僕の見ている風景 ) … 1 名
16 位 暁 ( Japonism ) … 1 名
16 位 シルバーリング ( ARASHIC ) … 1 名
16 位 UB ( 「untitled」 ) … 1 名
16 位 let me down ( 僕の見ている風景 ) … 1 名
16 位 Up to you ( Popcorn ) … 1 名
16 位 旅は続くよ ( Popcorn ) … 1 名
16 位 愛と勇気のチェリーパイ ( ARASHI NO.1(ICHIGOU) 嵐は嵐を呼ぶ ) … 1 名
16 位 Walking in the rain ( How’s it going? ) … 1 名
16 位 ONLY LOVE ( How’s it going? ) … 1 名

100名に聞いた!「嵐」の歌でアルバムのみ収録されている一番おすすめな曲の口コミランキンググラフ結果

今回の調査で見事1位に輝いたのは「 5×10 」でした! この「5×10」は、デビュー10周年を記念して作られた曲で、メンバー全員で作詞を手がけています。歌詞には、それまでの平坦ではなかった道のりやファンに対しての感謝の気持ちが書かれていて、「聞くだけで泣けてくる」というファンも多くいる嵐の名曲です。

今回の調査では、嵐全員で歌っている曲はもちろんのこと、メンバーのソロ曲も入るなど幅広くランクインしました。また、今まで嵐はオリジナルアルバムを16枚発売していますが、そのほとんどのアルバムから曲が入っています。
今回は実に62曲もの曲がランクインしました。「アルバムのみに収録されている曲」は曲数が多いため、上位に入った曲でも票数はそれほど多くなく、票が分散される結果となりました。

100名に聞いた!「嵐」の歌でアルバムのみ収録されている一番おすすめな曲の口コミ調査 BEST5

1位 「5×10( All the BEST!1999-2009 )」-メンバー5人の思いが詰まったデビュー10周年を記念して作られた曲- 14名

今回多くの曲を抑え見事1位に輝いたのは「5×10」でした。この「5×10」は、デビュー10周年の2009年に発売された2枚組のベストアルバム「All the BEST! 1999-2009」のDisc 2の一番最後に収録されている曲で、嵐のメンバー全員で作詞をしています。
この曲が収録されている「All the BEST! 1999-2009」は、嵐のデビュー曲からこのアルバムがリリースされるまでのシングル曲が入った、嵐初のオールタイムベストアルバムで、売上枚数は196万枚とミリオンセラーを達成、嵐のシングル、アルバム含めて1位の売上を記録しています。

口コミでは「嵐のメンバーのこれまでの思いや葛藤などが伝わるし、そしてメンバーやファンの人への感謝が溢れていて泣ける曲」「まさに嵐の5人の10年間が詰まったような曲」などの意見が多数ありました。この曲は、デビュー10周年を記念して嵐のメンバー全員で作詞をしているため、歌詞が心に響くという方が多く、「聞くたびに感動して泣いてしまう」という意見も多くありました。ゆったりとした明るいメロディとメンバーの思いが詰まった歌詞は、「気持ちを前向きにさせてくれる」「胸が温かくなる」などの声も聞かれました。

嵐は、1999年11月3日に「A・RA・SHI」でCDデビューをしたので、2018年11月からはデビュー20周年目のアニーバーサリーイヤーに突入しています。2019年にはデビュー20周年を迎えるため、ファンの中では「5×10」のような曲が収録された「5×20」のアルバムが発売されるのではないかと期待されています。嵐のアルバムは、ほぼ1年に1枚のペースでリリースされていますが、最近では2017年10月に発売されて以降アルバムは出ていません。公式に何も発表されていませんが、前回のアルバムが発売されてから1年以上経っているので、嫌でも期待してしまいますよね。

5×10を選んだ方の年代は?

5×10の年代別グラフ

発売当時10代だった20代の方を中心に票を集めています。口コミにもありましたが「最初に買った嵐のアルバムなので思い入れがある」という方が他にもいるのかもしれませんね。

5×10を選んだ方の口コミ

5人のことを歌っている歌で、車の中で聞いているが、口ずさんでしまうぐらいノリノリで歌える曲です。歌詞の中で、「外野の言葉はシカトする。ハハッ」のところが一番好きなところで何回も繰り返しそこだけ流してしまいます。
小学校の時に嵐に出会ってすごく好きな時期があって、コンサート行ったりコンサートのDVDを夜な夜な見たりしていて嵐の曲はどれも好きだけど、5人が5人の事を思って歌っている5×10が1番好きです。歌っている時の嵐はキラキラしていて最後の5人でいる。ずっといる。て言う歌詞に感激したのを強く覚えています。
この曲は、嵐が結成10周年の記念アルバムに収録されている最後の曲です。結成時からの嵐のメンバーの思いだったり、ファンへの思いを歌詞に込めてあります。歌詞があまりに良くて、当時もグッと胸にくるものがありましたが、今もこの曲を聞くと、当時の楽しかった思い出を思い出したりします。大好きな曲です。
この曲は嵐結成10周年のときに5人全員でアイデアを出し合い作られた曲です。歌詞をよく聞いてみると嵐のメンバーやこれまでこ思いや葛藤などが伝わるし、そしてメンバーやファンの人への感謝が溢れていて泣ける曲です。
嵐の歴史を感じさせられますし、5人の絆が強いものなんだと思いました。嵐の10年はいろんなことがあって、5人で乗り越えてきたんだなと思います。そして、5人で作詞をしたということで、それぞれの強い思いも感じとることができて、聞くたびに感動して泣いてしまいます。
デビュー10周年に発売されたベストアルバム収録されているのですが、作詞が嵐で10年間の嵐の思いがたくさんつまっていて聴くたびに共に過ごした10年を思い出します。ファンと嵐のためにある曲だなぁと思います。
all the best1999-2009に収録されていて、まさに嵐の5人の10年間が詰まったような曲。メンバーへの気持ちにも、ファンへの感謝にも思えるこの曲は、発売当初から絶大な人気を誇っています!シングルでは出さず、10周年のアルバムにだけ収録したのがまた憎いですね!2019年には5×20ツアーが企画され、もしやまた5×20アルバムが発売され、曲も収録されるのでは?と憶測を読んでいます。
嵐のベストアルバムに収録されており、彼らの歩みを表現しているような歌詞が心に響きます。平坦ではない道のりをメンバーとファンで乗り越えてきたように感じられ、とても感動します。心地好いメロディは、気持ちを前向きにさせてくれます。
デビューしたときから嵐が感じていた本音が歌詞になっていて、いままで知ることのできなかった裏側の真実を知ることができます。また、ファンに向けた感謝の言葉がとてもストレートに心に響くだけでなく、いままでの嵐に関する思い出が鮮明に蘇ってくるので、何度聞いても涙が出てくる曲です。
とても特別な曲です。大好きな嵐の軌跡を辿ることの出来る曲だと思います。彼らが考えた曲もたくさんある中で、デビューからの彼らの想いの詰まっている歌詞や、スローテンポではありますが胸があったかくなるような、そんな曲だと思ってます。
嵐の5人が歌詞をを出しあって作詞して、二宮くんが作曲している嵐みんなで作り上げた楽曲だし、嵐結成10周年のときにリリースされていて、10年間のありがとうが込められているように感じました。なので、歌詞ひとつひとつをよく聞き入ってしまう楽曲なのでいいと思いました。
最初に買った嵐のアルバムなので思い入れがあります。また、この曲の歌詞が5人の出会いを書いているので聞くと感慨深いです。そこに自分の出会いも重なり初心に帰りたい時や自分を見つめ直したい時など静かに考えたい時に聞きたくなる曲です。
この曲は嵐がデビューして10年目を迎えるにあたって嵐の皆さん自身が作詞をした記念すべき曲だからです。10年間の思い出や応援してくれているファンの方たちに向けたメッセージも綴られており聞いているととても嬉しくなります。
嵐が結成されて10周年が経ったことを記念して作られた一曲で、嵐の絆やそれまでの道のりを感じられる曲だからです。メンバーそれぞれが歌詞を考えた曲なので、嵐に対する想いを真っ直ぐに感じられるところが好きです。とても温かい曲だと思います。

2位 「虹 ( Time )」-優しいメロディが胸にしみる二宮さん作詞のソロ曲- 7名

2位に入った「虹」は、2007年に発売された7枚目のアルバム「Time」の初回限定盤のみに収録されている曲で、二宮和也さんのソロ曲で、作詞も二宮さんが手がけています。この初回限定盤のみに入っている特典CDには二宮さんだけでなく、メンバー全員のソロ曲が収録されていますが、今では手に入れることが難しく、あったとしても新品は高額なプレミアCDとなっています。

口コミには「ピアノに合わせて、すごく優しい声とメロディが印象的な曲で、元気がないときに聞くとすごく癒される」「とてもやさしい曲で、寝る前など夜のふとした時に聞くと穏やかになれる」などの意見がありました。また、「メッセージ性が感じられるとても良いラブソング」「仕草や表情、気持ち一つ一つが歌詞に現れている素敵なラブソング」などの意見もありました。この曲の歌詞は女性目線で書かれていますが、それが二宮さんの優しい歌声に合っていて、より女性が共感できるような曲になっています。

この曲の歌詞を読むと「今日は私と君が名字を重ねた日。」とあり、登場人物のカップルが結婚した幸せなラブソングだと思えますが、よく歌詞を読んでいくと「きみ」「君」と表記が違う部分があります。あえて違う表記にしているのだから、「きみ」と「君」は違う人物だということがわかりますよね。そう考えて歌詞を読むと、また違った解釈ができると思います。
口コミにもありましたが、この曲には続編があり、2012年に発売されたアルバム「Popcorn」に収録されている「それはやっぱり君でした」が、この曲のアンサーソングになっています。この2曲を同時再生すると、最後の歌詞が重なり合い、違った意味に聞こえるそうですよ。「虹」を聞く際には「それはやっぱり君でした」も続けてくことをおすすめします。

虹を選んだ方の年代は?

虹の年代別グラフ

20代の方から多くの支持を受けています。ピアノのメロディが印象的な曲ですが、口コミの中には「楽譜を買ってきて私も弾けるように練習した」という方もいましたよ。

虹を選んだ方の口コミ

まずメロディがピアノ主旋律でとてもきれいだから。私は歌詞が気に入っている。この曲は記念日をテーマにした曲であり、結婚してから聞くと歌詞がとても見に染みて、これからも頑張ろうと思えて、改めて相手にも感謝の気持ちが生まれるから。
二宮くんが作詞をしている曲で、男女の切ない恋心が書かれていてとても胸に響きます。歌詞の中のストーリーの続編で、他のアルバムに収録されている二宮くんのソロ曲に通じる歌詞なので、他のアルバムも聞きたくなる気持ちにさせて奥が深いです。
二宮君のソロなのですが声が切なくて聞いているうちにはまってしまいます。男の人の恋している時の気持ちや感情が丁寧に歌われているのでおすすめです。自分の持っているウォークマンに流れると聞き入ってしまいます。
二宮和也くんのソロですが、ピアノに合わせて、すごく優しい声とメロディーが印象的な曲で、元気がないときに聞くとすごく癒されます。ピアノのメロディーが綺麗なため、楽譜を買ってきて私も弾けるように練習したぐらい大好きな曲です。
嵐の二宮がソロで歌っていて、この曲はとても落ち着いた曲調で歌詞にはメッセージ性を感じられてとても良いラブソングになっています。とても素敵に聴こえて好きです。ピアノ演奏バージョンで聴くともっと素敵です。
この曲はとてもやさしい曲で、寝る前など夜のふとした時に聞くと穏やかになれます。ラブソングなんですが王道の曲とは違って、仕草や表情や気持ち一つ一つが歌詞に現れていて素敵な楽曲だからです。情景も想像でき柔らかい曲です。
まず、この歌は物語調になってます。そして歌を歌う二宮和也さん自身が作詞しています。好き合っている男の子と女の子が登場人物です。女の子が拗ねて仲直りするところから歌は始まり、2人が幸せに結婚します。歌の最後まで聞いているこちらが恥ずかしくなるほど登場する男の子は女の子が大好きで、その歌を歌う二宮和也さんとかぶります。女の子に自分を投影してもしなくても、とても幸せになれるラブラブな歌です。

(同率)3位 「風 ( Time )」-夏の終わりに聴きたくなるミディアムテンポの爽やかな一曲- 4名

今回同率で3位に2曲入りましたが、その中の1曲目は「風」でした。この「風」は2007年7月に発売された7枚目のアルバム「Time」に収録されている曲です。アルバムが発売された季節にぴったりの夏を感じる爽やかな曲となっています。

口コミには「夏の海の終わり、楽しかった夏が終わってしまう切なさを思い出す」「優しいメロディとせつない歌詞が心に響く」などの意見がありました。また、「明日からまた頑張ろうという気分にさせてもらえる曲」「前を向いて頑張ろうと思わせてくれる曲」との声も聞かれました。タイトル通り「風」を感じる爽やかなメロディの中に、どこか切なさを感じる一曲となっています。

夏の曲と言うと、明るくアップテンポのノリの良い曲をイメージする方も多いと思いますが、この曲はミディアムテンポのメロディと歌詞から「夏の終わり」を感じることができます。友達とワイワイと海に行って遊んだり、花火をしたりと、「夏=バカンス」で、夏には楽しいイメージがありますが、ふと吹いてくる風に涼しさを感じるようになると一転して、夏がもうすぐ終わる寂しさを感じますよね。この曲からもそんな夏が終わる名残惜しさや、バカンスから現実に戻るような寂しさを感じることができます。この曲を聞いて、楽しかった夏の思い出に浸るのもいいかもしれませんね。

風を選んだ方の口コミ

イントロから夏の海をイメージできます。 雲ひとつない空が なんか寂しくて また ここで集まって話すときにはなど、夏の海の終わり、楽しかった夏が終わってしまう切なさを思い出します。明日からまた頑張ろう、そんな気分にさせてもらえる曲です。
嵐らしい曲調の曲で、聞いていて非常に心温まる一曲に感じるからです。風はコンサートなどで昔はよく歌われていた曲で、今のコンサートとはまた少し違う雰囲気を醸し出してくれる一曲であることもオススメの理由です。
タイトルは「風」ですが、夏の終わりが寂しい、名残惜しい、と感じるせつない曲です。優しいメロディーとせつない歌詞が心に響きます。アルバムの中で一番好きな曲です。もちろん、サクラップ(櫻井翔くんのラップ)もあります。サクラップのあとに最後のサビが、本当にせつない気持ちになります。何度も何度も聴きたくなる曲です。
2008年にリリースされた『Time』は個人的に最も好きなアルバムであり、ファンからの人気も高いものであるが、中でも「風」は嵐の爽やかさが表れた名曲であると思ったから。季節でいうと夏にぴったりな爽やかさで、前を向いて頑張ろうと思わせてくれる1曲。

(同率)3位 「CARNIVAL NIGHT part2 ( ARASHIC )」-アップテンポでノリの良いメロディはライブの定番曲- 4名

今回同率で3位に入った2曲目は「CARNIVAL NIGHT part2」でした。この「CARNIVAL NIGHT part2」は2006年に発売された6枚目のアルバム「ARASHIC」に収録されている曲で、振り付けを大野さんが担当しています。アップテンポでノリの良い曲で、コンサートで披露されるととても盛り上がる曲です。

口コミには「聴いていて元気が出るのでおすすめ」「コンサートでも盛り上がるノリの良い曲」などの意見がありました。アルバムの曲ですが、コンサートでも歌われることの多い定番曲で「初めて参加した方でも踊れる簡単な踊り」とコールアンドレスポンスが楽しい一曲です。ノリが良くポップな曲調とは裏腹に「別れを悔やみながらも」「さよならをしなければ二人で来るはずだった」などの歌詞から、実は失恋ソングというのがわかります。

この曲は「part2」とついているため、「part1」もあるのかと思う方もいると思いますが、元の原曲の歌詞から制作の過程で内容が変わったため、原曲へのリスペクトの意味も含めて「part2」となったそうです。この曲の振り付けは大野さんが担当していますが、コンサートではファンと一緒に踊ったりする盛り上がりソングのため、この曲で嵐メンバーのダンスが見られることは少ないそうです。この曲で踊っている嵐を見たいときは「ARASHI AROUND ASIA Thailand-Taiwan-Korea」の通常盤か「Time-コトバノチカラ-」のDVDがおすすめです。

CARNIVAL NIGHT part2を選んだ方の口コミ

とても異国情緒漂う感じの曲です。この局を聞くと、私的にはタイとかシンガポールの街角にいるような気分になります後、歌詞がステキです「綺麗な人はたくさんいるけど、きみじゃないのさ、可愛い人はたくさんいるけど、きみじゃないのさ」とても良くわかると思える歌詞です。男性でも女性でも好きな人がいたら、その人だけ!!決して誰でもいいわけじゃなくって好きな人が良い、どんなにステキな人が回りにいても心は動かないそんな熱い思いと、カーニバルの熱気がまざりあった曲だと感じます
聴いていて元気が出るのでおすすめです。コンサートでもよく歌われていると思いますが、コンサートでも盛り上がるノリの良い曲です。歌詞は少し失恋っぽい感じで悲しげですが、そんな風に感じさせない明るいメロディーなので是非歌詞を見ながら聴いてもらいたい曲です。
コンサートの際に、みんなで踊ったり歌ったりしてかなりノリノリに盛り上がれる曲だと思います!コンサートでこの曲がかがると、いっきに歓声があがり大盛りあがりです!初めて参加した方でも踊れる簡単な躍りです!
嵐のコンサートの定番曲です。ファンも一緒に踊る振り付けと、ファンも一緒に参加する掛け声があり、嵐とファンの一体感を感じられる曲です。実は作詞は久保田洋司さんであるところもポイントです。ポップな曲ですが、歌詞は失恋の切ないストーリーです。

(同率)5位 「Love Situation ( Time )」-アラフェスファン投票でアルバム部門1位に輝いたダンスが印象的な一曲- 3名

今回同率で5位に2曲入りましたが、その中の1曲は「Love Situation」でした。この「Love Situation」は2007年に発売された7枚目のアルバム「Time」に収録されている曲です。アラフェスで行われたファン投票のアルバム部門では2012年には3位、2013年には1位に輝く人気の曲です。

口コミでは「ノリのいい曲でダンスもいいし、歌詞もとてもいい」「共感できる部分がある歌詞」など、歌詞がいいという意見が多くあったほか、「シングル曲ではまずないクールな曲調」などの意見もありました。好きな人に急に誘われて、心をときめかせながら出かけていく男子の気持ちを書いた可愛らしい曲となっています。

この曲は、がっつり踊っているカッコいい嵐、可愛らしい歌詞と曲調、そして松本さんの「チカヅキタイ」と囁くところがおすすめのポイントとなっています。アラフェスでは2年続けてファン投票で上位に入り、コンサートでも披露されましたが、それまでのコンサートでは「Time-コトバノチカラ-」でしか歌われたことがなく、そのレア度も人気に泊車をかけた理由となっているようです。かっこいい嵐を見たい方は「Time-コトバノチカラ-」のDVDがおすすめですよ。

Love Situationを選んだ方の口コミ

Timeのアルバムは他にも好きな曲が多いがLove Situationはノリのいい曲でダンスもいいし、歌詞もとてもいい。歌詞を聞いていると前向きになれる歌詞でとても好きです。悩んだ時に聞いたらすごく前向きに考えられ励まされた曲。
歌詞がとてもいいです。共感できる部分がある歌詞だなと思います。「この幸せを分けてあげたい」というほど恋愛中は幸せになることができると思います。それをストレートに歌詞にしているところが好きです。そしてテンポがとてもいいと思います。
シングル曲ではまずないクールな曲調の楽曲です。男女の恋愛を描いた歌詞が印象的です。 ラストサビに繋がるまでに5人がそれぞれおソロで歌い繋ぎ、最後に松本くんがウィスパーで「近づきたい」という所が最高に格好良いです。

(同率)5位 「カンパイ・ソング ( 「untitled」 )」-明るくノリの良い歌詞は飲み会におすすめ。新たなライブ定番曲に!?- 3名

同率で5位に入った2曲目は「カンパイ・ソング」でした。この「カンパイ・ソング」は2017年に発売された16枚目のアルバム『「untitled」』の通常盤のDisc2に収録されているボーナストラックです。

口コミには「聞いただけでも楽しくて元気が出る歌」「5人が和気あいあいと楽しそうに歌っているのが伝わってくる」などの意見がありました。また、この曲を披露したコンサートに行った方からは「歌ってる嵐も楽しそうだったし、聞いてるこちら側もとても盛り上がった」「コンサート等で盛り上がれるので大好き」との意見もありました。歌詞を読んだだけでも楽しさが伝わってくるような曲で、これからの忘年会、新年会シーズンにもおすすめの一曲です。

この曲は、嵐の一番新しいアルバムに収録されている曲で、『ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」』のアンコールの最後で披露され、とても盛り上がったそうです。メンバーとファンとの掛け合いも楽しく、会場全体に一体感が生まれる曲なので、これからのライブの定番曲にもなりそうですよね。

カンパイ・ソングを選んだ方の口コミ

アルバムを聞いただけでも楽しくて元気が出る歌でしたが、実際にコンサートの最後に聞いたら、本当に楽しくて嵐のメンバーがコンサートが終わったら、こんな感じで楽しくカンパイしてお疲れ様会をするんだろうなぁと目に浮かぶ曲だったので。
とにかく盛り上がれるので聞いてるだけで楽しくなっちゃうからです。嵐のファンでコンサートに応募してやっと当たって、そこで聞けたこの歌が今でも忘れられません。歌ってる嵐も楽しそうだったし、聞いてるこちら側もとても盛り上がりました。お店でお酒を乾杯して飲んでる人を見かけると自然と頭の中でこの歌が流れます!
5人が和気あいあいと楽しそうに歌っているのが伝わってきます。ドラマや映画、CMソングになると、ここまでラフな感じではないので貴重です。飲み会向けにもオススメですが、やっぱりコンサート等で盛り上がれるので大好きです。

100名に聞いた!「嵐」の歌でアルバムのみ収録されている一番おすすめな曲の口コミランキングまとめ

100名に聞いた!「嵐」の歌でアルバムのみ収録されている一番おすすめな曲の口コミランキングはいかがでしたか?

今回の1位には嵐のメンバー全員が作詞をした「5×10」が選ばれました。それまで歩んできた嵐の道のりやファンへの思いが伝わる曲で、今でもこの曲を聴くと涙があふれるという方が多くいたのが印象的でした。

今回のランキングでは上位5位以内に6曲入り、その中の「虹」「風」「Love Situation」の3曲がアルバム「Time」に収録されている曲でした。この「Time」は嵐の7枚目のオリジナルアルバムですが、デビューアルバムを除き、2枚目~6枚目のアルバム+2枚のベストアルバムをあわせた累計売上を初動売上のみで上回り、このアルバムを発売した時期くらいからファン数が一気に増え、嵐の人気を高めたと言われています。また、それまでのファンの方たちからも人気のあるアルバムとなっています。嵐のオリジナルアルバムを購入する際は、「Time」は抑えておきたい1枚です。

アルバムにしか収録されていない曲を紹介しましたが、ライブではよく歌われる定番曲もあり、嵐の曲はシングル曲だけでなくアルバムの中にもおすすめの曲が多くあるのがわかりました。知っている曲が多いベストアルバムもおすすめですが、オリジナルアルバムを聞けばまた違った嵐が味わえるかもしれませんね。

2018年11月からデビュー20周年を記念して、5大ドームツアーが始まりました。来年は嵐にとっても節目の年です。今年から来年にかけて嵐の活躍に今まで以上に注意が必要ですね。

0