クリスマスが近づき、街がキラキラとしたイルミネーションに彩られてくると、訳もなくワクワクしてきますよね。

そんなクリスマスシーズンに欠かせないのがクリスマスソングです。

定番のクリスマスソングから新しいクリスマスソングまで、この時期たくさんの歌が街に流れていますが、みなさんは「嵐」の歌の中でクリスマスに聴きたい曲と聞かれたら何の歌を思い浮かべますか?

そこで今回は、「嵐」の歌の中で「クリスマス」に聴きたい曲は何かを、無作為に集めた100名からアンケートをとり、なぜその歌が聴きたいのか口コミなどを集計してまとめてみました。

100名に聞いた!「嵐」の歌の中で「クリスマス」に聴きたい曲のおすすめ口コミランキング

100名に聞いた!「嵐」の歌の中で「クリスマス」におすすめの曲口コミランキングのグラフ

1 位 WISH … 56 名
2 位 Love so sweet … 9 名
3 位 あの日のメリークリスマス … 8 名
4 位 One Love … 7 名
5 位 二人の記念日 … 6 名
6 位 メリークリスマス … 4 名
7 位 チェックのマフラー … 2 名
7 位 Dear Snow … 2 名
9 位 Happiness … 1 名
9 位 復活LOVE … 1 名
9 位 冬を抱きしめて … 1 名
9 位 シリウス … 1 名
9 位 YOUR SONG … 1 名
9 位 迷宮ラブソング … 1 名

100名に聞いた!「嵐」の歌の中で「クリスマス」に聴きたい曲のおすすめ口コミランキンググラフ結果

今回ダントツの1位に輝いたのは「WISH 」でした!

この「WISH」は、聴いているだけでウキウキしてくるようなリズムと、クリスマスをイメージさせるような歌詞から、嵐の曲の中では「クリスマスソングの定番」として定着していますよね。

また、クリスマス時期に放送されていたドラマ「花より男子」の主題歌となっていたことも、クリスマスのイメージを強くさせた理由かもしれませんね。

その他ランキングした曲を見てみると、2位から5位まではそれぞれ1票差ずつしかなく、いつ順位が入れ替わってもおかしくない接戦となりました。

しかし、2位でも票数は二桁に届かず、いかに嵐のクリスマスソングと言えば「WISH」だと思っている方が多いかが分かる結果となりました。

ではなぜ、その曲がクリスマスに聴きたくなるのか、口コミなどから詳しく見ていきましょう。

100名に聞いた!「嵐」の歌の中で「クリスマス」に聴きたい曲のおすすめ口コミ調査 BEST5

1位 「WISH」-明るくポップな曲調と愛を歌っている歌詞はクリスマスにピッタリ- 56名

今回2位以下を大きく引き離しダントツの1位に輝いたのは「WISH」でした。

この「WISH」は2005年11月に発売された15枚目のシングルで、同時期に放送されていた松本潤さんの出演ドラマ「花より男子」の主題歌となっていました。

オリコン週間シングルチャートでは初登場1位を獲得、「PIKA★★NCHI DOUBLE」から続いている連続首位記録を伸ばしました。

口コミでは、「曲の中に鈴の音が使われていてクリスマスシーズンにぴったり」「嵐の曲の中でクリスマスを感じさせる曲NO1だと思う」などの意見が多数ありました。

また、「曲調が明るくクリスマスらしい曲で、とてもうきうきするような気持ちになる」などの意見も多くありました。

歌詞の中には「クリスマス」のフレーズは出てきませんが、口コミにもあった曲中の流れる鐘の音と、「街に愛の歌流れはじめたら 人々は微笑み合う」などの歌詞から、クリスマスをイメージする方が多く、「クリスマスが近づく頃に頭の中でこの曲がよく流れている」という声も聞かれました。

直接的な表現はないものの、この曲のPVでは、嵐のメンバーが赤い衣装であることや、雪が降っているシーンがあることからも、「クリスマスソング」と言えるような曲になっています。

嵐の曲には、シークレットトークが入っているものがありますが、この「WISH」のCDには、シークレットトークの中でも2番目に長い約40分のメンバーのトークが収録されています。

人気ドラマ「花より男子」の主題歌というだけあり、花男のことも話しています。

40分間もメンバーの仲のいいトークや、本音が垣間見えるトークが聴けるなんて、それだけでもお得感は大きいですよね。

トークの内容が気になる方は、「WISH」の通常盤に入っているので聴いてみて見くださいね。

WISHを選んだ方の年代は?

WISHの年代別グラフ

ドラマを見ていた世代でもある20代、30代の方を中心に、20代から60代と幅広い世代の方からの支持を集めています。

口コミの中には「寒い中好きな人とイヤホンを片耳ずつつけて聴きたい、そんな曲」という意見もありましたよ。

WISHを選んだ方の口コミ

サビがクリスマスの街並みを歌っているようなので、嵐の歌でクリスマスといえば1番にこの曲が出てきます。

曲の雰囲気も楽しい感じで、愛を歌っているところもクリスマスっぽいなと思います。

幸せな気持ちになれるこの曲がクリスマスには特にオススメです。

楽曲に鈴の音が使われていて、クリスマスシーズンにぴったりだと思うからです。

特にクリスマスぽい歌詞があるわけではないのですが、クリスマスシーズンに向かうワクワク感が高まるメロディで、聞いているだけで楽しなれます。

歌詞にクリスマスや冬を彷彿とさせる単語が散りばめられていて、クリスマスと直接表現していない感じが好きです。

一人一人に物語があってクリスマスにかけてのワクワク感やキラキラした感じが曲から伝わってきます。

「街に愛の歌 流れはじめたら 人々は 寄り添いあう」寒さが厳しくなり、街中でクリスマスソングが流れだす季節。

寒いけど、恋人といっしょに歩いていることが幸せに思える瞬間を切り取った歌詞だと思う。

曲の中にも、シャンシャンと鳴るベルの音がはいっているので。

クリスマスって具体的に言っているわけではないのに街に愛の歌流れはじめたらっていうだけでキラキラのイルミネーションと鈴の音が聞こえてきそうで一気にクリスマス気分になります。

とても温かい幸せな気持ちになれるのがいいです。

街に愛の歌流れ始めたら人々は寄り添い合うという歌詞があったりしてクリスマスを連想させる曲だから。

曲調も鐘がなっているような雰囲気を醸し出していたり、曲を聴いていると頭の中がクリスマス気分満載になるから。

元々嵐のファンでクリスマスには絶対に家族でWISHを聴いていました。

メロディーやリズムが一度聴くだけで忘れられない中毒性のある曲だったので、お気に入りでクリスマスソングといえば私の中では断トツでこの曲です。

前に歌番組で全身赤コーデで出演していたのでクリスマスのイメージが強いのだと思います。

「クリスマス」という言葉はストレートに使われていないけれど、クリスマスを連想させるフレーズが入っているので、クリスマスソングとして認識しています。

キラキラとした曲の感じが街中のイルミネーションとマッチしていて、クリスマスムードを高めてくれます。

聴くとカップルでデートしたくなる曲です。

シングル曲で、誰もが知ってる嵐のクリスマスソングといえば、Wishです!この曲を知らない人はいないのではないでしょうか。

花より男子の主題歌でもありました。

サビから始まるのもテンション高まりますし、明るくて可愛くて、ワクワクせてくれるクリスマスソングです!

嵐の曲の中でクリスマスを感じさせる曲NO1だと思うからです。

歌詞の中の言葉、フレーズが多いので、クリスマスをとてもイメージされます。

冬のライブでも歌われることも多いし、ミュージックビデオの中で彼らが赤いスーツをきていることもクリスマスの曲だなと思います。

歌を聞いていてとてもクリスマスにピッタリだなって感じました。

街に愛の歌 流れ始めたら 人々は 寄り添い合うって所もクリスマスにピッタリだし、メロディーもクリスマスを感じるメロディーになっている感じがしてとても良かったです。

松潤が王子様キャラ全開だったドラマ「花より男子」の主題歌だったこともあり、松潤みたいな白馬に乗った王子様的な彼とクリスマスを過ごしてみたい。

そんな気持ちにさせてくれます。

歌詞も、彼がクリスマスにステキな演出をしてくれそうな雰囲気で、ハッピーなクリスマスを想像すると楽しくなります。

WISHは花より男子のドラマの主題歌でもあり、二人で過ごすクリスマスにはぴったりの曲だと思います!

「街に愛のうた~流れ始めたら~人々は寄り添い合う」のフレーズがクリスマスを連想させます。

テンポもいいし、クリスマスには欠かせない曲です!

歌詞がクリスマスシーズンを思い浮かばせるからです。

「街に愛の歌流れ始めたら」や「鐘の音響くとき」というところが、クリスマスシーズンに街でたくさんクリスマスソングが流れ、鐘が鳴っている様子を連想され、私は冬の嵐の曲といえばWISHが浮かびました。

また、発売されたのが11月だったことも、冬を連想するひとつの理由かなと思います。

花より男子のテーマソングでもあり、軽快なリズムと可愛らしい歌詞が素敵な明るいラブソング。

クリスマスのワクワク感がでている曲だからです。

サビのメロディは1度聞いたら耳に残るので、思わず口ずさんでしまいます。

メンバーの松本潤さんが出演されていた「花より男子」の主題歌にもなった曲です。

サビの部分の歌詞がとても印象的でまさにクリスマスに合うような愛のメッセージが綴られています。

私自身もクリスマスが近づく頃に頭の中でこの曲がよく流れています。

曲調が明るく、クリスマスらしい、とてもうきうきするような思いになりますし、歌詞の中にクリスマスの時期にぴったりの描写がでてきて、とても温かい気持ちになります。

クリスマスというイベントを借りて、恋人や好きな人に気持ちを伝えたくなるような曲です。

花より男子の主題歌という印象が強いですが、歌詞をよく見るとイルミネーションや寄り添うカップルの姿などクリスマスにぴったりな曲だと思うからです。

前奏を含め曲調も弾むような感じでクリスマスを迎える気分とリンクしてうきうきしてくるのも好きなポイントです。

寒い中好きな人とイヤホンを片耳ずつつけて聴きたい、そんな曲です。

「街に愛のうた~」と始まる出だしはクリスマスソングを聞きながらデートを楽しむカップルを連想させていてまさにクリスマスソングだと思います。

曲のメロディーも優しい暖かみがあり冬の季節にぴったりだと感じてます。

嵐の曲で一番好きな歌です。

冬に聴きたくなる一曲でこの曲を聴くと雪をイメージするのでホワイトクリスマスのようですごくクリスマスにおすすめの一曲だと思います。

シャンシャンという音がすごく雪が降っている音のように聴こえるのが魅力的です。

この歌は花より団子のイメージが強いですが、私の中ではクリスマス時期の雪が降っている時に聴きたくなる曲だからです。

曲調の感じもメロディーも可愛らしい感じがしてクリスマスにはしっくり来ます。

少し子供向けっぽい雰囲気な気もしますが、クリスマス時期に牧野と司を思い出せる私の中ではステキな曲です。

この曲が発売されたのが2005年の秋冬で、丁度クリスマスシーズンにぴったりな曲調と歌詞だからです。

街に愛の歌 流れはじめたら人々は 寄り添い合う輝きの中へ 僕は君をきっと連れて行ってみせるよなど、クリスマスで賑わう街に恋人と繰り出すような想像ができるのでピッタリだと思います。

「鐘の音響く時」と言う歌詞はジングルベルを連想させ、恋人たちの幸せがいっぱい溢れている歌だと思います。

直接クリスマスを歌っていませんが、クリスマスを想像させるキラキラした歌だと思います。

ファンの中でも人気の高い曲ではないかと思います。

「街に愛の歌流れはじめたら人々は寄り添いあう」から始まって全体的に歌詞がクリスマスにあっていて曲もすてきなのでこの曲を選びました。

嵐らしい優しい曲でもあるし流れてくるとクリスマスが浮かんでくるような曲だと思います。

クリスマスソングですがしっとりとしたメロディーではなくPOPに明るく爽やかな曲になっているので落ち着いた感じではなく大勢でクリスマスを楽しみたい時や1人で過ごすクリスマスであっても爽やかな曲調と初々しい歌詞で明るい気分になり楽しく過ごせるから好きです。

花より団子の主題歌で、嵐の歌ではクリスマスシーンにはこの曲がすぐに頭に浮かびます。

街に愛の歌流れ始めたら人々は寄り添い合う♪の歌詞の部分が冬の寒空で街のあちこちでクリスマスソングが流れる風景が思い浮かびます。

とても雰囲気がよく、リズミカルな明るい歌で心地よいです。

歌詞の中で「街に愛のうた」や「鐘の音響くとき」といったところがクリスマスのジングルベルやイルミネーションを連想させます。

曲調もクリスマスを迎えるようなワクワク感があります。

PVでも雪が降っているシーンがあったのでそのイメージが強いです。

クリスマスのロマンティックな時に聞くと愛をより感じる歌ですね。

ゆったりとした曲もいいですがこういうpopな感じも幸せを感じます。

思う人思われる人素敵ですよね。

幸せにしたい気持ちがよく出てる歌だと思います。

クリスマスを思わせるイントロからの「街に愛の歌流れ始めたら」の歌詞から始まる曲。

ドラマ「花より男子」の主題歌でもあり、11月末リリースということ。

ドラマ最終回ではクリスマスツリーやイルミネーションの中でのシーンに流れ、クリスマスというワードこそないがクリスマスのイメージを強く印象づけた。

PVの冬の景色が綺麗で、歌詞もクリスマスを意識したものだからピッタリだと思います。

「街に愛の歌」「鐘の音響く時」という歌詞やメロディから、聴いているとクリスマスの華やかな雰囲気が目に浮かんでくる素敵な曲です。

街に愛の歌流れ始めたら、という歌詞からも、クリスマスの恋人達の幸せなイメージが思い描けます。

また、音楽番組のクリスマススペシャルで、嵐さんがクリスマスカラーの赤のチェックの衣装を着て歌っていた印象が強く、クリスマスといえば、この曲だと思い浮かびます。

イントロの音色がクリスマスを連想させる曲調で、この時期になると、よく街でも耳にする。

クリスマスのイメージなしにしても、嵐の中で好きな曲なので、流れると、自然と口ずさんでいる。

明るいクリスマスを迎えられそうなオススメの曲。

何と言っても花より男子の主題歌で聞くだけでストーリーが浮かんできて幸せな気持ちになれるからです。

あと始めの、街に愛の歌流れ始めたら人々は寄り添い合うと言うところがクリスマスを思い出しピッタリと思います。

ドラマ花より男子の主題歌で、この曲を聴くと当時のことが思い出されて、同時に冬の季節だったことも思い出すからです。

歌詞の中にクリスマスの言葉は入っていませんが、冬のドラマの主題歌だったということから、私にはこの曲が一番クリスマスソングかなという思いがします。

以前歌番組で、クリスマスソングとして披露していたからです。

「街に愛の歌 流れはじめたら 人々は 寄り添い合う」と言う歌詞がクリスマスを連想させる気がします。

クリスマス時期に流れているのを聞くとワクワクします。

この曲に直接的な表現はないけれど、クリスマスを連想させるようなポップなメロディーと歌詞になっているのでクリスマスにおすすめです。

また、ドラマのテーマ曲にもなっていて、その時期が冬だったこともあり、自然とクリスマスを思わせる曲だと思います。

とてもハッピーな気分になる曲だと思います。

イルミネーションが綺麗で華やかな町の雰囲気に、大好きな人を思いその人と過ごしたいと願う思いが伝わってきて、聞いていて好きな人を思い出し、一緒に楽しく過ごしたくなるようなそんな思いにさせてくれる曲だからです。

曲調がクリスマスっぽいのがいいです。

歌詞の中にクリスマスの言葉はでてこないですけど、出だしの「街に愛の歌流れ始めたら人々は寄り添う」がクリスマスを指しているのかなと思っているのと街中でカップルが寄り添い歩く光景が浮かんでくるでクリスマスに似合う曲だと思います。

「花より男子」がとても好きで、その時の主題歌でした。

歌詞に直接的には冬やクリスマスを思わせるような言葉や単語はありませんが、雪が降ると思い浮かぶのはこの曲です。

「街に愛の歌、流れはじめたら人々は寄り添い合う」という歌詞がクリスマスを思い浮かばせてくれます。

花より団子で聞いててとてもいい曲と思った。

歌詞にクリスマスを彷彿させる言葉が散りばめられてて「鐘の音響く時」などはベルの音などが浮かんだ。

またこの歌の発売日も11月と冬の時期だったのでクリスマスの時期によく聞いたのでwishを選びました。

WISHはドラマ「花より男子」の主題歌だったことでも知られている曲だと思いますが、中でも「街に愛の歌 流れはじめたら」という歌詞が最もクリスマスを連想させる歌詞だと思います。

何故なら街に愛の歌が流れる季節はクリスマス以外にないからです。

毎年この時期になると聴きたくなる曲の一つです。

松本潤さん主演のドラマ”花より団子”の主題歌で10月~12月のクールで放送されていて、クリスマスの時期によく耳にしていた楽曲で歌詞もクリスマスにぴったりな歌詞だなと思いました。

なので、この曲をクリスマスにオススメな曲に選びました。

冬のイルミネーションの時期に街中でよく流れてたイメージがあるので。

爽快なテンポの中にも冬っぽい歌詞、人々は寄り添いあう。

など、自分自身も冬になれば聴きたくなるので。

PVの赤いスーツなんかもクリスマスらしくて素晴らしいと思います。

WISHはサビの部分が好きで、ちょうどクリスマスの時期の雪が降っている街のイメージを思い浮かべます。

テンポもよくて、聴いていて心が弾んできます。

嵐の歌のクリスマスにおすすめなのが、楽しい気分にもなれるこの曲が良いです。

歌詞とリズムがクリスマスにぴったりだと思います。

クリスマスという歌詞は出てこないけど、クリスマスが近づいてくると聴きたくなりますね。

ドラマ花より男子の主題歌でもあったので、ドラマと合わせて冬によく聴いていた思い出深い曲です。

クリスマスにオススメの曲と聴いてパッと「街に愛のうた~」と流れてきました。

クリスマスと言えば、やっぱり恋人達のイメージなので花より男子の牧野つくしと道明寺の甘酸っぱい青春ドラマの映像と共にWISHが冬をイメージさせます。

ドラマの主題歌になっていることもあり以前から聞いていましたが、クリスマスソングは少しおっとりしたものが多い中とても明るい曲調でクリスマスソングの中でもテンションが上がります。

何よりドラマを思い出していい気分になります。

「花より男子」の主題歌で、キラキラしたものが連想出来ます。

歌詞のなかに「街に愛の歌流れ始めたら~」とあります。

クリスマスの恋人がいる感じがあるからです。

クリスマス季節の歌番組でも、披露された曲だからです。

嵐のクリスマスソングと言えばこの「WISH」が一番に頭に浮かびメロディが流れます。

テンポの良い明るいメロディで「街に愛の歌流れはじめたら人々は寄り添い合う輝きの中へ僕は君をきっと連れて行ってみせるよ」のところはクリスマスのイメージで恋人二人の幸せな風景が思い浮かびます。

歌詞からクリスマスのような恋人向けのイベント時がイメージできるから。

(「町に愛の歌 流れ始めたら人々は寄り添いあう」は恋人同士でくっついてるイメージ。

「輝きの中へ」がイルミネーションで明るくなっている街並みをイメージさせると思う。

)また、恋愛系の歌だけど、曲調がアップテンポで明るいので友達同士のパーティーとかでも流れたら盛り上がりそう。

「待ち遠しさ」や「これが来るのが楽しみだ」という気持ちが歌詞から溢れており、ワクワク感を感じるところと、ジングルベルのような単純でテンポよくて人の記憶に残るミュージックがクリスマスを想起させるからです。

この曲を聞くと、クリスマスを感じます。

寒くなってくると、聴きたくなるような歌詞と、前向きなラブソングがクリスマスの恋人同士のワクワク感を思い浮かべさせてくれます。

歌を歌いながら歩くととても楽しくなるような曲で、聴いているとウキウキしてきます。

10-12月期ドラマ「花より男子」の主題歌だったこともあり、ちょうどクリスマスシーズンに流れていたことを思い出す曲だからです。

その歌詞がドラマのストーリーにもマッチしており、クリスマスのカップルの様子を回顧させる内容なのでおすすめです。

メロディラインと歌詞がクリスマスにぴったりだと思います。

特にサビ部分で「鐘の音響く時」といったクリスマスのベルを連想させるようなワードが入っています。

恋人同士のクリスマスソングとして愛を誓う歌のように思えます。

花より男子の恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスツリーを連想してクリスマスの気分が盛り上がるからぴったりだなと思います。

楽曲にも鈴の音が入っていたり、華やかで楽しい雰囲気が詰まっていたりして、いかにもクリスマスのイメージがあります。

ドラマの主題歌でもありましたが、クリスマスに浮き立つ街と、街を行き交う幸せなカップルが目に浮かぶような曲だと思います。

曲調と歌詞からはクリスマス前のワクワク感が伝わってきて、聞いていると楽しい気持ちになります。

2位 「Love so sweet」-明るく爽やかなラブソングはクリスマスに聴きたくなる一曲。

ドラマ「花より男子2」の主題歌- 9名

今回2位に選ばれた「Love so sweet」は、2007年2月に発売された18枚目のシングルで、1位の「WISH」に続き、松本潤さんが出演していたドラマ「花より男子2(リターンズ)」の主題歌となっていました。

オリコン週間シングルチャートでは初登場1位を獲得、2007年度のオリコン上半期シングルランキンでは3位を獲得した人気の高い曲です。

口コミでは「ハッピーな曲調でクリスマスにぴったりで大好きな楽曲」「冬の時期にゲレンデやお店でもよくかかっていたので冬になるとこの曲を思い出す」という意見があったほか「ドラマの影響で寒い時期をイメージできて、ド定番の愛の歌」「この曲を聴くと『花より男子』のクリスマスシーンを思い出す」など、「Love so sweet=花より男子」というイメージを持っている方が多くいました。

実際には、ドラマは1月から3月にかけて放送、この曲の発売も2月とクリスマスからは少しずれていますが、ドラマのキラキラしたイメージと、好きな人のことを歌った「Love so sweet」の歌詞からクリスマスになると聴きたくなるような曲となっています。

「Love so sweet」は、オリコンランキングでは85週に渡りランクインし続け、ロングヒットとなりました。

2012年に行われた人気投票ランキングではシングル部門で10位を獲得、この際の投票総数が27万票というからすごいですよね。

また、JOYSOUNDの嵐の人気曲ランキングでは、堂々1位を獲得するなど、知名度・人気ともにとても高い曲となっています。

「Love so sweet」の通常盤CDには、「WISH」以来のシークレットトークが収録されています。

「WISH」には届かないものの、約35分間のメンバートークが入っているので、こちらも合わせて聴くのがおすすめですよ。

Love so sweetを選んだ方の年代は?

Love so sweetの年代別グラフ

20代の方からの票を一番集めていますが、10代~50代までの幅広い世代の方からの支持があるのも特徴となっています。

聴く人によっては幸せなラブソング、ちょっと切ないラブソングと、どちらにも取ることができる曲ですよね。

Love so sweetを選んだ方の口コミ

この曲を聴くと、松潤の主演だったドラマ「花より男子」のクリスマスのシーンを思い出すからです。

それぞれのクリスマスを過ごす仲間たちと、道明寺と離れた時間を過ごしているつくし。

せつないシーンでもありましたが、ハッピーな曲調でクリスマスにぴったりで大好きな楽曲です。

歌詞が恋人同士との甘い関係を歌っているように聞こえるのでそう思いました。

今日のテンポもアップテンポで楽しいクリスマスのイメージに合っていると思います。

ドラマの花より団子のイメージの曲ですが、クリスマスにも合うと思います。

降ってはすぐ溶ける雪が舞うクリスマスはにぎやかなイベントだけど、「曲」となると何故か哀愁帯びたものが「いい」と感じる。

この曲は恋人への想いや希望を明るく歌ってるけど恋がいつ終わるかわからないはかないものであることも同時に謳っているところが切なくていい。

ドラマの花より男子の主題歌で恵比寿ガーデンプレイスがよく出ていたのが印象に残ってます。

恵比寿ガーデンプレイスは毎年クリスマスになるととても綺麗で雰囲気も良く大好きです。

そして恵比寿といえば花男、花男といえばLove so sweetという感じで連鎖で思いうかび、クリスマス時期には気づくと頭の中で曲が流れています。

クリスマスという感じは無いですがクリスマスにもう一度思いを伝えるという考えにすると歌詞に書いてあるとおり「こんな好きな人に出会う季節2度と無い」というのはクリスマスにはもってこいの曲なのでは無いでしょうか。

どの曲もかなりいい曲が多い嵐ですがこの曲は冬にはぴったりな曲だと思います。

冬を代表する嵐の名曲だからです。

歌詞が割と切ないシーンを想像させる場所が多いのに曲調はアップテンポな不思議な曲です。

これがバラードだったら他と変わらない普通の曲だったかもしれなかったがリズムをつけることでストーリー性が出て覚えやすい曲になったからです。

花より男子の主題歌で、ドラマの影響で寒い時期をイメージできて、ド定番の愛の歌!届いて欲しい気持ち、好きな人がいるときのドキドキやウキウキがあらわれていて。

恋人たちの為の曲だと思います!クリスマスに聞きたくなる曲の1つだと思います!

この曲はドラマの「花より男子」の主題歌で、凄く印象に残っています。

最終回が冬だったので余計ドラマのシーンと重なり心に染みる曲です。

そして、冬の時期にゲレンデやお店でもよくかかっていたので冬になるとこの曲を思い出します。

クリスマスは自分の大切な人と聞くのもいいですね。

ちょうど似たような時期にたくさん流れていた気がします。

特別ファンってわけじゃないけど、「あ、これなら知ってる」って合わせられるようなカンジ。

サビだけでも知ってればテンポが良いから乗りやすい曲だと思います。

3位 「あの日のメリークリスマス」-明るいメロディと切ない歌詞が心に響く、タイトルからしてクリスマスに聴きたくなる一曲。

 8名

3位に選ばれた「あの日のメリークリスマス」は、2010年11月に発売された嵐の34枚目のシングル「果てない空」のカップリング曲です。

今まで紹介してきた曲は、クリスマスの直接的な表現のない曲でしたが、この曲はタイトルからしてクリスマスソングだということがわかりますよね。

シングル曲ではないものの、今回は3位に入りました。

口コミでは「この曲を聴くと、もうクリスマスなんだなと毎回楽しい思い出や切ない思い出を思い出す」「いつもクリスマスになると聴きたくなる曲」などの意見がありました。

また、タイトルに「クリスマス」とあるため、「嵐のクリスマスソングと言えばこの曲」「タイトルからしてクリスマスにピッタリ」との意見も多くありました。

カップリング曲なだけに、あまり知られていない曲ですが「隠れた名曲」との意見もありましたよ。

口コミには「一人で過ごすクリスマスの夜の寂しさが綴られている」「切ない歌詞」という意見と、反対に「素敵なクリスマスを過ごせて幸せであるという心情が現れている」という意見がありました。

「さよならだね 一人きりのクリスマス」という歌詞だけを読むと、一人きりの寂しいクリスマスにさよならして恋人と過ごせるようになったのか、はたまた、恋人とさよならして一人きりのクリスマスになってしまったのか、両方の意味に取れますよね。

しかし、その後の歌詞を読んでみると「It’s a lonely holy night」や「行き場のない想い出は」「壊れそうなココロ」とあります。

明るくポップな曲調に反して、実は切ない失恋ソングなのかなと思います。

嵐のメンバーも「失恋ソング」と言っていたとか。

ただ、曲の感じ方は人それぞれですよね。

みなさんは幸せな恋愛ソング、失恋ソングどちらだと思いますか?

あの日のメリークリスマス選んだ方の年代は?

あの日のメリークリスマスの年代別グラフ

20代の方を中心に票を集めています。

嵐のメンバーのさわやかで落ち着いた歌声に癒やされる方もいるようです。

「一番好きなクリスマスソング」という意見もありましたよ。

あの日のメリークリスマスを選んだ方の口コミ

クリスマスの時期にあの日のメリークリスマスを聴くと、もうクリスマスなんだなと毎回楽しい思い出や切ない思い出を思い出します。

歌詞の情景も感じながら聞いています。

嵐の皆さんの声が落ち着いていて聞いていて癒されます。

大好きな曲です

嵐はたくさん曲を出していますが、意外にもクリスマスを特定する歌はそうそうありません。

そんな中で思いうかんだ唯一の曲がこれでした。

名曲「果てない空」のカップリング曲で歌詞を読んでも雪が舞う空をイメージできます。

クリスマスも歌詞に入っているので嵐のクリスマスソングといえばこれです。

タイトルにクリスマスがあるように冬にぴったりな曲だと思う。

切なく感じる歌詞だけど2人で一緒に恋人同士過ごしたんだなと感じる歌詞である。

心にグッとくる深い歌詞だなと私は感じました。

心が温まる歌詞だなと思った。

とても悲しい歌詞になっているんですけど、メロディーはクリスマスソングらしく明るいので、聴いていると楽しい気持ちになってきます。

他にもクリスマスソングはいくつかありますが、曲名にもメリークリスマスとあるから、この曲かなと思いました。

今までのクリスマスはひとりぼっちだった。

しかし、素敵な人に出会ったことで、孤独だった頃のクリスマスですらいい思い出になるほど、素敵なクリスマスを過ごせて幸せであるという心情が表れています。

そこが凄くロマンチックだなと思いました。

この歌はとても切なさを感じさせてくれる曲です。

クリスマスのイメージはゆったりと過ぎて行く時間をイルミネーションなどを見ながら過ごすと言う感じなので、とてもぴったりな曲だと思っています。

いつもクリスマスになると聴きたくなる曲です。

「一人きりのクリスマス」「行き場のない想い出は雪に溶けて」など、歌詞だけ見るとちょっと切なくなりますが、嵐の5人が歌うと、切ない中にも明るさとさわやかさがちょうどよく入り混じり、私にとっては一番好きなクリスマスソングです。

「あの日のメリークリスマス」は題名にある通りクリスマスを歌った曲です。

あまり知られていませんが、隠れた名曲です。

歌詞には別れた恋人への想いや愛おしさ、ひとりで過ごすクリスマスの夜の寂しさが綴られています。

4位 「One Love」-幸せな歌詞と明るいメロディは恋人と過ごすクリスマスに聴きたい一曲- 7名

4位に入った「One Loveは2008年6月に発売された22枚目のシングルで、松本潤さんが出演していた人気ドラマ「花より男子シリーズ」の映画版「花より男子F(ファイナル)」の主題歌となっていました。

オリコン週間シングルチャートでは初登場1位を獲得、2008年の年間シングルチャートでも2位に入る人気の曲です。

口コミでは「クリスマスに愛し合っているカップルで聴くにはぴったり」「歌詞が愛にあふれていて、クリスマスに大好きな人と一緒に聞く曲として、とても合っている」との意見が多くありました。

また、「寒い季節に心温まりたいときに聴きたい」「人恋しくなるクリスマス時期にぴったり」との意見もありました。

「百年先も愛を誓うよ 君は僕の全てさ」の歌詞は、聴く人を幸せにする力がありますよね。

この曲が流れている中で、告白やプロポーズをされたら嬉しさも倍増する気がしませんか?

これで、「花より男子」シリーズの主題歌が全てランクインしたことになります。

一番初めに放送された「花より男子」がクリスマスシーズンだったため、ドラマ自体に「クリスマス」や「冬」のイメージがあり、その主題歌にもまた、そのようなイメージが付いているのかもしれませんね。

「One Love」は、クリスマスとは遠い時期の6月にリリースされましたが、上記のような理由と、幸せな歌詞から、恋人と過ごすクリスマスを連想する方が多いようでした。

曲のキラキラ感とイルミネーションのキラキラ感がマッチして、クリスマスに聴きたくなるおすすめの曲となっています。

One Loveを選んだ方の口コミ

歌詞がとても素敵で、人恋しくなるクリスマスの時期にぴったりだと思うから。

雪が降る中で、この曲でプロポーズをされたらきっと皆承諾してしまう気がする。

曲の感じとイルミネーションが合うと思うので、イルミネーションスポットでぜひ流して欲しい。

歌詞の中に愛を誓うと言う歌詞が多く含まれています。

クリスマスはカップルの永遠の愛を誓うためのメインイベントでもあるため、このように歌詞の中で愛を伝えることができると言うのはロマンティックですし、クリスマスにもってこいであると思いました。

ラブソングの定番となっているこの曲は、歌詞が愛にあふれていて、クリスマスに大好きな人と共に聞く曲として、とてもよいと思います。

君がいれば何もいらない、きっと幸せにするから、など、男性が面と向かってはいえないような言葉がたくさんあり、この歌をきっかけに、告白などするのもありだと思います。

メロディーや歌詞がとても良い感じのラブソングだから。

メロディーがあまりゆっくりではなく、バラードしすぎてない感じが良い。

当時、「花より男子」という人気恋愛物ドラマの主題歌で、凄く印象に残っているから。

嵐のバラードの中でもこの曲は、プロポーズの場面や冬に聴きたくなる曲。

恋人と一緒にクリスマスを過ごす時にもぴったりだと思います。

クリスマスのイルミネーションを見る時にかかっていて欲しい曲です。

歌詞も気分を盛り上げてくれるので良いと思います。

歌詞の中でサビの部分に「百年先も愛を誓うよ君は僕の全てさ」という愛を込めた言葉があります。

クリスマスに愛し合っているカップルで聴くにはぴったりだと思います。

百年先でも愛し合っているような末永い愛が期待できるからです。

恋人たちのイベントがなにかと多いクリスマスなら、「百年先も愛を誓うよ」という歌詞は二人のムードを盛り上げてくれると思ったからおすすめの曲に選びました。

そして、曲調も夏よりは秋や冬などの寒い季節に心温まりたいときに聴きたい、出会いを祝福してくれているような名曲です。

5位 「二人の記念日」-ミディアムテンポの優しい雰囲気のクリスマスソング- 6名

5位に入った「二人の記念日」は、2005年11月に発売された15枚目のシングル「WISH」のカップリング曲で初回限定盤に収録されている曲です。

今では初回限定盤のシングルを手に入れることが難しいですが、シングルのカップリング曲を中心に収録されたアルバム「ウラ嵐マニア」にも収録されています。

口コミでは「王道のラブソングで、寒い季節に聞きたくなるような歌詞がとても印象的」「心温まる気持ちになれるクリスマスにぴったりの一曲」などの意見がありました。

男性からの愛が感じられる歌詞が特徴的で、特に「今日からをずっとずっとHoly night Christmas time is coming to town いつか未来に赤い絨毯 そこは何人たり邪魔ない空間 腕 胸の中で 夢の中へ」の歌詞が、クリスマスに合っているという意見がありました。

好きな人から言われてみたいと思えるような歌詞の曲を、嵐のメンバーが優しく歌うことで心が温かくなるような曲となっています。

1位の「WISH」のカップリング曲である「二人の記念日」も今回の調査では上位に入ってきました。

嵐の曲にはクリスマスソングが少ないですが、この曲は「白い冬の日も」「今度のクリスマスも」などの歌詞があり、クリスマスソングと言えるような曲です。

幸せな気分になれるような温かい曲なので、恋人と一緒に聴くのがおすすめです。

この曲の歌詞のように、今度のクリスマスが忘れられない日になるといいですよね。

二人の記念日を選んだ方の口コミ

クリスマスをイメージできるイントロからはじまるのと、優しい雰囲気の曲調なのでクリスマス頃に聴きたくなる一曲です。

歌詞も心温まる恋愛の歌詞で男性が女性を心から想う気持ちがとても伝わってくるかわいらしい歌です。

特に「僕の心は熱いままさ。

この気持ち君がはじめてさ」という歌詞が印象的で、こんな風に男性に想われたら幸せだろうなと心温まる気持ちになれるクリスマスにぴったりの一曲です。

音楽もベルが鳴ったり、曲調もクリスマスらしい曲です。

特に歌詞がちょっと切ないけど、クリスマスは大事な記念日だと再認識させられる歌詞でした。

嵐はクリスマスソングというものは少ないですが、この曲はとても甘くて切ないクリスマスソングでおすすめです。

櫻井さんのラップ部分で、今日からをずっとずっとHolynight Christmas time is coming to town いつか未来に赤い絨毯 そこは何人たり邪魔ない空間 腕 胸の中で夢の中へという所が未来への二人のクリスマスを予測しているようでとても良いからです。

今日からをずっとずっとHolynight Christmas time is coming to town いつか未来に赤い絨毯 そこは何人たり邪魔ない空間 腕 胸の中で夢の中へという歌詞がクリスマスはとても大切な日なので合うかなとおもいます。

王道のラブソングで、寒い季節に聞きたくなるような歌詞がとても印象的です。

5人の優しい歌声が心を温かくしてくれますし、一度聴いたら何度でも繰り返し聞きたくなるし、覚えやすい曲調なので何年経っても色あせることのない曲です。

歌詞に今度のクリスマスもと入っていることからクリスマスの時期に相当する曲であり、出逢った日も忘れられないようになるといいねっていう節目を迎えるようなことを伝えるきゅんとする歌詞がかわいい。

凍えそうな夜もいつでも君のそばにいるよという愛を伝えるような歌詞が感動するのもいい。

100名に聞いた!「嵐」の歌の中で「クリスマス」に聴きたい曲のおすすめ口コミランキングまとめ

100名に聞いた!「嵐」の歌の中で「クリスマス」に聴きたい曲のおすすめ口コミランキングはいかがでしたか?

今回紹介した曲の中で、1位の「WISH」、2位の「Love so sweet」、4位の「One Love」は、「クリスマス」といったような直接的な表現をしている歌詞はなかったものの、幸せな歌詞から恋人と過ごすクリスマスにぴったりと思う方が多くいたようでした。

特に「One Love」はリリースされた時期が冬ではなかったのに、4位に入ってきたのが印象的でした。

また、この3曲は「花より男子」の、ドラマ、映画の主題歌となっていました。

大人気ドラマだっただけに、その時のイメージが曲についているのがわかりましたよね。

3位の「あの日のメリークリスマス」と5位の「二人の記念日」は、タイトルや歌詞からもクリスマスソングと言えるような曲でした。

「あの日のメリークリスマス」は少し切ないクリスマスソングを嵐のメンバーが明るく歌うことで、あまり悲しさを感じることがなく、反対に明るい気分になれるような曲となっていました。

一方、「二人の記念日」は聴いているだけで心が温かくなるようなラブソングで、幸せなクリスマスソングでしたよね。

今回上位に入った曲の多くは、「幸せな歌詞」というのが特徴となっていました。

それだけみなさんがクリスマスには明るいイメージを持っているのがわかりましたね。

クリスマスシーズン真っ只中の今、今回ランキングされた嵐の曲を順番に聴いてみてはいかがですか。

0