2016年に惜しまれつつ解散をしたSMAPは、メンバー全員がドラマに出演するなど俳優としても活躍していました。

今では番組の顔とも言えるMCを数多くこなしている元SMAPのリーダー中居さんも、ドラマで主演を務め私たちを楽しませてくれましたよね。

みなさんは、中居さんが出演していたドラマの中で一番好きなドラマは何ですか?

そこで今回は、中居正広さんが出演していたドラマの中で一番おすすめのドラマは何かを、無作為に集めた100名からアンケートをとり、なぜそのドラマが一番おすすめなのか口コミなどを集計してまとめてみました。

100名に聞いた!中居正広さんが出演していたドラマの中で一番おすすめなドラマの口コミランキング

100名に聞いた!中居正広さんが出演していたドラマの中で一番おすすめなドラマの口コミランキングのグラフ

1 位 ATARU … 30 名
2 位 味いちもんめ … 18 名
3 位 砂の器 … 16 名
4 位 白い影 … 13 名
5 位 伝説の教師 … 10 名
6 位 ナニワ金融道 … 9 名
7 位 輝く季節の中で … 2 名
8 位 最後の恋 … 1 名
8 位 婚カツ! … 1 名

100名に聞いた!中居正広さんが出演していたドラマの中で一番おすすめなドラマの口コミランキンググラフ結果

今回見事1位に輝いたのは「ATARU」でした!

SMAPのときはリーダーを務め、番組をうまくまとめるMCをやっている時の中居さんは、かっこよくしっかりしているような印象を受けますが、「ATARU」で主人公の在(あたる)を演じていた時の中居さんは、守ってあげたくなるような可愛らしさがありましたよね。

ドラマ自体も1話完結で見やすく、とてもおもしろい作品でした。

その他ランクインした作品を見てみると、中居さんが演じる役は、明るい役からシリアスな役まで幅広いものの、どれも魅力的な中居さんが見られる作品でした。

また、20年以上前のドラマから比較的新しいドラマまでがランクインし、どれも中居さんが主演を務めていることから、長きに渡り第一線で活躍していたことが分かる結果となりましたね。

それではなぜ、そのドラマが一番おすすめだと思うのか詳しい理由を見ていきましょう。

1位 ATARU 30名

今回2位に10票以上の差をつけて1位に輝いたのは「ATARU」でした。

この「ATARU」は2012年4月から6月にかけて、日曜日の21時からTBS系の「日曜劇場」で放送されていた連続ドラマで、中居さんは発達障害でサヴァン症候群の主人公「アタル」を演じていました。

最近ではマンガや小説などが原作のドラマが多い中、この作品はドラマのために作られたオリジナル作品です。

連続ドラマが終了した半年後にはスペシャルドラマが放送、その後映画にもなった人気ドラマです。

口コミでは「本当に独特の言葉遣いと発音で、あの役は中居さんにしか出来ない」「サヴァン症候群という難役を演じる中居くんの演技力に圧巻」などの意見が多数ありました。

また、「普段の中居君とは真逆の役ですが、それがとてもいい味を出していて毎週とても楽しく観ていた」「中居さんの普段と違った一面を見られる事からこのドラマが一番のおすすめ」などの意見もありました。

今までに「話は聞いたことがあるけど」くらいしか知らなかった「サヴァン症候群」が、中居さんの素晴らしい演技によって多くの人に知られるようになったドラマですよね。

中居さん演じるアタルが魅力的なことに加え、アタルの周りにいる北村一輝さんと栗山千明さんがアタルをフォローしているのも見ていてほのぼのとしましたよね。

ドラマの中には、他のドラマのパロディのような場面も出てくるなど、刑事ドラマとしての見ごたえはもちろんのこと、コメディーっぽいところも楽しめる内容となっていました。

最高視聴率は19.9%、平均視聴率は15.6%と同じ時期に放送されていた民放ドラマの中では2位の高視聴率をマークしています。

ATARUを選んだ方の年代は?

ATARUの年代別グラフ

20代の方から多くの票を集めています。

リアルタイムで見ていた方なのでしょうね。

ドラマの中でのアタルのセリフ「アップデートしました」や「カレーうどんください」が大好きだったという意見もありましたよ。

ATARUを選んだ方の口コミ

私の中ではかなりハマり役だと思っているからです。

あの役をできるのは中居君しかいないとも思っています。

普段の中居君とは真逆の役ですが、それがとてもいい味を出していて毎週とても楽しく観ていたため一度は観て頂きたいと思い、おススメします。

推理の場面に衝撃を受けたドラマです。

こちらの想像をいくつも超えてくれるので、圧倒されながら観ていました。

また、他のドラマの登場人物や関係するものが出てくることもあったので、ドラマの感想を話すときに気づいた人と気づかない人がいたりして面白かったです。

シリアスではなく中居くんが天才かつ自閉症の役をするのでどんな感じになるのか見てみたら、本当によく研究されていたと思いました。

表情や行動、しぐさは中居くんに見えず、ビックリしました。

役柄だけど役になりきっていたので凄いなと感心しました。

ドラマシリーズから特別ドラマ、映画まで出ているので熱中して沢山見ることが出来ます。

また、事件の謎を解いていく中でと面白くて笑える場面も豊富にあるのでコメディーの要素も楽しみたい私としてはイチオシできるドラマです。

中居さんが演じていたのは障がいを持っていてコミュニケーションは苦手だが、記憶力が良く事件を解決に導く「あたる」という青年の役でした。

難しい役を巧みに演じていてすごいと思ったこととストーリーが面白かったことがこのドラマを一番おすすめに選んだ理由です。

中居正広さんがサヴァン症候群を患っている方を演じていらっしゃるのですが、その演技が癖になります。

本当に独特の言葉遣いと発音で、あの役は中居さんにしか出来ないです。

劇中でのアップデートしましたが大好きでした。

中井くんの演技力の高さを一番見せつけられた作品でした。

サヴァン症候群と言う発達障害の役でしたが特殊能力を持ち次々と事件を解決していきます。

中居くん自身様々なドラマに出演していましたが、毎回、完全にsmapの中居君言う立場を忘れさせるくらいの演技力の高さでした。

とくにこの作品は中居君ではなくATARU君くんと言うイメージしかなく終わってからそうだ中居くんのドラマだったなと実感したぐらい、なりきる姿が凄かったです。

中居さんがいつもみたいにカッコいい役ではなく、サヴァン症候群という発達障害を持つ青年の役で、仕草とか話し方が本当にすごかったです。

私の子供も発達障害があり、よくパニックになりますが、中居さんの演技とそっくりです。

演技力の高さが証明される作品だと思います。

中居さんの演技が素晴らしいです。

いつもよく見る中居さんなのに、このドラマではとても可愛いアタルで違和感なく見れました。

ドラマも1話完結で見やすく、とても面白い内容でした。

栗山さんと北村さんとの3人組がとても好きでした。

今まで中居正広さんが出ていた作品の中でも一番キャラクターが変わっていて面白かった。

普段は何を考えているのかわからないが実はすごい考えているなど、演技がとても素晴らしく、集中して見ることができます。

普段と違った一面を見れる事からこのドラマが一番のおすすめだと思います。

中居くんが障害者 役を演じたことで、とても話題になった作品ですが、医療関係者として、とても興味深かったです。

そして とても 成り切っていて、見ている側としては感情移入しやすかったです。

中居くん演じる主人公が、物思いにふける時の障害者の演技には、大変 惹きつけられました。

このドラマで中居さんは、障害を持った主人公アタルを見事に演じていらっしゃいました。

アタル自身、そして、アタルを取り巻くまわりの人々も作り込まれていて見応えがありました。

コミカルなシーンもあり、楽しく観れるドラマでした。

予告編からキャラのインパクトが強烈だなと感じたドラマでした。

中居さんの人間離れした喋り方を見て、妙に惹かれるものがありました。

なんだか見てて癖になるキャラを演じている中居さんが好きで、このドラマを選びました。

このドラマで仲居さんは、「サヴァン症候群」の青年を演じていた。

私には自閉症の兄がいるので、しぐさとか、コミュニケーションが苦手なところなど、兄に重なってみえて、なんだか共感した。

それに中居さんのドラマで、知的障害・発達障害の人を演じているものは他にあまりないと思う。

なのでATARUが1番おすすめ。

とても難しい役だと思いますが中居さんが見事に演じていて物語に集中できました。

普段の中居さんとはまったく違うので別人かと思うくらい印象も違って、演技が上手だな素敵だなとファンになったきっかけのドラマです。

サヴァン症候群という難役を演じる中居くんの演技力に圧巻。

内容も様々な事件を特殊な才能を発揮して解決に導くまでのストーリーが面白い。

サヴァン症候群の子供らしい愛着のある喋り方や仕草で中居くんの可愛らしさも感じられる作品だと思う。

中居さんの役柄が知的障害者の役だったのですが、目の動き方や話し方、仕草などがとてもリアルできちんと向き合って勉強と練習を重ねたんだと思い感動しました。

ストーリーも事件を解決していくミステリーなので、解決したときの気持ちがすっきりして見ていて楽しかったドラマのです。

サヴァン症候群であるアタルが警察に協力して事件を解決していく話です。

独特なキャラクターで変な話し方ですが違和感を感じることなく、可愛らしくみえる演技が素晴らしいからです。

考えさせられる場面もあるので魅力的なドラマだと思います。

初めてサバン症候群という存在を知れたドラマ。

中居さんの演技がとても上手で、サバン症候群というのはこのような特徴があるんだということがとてもよく理解出来た。

また、ドラマ自体がミステリアスな部分とコメディータッチの部分があり、毎週飽きずに楽しむことができ、続きを見たいと思わせられるドラマだった。

中居くんをドラマでお見かけすると、どうしてもバラエティーでの中居くんと重なってしまい、ストーリーに入っていけないことがしばしばありましたが、ATARUではそういったことが一切なくストーリーに入り込めたからです。

ストーリー自体も興味深く楽しめるものでしたし、なにより中居くんがとても魅力的な役柄だったと思います。

何を考えているのか分からず、自閉症という病気を演じ切り、ともかく変人だというアタルの行動を中居が緻密に演技できているのだと感じ、中居の演技が無かったらドラマは成立しなく、中居の演技が最も輝いていたドラマだからです。

サヴァン症候群で特殊能力を持つ役という事でとても難しい演出だったと思いますが、うまく役をこなしているが故に、ミステリアスな事件等のヒントとなる事を見つけ出し、掲示達に提供し解決に導くというのがリアル感もあり、事件の内容も興味深く観る事ができます。

サヴァン症候群の役でしたが、本当にそんな感じがして見ていました。

名前もあたる、勘もあたる、このドラマは知能は低くても、特殊な能力があるので捜査に協力できた作品です。

目の動きや仕草が、知的障害者に似てて上手でした。

たくさんあるので迷ったが、このATARUは「サヴァン症候群」という特殊な能力を持った発達害者の役で、通常の役作りとは違ったものを求められるが、何の違和感もなく役になりきっていた印象がある。

難しい役どころなのに無理してる感がなく、自然な演技に、見ている方もすんなり入っていけた。

中居さんのアタルは視聴者の共感、感銘を呼び、愛すべきキャラクターとなった。

毎週楽しみで視聴者がアタルに優しく寄り添って見ていたドラマだと思う。

障害者役をやる中居正広の演技力の高さが分かるドラマであり、そんな彼、アタルの言葉をヒントに取り巻く刑事達が謎を解いていくまでのドキドキ感がいいとおもいます。

ミステリー系が好きな方にはオススメだと思いました。

サヴァン症候群という難しい役だと思いますが、中居正広さんの良さや特徴が活かされていて適役だと思いました。

出演者も豪華でドラマの内容も面白いです。

イメージ的にはドラマ『SPEC』の様な感じで、ギャグを入れつつ、ストーリー性もある、老若男女楽しめる作品だと思います。

因みに映画化もされています。

映画には堀北真希さんも出演していて、こちらはドラマよりも内容が深くてとても面白かったです。

サヴァン症候群のアタルが、常人には気付かないような証拠から事件を解決に導いていくというストーリーがとにかく面白かったです。

また天才ゆえの悲哀というか孤独を感じさせる中居さんの演技がまた上手くて、胸を打たれたものでした。

今までの中居くんの演技とは違い、難しい役柄なのに、見事に演じきる中居くんは素敵すぎます!!

恋愛要素もチラッとありますが、事件を解決していくミステリアスな雰囲気に一気に引き込まれていきます!

あたるの名言、カレーうどん下さいが毎回大好きで楽しみにしていました!

何回でも観たくなる作品です☆

サヴァン症候群のチョコザイがヒントを出し、刑事がその情報を元に捜査するという設定が面白いです。

事件捜査の合間に挿入されるコメディチックな部分が特に好きで、登場人物それぞれに魅力がありました。

ミステリーとしても面白く、レベルの高い推理ドラマだと思います。

天才だけど、その分、一際、個性の強いATARUという役を見事に魅力たっぷりに、演じきった中居くん。

特定の“キャラクター”になりきって(少し、天然であれ、計算であれ、ぶりっ子要素が含まれると抜群)、という意味では、かなり役者。

あの役は中居くんにしか、できない。

また、続編を見たい。

2位 味いちもんめ 18名

今回2位に選ばれたのは「味いちもんめ」でした。

この「味いちもんめ」は、漫画を原作とした連続ドラマで、1995年1月から3月に渡りテレビ朝日系で放送されていました。

中居さんはこのドラマで初主演を務め、板前修行中の「伊橋悟」を演じていました。

このドラマの人気は高く、1年後には第2シリーズ「味いちもんめⅡ・京都編」が放送、1997年、1998年、2011年、2013年の4回、スペシャルドラマが放送されています。

口コミでは「まだ初々しい中居くんがいい味出している」「中居君の人柄の良さやキャラクターが合わさってとても面白いドラマ」などの意見が多数ありました。

また、「厳しい板前修行の中に温かい人情があって、心がほっこりするいいドラマ」「様々な従業員との掛け合いも、とても楽しかった」などの声も多く聞かれました。

このドラマをやっていた頃の22歳の中居さんは、やんちゃでとんがった雰囲気がありましたよね。

その中居さんが演じる伊橋は、素でやっているのではないかと思えるほどはまり役でした。

ドラマの視聴率は、第1シリーズ16.0%、第2シリーズ18.1%と高視聴率を獲得、第1シリーズから18年経ってもスペシャルドラマが放送されていることに人気の高さがわかりますよね。

また、主題歌となっていた大黒摩季さんの「ら・ら・ら」はミリオンセラーを達成、この曲を聴くとドラマを思い出すという方も多いのではないでしょうか。

最後に放送されてから5年以上が経ち、新作を望む声も多く聞かれますが、共演者の方が何人か亡くなられているため、難しいのではないかと言われています。

それでもまた中居さんの伊橋が見られることを期待してしまいますよね。

味いちもんめを選んだ方の年代は?

味いちもんめの年代別グラフ

40代の方から一番多く票を集めています。

ドラマ放送時、一番見ていた世代なのだと思います。

板前の仕事がよく分かるだけでなく、初々しい中居さんが見られるおすすめのドラマとなっています。

味いちもんめを選んだ方の口コミ

料理人だった父が結構はまって見ていたドラマです。

自分の修業時代を重ね合わせていたようです。

とんがった中居クンもとても初々しくてかわいいし、先輩役の今井さん、布施博さんなど、見ごたえのある俳優さんの共演でとっても面白かったです。

まだ初々しい中居くんがいい味出してます、一流の料理人になるために頑張る姿はとてもいい演技でした、応援したくなる主人公をハツラツと演じてましたね、やんちゃな主人公が中居くんらしさと被って役になりきってました。

味いちもんめの中で、今どきの若いやんちゃな尖がった子が板前修業をする中で、成長していく役を等身大で演じていて、本気で取り組んで、ぶつかっていく姿がとても印象的でよかったです。

この番組は家族みんなで集まってテレビを見るほど家族皆が好きで見ていました。

このドラマから漫画の味いちもんめも読みだし、今でも漫画を出してきて読んだりもしています。

漫画の原作とは全く違う新たな伊橋悟を中居さんが作りだした中居さんの魅力で新しく生まれたドラマといえる作品でおすすめです。

若かりしき頃の、まだ演技が板についていない、新鮮な中居くんを見ることができます。

中居くんが演じる伊橋悟はとてもやんちゃで、そのルックスからもとても板前に見えませんが、立派な板前になるために周りの人とぶつかりながら成長をしていく、人情溢れるドラマです。

なかなか聞くことのない板場の役目を知ることができます。

また、板前だけの内容ではなく、田中律子が演じる伊橋の恋人・相沢陽子との関係性にドキドキするのも面白さが増します。

中居正広さんの役処は高級料理店の追いまわし(一番番下っ端)でした。

料理人特有の上下関係にいつも理不尽さを感じて、何かあれば反発する所が元ヤンキーの中居正広さんにピッタリだと感じました。

ほとんど地でやっていたと思いますね

中居正広さんといえば料理が苦手という事で有名ですが、それなのに料理人の役に挑戦し、持ち前の演技力で魅了しました。

漫画からドラマ化された「味いちもんめ」ですが、漫画での主人公をそのまま演じるのではなく、中居君の人柄の良さやキャラクターが合わさってとても面白いドラマです。

グルメ漫画のドラマ化作品でした。

原作も好きでした。

普段はどちらかと言うと、クールだったり、一歩引いたところで冷めた感じの態度をとりがちな彼ですが、この作品では普段のバラエティ番組出演時には見せない熱血系な青年役を演じました。

中居さんの熱い一面は見ていて本当に格好良かったです。

中居正広さんの初期の主演作品に当たると思いますが、一人前の板前を目指す姿が大好きでした。

小林稔侍さん演じる親方とのシーンも好きでしたし、先輩方に反抗しながらも真剣に料理と向き合っている姿も格好よかったです。

中居くんらしい明るく前向きで、少しお調子者というドラマ内のキャラクターが、とても当たり役だと思い選びました。

様々な従業員との掛け合いも、とても楽しかったし、板前姿も様になっていてとてもカッコ良かったです。

若かりし頃の中居くんは、とてもやんちゃな感じでしたそんな素の中居くんが等身大のドラマだと思います脚本もすごくおもしろく、周りの役者さん達との息もぴったり合っていたと思います心に残る言葉がありました、再放送は必ず見てしまいます
義理と人情に包まれながら、成長していく中居正広さん演じる伊橋の姿が見ていて爽快でした。

小林稔侍さん演じる親方の愛情や厳しさにも感動しました。

また、兄弟子とも時にはぶつかり合いながらも、問題を解決していくストーリーも面白かったです。

中居正広さんのキャラクターに一番合っていると思ったからです。

けんかっ早い感じだけど、料理人として必死に学ぼうとする演技も良かったからです。

元々が元気な印象の中居さんなので、この役は本人のイメージに合っているお勧めのドラマだと思います。

私は料理が趣味なのでレシピを増やしたく観ていました。

色々と勉強になり今でも実践しています。

出汁の取り方から野菜の下ごしらえ等々教えてもらいました。

今は亡き今井さんとの喧嘩のシーンは印象的でした。

本気で怖かったです。

中居さんが演じる主人公の伊橋が仲間達との対立を乗り越え、和食の料理人と成長していく姿が見応えがありました。

また、主人公が茶髪の料理人で新人なのに自信だけはあり、職場の先輩に対する生意気な振る舞いなどが、視聴者として見ていた中居さんのイメージに近いと感じ入り込み易かったです。

また後日談として、先輩役の今井さんとは初め本当に仲が悪く、撮影現場で喧嘩のシーンでは本当の喧嘩になりそうになり、スタッフに止められるということもありながら、その後お互いを理解し合うようになり、本当の親友になったとのエピソードにも感動しました。

ちなみに、今井さんは、中居さんのことを芸能界で唯一の親友だともいっていました。

後は、小林稔侍さんの演じる親方や、柳沢しんごさんの演じる先輩などのキャラクターも魅力的で面白かったです。

ドラマ味いちもんめは20年以上前の作品で、中居正広さんがまだ若い頃に出演していたものです。

まだ役者としての経験も少ない中で一生懸命板前の役になりきって頑張っている姿がステキでした。

他のドラマより輝いていたように思います。

中居君の初主演ドラマになります。

この頃の中居君、本当に男前で板前の衣装がすっごく似合ってます。

その姿を見れるのもいいし、ドラマとしても面白いし、出演者が小林稔侍さん野際陽子さん等超豪華なんです。

厳しい板前修行の中に温かい人情があって、心がほっこりするいいドラマです。

料理人に扮する中居くんが新鮮に見えて良かったです。

ストーリーも面白かったですが、ちょこちょこコミカルな演技を挟んでくるのがおかしくて好きでした。

お料理のシーンも美味しそうな盛り付けで見ていてお腹が減ってくるドラマでした。

板前としての仕事には真面目で、時におちゃらけたり、仲間と喧嘩したりする中居さんの演技が中居さんらしくて良かったからです。

特に涙するシーンには悲しさや真剣さをより表現できていたのが素晴らしいです。

またドラマを通して板前の仕事がよくわかり、おもしろいです。

3位 砂の器 16名

今回3位に選ばれたのは「砂の器」でした。

この「砂の器」は、松本清張さんの小説を原作とした連続ドラマで、2004年1月から3月にかけてTBS系の「日曜劇場」枠で放送されていました。

このドラマで中居さんは主人公の人気ピアニスト「和賀英良」を演じていました。

今までに「砂の器」は、5回ドラマ化されていますが、中居さんが出演していたものは4回目のドラマ化作品です。

口コミでは「原作を読んだ私でも主人公が中居さんで良かったと思ったドラマ」「中居君が出ているドラマの中でも名作中の名作だと思う」などの意見があったほか、「中居正広さんの演技力が光るドラマ。

クールで影のある役が良くあっていた」「中居くんのイメージが1番崩された!と思ったドラマ」などの意見がありました。

松本清張さん原作なだけにストーリー自体が素晴らしかったことに加え、普段明るくコミカルなイメージの中居さんが演じる、シリアスな和賀英良はギャップが大きく魅力的で、中居さんの新たな一面が見られる作品となっています。

共演者には、渡辺謙さん、松雪泰子さん、原田芳雄さん、市村正親さんなど演技力も確かな豪華俳優陣が脇を固めているのもおすすめ理由のポイントとなっているようでした。

また、ドラマ中に中居さん演じる和賀によって演奏される「宿命」はよりドラマを盛り上げていました。

最高視聴率26.3%、平均視聴率は19.6%と、あと一歩で大台の20%にせまる高視聴率をマークしています。

最初から中居さんが犯人だとわかる物語なだけに、追い詰められていく様子が見ている側も切ない気持ちにさせる、おすすめのドラマとなっています。

砂の器を選んだ方の年代は?

砂の器の年代別グラフ

少し大人の話だったためか30代、40代の方からの票を中心に集めています。

このドラマでは、今までの中居さんのイメージを見事に覆すような演技をしていますよね。

シリアスな中居さんを見たい方にはおすすめのドラマです。

砂の器を選んだ方の口コミ

若い頃の中居正広さんのイメージは明るく勝気な役柄が多い印象だったのですが、年齢やキャリアを重ねて行かれる内に医師や少し影のある役を演じる事が増えて来たように感じていました。

そんな中で、小説が原作の砂の器は原作を読んだ私でも主人公が中居さんで良かったと思ったドラマでした。

序盤から犯人とわかる演出の中で主人公のピアニストの葛藤や過去のしがらみなどを見事に演じていていてこれまでとはまた違う魅力ある役者さんだなと感じたからです。

普段は、明るくていつもワイワイ口うるさいぐらいに感じる中居さん。

このドラマで演じたミステリアスな雰囲気が漂う主人公。

いつもtvで見せる姿からは想像できないほどのミスキャストに思えましたが、以外にもはまり役でした。

このギャップがとても印象的です。

中居君が出ているドラマの中でも名作中の名作だと思います。

原作が松本清張名なのでストーリーが素晴らしいことはわかっていましたがドラマを見てみると中居君はもちろん俳優の方々の演技が素晴らしく中居君の演技力が発揮されているドラマだと思ったので選びました。

最近のバラエティーでの名司会ぶりからは想像がつかないほど、中居正広さんのシリアスな刑事の役が、とても良かったです。

無口な役で、セリフをしぼりだすように丁寧に演じている様子を見ていると息が苦しくなるようでした。

田村正和、佐藤浩市、 佐々木蔵之介とこれまで様々な役者さんが和賀英良を演じてきましたが個人的には中居くんの和賀英良が一番良かった気がします。

バラエティ番組などで見せてくれる表情とのギャップがありすぎるせいかもしれません。

人は大海原を漂う舟のごとく運命というに波に翻弄される人生をおくります。

そこには、愛や憎しみ、喜びや悲しみが伴います。

そんな人間模様を描いているドラマです。

人間の欲望が前面にでていて、一度手に入れたものが、音を立てて崩れ落ちるさまが描かれていて考えさせられるドラマです。

中居正広さんの演技力が光るドラマです。

クールで影のある役が良くあっています。

渡辺謙や松雪泰子などといった演技派の俳優たちにも負けないくらいの存在感で殺人犯という難しい役をみごとに演じていました。

砂の器はもっと俳優としての中居正広さんを見てみたいなと思うほど印象に残るドラマでした。

それまで出演していたドラマは明るく、感情が豊かで、人間味があって、ぬくもりがあって、視聴者との距離感が近い役が多かった思う。

しかし、砂の器では、最低限の人間としての感情はあるが、それ以上の感情を他人に見せないという、物静かな役。

何を考えているのか、何を背負っているのか、無表情な場面も多く、中居さんの新しいイメージを発見できたと思いました。

比較的ドラマでも、明るかったり、少しコミカルだったりという役どころが多い中居君だからこそ、砂の器でのシリアスな演技は印象深い。

ドラマのキーワードである「宿命」に翻弄される主人公を、とても上手に演じ切っていたと思う。

なかいくんのふだんのあかるいキャラクターとはうってかわって、くらいかこをせおったピアニストをえんじているところにギャップやみりょくをかんじた。

また、まつゆきやすこやわたなべけんなどわきをかためるはいゆうじんのえんぎにもみごたえがある。

中居くんのイメージが1番崩された!と思ったドラマでした。

すっごくシリアスな役なんですが、その静かなシリアスな姿が以外とよく似合っていて驚きました。

歌を歌っていたりスマスマに出ていたり、司会をしていたりの明るくおしゃべりな中居くん。

それを、覆してくれるドラマです。

ドラマの内容は昔からとても有名な名作なので、間違いなく引き込まれるドラマです。

コミカルな三枚目のイメージのある中居くんですが、松本清張さん原作のこの作品で新しい一面を見せてくれたからです。

子供時代の苦難や闇を抱えた難しい役を見事にこなして、俳優中居正広を世の中に印象付けた作品だからです。

中居くんはじめ、共演していた渡辺謙さんや松雪泰子さんら俳優陣が豪華で見ごたえがあったから。

とくに中居くんのピアノを弾くシーンや、最後に自供するシーンはいまだに心に残っていて、中居くんの演技力の高さに感動したから。

有名な松本清張原作のドラマでしたが、私は原作を知らなかったので純粋にドラマの内容を楽しめました。

松本清張独特の切なくてちょっと暗い話でした。

観る前は松本清張原作で中居くんの演技力で大丈夫かなと心配してましたが、毎週楽しみに観てました。

このドラマは、有名なドラマです。

主役の中居正広さんは、とても素敵でした。

ドラマ内では、ピアニストの役であり、コンサートでピアノを披露している姿は、とてもかっこよく見えました。

また、ドラマの主題歌、挿入曲もすごく気に入っていました。

中居正広さんが出演していたドラマの中でもう一度見たいドラマであります。

元々は松本清張さんの小説を読んで面白いと思っていました。

なので中居さん主演でドラマになると知った時は楽しみにしていました。

出演者も良い役者達ばかりで小説と同じぐらいに面白くて、いつものバラエティーとは違う真面目な演技をする中居も良かったです。

4位 白い影 13名

今回4位に入ったのは「白い影」でした。

この「白い影」は、渡辺淳一さんの小説「無影燈」を原作としたドラマで、2001年1月から3月にかけてTBS系の「日曜劇場」枠で放送されていました。

このドラマで中居さんは、がんに侵された外科医の主人公「直江庸介」を演じています。

連続ドラマが終了した2年後には、連続ドラマよりも前の話がスペシャルドラマで放送されています。

口コミでは「普段の中居くんとまったく違う、影のあるドクター役はシリアスでとてもよかった」「いつもと違う大人な中居正広を感じられるのでおすすめ」などの意見が多くありました。

また、「とにかく中居くんの演技力が素晴らしかった」などの中居さんの演技力を評価する意見や、ハッピーエンドで終わらないラストが印象に残っている方が多いようでした。

誰にも心を開かなかった直江が、竹内結子さん演じる志村倫子に心を許していく姿に人間らしさを見た反面、悲しいラストが想像できて何とも言えない気持ちになりましたよね。

「失楽園」でも有名な渡辺淳一さん原作で、渡辺さんは医師免許を持っていただけあり、しっかりとした内容で見るたびに引き込まれて行くようなストーリーでした。

中居さんが演じる前には、田宮二郎さんが主演で1973年にドラマ化されています。

平均視聴率は20.3%と高視聴率を記録、3位の「砂の器」より前のシリアスな中居さんの演技が見られるおすすめのドラマとなっています。

白い影を選んだ方の口コミ

中居君演じる直江先生は多発性骨髄腫という難病です。

医者ゆえに自分の死期をわかっている直江は、一人でヒッソリと消えようと知り合いのいない行田病院に勤務しています。

そして最後まで医者としての使命とプライドを持っていようと、試薬を使って自分の進行のデータなどを取っていたりする姿がとても印象的です。

バラエティ番組やSMAPのリーダーとして明るく場を盛り上げていた中居さんのイメージからはかけ離れた、影のあるクールな役だったのが新鮮だった。

自分の病を知り、死に向かっていくな中で、愛することも愛される事も拒絶する中居さん演じる直江と真っ直ぐな愛を捧げようとする竹内結子さん演じる倫子の切ないラブストーリーが心に響いた。

真剣な顔つきや彼の色んな表情が見れて、この人は歌手だけでなく、役者としても活躍できてすごいなと思ったドラマでした。

このドラマがとても好きだったので、今でも再放送を見たいな、と思えるくらいのドラマです。

白い影というドラマに出演していた頃の中居正広さんはとにかく魅力的でした。

本物の医師のように見える演技は最高でしたし、放送された当時は20代後半ということで大人の男性の色気を出し始めていた時期でもあったので、全てが格好良かったです。

いつもは三枚目な中居正広さんですが、このドラマの外科医役は本当にかっこよかったです。

孤高の医師のミステリアスな感じも似合っていたし、重い病に侵されていることを隠して痛み止めの注射を打つシーンは真に迫っていました。

自分自身の死と向き合うお医者さん役。

口数の少なく好きな女性に対しての愛情表現が何とも切ないシリアスな演技をしています。

バラエティーで見せる明るい中居くんとは全く違うので、そんな意外性のある役柄をどう演じ上げるのかと見ていくと、直江庸介という役は繊細な一面を持ち合わせている中居くんにピッタリ合っています。

「私が倫子になって抱きしめてあげたい??」とドラマの世界に入り込めます。

いつもと違う大人な中居正広を感じられるのでおすすめです。

中居には珍しく影のある暗いキャラクターの医者の役でドラマのなかでも笑った場面が一度もないドラマだった。

しかしそれがとても新鮮であり役者のキャラクターに惑わされる事なくストーリーの本質が前面に出されハッピーエンドでない終わりが逆に印象に残ったから

普段の中居さんとは、かけ離れたクールで寡黙な役柄に引き込まれました。

ストーリーがかなり重い話だったのですが、毎回観いていました。

医師でありながら、自分の病に気づき苦しんでいる姿を胸を掴まれるような思いで観ていました。

普段の中居くんとまったく違う、影のあるドクター役はシリアスでとてもよかったです。

相手役の竹内結子さんとの雰囲気も好きでした。

どんでん返しの願いは叶わず、とてもせつないストーリーで、うるうるしながら見ていました。

再放送でも見ましたが、記憶に残る、好きなドラマです。

中居正広さんのドラマの中で一番、役が似合っており、演技がとても上手だと感じました。

バラエティーや司会の時に見せる中居正広さんとはまた違った一面を拝見することができるドラマなので、改めて中居正広さんの凄さを実感させられました。

明るく元気なイメージだった中居正広さんが あんなに違う面を見せられたドラマでした。

医者の役だったのですが、愛が信じられない人。

最終回で 自ら命を断つのですが 愛に包まれて旅立ちます。

竹内結子さんが相手役だったのですが 優しいドラマでした。

とにかく泣ける。

普段はふざけた発言が多い中居くんですが、黙っていると賢そうに見えるので、クールな医師役もハマってました。

ラスト、遺体が上がらないという支笏湖での投身自殺は衝撃的で、今思い出しでも心に重くのしかかってきます。

中居くんが初めてシリアスな演技を見せてくれたのが白い影で、中居くんが演じる直江先生の「中居」と「直江」をかけて「NN病」というのが流行ったぐらい人気のドラマでした。

最終回で直江先生が亡くなってしまったときには号泣したのを覚えています。

とにかく中居くんの演技力が素晴らしかったので、今でも見返すぐらい大好きなドラマです。

5位 伝説の教師 10名

今回5位に選ばれたのは「伝説の教師」でした。

この「伝説の教師」は2000年4月から6月にかけて日本テレビ系で放送されていた連続ドラマです。

物語の原案は、中居さんとダブル主演を務めたダウンタウンの松本さんが手がけ、中居さんはマニュアル通りの対応しかしないサラリーマン教師を演じていました。

友情出演以外ではドラマには出ない松本さんと中居さんの夢のコラボと言える配役はもちろんのこと、二人の漫才のような掛け合いが毎回楽しいドラマとなっていました。

口コミでは「ダウンタウン松本さんと中居さんの掛け合いが最高だった」「二人の掛け合いはボケもツッコミも共に冴えていて、これが本当におもしろくて毎回腹を抱えて笑った」などの意見が多くありました。

また、「個性的な内容で見ていて非常に面白かった」「自分の学校にもこんな素敵な先生が居たら良いのにと思った」などの意見もありました。

松本さんと中居さんのコントがとても楽しく、ドラマでありながら素で笑ってしまっている中居さんがとても印象に残る作品となっています。

口コミにもあったように、毎回二人の掛け合いが楽しいドラマでしたが、コントの部分はアドリブではなく、中居さんと松本さんは毎回楽屋で稽古をしていたそうです。

このドラマをきっかけにプライベートでも二人は仲が良くなり、中居さんのお父さんが入院しているときには、松本さんがお見舞いに来てくれたとテレビで話していることがありました。

二人の絶妙な掛け合いに加え、最終回には浜田雅功さんと木村拓哉さんが友情出演するなど、見どころ満載のドラマとなっています。

伝説の教師を選んだ方の口コミ

ダウンタウン松本さんと中居さんの掛け合いが最高でした。

ドラマなのにコントのようなシーンが毎回あり、お腹をかかえて笑っていました。

松本さんのアドリブの演技に、中居さんが堪えきれずに笑っていたのが印象的です。

芸人、松本人志と中居正広の夢のコラボ。

松本人志がドラマをやる事も珍しいしドラマ内で漫才やアドリブがあると思うのですがさすがとしか言いようがありません。

面白いし見る価値はあると思います。

そこから二人の仲が深まったのは言うまでもないです

ドラマは観ればわかりますがダウンタウンの松本人志さんとの掛け合いがかなり面白いです。

中居さんとの演技が自然で面白い事を話すと普通に笑ったりしてドラマとお笑い要素が組み込まれている内容です。

教師と言う真面目なイメージを松本さんがぶち壊してくれる内容になります。

いちばん見て欲しい点はやはりキャストがすごいという点ですねまさかダウンタウンの松本さんと中居さんがドラマで共演するとは夢にも思いませんでしたねしかも先生役でとはしかもその内容がまた個性的な内容で見ていて非常に面白かったですサラリーマン先生の中居さんと常識が嫌いなんだけど今まで数々の問題を解決してきた先生の松本さんの二人のコンビがここまで見事にハマるとは思っていなかったのでそこが一番のみどころですね。

伝説の教師は松本人志さんと中居さんの掛け合いが非常に面白かったのでおすすめです。

セリフではなく、アドリブな部分がたくさんあり、中居さんが素で笑っている感じが画面から伝わり、とても微笑ましく思いました。

とにかく、二人の相性がピッタリでまたタッグを組んでドラマをやってもらいたいです。

今でもプライベートで親交があるという、中居正広さんとダウンタウンの松本人志さんのドラマ初共演作品であり、二人が教師を演じた学園ドラマです。

このドラマは、ドラマだけど普通のドラマじゃないところがおもしろいです。

まずこのドラマはアドリブがとても多く、ドラマなのに随所で即興コントが始まります。

主に松本さんがボケて中居さんがツッコむのですが、長年バラエティで活躍してきた二人の掛け合いはボケもツッコミも共に冴えていて、これが本当におもしろくて毎回腹を抱えて笑いました。

そしてコントだけでなく学園ドラマでドラマとしても十分におもしろいです。

いじめ問題などに真正面から向き合い、とても考えさせられるし感動するドラマでした。

笑いあり涙ありのこのドラマは今でも自分にとって一番のドラマです。

また最終回にはとんでもない二人がゲスト出演するのでそれも是非見てほしいです。

このドラマは中居正広さんが出演されていたドラマの中でも私が一番大好きな作品です。

ダウンタウンの松本人志さんも出演されていたのでドラマの中での2人の掛け合いがコントのようで見ていてとても面白いのでおすすめです。

これで共演するまでは、松本さんは中居さんをいけ好かない奴だと思っていたけれど、共演していい奴じゃんと思うようになり、今でも友情が続くくらい2人が仲良くなった思いであるコメディタッチなドラマだから印象に残っています。

中居君と松本さんのコンビってだけで最高に面白いです!

当時、私は学生でした!その時にドラマを観て感じた事は、自分の学校にもこんな素敵な先生が居たら良いのにと思いました!

中居君の先生役は本当にカッコ良くて素敵でした!

中居正広さんの出演作の中でも屈指の名作だと思います。

松本人志さんとのダブルキャストで絶妙なコンビネーションを発揮していて、プライベートでもいまだに付き合いのあるお二人はきっとそれだけこのドラマが素晴らしかったと思います。

100名に聞いた!中居正広さんが出演していたドラマの中で一番おすすめなドラマの口コミランキングまとめ

100名に聞いた!中居正広さんが出演していたドラマの中で一番おすすめなドラマの口コミランキングはいかがでしたか?

今回紹介したドラマのうち、1位と2位の作品は放送が終わった後でも続編やスペシャルドラマになった人気のドラマでした。

また、3位と4位の作品は普段とは違うシリアスな演技をする中居さんが見られるドラマで、大物作家の小説が原作、以前にもドラマ化されているというのが特徴となっていました。

今回は、1位の「ATARU」と2位以下には10票以上の差がありましたが、反対に2位から6位まではすぐ下の順位との差があまりなく接戦となりました。

中居さんはサヴァン症候群の青年から殺人犯まで、さまざまな役を演じていますが、どのドラマの口コミにも「中居さんのはまり役」という意見があったのが印象的でした。

今ではMCをメインに活躍していますが、中居さんの演技力の高さががわかる意見ですよね。

普段の中居さんのイメージ通りの明るいキャラクターから、感情を抑えたシリアスな役までが見られるおすすめドラマばかりです。

いろいろな中居さんが見られるので、これを機会に見たことがある人も、見たことがない人も中居さんのドラマを見てみてはいかがですか?

0