2018年には結成15周年となる記念ライブを成功させたNEWS。

2019年に入ると10枚目となるオリジナルアルバム「WORLDISTA」がリリースされ、3月から5月にかけてライブツアーを開催しています。

順調な活躍を見せているNEWSですが、オリジナルアルバムは毎年コンスタントに発売されているものの、ベストアルバムは2012年の「NEWS BEST」以降、リリースされていません。

そろそろベストアルバムが発売されてもいいのではないかと期待してしまいますよね。

そこで今回は、もしNEWSのベストアルバムが出るとしたら一番入っていてほしい曲は何かを、無作為に集めた100名からアンケートをとり、なぜその曲が一番入っていてほしいのか口コミなどを集計してまとめてみました。

100名に聞いた!NEWS(ニュース)のベストアルバムが出るとしたら一番入っていて欲しい曲のおすすめ口コミランキング

100名に聞いた!今後「NEWS(ニュース)」のベストアルバムが出るとしたら、あなたが一番入っていて欲しいと思う曲の口コミランキングのグラフ

1 位 チャンカパーナ … 20 名
2 位 Weeeek … 14 名
3 位 NEWSニッポン … 10 名
4 位 希望~Yell~ … 9 名
4 位 チェリッシュ … 9 名
6 位 恋を知らない君へ … 7 名
7 位 愛言葉 … 5 名
8 位 フルスイング … 3 名
9 位 ONE -for the win- … 2 名
9 位 恋のABO … 2 名
9 位 サヤエンドウ … 2 名
9 位 Fighting Man … 2 名
9 位 さくらガール … 2 名
14 位 code … 1 名
14 位 Touch … 1 名
14 位 CRY … 1 名
14 位 真冬のナガレボシ … 1 名
14 位 Smile Maker … 1 名
14 位 EMMA … 1 名
14 位 SNOW EXPRESS … 1 名
14 位 I・ZA・NA・I・ZU・KI … 1 名
14 位 Good News! … 1 名
14 位 BYAKUYA … 1 名
14 位 四銃士 … 1 名
14 位 Share … 1 名
14 位 2人/130000000の奇跡 … 1 名

100名に聞いた!NEWS(ニュース)のベストアルバムが出るとしたら一番入っていて欲しい曲のおすすめ口コミランキンググラフ結果

今回見事1位に輝いたのは「チャンカパーナ」でした!

このチャンカパーナは、出会ったその時から好きになってしまった熱い気持ちをアップテンポのメロディにのせて歌った、ノリの良い曲ですよね。

途中に入るセリフや真似したくなるような振り付けも特徴的で、カラオケで歌うのもおすすめの一曲です。

その他ランクインした曲を見てみると、明るくノリの良い曲が上位に多く入っています。

また、デビューシングル、メジャーデビューシングル、4人体制になって初めてリリースされた曲など、NEWSの転機となった曲が上位に入っています。

5位までに入った曲は、NEWSのシングル売上ランキングでも上位に入っていることから、人気、知名度ともに高い曲がベストアルバムにも入ってほしいと思っている人が多いことが分かる結果となりました。

100名に聞いた!NEWS(ニュース)のベストアルバムが出るとしたら一番入っていて欲しい曲のおすすめ口コミ調査 BEST5

1位 「チャンカパーナ」-4人体制になって初めて発売された今のNEWSを代表する一曲- 20名

今回見事1位に輝いたのは「チャンカパーナ」でした。

この「チャンカパーナ」は2012年に発売された14枚目のシングルで、今の4人体制になって初めてリリースされた曲です。

この曲のCDは通常盤のほか、各メンバーのソロ曲が入った「初回盤N(小山ver.)」「初回盤E(加藤ver.)」「初回盤W(増田ver.)」「初回盤S(手越ver.)」、「初回スペシャルBOX(4CD+DVD)」の6形態で発売されました。

NEWSのシングル売上ランキングでは3位に入るヒットソングです。

口コミでは「NEWSが4人になってからのはじめての曲ということもあり思い入れがあるのでベスト盤にはなくてはならない曲」「4人になったNEWSのファンへの想いが詰まっていると思うから」などの意見が多数ありました。

また、「一度聴くと癖になるメロディや世界観が好き」「セクシーな感じがNEWSだから出せると思うし、NEWSといえばこの曲」などの意見も多くありました。

曲の初めにメンバーのソロ、中盤にはそれぞれのセリフがあり、それだけでもお得感がありますが、最後の手越さんの伸びのある「チャンカパーナ」で満足度はMAXなるような曲となっています。

サビでタイトルでもある「チャンカパーナ」を繰り返し歌いますが、この「チャンカパーナ」は「愛しい人」という造語です。

今ではこの「チャンカパーナ」の一部をとり、「愛しい人」の意味を込めて、NEWSのファンは「パーナ」と呼ばれていますよね。

2018年7月から放送されていたドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」の出演者たちは、この「チャンカパーナ」の振り付けを主演の加藤さんから直伝で教えてもらっていたそうです。

真似したくなるような振り付けですが、共演者の加藤諒さんいわく「意外と難しい」とのことです。

ノリの良いメロディに加え、振り付けもしながらカラオケで歌えば、盛り上がること間違い無しの曲となっていますよ。

チャンカパーナを選んだ方の年代は?

チャンカパーナの年代別グラフ

20代の方を中心に10代から50代までの幅広い世代の方から票が入っています。

山下さん、錦戸さんが脱退し、どうなってしまうのかと不安だった気持ちを吹き飛ばしてくれる曲となりましたよね。

新生NEWSの代表する一曲です。

チャンカパーナを選んだ方の口コミ

人気を、支えていた山Pと錦戸が脱退し、もう終わりだと思われていた時に爆発的にヒットしたナンバーだからです。

今のNEWSがあるのは、この曲のおかげだと思います。

チャンカパーナ、という不思議なワード、なんだかわからないけど気になりますし、歌いたくなる曲調です。

間奏に入るセリフもカッコいいです。

思わず口ずさんでしまう歌詞と全体的にノリが良い曲なのが好きです。

踊りも覚えたので聞きながら踊りたいというのと、手越君の「チャンカパーナ」と高音で歌うところも好きなのでベストアルバムに入れて欲しいなと思いました。

ニュースが歌っている曲の中で人気で変わっている歌詞で一番心に残っている曲なのでベスト盤には入れてほしいです。

チャンチャンチャンンカパーナと耳に残るキャッチーな歌詞がよく、ニュースが4人になってからのはじめての曲ということもあり思い入れがあるのでベスト盤にはなくてはならない曲だと思います。

ちょっとレトロっぽいというか、一度聴くと癖になるメロディーや世界観が好きです。

歌詞もストレートでドキドキしちゃいます。

曲の中盤の4人のセリフ部分も好きです。

セクシーな感じがNEWSだから出せると思うし、NEWSといえばこの曲だと思います。

チャンカパーナは現在のNEWSが再始動の時に最初に出したシングル曲です。

曲や歌詞自体には、「おかえり」「ただいま」などといった要素は含まれていませんが、タイトルでもある「チャンカパーナ」は造語で「愛しい人」と言う意味で、NEWSのファンへの思いがつまっています。

曲調は明るく、アップテンポなので、いつでも新しい気持ちで進もうと明るい気持ちにさせてくれます。

6人だったNEWSから4人のNEWSになり、再出発を始めた時のはじめのシングルで思い入れがあるから。

NEWSがどうなってしまうかすごく不安だったけど、この曲を聴いて、これからもNEWSを信じようと思えた。

夏にぴったりのノリノリの曲で踊りたくなるのが一番だと思いました。

恋をしたときに聞きたくなる曲です。

チャンカパーナと連続して歌うのがリズミカルで、忘れられないメロディなので、それも選んだ理由のひとつです。

数ある彼らのアップテンポナンバーの中でも秀逸にキャッチーな曲だと思います。

彼らの曲らしくセクシーな曲調&歌詞なのはもちろん振り付けも思わず真似したくなるような覚えやすさでカラオケで盛り上がれそうな一曲です。

NEWSが大人数で活動している時から知っていて、ファンではないのですが口ずさめる曲ばかりだったのですが、NEWSが4人で活動していく中でちょっとチャラめな曲〝チャンカパーナ″を初めて聴いた時に今までのNEWSの曲の中で一番口ずさみやすく、数回聴いただけで歌詞を完璧に覚えられてしまったくらい耳に残る曲なのでベストアルバムが出たらチャンカパーナは入っていて欲しいです。

NEWSが再始動した最初のシングルであり、ベストに入るにはふさわしい楽曲だと思います。

曲調もディスコチューンのようでポップで頭に入ってきやすく、テンションが上がるので、入っていたら何回もリピートして聴きたくなります。

ノリが良くニュースの代表曲でもあるチャンカパーナはベストアルバムには絶対に入れて欲しい曲なので選びました。

ニュースの曲の中でチャンカパーナ以上に楽しんで聞ける曲はないと思っているので絶対に外してほしくないニュースの代表曲だと思っています。

4人体制になったNEWSが一番輝いていた時の代表曲だと思います。

増田君の笑顔と振り付けが可愛らしく、それぞれの台詞入りで、最後の歌い上げるパート部分では手越君の歌唱力に鳥肌が立ちました。

いかにもジャニーズらしい明るくてノリの良い曲です。

メンバーそれぞれのソロが冒頭にあり、とてもノリがよく明るい曲調が素敵な曲なので、選びました。

メンバー4人それぞれのキャラクターが際立つ、とてもNEWSに合っている曲だと感じました。

宴会や仲間内のパーティーなどでも、盛り上がる一曲だと感じました。

NEWSのアルバムを買うなら入っていてほしいだろうなと思うからです。

テレビで本人を見るのもいいですが、耳で聞くと4人の声が透き通っていて、口ずさみたくなると思います。

この曲は知っている人が多いので、初めてアルバムを買う人でも買いやすいのではないかと思います。

アップテンポでとてもノリが良く、つい踊り出したくなるような元気の出る曲だと思います。

山Pが抜けた後のちょっと寂しげな雰囲気を吹き飛ばしてくれた曲でもあります。

ダンスも可愛かったしNEWSを代表する一曲だと思います。

自分はNewsの中で一番好きな曲は、メロディーもアラビアン風な感じで、歌詞も大好きな相手を思い出し、早く会いたいなぁっていう内容だと思います。

振り付けも簡単そうで、みんなで歌えば盛り上がる曲だど思います。

この曲は、NEWSが現在の4人体制になってからの初めてのシングル曲で、4人にとってのもう1つのデビュー曲でもあるから。

また、タイトルのチャンカパーナはNEWSのファンの愛称でもありメンバーの脱退を経て4人になったNEWSの、ファンへの想いが詰まっていると思うから。

新生NEWSの代表曲でもあるチャンカパーナ。

キャッチーなタイトルでファン以外からも注目を集めた曲。

また、みんなで歌って踊ることができるため、カラオケでもよく歌われる。

再出発の勢いがとても見られた曲である。

この曲を選ぶ人は多いと思うけど、4人体制になって最初の曲でチャンカパーナって何?って最初思ったのですが、愛しい人と言う意味を込めて作られた造語と分かったら妙に曲と歌詞がすんなり入ってきて、ここからファンの事をパーナと呼ぶことになったので思い出に残ってます。

NEWSといえば真っ先に出てくるのはこの曲だからです。

アップテンポでノリノリな曲なのですが、少しセクシーな歌詞がファンにはたまらない一曲です。

またダンスも真似しやすいので、曲を聴きながら一緒にダンスできるのも楽しくていいなと思います。

2位 「weeek」-また一週間頑張ろうと思えるGReeeeNが手がけたノリの良い曲- 14名

今回2位に入ったのは「weeeek」でした。

この「weeeek」は2007年に発売された7枚目のシングルで、「クリムゾン RUSS-K」のCMソングになっていました。

作詞作曲をGReeeeNが手がけ、オリコン週間シングルチャートでは初登場1位を獲得、2007年度の年間チャートでも10位に入り、NEWSのシングル売上ランキングでは2位に入る人気の曲です。

口コミでは「明日からまた頑張ろうと元気になれる曲」「鬱になる時でもこの曲を聴いたら、また一週間頑張れそうな気がする」などの意見が多くありました。

また、「今は他グループで活動している錦戸君、ソロで活躍している山Pがいたころの曲なのでぜひ入れてほしい」「ベストアルバムにこれを入れないのは、逆にありえないと思うほどの曲」などの声も聞かれました。

「うん、あるある」と共感できるような歌詞とキャッチーでノリの良いメロディは、聴いているだけで元気が出るような曲となっています。

口コミの中にも多くの方が「GReeeeNが提供した曲」と書いていましたが、GReeeeNらしい曲をNEWSのメンバーがうまく歌いこなしていますよね。

「weeeek」の「e」の数は「GReeeeN」の「e」の数と同じで、GReeeeNのメンバーが4人のため「e」も4つあります。

6人体制のNEWSがこの曲を歌っていたときは、山下さんが「行きまーす、イェイ」という掛け声から始まり、曲に勢いを与えている感じがしますが、この掛け声は山下さんのアドリブらしいですよ。

GReeeeN自身もこの曲をセルフカバーしていますが、この掛け声は入っていないので、NEWSとの違いを楽しみながら聴き比べるのも楽しいかもしれませんね。

weeeekを選んだ方の年代は?

Weeeekの年代別グラフ

30代の方からの票を一番集めています。

曲の勢いそのままにNEWSのメンバーが楽しそうに歌っているところをおすすめしている方がいました。

仕事が始まる前日に聴くのが特におすすめですよ。

weeeekを選んだ方の口コミ

この曲はNEWSを代表する一曲なのではないでしょうか。

またこの曲は、Greeeenが作詞作曲したということもあり、歌詞がとてもいいですし、リズムもいいですよね。

カラオケでもいつも歌います。

ぜひ入れて欲しい一曲です。

weeeekという曲は意外と知られていませんがGreeeenが作詞した楽曲であり、曜日が歌詞の中に入っていて誰もが一度は聞いたことがあると思います。

さらに今は他グループで活動している錦戸君、ソロで活躍している山Pがいたころの曲なのでぜひ入れてほしいと思います。

私の好きなGreeeenが作った曲で、ノリも良くて歌詞も素晴らしい大好きな曲の1つです。

一時期ものすごくハマったのを今でも鮮明に覚えています。

なんどもなんども頭の中で繰り返し流れていて、それぐらい大好きでした。

「weeeek」という曲は特に日曜日に聞くのにおすすめの曲です。

また1週間を頑張ろうと思えるような前向きな歌詞で、とても気に入っています。

テンポよく、日曜日の日本人の気持ちを代弁してくれているような歌詞です。

とても明るくて、聞いていて楽しくなれる曲だと思います。

明日からまた頑張ろうと元気になれる曲であると思います。

カラオケでも人気の曲だと思います。

みんなで盛り上がることができる曲だと思います。

この曲を歌ってみんなで楽しみたいです。

「明日からまた日月火?」というサビのフレーズが、とても元気の出る応援歌になっていて、誰が聞いても口ずさみたくなるような曲であり、NEWSを代表する曲だと思います。

また、作詞作曲がGReeeenということもあり、名曲と言えると思います。

あっという間に過ぎていく一週間ですが、今週もまた楽しく過ごそうと思える元気な曲です。

憂鬱になる時でもこの曲を聴いたら、また一週間頑張れそうな気がします。

メンバーが楽しそうに歌っていたのも印象的だったので、好きな曲です。

GReeeeNが提供してくれた楽曲で、とてもキャッチーな楽曲です。

初めて聞いたときから耳に残りやすいですし、楽しく歌えます。

また曲調だけでなく、歌詞もとても前向きになれるもので、毎日頑張って過ごしていこうと思えます。

めちゃくちゃ元気が出る楽しい曲。

まだ山pがいるころの曲なので、特に思い入れが強い楽曲。

ベストアルバムにこれを入れないのは、逆にありえないと思うほどの曲です。

是非ベストの1曲目に入れてほしいと思います。

この曲は大大大好きで、曜日を歌った曲ですが、テンポも良く のりのりになれるし、意外と歌詞も 前向きな感じがすごく良くて、楽しい曲なんで一度聞いたら 頭から離れないくらいの 印象的な曲なんで、ぜひ この曲がいいかと思います
NEWSの曲で爽やかですし、のりもよいのでベストアルバムには絶対に入っていて欲しいと思います。

ベストアルバムを聞きながら口ずさんで家事をしたら楽しくなるだろうなと思わせる曲です。

入っていたら買いたいと思います!

CMソングとしても使用され、GReeeeNによる提供の曲としても話題となったこの曲は、タイトル通り「一週間」を通しての励ましソングとなっています。

ファンはもちろんのこと、それ以外の人たちからも人気がある、元気ソングだからです。

newsの曲の中でも特に上がる曲なので是非、ベストアルバムには入っていて欲しい曲ではあります。

個人的にですが、この曲を休み明けに聞いて一週間頑張れる曲としてもおすすめしたい曲でもあります。

メンバーが違えど入れて欲しいです。

人気グループが歌詞を書いたということもあってNEWSの楽曲の中でも一般的によく知られている曲だと思いますし、前向きで誰にでも当てはまるような歌詞が多くの人を鼓舞してくれる気がするので、ぜひベストアルバムに入っていてほしい一曲です。

3位 「NEWSニッポン」- NEWSのデビュー曲であり、メンバーが9人だった頃の唯一のシングル曲- 10名

今回3位に選ばれたのは「NEWSニッポン」でした。

この「NEWSニッポン」は2003年に発売されたデビューシングルで、セブン-イレブンのみで販売されました。

限定50万枚が完売しましたが、インディーズ扱いのためランキングなどには反映されていません。

しかし、売上を見るとNEWSのシングル売上では実質1位といえる曲です。

口コミでは「NEWSの大切なデビュー曲」「NEWSの中でもトップクラスで有名な曲」などの意見があったほか、「誰がこの曲を聞いても元気になれる曲」「デビュー曲ならではのフレッシュな感じと、明るい曲調に背中を押してもらえる」などの意見がありました。

今では4人で活動しているNEWSが9人体制だった頃に出された唯一のシングルだったこともあり、「若い子は9人のNEWS知らないんだろうな?という思いからこの曲を選んだ」という方もいました。

セブン-イレブンの独占販売という特殊な販売方法でしたが、バレーボールワールドカップのイメージソングだったこともあり知名度が高く、勇気がもらえるような前向きな歌詞がおすすめの一曲です。

ジャニーズのどのグループの曲でも気になるのが、誰がどのパートを歌っているかの「歌割り」ですよね。

口コミの中にも「旧メンバーの歌割りがどう変わったのかも確認したい」という声がいくつか聞かれました。

発売当時はセブン-イレブンのみの販売でしたが、2005年に発売されたファーストアルバム「touch」にはこの曲が収録されています。

また、2018年6月に発売された23枚目のシングル「BLUE」の初回盤Bに、今のメンバーで再録した「NEWSニッポン」が収録されています。

ベストアルバムに収録されるとしたら、9人で歌っているバージョンと4人で歌っているバージョンの両方が入っていたら嬉しさ倍増ですよね。

もしそうなったときは、歌割りがどのように変わったか確認するのもおすすめです。

NEWSニッポンを選んだ方の年代は?

NEWSニッポンの年代別グラフ

20代、30代の方から同じだけ票を集めています。

デビュー当時のNEWSはジャニーズの中でも人数が多いグループでした。

デビュー当時の豪華な9人のメンバー、みなさんは全員の名前を言えますか?

NEWSニッポンを選んだ方の口コミ

NEWSの大切なデビュー曲ですし、デビューしたのもだいぶ前なので、かつてのNEWSを知らない世代のファンも増えてきたという事で選んでみました。

今のNEWSも勿論大好きですが、過去の歴史も知って欲しいなと思います。

今では全く聞かなくなってしまったデビュー曲。

メンバーが多く抜けたこともあり、披露される機会が減ったようにも感じますが、NEWSが結成された時、豪華メンバーでしたし、そのデビュー曲だったので1番思い出に残ってるからです。

この曲はニュースの名曲の一曲であり、誰もが知っている歌でもあります。

元気がでない時や、雨が降っていて何もしたくない時などに、この曲を聞き何回も元気付けられました。

誰がこの曲を聞いても元気になれる曲だと思います。

NEWSのデビュー曲で、バレーボールのワールドカップでも使用された曲で、知名度が高い曲だと思います。

デビュー曲ならではのフレッシュな感じと、明るい曲調に背中を押してもらえます。

爽やかなメロディーに元気が出ます。

一応はデビュー曲にあたる曲になると思います、予約販売はセブン-イレブンだけという形でしたが、なんとなくこの曲を聴くとバレーボールを思い出します、NEWSの中でもトップクラスで有名な曲でもあると思いますし、一番ベストアルバムに入ってて欲しいです
今の若い子は9人のNEWS知らないんだろうな?という思いからこの曲にします。

取り直しせずに当時の音源のまま入れてくれたら嬉しいです。

NEWSはこの曲から始まったんです。

錦戸亮ちゃん、内寛貴くんなどの旧メンバーの歌割りがどう変わったのかも確認したいな。

次々とメンバーが脱退して今は4人体制になってしまいましたが、NEWSニッポンはデビューシングルなので原点のNEWSを感じることができる曲だからです。

また、バレーボールの大会のテーマソングとして流行っていた懐かしい曲だからです。

私はバレーをずっとしてきていてバレーのテーマ曲ということもあったし、今は4人のNEWSですが初め9人からのスタートでした。

のでその時の思い出などを含め9人から4人でのニュースのデビュー曲どんな感じなのか聞いてみたい。

ニュースは脱退が続いて、どんどん人数が減っていますが、記念すべき最初のシングルだからです。

今や貴重な音源だと思うし、ぜひアルバムに入れてほしいと思います。

誰が歌っているか、なども解説してほしいと思います。

当時は、山ピーのファンでしたから、この曲を聴くとそこ頃のかっこいい山ピーのダンスや歌声を思い出しますテンポも良く、ついつい口づさんでしまうデビューシングルには最適だと感じましたとても、元気になる曲なのは間違いないです

(同率)4位 「希望~Yell~」-NEWSのメジャーデビューシングル。

背中を押してくれるような応援ソング- 9名

今回同率で4位に2曲入りましたが、そのうちの一曲は「希望~Yell~」でした。

この「希望~Yell~」は2004年に発売されたシングルで、この曲の前に発売されたシングル「NEWSニッポン」がインディーズ扱いだったため、この曲がメジャーデビューシングルとなっています。

前作同様、バレーボールのイメージソングに使われ、NEWSのシングル売上ランキングでは1位に輝く人気の曲です。

口コミでは「全力で背中を押してくれる応援歌」「疲れたときに聴くと元気がでる」などの意見が多くありました。

また、「NEWS初期の懐かしい曲で、若々しさとあの頃の思い出を感じられる」「メンバーがまだ多かった頃のNEWSが好きなため」などの声も聞かれました。

「Hooray!Hooray!(フレー!フレー!)」の歌詞から始まるわかりやすい応援歌で、明るいメロディと終始励ましてくれているような歌詞は、落ち込んでいるときや元気になりたいときに聴くのはもちろんのこと、カラオケで歌ってもみんなが幸せな気分になれるような曲となっています。

メジャーデビューとなったこの曲は、オリコン週間シングルチャートでは初登場1位を獲得、この曲以降現在に至るまでリリースされたシングルは全て1位を獲得しています。

メンバーが8人と大人数でしたが、山下さんのソロパートが多く、山下さんファンの方にとってはそこもおすすめポイントとなっているようです。

今ではソロで活躍している山下さんですが、何年か前に自身が持っているラジオ番組で、放送日当日に誕生日を迎えた増田貴久さんに「おめでとう」とメッセージを送り、山下さん、増田さん、そしてNEWSのファンを喜ばせました。

脱退してもなお、NEWSのメンバーのことを気にかけていることが分かるこのようなエピソードは、ほっこりとした気持ちになりますよね。

希望~Yell~を選んだ方の口コミ

落ち込んでいたときに何度も繰り返し聴き、元気をNEWSから貰った思い出の曲だからです。

人生で辛いことがあったり夢を諦めそうになったときに全力で背中を押してくれる応援歌で、 ベストアルバムに一番ぴったりな曲だと言えます。

NEWS初期の懐かしい曲で、若々しさとあの頃の思い出を感じられるからです。

曲自体もとても素敵で、頑張る人への応援歌だし、歌詞もメロディーも耳に残ります。

絶対に外せない名曲なので、ベストアルバムの一曲目にしたいです。

NEWSにとってのメジャーデビューシングルで、この曲でNEWSを知った人も多いはず。

メンバーの脱退・卒業・加入の変遷がいろいろあったNEWSだからこそ、初期のオリジナルメンバーで出したこの曲をベストアルバムに入れてあげて欲しいと思う。

頑張っている人に、文句言う人は誰もいないと思います。

勇気づけられる曲で、NEWSが唄うと励まされます。

努力の後は、必ず幸があると言いたいのだと思いました。

ノリが良くて、みんなが幸せになれる曲だと思います。

オリンピックのバレーで耳にした曲で、彼らのデビュー曲です。

歌詞の、「君に幸あれ!」というフレーズがとても元気を貰えます(当時のまだ弱かった日本バレーの応援にはぴったりの曲でした)NEWSは今、色々あるみたいですが「幸あれ」と思って僅かながら応援も有り、この曲にしました。

メンバーがまだ多かった頃のnewsが好きなため。

耳に残りやすくリズム・曲調・歌詞が好きなため。

山Pが好きなため、ソロパートが多い。

昔のnewsが好きなため。

私の周りで、カラオケ等で歌われることがおおく好き。

山下くんが好きだったこともあり、この曲はよく聞いていました。

夢と希望を歌いながら自分にエールを送られている感じがして、いつも元気をもらっていました。

アップテンポと応援歌がマッチしてとても元気の出る曲なので好きです。

『希望?Yell?』は『アテネオリンピックバレーボール世界最終予選』・(TBS・フジテレビ系)イメージソングに起用されました。

『一人じゃ怖くても 自信が持てない時も 思い出してあの日の約束 歓声が君を呼んでいる走れ』のフレーズが勇気をもらえそうで元気が出ます。

NEWSのyellは、応援してくれている歌で疲れたときに聴くと元気がでます。

優しく励ましてくれる歌で大好きだからベストアルバムがでたら入っていてほしい歌です。

優しい歌声に元気がでます。

とても癒やされます。

(同率)4位 「チェリッシュ」-甘い歌詞にキュンとくる爽やかなラブソング- 9名

同率で4位に入った2曲目は「チェリッシュ」でした。

この「チェリッシュ」は2005年に発売された3枚目のシングルで、エステティックTBCのCMソングとなっていました。

デビュー曲「NEWSニッポン」から3作続けてテンポの良い応援ソングでしたが、この曲は穏やかなメロディと甘い言葉がキュンとくるラブソングとなっています。

NEWSのシングル売上では7位に入る人気の曲です。

口コミでは「初期のメンバーで歌うNEWSを代表する曲」「メンバーが減った今だからこそベストに入れてもらいたい曲」などの意見がありました。

また、「チェリッシュを聞くと幸せな気持ちになる」「NEWSを好きになるきっかけになった楽曲」などの意見もありました。

NEWSのラブソングはセクシーな歌詞の曲も多いですが、この曲は爽やかで優しい雰囲気のラブソングとなっています。

「チェリッシュ」は「大切にする・大事にする」という意味ですが、この曲の歌詞を読むと、好きな女性を大切に想う気持ちが伝わってきますよね。

NEWSが8人のときに発売された曲で、口コミにも「メンバーみんなの初々しさを感じる歌」などの意見がありましたが、反対に「今のメンバーで歌い直して収録してほしい」という声もありました。

8人で歌っているチェリッシュは、シングルのほか、1枚目のアルバム「touch」、ベストアルバム「NEWS BEST」に収録されています。

4人体制のチェリッシュは、2018年に発売された22枚目のシングル「LPS」の初回盤Bに収録されているので、両方聴いてみるのもおすすめですよ。

チェリッシュを選んだ方の口コミ

私が小学生の時に発売された曲で、その頃よく聞いていました!

その頃の思い出が蘇ってきますし、ジャニーズのヲタクをしていた懐かしい気持ちになるからです。

今は母親になったのでもうヲタクができないけど…チェリッシュを聞くと幸せな気持ちになります

NEWSのメンバーは今では4人ですが、この曲はまだメンバーが8人いた時の曲で、過去のNEWSを知らない若い世代の方にも知ってもらいたい曲です。

とても可愛いラブソングで、若い方にもウケがいいと思うので、メンバーが減った今阿だからこそベストに入れてもらいたい曲です。

NEWSもメンバーが何人か抜けてしまいましたが、初期のこの頃が1番好きで、この曲も初期のメンバーで歌うNEWSを代表する曲だと思います。

恋愛ソングで、ほんわかとした優しい雰囲気が個人的にとても好きです。

 全体的にやさしさで包まれた一曲です。

NEWSの全曲の中で一番好きで、繰り返し聞いた曲です。

恋から愛へと変わっていく情動を描いたピュアな歌詞、キャッチーなリズム、覚えやすくてクセになる振り付けとどれもこれも良い要素でできた一曲です。

NEWSを好きになるきっかけになった楽曲だからです。

当時と今ではメンバがガラッと変わり、というか減ったので、今のメンバーでまたチェリッシュを歌い直して収録してほしいです。

錦戸くんや山下くんのリードボーカルもよかったですが、今のメンバーでの歌声でチェリッシュが聞きたいです。

バレーボールのテーマ曲となっていたので、誰もが一度は耳にしたことがあるくらい有名な歌だと思いますし、元気いっぱいな歌詞とリズムが、聞いていると前向きな気持ちにしてくれるので、ベストが出るなら入っているといいなーと思います。

歌詞がとても大好きだからです。

おばさんですら胸がときめいてしまう程のかわいい歌詞で思わず胸キュンしてしまいます。

この曲はファンの間でもいまだに人気があって、古い曲ですが思わずたまに聞きたくなってしまいます。

歌詞が爽やかで切なくていいからです。

周りにいる人が「NEWSといえば、チェリッシュ」としきりに言っている時期があったので、やっぱり人気曲なのだなあと。

元気がないときに、テレビで歌っているのを見て、元気がちょっと出たりした曲です。

初期のころの歌で、メンバーみんなの初々しさを感じる歌なのだからです。

メンバーはへってしまいましたが、このころのフルメンバーに戻ってほしいという思いも込めてこのチェリッシュを一番入れてほしいと思いました。

100名に聞いた!NEWS(ニュース)のベストアルバムが出るとしたら一番入っていて欲しい曲のおすすめ口コミランキングまとめ

100名に聞いた!NEWS(ニュース)のベストアルバムが出るとしたら一番入っていて欲しい曲のおすすめ口コミランキングはいかがでしたか?

今回紹介した5曲のうち4曲はNEWSがデビューしてから数年のうちに発売された初期の頃の曲でした。

そんな中、1位になった「チャンカパーナ」はメンバーが4人になってから発売された曲で、NEWSの中心メンバーだった山下さんと錦戸さんが脱退し、「イチゴのないショートケーキ」「具のないおでん」などと世間から言われていた4人のメンバーの底力を見た気がしますよね。

また、今回5位までには9人、8人、6人、4人体制のNEWSの曲がそれぞれ入っているのも特徴的です。

いろいろとあったからこそ、初期の頃から現在までのNEWSの曲を聴きたいというファンの気持を表している気がします。

NEWSは2019年2月に10枚目のオリジナルアルバム「WORLDISTA」を発売しましたが、このアルバムには2019年1月からテレビ東京のドラマの主題歌になっている「トップガン」や3月からCMソングとして起用されている「Love Story」は収録されていません。

この2曲がシングルとして発売される日も近いかもしれませんね。

メンバーの変動が激しかったNEWSですが、口コミの中には当時のまま収録してほしい、4人体制での歌声が聴きたいなど、様々な意見がありました。

4人体制になってから発売されたシングルの中に、メンバーが多くいた頃の曲を4人で再録して収録されているものがあります。

興味がある方はそちらも聴いてみてくださいね。

結成当時の人数から半分になってしまったNEWSですが、その勢いはまだまだ健在です。

前のベストアルバムの発売から7年近く経っているだけに、そろそろ新しいベストアルバムが発売されるのではないかと期待してしまいますよね。

そんな朗報が届くまで、NEWSの曲を聴きながら「この曲も入ってほしいな」と想像して待つのも楽しいと思いますよ。

0