2006年にデビューをしたKAT-TUNは、デビューシングルから現在までリリースされたシングルは全てオリコン週間シングルランキングで1位を獲得、KinKi Kidsに次いで歴代2位の記録をもっています。1年以上の充電期間を経て、2018年から3人で再始動したKAT-TUN。彼らは多くのヒット曲を持っていますが、今後KAT-TUNのベストアルバムが出るとしたら、みなさんは何の曲が一番入っていてほしいですか。

そこで今回は、KAT-TUNのベストアルバムが出るとしたら一番入っていてほしい曲は何かを、無作為に集めた100名からアンケートをとり、なぜその曲が一番入っていてほしいのか口コミなどを集計してまとめてみました。

100名に聞いた!「KAT-TUN(カトゥーン)」のベストアルバムが出るとしたら一番入っていて欲しい曲のおすすめ口コミランキング

100名に聞いた!今後「KAT-TUN(カトゥーン)」のベストアルバムが出るとしたら、あなたが一番入っていて欲しいと思う曲の口コミランキングのグラフ

1 位 Real Face … 44 名
2 位 Keep the faith … 5 名
3 位 ムラサキ … 4 名
3 位 ハルカナ約束 … 4 名
3 位 喜びの歌 … 4 名
3 位 僕らの街で … 4 名
3 位 Love yourself~君が嫌いな君が好き~ … 4 名
8 位 君のユメ ぼくのユメ … 3 名
8 位 Will Be All Right … 3 名
8 位 Ask Yourself … 3 名
11 位 RESCUE … 2 名
11 位 KISS KISS KISS … 2 名
11 位 LIPS … 2 名
11 位 WHITE … 2 名
15 位 BIRTH … 1 名
15 位 FARAWAY … 1 名
15 位 FREEDOM … 1 名
15 位 青天の霹靂 … 1 名
15 位 「un-」 … 1 名
15 位 PRECIOUS ONE … 1 名
15 位 STAR RIDER … 1 名
15 位 NEVER×OVER~「-」IS YOUR PART~ … 1 名
15 位 YOU … 1 名
15 位 NEVER AGAIN … 1 名
15 位 Sweet Birthday … 1 名
15 位 DON’T U EVER STOP … 1 名
15 位 SWEET CHAIN … 1 名
15 位 MOON … 1 名

100名に聞いた!「KAT-TUN(カトゥーン)」のベストアルバムが出るとしたら一番入っていて欲しいと思う曲のおすすめ口コミランキンググラフ結果

今回2位以下を大きく引き離し、見事1位に輝いたのは「Real Face 」でした!この「Real Face」は疾走感のあるメロディが特徴的で、今までのキラキラしたジャニーズアイドルのデビュー曲とは違った雰囲気のかっこいい曲ですよね。当時のKAT-TUNのコンセプト「ブラック&ワイルド」にピッタリの曲です。

全体的にランキングを見てみると、28曲と多くの曲がランクインしたものの、1位の「Real Face」に半数近くの票が集まり、2位以下は一桁の票しか入っていませんでした。これは「Real Face」の一人勝ちと言える状態で、この曲の人気の高さが分かる結果となりました。

それではなぜ、その曲がベストアルバムに入っていてほしいと思うのか詳しい理由を見ていきましょう。

100名に聞いた!「KAT-TUN(カトゥーン)」のベストアルバムが出るとしたら一番入っていて欲しいと思う曲のおすすめ口コミ調査 BEST5

1位 「Real Face」-疾走感あふれるかっこいい曲調と歌詞のKAT-TUNのデビュー曲- 44名

今回2位以下に大きな差を付けて、ぶっちぎりの1位に輝いたのは「Real Face」でした。この「Real Face」は2006年に発売されたデビューシングルで、作詞をシンガーソングライターのスガシカオさんが、作曲をB’zの松本孝弘さんが担当しています。シングルの売上はミリオンセラーを達成し、KAT-TUNのシングル売上ランキングで1位に輝くだけでなく、歴代ジャニーズのシングル売上ランキングでも10位に入る大ヒットソングです。

口コミでは「KAT-TUNを象徴する曲だと思うのでアルバムに入れて欲しい」「とてもカッコよくKAT-TUNのメンバーの個性が聞ける曲」などの意見が多数ありました。また「ベストアルバムには6人揃っている曲が入っていてほしい」「破壊力抜群でジャニーズ史上最高傑作といっても過言ではないと思う」などの意見も多くありました。今までのジャニーズアイドルのデビュー曲にはないようなロック調のかっこいい曲で、スガシカオさん、松本孝弘さんが手がけただけありクオリティの高い楽曲となっています。

結成から約5年経ってからのデビューだったことに加え、大人気ドラマ「ごくせん」に出演し、人気・知名度が高かった亀梨さんと赤西さんがいるグループということで、デビュー当時話題性は抜群でしたよね。今までのジャニーズアイドルのイメージを覆すようなヤンチャでセクシーな雰囲気とかっこいい曲調のこの曲がとてもマッチしていて、今聴いてもメンバーのかっこよさを思い出してドキドキしてくるような曲です。今は、3人にメンバーが減ってしまいしましたが、6人のときの「Real Face」と3人の「Real Face」両方が聴きたいという方が多くいました。2018年4月に発売されたシングル「Ask Yourself」には3人で歌い直しをした「Real Face#2」が収録されています。歌割り、ラップの歌詞が変わっているので、聴き比べてみるのもおすすめです。

Real Faceを選んだ方の年代は?

Real Faceの年代別グラフ

メンバーと同じ年代の30代の方からの票を多く集めています。曲の中にある「チッ」という舌打ちは、この曲を聴く上での大きなポイントですよね。ノリがよく誰もが知っている曲なのでカラオケで歌っても盛り上がりますよ。

Real Faceを選んだ方の口コミ

次第にメンバーが抜けていったKAT-TUNですが、やはり私は6人のKAT-TUNが好きなので、デビュー曲を6人のバージョンで入れて欲しいです。最近では、メンバーが抜けた後の比較的新しい曲しかやらなくなってきているので、ベストなら、昔や曲をたくさん入れて欲しいです。
KAT-TUNだけではなくジャニーズの中でも珍しい曲調だと思います。B‘zの松本さんが携わっているということもあって、ギター特有のエッジの効いた音がかっこいい曲にしてくれています。曲調と亀梨さんの声が特に好きです。
KAT-TUNのデビュー曲であり、彼らのイメージにぴったりなハードロック調のカッコイイ曲です。ベストなのであれば、1番彼ららしさが出ているReal Faceは必須の一曲だと思います。せっかくなのでベスト盤にPV集もつけて欲しいですね!
この曲を最初に聞いた時にすごい衝撃を受けましたまさかジャニーズのグループのデビュー曲があまり今までにない感じの曲調で歌詞もすごく現代に合っているリアルな歌詞でこれは聞いていてすぐCD欲しくなった曲ですね思い切りぶち破ろうというところの歌詞はすごく印象に残っていますしこれは売れるだろうなと思ったものです。周りで流行りに流行っていましたね。
KAT-TUNのデビューソングでもあり、メンバーが全員揃った曲でもあるため、ベストアルバムには欠かせない曲だと思います。また、今でも亀梨君の舌打ちがモノマネされたりするぐらい、みなの印象に残る曲だと思います。
KAT-TUNの曲の中では断トツに好きな曲で歌詞の内容がとても共感できます。また、たくさんの世代の方々に知られている曲なので、カラオケでもよくみんなで歌って盛り上がっています。KAT-TUNを象徴する曲だと思うのでアルバムに入れて欲しいです。
KAT-TUNの曲と聞けばリアルフェイスだと思います。誰もが一度は聞いたことがある曲でKAT-TUNというグループを皆さんが知るきっかけになった曲だと思います。また、とてもカッコよくKAT-TUNのメンバーの個性が聞ける曲だからです。
6人が揃っているときの作品なので良いなと思いました。この歌は特に亀梨和也の舌打ちが好きです。ラップなどもあり、6人一人一人の個性が出ている作品だと思います。亀梨和也と赤西仁のデュエットみたいなハモりも好きです。
デビュー曲が衝撃で今でも歌番組で披露したこの曲が忘れる事ができません。全員がやんちゃでジャニーズ感がなく、凄くかっこいいと思いました。そして、その集団が歌うReal Faceは破壊力抜群でジャニーズ史上最高傑作といっても過言ではないと思います。
ファーストシングルでリリースされた曲でメンバーが6人だった時に作られKAT-TUNの代名詞ともいえる曲なので、今と昔の違いが最もでやすい曲で歌詞も「ぎりぎりでいつも生きていたい」など逆境を乗り越えていくという感じが多いのでメンバーが少なくなったが、いつも頑張っているということがわかる1曲だから。
KAT-TUNのデビュー曲でもあるこの歌は是非いれてほしいです。KAT-TUNといえばこの歌で、オリコンでも1位だったし、誰もが聞いたことがある歌なので、おすすめです。KAT-TUNの全盛期の歌といっても過言ではないと思います。
私は赤西仁さんの高くて甘い声と田中聖さんのカッコ良く歌いあげているラップが好きだからです!今、2人は脱退しているのでこの曲を聞けば2人を思い出す曲になります。勿論、亀梨さんのパートも歌いやすく私の中では代表曲だと思うからこの曲を選びました。
初めて出したシングルでとてもかっこいい曲なので入っていてほしいです。サビの部分が大好きです。もう脱退しましたが、赤西くんのハイトーンボイスがとても記憶に残っています。今でも歌える曲なので3人体制のグループのReal Faceが聞いてみたいです。
デビューした時の思い出の曲であるのでやはり入っていて欲しいです。3人で歌い直したバージョンでもいいと思います。kat-tunのデビュー曲は有名で、みんな聞いていたこともあり、私も今でも思い出すくらいよく耳にしていました。人気曲なので外せないと思います。
「ギリギリでいつも生きていたいから」という歌詞がすぐに浮かんでくるこの曲は、学生時代の思い出の曲のひとつなので、選ばせていただきました。曲調も弾む感じで好きですし、ちょっと反抗的な感じも大好きな一曲です。
記念すべきデビュー曲であり、最大のヒット曲でミリオンにもなった名曲でKAT-TUNの代表曲だからです。スガシカオさんと松本孝弘さんの最強タッグが生み出した名曲で、歌詞も曲もとてもかっこよく、様々な記録を持った最高作品だからです。
今はもう脱退していないメンバー含めKAT-TUNとして華々しいデビューを果たした記念すべき曲だから、ベストアルバムに一番入ってほしいです。当時の圧倒的なカリスマ性やカッコ良さ全てがこの一曲につまっていると思います。
待望のデビュー曲でもあり、いきなりミリオンセラーになったKAT-TUNの代表曲だからです。アルバムでは、最後の方に置いて欲しいと思います。ビーズの曲なので、間違いなくヒットすると思っていました。6人で歌うとより一層効果音が増します。
この曲はKAT-TUNのデビュー曲で一番印象に残っているからです。作詞がスガシカオさん、作曲が松本考弘さんということで曲自体がとてもかっこよく、ジャニーズにはあまりないロックな曲調が印象的で耳にもなじみやすいと感じます。
KAT-TUNのデビュー曲ですし、B’zの松本孝弘さんが書き下ろしたこの曲が大好きだからです。KAT-TUNを知らない人でも、B’zファンであればKAT-TUNのベストアルバムを買うのではないでしょうか!セクシーなKAT-TUNの魅力がつまった名曲だと思います。
やっぱり今は三人ですが、デビュー曲は当時のままを入れてほしいです。何より思い入れがあります。私がB’zの松本孝弘さんが好きということもありますが、KAT-TUNの曲をプロデュースしたと知ったときは衝撃的でした。
この曲はKAT-TUNのデビュー曲です。いまでは3人になって活動休止していますが、かつて赤西くんもいた6人の時代の曲です。とても疾走感がありかっこよく、ある意味ジャニーズっぽくない曲調がとても印象的でした。
ミリオンセラーのデビュー曲です。6人だったメンバーが減っていってファンとしては寂しいですが、これからもデビューしたての初々しい気持ちを忘れずにいてほしいので選びました。曲自体も素敵ないい曲だと思います。おすすめです。
KAT-TUNのデビュー曲で、ファンからも1番思い入れのある曲だと思います。KAT-TUNのイメージにあったかっこいい曲調で、ボーカルのうまさも際立っているところが好きです。KAT-TUNの1番の代表作だと思います。
あまりKAT-TUNのことを知らない母でも、この歌は知っていたので、やっぱりなじみのある曲だと思います、メンバーの脱退で当初の半分の3人になってしまっても、この歌をまた歌い続けてほしいな、と思います。
やはりデビュー曲ですし、やっとデビューできたということで一番印象に残っているからです。メンバーもかつての6人全員揃っていて、それぞれの個性が全面に出ていて、いい意味で尖っていた当時のKAT-TUNを思い出します。カラオケでも歌いやすく、サビの振り付けも真似しやすいです。
とても有名な曲でKAT-TUNの代表曲だからです。色々なことがありましたが、この頃が一番輝いていたかなぁと思います。メンバーが減ったり一人一人個々での活動も頑張っていますがrealfaceの頃を忘れずまた頑張ってほしいなと思います。
この曲は本当にKAT-TUNのかっこよさが表現されていると思います。はじめて聴いたときに、かっこよすぎてビックリしました。本当にかっこいい曲だからベストアルバムに入っていてほしいです。歌詞もかっこよくて好きです。
デビュー曲だからメンバー全員が揃っている曲だし、KAT-TUNの出した曲の中で1番好きだからです。今はメンバーも少なくなっているけど6人揃ってKAT-TUNだと思っているから、ベストアルバムに入れる曲はReal Faceがいいと思います。
やはりKAT-TUNといえば、「Real Face」だからです。この歌は彼らのデビュー曲でもありますし、スガシカオさんが書いてくれたかっこいい歌詞とB’zの松本孝弘さんが作ってくれた力強い作曲で最強な歌に仕上がっているので外せません。
彼らが全員揃っていた時代のデビュー曲であり、好青年をイメージしたジャニーズが多いグループから登場した、珍しく不良グループをイメージさせる、不良の衣装と歌い方や舌打ちアリのラップなど、衝撃を受けた曲だからです。
デビューシングルなので今はない6人時代を思い出すことができ、一番KAT-TUNらしさを感じられる曲だと思うからです。この曲でデビューした当時、Real Faceを歌うメンバーがセクシーでカッコよかったのをとても覚えています。
この曲は、6人のKAT-TUNのデビュー曲だが、今のKAT-TUNは3人になってしまったので、その3人が歌うreal faceを音源化して欲しいから。今のKAT-TUNの魅力をたくさん感じたいと思う。
KAT-TUNといえばってゆーくらい みんなが誰もが知っている代表曲のひとつかと思います!歌詞も わかるような気がするし、共感できる歌詞だったりするので、この曲は大好きです!KAT-TUNといえば、この曲が一番ではないでしょうか
一番カトゥーンらしい曲でもありデビュー曲でもあるReal Faceは絶対に外せないと思ったので選びました。昔の体制のカトゥーンもいいですが3人になった現在のReal Faceも大好きなのでベスト盤が出たらぜひ入れて欲しいです。
なかなかデビューできなくてデビューを心待ちにしていたので、KAT-TUNのデビュー曲となるrealfaceが一番ベストアルバムにふさわしいと思います。それからベストアルバムには6人揃っている曲が入っていてほしいからです。
衝撃的なデビュー曲でした。色気のある亀梨和也と赤西仁の声に夢中になりました。たくさんの作品を歌っていますが、この曲を超えるものはないと思っています。KATーTUNの代表曲なのではないでしょうか。是非ベスト・アルバムの1曲目に入っていてほしいです。
デビュー曲で印象に強く強く残っているため。私自身一番好きな曲だから。全員そろっていた頃の、初期メンバーのカトゥーンが好きでしたので。リズム・テンポ・曲調が自分の好みで大変好きでリリースから今もずっと聞いているため。
この曲はエロくてかっこよくて、KAT-TUNのデビュー曲なので絶対に入れて欲しいです。特に亀梨くんのチッと言うところは、かなり盛り上がります。今は3人になってしまったけど、3人バージョンのReal Faceを聞きたいです。
KAT-TUNといえばこの曲!未來へのステップ!リアルを手にいれるんだ!と歌詞にもある通りに素敵なアーティストになったKAT-TUNのみなさまの始まりの曲な気がします。未來を夢見る素敵な曲なのでベストに入っていてほしいです。
私の青春の思い出の音楽だからです。そしてカッコ良いリズムとテンポだからです。歌詞も後押ししてくれる内容で力が出ます。ボーカルの1人はいませんが、あの時のハモリがたまらなくいいです。個人的には脱退されていても他のメンバーの誰かがハモって歌って頂きたいくらいあの曲にはハモリが必要です。
記念すべきデビュー曲で、イントロを聞くとテンションがあがります。メンバーが減ってラップやハモリが難しくなっているけれど、3人ver.の曲も披露したみたいなので、6人の時の曲も両方とも入れてほしいと思います。
KAT-TUNのデビュー曲でこの曲があったからこそKAT-TUNが輝けたのでベスト盤には絶対入っていてほしいです。当時の6人のよさがつまった曲でとてもかっこいい仕上がりになっていてはずせない曲だと思います。
デビュー曲にして今は二度と実現しないメンバー6人での楽曲。素直にカッコよかったと思います。メインボーカルの赤西仁と亀梨和也のコンビ、途中から盛り立てる田中聖のラップ、すごく良くてまた実現するなら聴いてみたいです。

2位 「Keep the faith」-KAT-TUNのかっこよさが堪能できるアップテンポの人気曲- 5名

今回2位に選ばれたのは「Keep the faith」でした。この「Keep the faith」は2007年に発売された5枚目のシングルで、赤西仁さんと田口淳之介さんが出演していたドラマ「有閑倶楽部」の主題歌となっていました。作詞作曲は伝説のバンドと言われている「BOΦWY」の氷室京介さんが担当、KAT-TUNのシングル売上ランキングでは4位に入るヒットソングです。

口コミでは「KAT-TUNのイメージに一番ぴったりハマる曲」「KAT-TUNらしいカッコよさの詰まった素敵な曲」などの意見があったほか、「さすがのヒムロック、格好良すぎる」など、氷室京介さんが曲を提供したことをポイントにあげている方が多くいました。アップテンポのノリの良いメロディと力強い歌詞がKAT-TUNにピッタリで、一度聴くとしばらくは耳から離れず、聴いているだけでテンションが上がるような曲となっています。

この曲は亀梨さんと赤西さんがメインボーカルで歌っていましたが、この曲をミュージックステーションで披露したときに、亀梨さんがソロの出だし『「信じること」口で言えても傷つくから』の歌詞を『「信じること」口にするのは寂しいから』と間違えて歌ってしまうハプニングがありました。その時の亀梨さんの「あっ、やっちゃった」的な笑いも微笑ましいのですが、その後の赤西さんが笑いをこらえて歌っているような表情がとても可愛らしく、いつもかっこよくキメている二人の素の部分を垣間見たような場面となりました。間違えてしまったものの、テレビの画面に歌詞が表示されていなかったら、気づかないくらい違和感ない歌詞で歌ったのは、ある意味すごいですよね。

Keep the faithを選んだ方の年代は?

Keep the faithの年代別グラフ

20代、40代の方からの票を中心に集めています。氷室さんのファンという方もいるのかもしれませんね。口コミの中には「ジャニーズでこの不良感はなかなかお目にかかれずただただ格好いい」という意見には、思わず「うんうん」と頷いてしまいますよね。

Keep the faithを選んだ方の口コミ

この曲がなんだかKAT-TUNのイメージに一番ぴったりハマります。燃え上がるような猛々しさと、繊細な情熱を感じさせるメロディーがよく似合います。メンバーのやんちゃな感じがよく表れていて、ずっと耳に残るサウンドです。
さすがのヒムロック、格好良すぎます。ジャニーズでこの不良感はなかなかお目にかかれずただただ格好いいです。現在のメンバーの人数では難しいのかもしれず残念ではありますが、この雰囲気はまた出していって欲しいなと思います。
普段はジャニーズに曲提供しない氷室京介さんが提供した曲であり、当時メンバーの赤西仁さんが主演のドラマ「有閑倶楽部」の主題歌にもなった記念すべき作品だからです。曲自体もKAT-TUNらしいカッコよさの詰まった素敵な曲だからです。
とてもかっこいい曲で、すごく好きな歌です。男らしさがにじみ出ているような歌で、すごく素敵だと思います。KAT-TUNと言ったらこの曲だと思いました。かっこよさがすごく伝わる歌で、聴いていてテンションが上がるところが好きです。
KAT-TUNの中で一番というのが難しいですが、強いて選ぶとすればKeep the faithです。この曲はKAT-TUNの集大成とも言える曲だからです。いつも通り亀梨と赤西のリードボーカル、サビの部分は全員でハーモニー、またボーイの氷室京介が作曲しているためかっこいいロック調のメロディラインに仕上がっています。これらが好きな理由です。

(同率)3位 「ムラサキ」-伝説にもなっている赤西さんのソロ曲- 4名

今回同率で3位に5曲入りましたが、その中の1曲目は「ムラサキ」でした。この「ムラサキ」は赤西仁さん自らが作詞作曲を手がけたソロ曲で、KAT-TUNを脱退した後に発売したファーストシングル「Eternal」に収録されているカップリング曲です。CDに音源化されたのは、赤西さんの脱退後になりましたが、2004年から2005年にかけて行われたコンサート「KAT-TUN Live 海賊帆」で歌われ、このコンサートのDVDにも収録されています。

口コミでは「赤西担当じゃなくてもみんなきっと好きな曲だと思う」「今聴いても大衆に受け入れられる、切ないバラードに仕上がっている」との意見がありました。ソロ曲が3位に入ったこと、その曲がすでに脱退している赤西さんの曲ということに、驚いた方もいるのではないでしょうか。KAT-TUNの中でも亀梨さんとともにリードボーカルを務めていた赤西さんの歌唱力の高さがわかる、切ないラブソングとなっています。

この「ムラサキ」は、KAT-TUNのCDの中には収録されていない曲ですが、2009年に開催されたコンサート「KAT-TUN LIVE Break the Records」で、赤西さんがこの曲を披露、ソロ曲でしたが亀梨さんが一緒に歌い、その時の二人のやり取りがファンの間では「ムラサキ記念日」という伝説の出来事となっているそうです。このときの様子は、このコンサートのDVDには収録されていないため、今では見ることが出来ないのがとても残念ですよね。

ムラサキを選んだ方の年代は?

ムラサキの年代別グラフ

20代から40代の方からの票が入っています。この曲の人気、赤西さんの人気がわかる結果となりましたね。

ムラサキを選んだ方の口コミ

元メンバーの赤西仁のソロ曲。赤西担当じゃなくてもみんなきっと好きな曲だと思います。ドームコンでメンバー全員で歌ったあの時の音源があれば是非それを入れて頂きたい。あの日の出来事、(ムラサキ記念日)今は伝説になってます。
この曲は赤西仁さんの曲ですが、KAT-TUNの曲の中でも1番のお気に入りの曲です。当時の失恋などの淡い思い出せる曲で、今でも時々聞いています。KAT-TUNといえば、リアルフェイスかもしれませんが、私はこのムラサキが1番だと思っています。
結成当初、6人組だったKAT-TUNに在籍してた赤西仁のソロ曲です。当時ジャニーズファンではなかった私でも知人づてにこの曲を紹介してもらった時、凄く良い曲だと感じました。現在はソロで活動されていることからも伺えるように彼の歌唱力には一定の評価があります。今のスタイルとは違い、ムラサキはほぼ日本語で構成された歌詞なので今聴いても大衆に受け入れられる、切ないバラードに仕上がっていると思います。
初めて曲を知り聴いた時にドキッとしました。なんだか私の過去に似ている曲なので聴いているうちに余計に切なくなり好きになった曲です。高校2年生の時に付き合っていた彼がいて彼の家から駅までの道のりを2人で歩いていた日の空が紫に近い空で二人で空を見ながら彼が駅まで送ってくれた日を思い出します。

(同率)3位 「ハルカナ約束」-デビュー前から歌われているファン、メンバーともに思い入れのある名曲- 4名

同率で3位に入った2曲目は「ハルカナ約束」でした。この「ハルカナ約束」は、デビューシングル「Real Face」と同じ日に発売されたデビューアルバム「Best of KAT-TUN」に収録されている曲で、KAT-TUNがデビューする前からコンサートでよく歌われている曲です。

口コミでは「ジュニア時代から人気のあったKAT-TUNのそのころの名曲といっても過言ではない」「KAT-TUNファンには言わずと知れた名曲」などの意見がありました。KAT-TUNはデビュー前から単独コンサートを開くくらい人気のあるグループでしたが、その当時からコンサートでは必ずと言っていいくらい歌われている曲で、KAT-TUNの原点とも言える曲です。

KAT-TUNはデビュー10周年記念にベストアルバム「KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY BEST“10Ks!”」をリリースしました。このアルバムの期間限定盤1には、今までにリリースした134曲の中からファン投票で人気が高かった15曲が収録されていて、この「ハルカナ約束」は1曲目に入っています。また、非公式であるもののジャニーズ楽曲大賞の中で行われた「KAT-TUN楽曲大賞2016」では、見事1位に輝くファンからの人気が高い曲となっています。

ハルカナ約束を選んだ方の年代は?

ハルカナ約束の年代別グラフ

20代、30代の方からの票が入っています。6人で歌っていた曲ですが、「3人で撮り直してぜひ聞かせてほしい」との意見もありましたよ。

ハルカナ約束を選んだ方の口コミ

この曲は、私がKAT-TUNのファンになったきっかけの曲です。まだデビュー前、ジャニーズJr.の時代の曲ですが、私を含めてこの曲がきっかけでファンになった方は多いはずです。ダンスもセクシーでファンにはたまらない一曲だと思います。
ジュニア時代から人気のあったユニットです。そのころの、名曲といっても過言ではないと思います。だからこそ、ファンとの結びつきが強い曲でコンサートでもアンコールに使われることが多い曲です。新規のファンに向けてというより、昔から応援しているファンのためにも入れてほしい曲です。
KAT-TUNのベストアルバムには既に収録されている、KAT-TUNファンには言わずと知れた名曲。デビュー前からライブでは必ずといっていいほど盛り上がる曲で、KAT-TUNを代表する曲でもあると思います。
KAT-TUNの初めてのアルバムに収録されていた曲ですが、かなりマニアックで古いですが、メロディーが大好きでとくにサビの部分がお気に入りです。いまだにたまに聞いています。以前は6人で歌っていましたが、新たに三人で取り直して是非聞かせてほしいです。

(同率)3位 「喜びの歌」-聴いているだけで元気になれるようなドラマの主題歌にもなった曲- 4名

同率で3位に入った3曲目は「喜びの歌」でした。この「喜びの歌」は2007年に発売された4枚目のシングルで、田中聖さんが主演をしていたドラマ「特急田中3号」の主題歌となっていました。赤西さんが半年間の活動休止から復帰後初めて発売されたシングルで、KAT-TUNのシングル売上ランキングでは9位に入っています。

口コミでは「歌詞もよいし、テンポもよいし、誰もが歌いたくなるような歌なので大好き」「万人受けする曲だと思うので是非入っていてほしい」などの意見がありました。明るいメロディと励ましてくれているような歌詞は、聴いているだけで元気になれるような曲で、「ギラギラ」というイメージのKAT-TUNの「キラキラ」したアイドルのような曲となっています。

この曲は台湾でも発売され、台湾の音楽チャートでも初登場1位を獲得しています。この曲のラップの部分を作詞したのは「JOKER」名義の田中聖さんですが、ラップの部分には今までリリースしたシングルの曲名が入っています。田中さんのKAT-TUNに対する思いが伝わってきますよね。メンバーそれぞれの「愛してる」とともに、田中さんのラップにも注目の一曲です。

喜びの歌を選んだ方の年代は?

喜びの歌の年代別グラフ

20代、40代、50代の方からの票が入っています。KAT-TUNと同年代の30代の方からの票が入っていないのは意外ですね。ドラマの主題歌だったので、ドラマと一緒に見るのもいいかもしれませんね。

喜びの歌を選んだ方の口コミ

この曲が主題歌のドラマが大好きでドラマにもバッチリ合っていてすごく印象に残っている曲でもあります。この曲を聴くとテンションがものすごくアガってボルテージもすごくアガります!エネルギーたっぷりでホント大好きです。
赤西くんに冒頭の「愛してる、愛してる」歌われた瞬間のテンションアップははかりきれない、私にとってファンにとっては、喜びの歌そのものだと思います。歌詞もよいし、テンポもよいし、誰もが歌いたくなるような歌なので大好きです。
単純に、KAT-TUNのシングルのなかで一番好きな曲だからです。デビュー当時からアイドルらしからぬ雰囲気はありましたが、この曲が発売されたのはメンバー全員20代前半、とにかく若さと勢いがあり文句なしにカッコ良かった。この曲を聴くと、ふっとあの頃のキラキラ輝いてた彼らを思い出してしまうので、是非入れて欲しい一曲です。
個人的にこの曲をリリースしたあの頃がKATーTUNの全盛期だったと思うから。当時小学生だった私が1番好きな歌であったし、思い出の曲でもある。メンバーも誰一人欠けていなかったし各々の個性が光っていた。万人受けする曲だと思うので是非入っていてほしいと思う。

(同率)3位 「僕らの街で」-スローテンポの優しいメロディは青春を思い出す名曲- 4名

同率で3位に入った4曲目は「僕らの街で」でした。この「僕らの街で」は2006年に発売された3枚目のシングルで、亀梨和也さんが主演、田中聖さんが出演していたドラマ「たったひとつの恋」の主題歌となっていました。作詞作曲を小田和正さんが手がけ、KAT-TUNのシングル売上ランキングでは3位に入る人気の曲です。

口コミでは「小田和正らしさもあり、KAT-TUNの魅力も感じられる、お互いの良さを持った名曲だと思う」「メンバーそれぞれの持ち味である歌唱力が、遺憾なく発揮された名曲だと思う」などの意見がありました。また、主題歌となっていたドラマと合っていて「もう一度聴きたくなる」「名場面を思い出す」などの声も聞かれました。ゆったりとしたテンポの優しいメロディは、この曲を作った小田和正さんが歌っているのも想像できるような小田さんらしい曲で、「青春」という言葉がピッタリの曲となっています。

小田さんワールド全開の「僕らの街で」ですが、KAT-TUNがこの曲をレコーディングするときには小田さんも立ち合っていました。曲を作った人、しかも大先輩を前にメンバーは緊張していて、亀梨さんが小田さんのように優しい歌い方をしていたら「自分らしく歌っていいよ」と言われたそうです。小田さんらしい曲に、KAT-TUNの爽やかも加わり、口コミにもあったように両方の良さが堪能できる曲となりましたよね。

僕らの街でを選んだ方の年代は?

僕らの街での年代別グラフ

40代、50代の方からの票が入っています。小田さんが提供した楽曲なだけに、幅広い世代の方に受け入れられる曲となっています。赤西さんが留学中だったため5人で歌っている曲です。

僕らの街でを選んだ方の口コミ

亀梨和也さんが主演したドラマ「たったひとつの恋」の主題歌。作詞はあの名シンガー・小田和正さん。赤西仁さんが脱退・復帰を繰り返す中でグループの中心が亀梨和也さんに移ったことを象徴するような曲になっています。ドラマのストーリーと歌詞がラップするのでドラマを見たことがある人ならもう一度聞きたい曲だと思います。
作詞・作曲は小田和正。きらきらした、まさに青春というイメージのこの曲はKAT-TUNの初々しさ、柔らかさを上手く引き出していると思います。小田和正らしさもあり、KAT-TUNの魅力も感じられる、お互いの良さを持った名曲だと思うからです。
KAT-TUNの曲の中では珍しく、スローテンポな聞き応えのある曲なので、とても印象に残り選んでみました。メンバーそれぞれの持ち味である歌唱力が、遺憾なく発揮された名曲だと思います。しんみりした気分のときに聞いてみたい一曲です。
KAT-TUNがデビューした2006年、その3曲目だったのが「僕らの街で」。亀梨和也主演のドラマの主題歌として採用され、当時ドラマも視聴していたため、ドラマの名場面も思い出されて懐かしいという理由もありますが、最大の理由は小田和正作詞作曲による楽曲であり、オフコース時代からの曲調が感じられ、二重により一層懐かしさを感じる点です。まさに「青春時代のいきいきした姿」が感じられる名曲だと思います。

(同率)3位 「Love yourself~君が嫌いな君が好き~」-好きな人に言ってほしいフレーズが詰まったラブソング- 4名

同率で3位に入った最後の曲は「Love yourself~君が嫌いな君が好き~」でした。この「Love yourself~君が嫌いな君が好き~」は2010年に発売された11枚目のシングルで、亀梨和也さんが主演をしていたドラマ「ヤマトナデシコ七変化♥」の主題歌となっていました。KAT-TUNのシングル売上では6位に入る人気の曲で、この曲が6人が揃った最後のシングルとなっています。

口コミでは「6人の頃のイメージが強いんで、この曲だと思った」「ドラマもこの曲も大好きだった」などの意見がありました。また、「亀梨さんのソロの部分が最高」「亀梨くんがソロで歌うところは鳥肌が立つ」などの声も聞かれました。亀梨さんの甘い歌声と赤西さんの英語の歌詞が印象的な曲で、優しく励ましてくれるような曲となっています。

赤西さんが脱退する前の6人で歌っている最後のシングルなので、「6人のKAT-TUN」のイメージがある方が多いようでした。また、この曲は亀梨さんが主演していたドラマの主題歌となっていましたが、このドラマには亀梨さんの他に、NEWSの手越祐也さん、内博貴さんが出演、ジャニーズファンにとっては見逃せないドラマとなっていました。ドラマを見ながらこの曲を聴くと、より歌詞が心に響いていくると思いますよ。

Love yourself~君が嫌いな君が好き~を選んだ方の年代は?

Love yourself~君が嫌いな君が好き~の年代別グラフ

30代の方を中心に票を集めています。ドラマを見ていた世代なのかもしれませんね。この曲の歌詞のような言葉を好きな人に言ってもらえたら自信になりますよね。

Love yourself~君が嫌いな君が好き~を選んだ方の口コミ

Love yourself ~君が嫌いな君が好き~はKAT-TUNがまだ6人時代の曲で、今は3人ですが、なんとなくイメージ的6人の頃のイメージが強いんで、この曲だと思いました。なんとなく曲もKAT-TUNっぽい曲ですし。
まず、タイトルが好きです。アップテンポの曲にのせて、亀梨君の歌声も最高です。もう無理しないで 心のまま 君のまま 不器用な君でいい の歌詞がすごく良くて、こういうことを言ってくれる彼氏が欲しいという願いで、聞いてます。
この曲はドラマの主題歌になっており、ドラマもこの曲も大好きでした。特にお気に入りのところは、亀梨くんがソロで歌うところなんですが、鳥肌が立ちます。また、ラップも入っているので、楽しめる曲だと思います。
まだ6人で活動している時の楽曲で亀梨くん主演のドラマで使われていて、セクシーなのはもちろんタイトルにあるように君が嫌いな君が好きと言うすべてを受け入れてくれるような歌詞が胸に残りました。曲調も切なくて大好き」な曲です。

100名に聞いた!「KAT-TUN(カトゥーン)」のベストアルバムが出るとしたら一番入っていて欲しい曲のおすすめ口コミランキングまとめ

100名に聞いた!「KAT-TUN(カトゥーン)」のベストアルバムが出るとしたら一番入っていて欲しい曲のおすすめ口コミランキングはいかがでしたか?

今回のランキングでは「Real Face」がダントツの1位となりました。デビュー前から人気のあったKAT-TUNの待ちに待ったデビュー曲だったこと、今までにないような曲調、かっこいいメンバーと、どこをとっても申し分のない曲ですよね。6人で歌っていた「Real Face」はもちろんのこと、3人で歌っている「Real Face」が聴きたいという意見が思っていたよりも多かったのが印象的でした。

1位に多くの票が集まったため、2位以下は5票~4票と票数が少なく、3位には5曲もの曲が入りました。多くがドラマの主題歌になっている曲でしたが、その中で赤西さんのソロ曲が入っているのには正直驚きました。曲自体がとてもいいというのが一番の理由かもしれませんが、赤西さんが脱退して8年以上が経っていてもなお、KAT-TUNのランキングに入ることに、赤西さんの存在の大きさを確認したような気がします。

充電期間を経て2018年から活動を再開、3人体制になって初めてリリースしたシングルは初登場1位を獲得し、人気の高さが証明されました。2019年4月からは「KAT-TUNの世界一タメになる旅!+」が3年ぶりに地上波で放送されます。これからも3人で精力的に活動していってほしいですよね。そして、いつかベストアルバムがリリースされるときには、みなさんが入ってほしい曲が一曲でも多く入っていると嬉しいですよね。

0