現存するジャニーズグループの中で一番古いグループである少年隊。最近では、ジャニーズグループの解散やメンバーの脱退などが続いているだけに、デビューしてから34年というのを聞いただけでも、その長さに驚いてしまいますよね。そんな少年隊は今までにシングル26枚、オリジナルアルバム9枚、自身が出演していたミュージカルのサウンドトラック17枚と多くのCDをリリースしています。みなさんはこれらの少年隊の歌の中で一番名曲だと思う歌は何ですか?

そこで今回は、少年隊の歌で一番名曲だと思う歌は何かを、無作為に集めた100名からアンケートをとり、なぜその歌が一番名曲だと思うのか口コミなどを集計してまとめてみました。

100名に聞いた!少年隊の歌で一番名曲だと思う歌のおすすめ口コミランキング

100名に聞いた!少年隊の歌で一番名曲だと思う歌の口コミランキングの年代別グラフ

1 位 仮面舞踏会 … 53 名
2 位 君だけに … 41 名
3 位 Oh!! … 2 名
4 位 STRAPE BLUE … 1 名
4 位 バラードのように眠れ … 1 名
4 位 星屑のスパンコール … 1 名
4 位 春風にイイネ! … 1 名

100名に聞いた!少年隊の歌で一番名曲だと思う歌のおすすめ口コミランキンググラフ結果

今回半数以上の票を集めて見事1位に輝いたのは「仮面舞踏会」でした!この「仮面舞踏会」は、アップテンポのノリの良い曲で、発売から30年以上経っていますが、誰もが一度は聞いたことがあるのではないかと言えるくらい知名度が高い曲ですよね。少年隊と言えば「仮面舞踏会」とすぐに思い浮かぶほど少年隊を代表する曲の一つです。

全体的にランキングを見てみると、「君だけに」にも4割以上の票が入り、1位と2位だけで9割以上の票を集めています。ランキングには7曲の曲が入りましたが、少年隊のリリースした曲数から考えるととても少ない印象を受けました。このことから今回は「仮面舞踏会」と「君だけに」の2強と言える結果になりましたね。少年隊の曲の中では、この2曲を名曲だと思っている方がとても多いことがわかりました。

100名に聞いた!少年隊の歌で一番名曲だと思う歌のおすすめ口コミ調査 BEST5

1位 「仮面舞踏会」-デビュー曲にして最大のヒット曲。紅白では伝説とも言える間違いも- 53名

今回53票と多くの票を集めて見事1位に選ばれたのは「仮面舞踏会」でした。この「仮面舞踏会」は、1985年に発売されたデビューシングルで、カップリング曲が違うTYPE AからTYPE Cまでの3形態で発売されました。少年隊はこの曲で様々な新人賞を受賞、1986年度のオリコン年間ランキングでは3位に入る大ヒット曲で、少年隊のシングル売上ランキングでは1位に輝いています。

口コミでは「少年隊と言えばこの曲と言うぐらい印象に残る名曲だと思う」「少年隊といえば?と聞かれるとこの曲しか出てこない」などの意見が多数ありました。また「リアルタイムで見たことのない自分たち世代でも聴くと知ってるから」「世代が違う自分でも仮面舞踏会の曲は知っている」などの声も多く聞かれました。ジャニーズの後輩たちにも歌われることが多く、今でもテレビなどで流れることが多いため、34年前の曲ですが年代を問わず知名度の高い曲となっています。

口コミの中に紅白歌合戦に少年隊が初出場したときのエピソードを書いている方がとても多くいました。少年隊は1986年の紅白歌合戦に初出場でトップバッターを任され、この「仮面舞踏会」を歌う予定になっていましたが、司会の加山雄三さんが紹介する際に曲名を「仮面ライダー」と間違えてしまうハプニングがありました。30代後半から上の世代の方は覚えている方も多いかもしれませんね。紅白歌合戦でこんな事が起こるのかとリアルタイムで見ていた方は驚きつつも、間違いが間違いなだけに思わず笑ってしまった方も多いのではないでしょうか。
このときのことを後に東山さんがテレビで話していたことがありましたが、リハーサルをしていた時に、事務所の先輩である近藤真彦さんから「衣装が仮面ライダーみたいだな」と言われたのを、加山さんが聞いていてそれが頭に残っていたため間違いを起こしたのではないかとのことでした。東山さんは衣装も脱げてしまうなどこの年の紅白は散々だったため、終わった後楽屋で号泣してしまったそうですよ。この時は落ち込むような出来事だったと思いますが、このハプニングを覚えている方が多いことからも、「仮面舞踏会」を強烈に印象づけるエピソードになったのは確かですよね。

仮面舞踏会を選んだ方の年代は?

仮面舞踏会の年代別グラフ

30代の方から1番票を集め、2番目には20代の方からの票を集めています。30年以上前の曲なので意外ですよね。ダンスには定評のある少年隊。メンバー3人の揃ったバク宙は見ものでしたよね。

仮面舞踏会を選んだ方の口コミ

今の若い世代のジャニーズの子たちも、コンサートなどで歌っているので、幅広い年代に知られていて愛されている曲だと思うのが理由です。1度聞くと、耳に残りやすい独特な歌詞やかっこいいメロディーなので、私もこの曲が大好きです。
我々の年代でこの曲を知らない人はまずいないと思う。忘れられないエピソードもあり、紅白歌合戦(NHK)で加山雄三が曲紹介で「仮面ライダー」と紹介したときのことはいまだに語り草です。また、これまでと違ってダンスがうまく画面にみいってたので曲とともに感動が大きかったからです。
リアルタイムで見たことのない自分たち世代でも聴くと知ってるからです。親世代ですごく人気だったんだなってわかるし、昔のなつかし映像でよく流れてるイメージです。それに、ジャニーズカウントダウンで歌ってるのもこの曲のイメージだからです。
この曲を有名にした出来事がありました。それは紅白歌合戦で司会の加山雄三さんが、少年隊の仮面舞踏会を紹介するのに仮面ライダーと間違えて紹介したことです。これは私もリアルタイムで見ていたので記憶に残っています。それもあって名曲だと思います。
少年隊と言えばこの曲と言うぐらい印象に残る名曲だと思います。世代問わず歌うことが出来、盛り上がる曲です。音楽がかかるととてもリズムが良くノリノリになれます。少年隊のメンバーは歌もダンスもすごく上手です。
少年隊といえば?と聞かれるとこの曲しか出てこないです。発売当時のことはもちろん知りませんが、今でも番組にメンバーの東山紀之さんらが登場するとこの曲がかかるイメージですし、ジャニーズメドレーがあれば若手のジャニーズアイドルにカバーされていたりして耳にすることが多いと思うからです。
デビュー曲だったのに当時人気だったザ・ベストテンという歌番組でよく歌っていたのが印象的だったからです。特に、NHKの紅白歌合戦では司会の加山雄三さんが、曲名を仮面ライダーと間違えて紹介したのがかなり強烈に覚えていて、ある意味伝説の曲のように思います。
歌って踊れる、そしてかっこいい曲、今のジャニーズ曲の模範となるような名曲だと思います。ノリがよく、振り付けも比較的簡単なのでカラオケで盛り上がりますし、ただ聴いていても自然と口ずさんでしまう、素晴らしい曲だと思います。
世代が違う自分でも仮面舞踏会の曲は知っているし、テレビでも少年隊の曲を紹介するときは仮面舞踏会の曲を使用することが多い。初めの歌い出すところで、少年隊の曲だとわかる。この曲はよく流れるのでどの世代でもわかる曲。
少年隊のデビューシングルシングルですし、3人の歌もダンスも、これぞジャニーズという曲だと思います。デビュー曲ながら、オリコンチャートでいきなり1位ということもあり、何回も聞いた曲でした。ジャニーズの後輩たちも真似をしていたようですし。
出だしのイントロがかっこいいし印象が強いので。強気でストレートな歌詞も魅力だと思います。ミステリアスな世界観を感じさせてくれるるのと‘’魔性のリズム‘’というフレーズが頭から離れません。三人のダンスと曲がとてもあっていて少年隊ぽいなと思います。
私は、少年隊が流行っていた時代にはまだ生まれていませんが、いくつかの曲は、今でも流れています。そして、私が、仮面舞踏会を選んだ理由は、私が応援しているサッカーチームの選手応援歌で実際にこの曲が原曲とされているからです。
とにかく、リズムの良い曲だと思います。テンポが速いので、歌って踊る姿は、テレビの画面で見ていても、迫力があります。男女の恋愛感情が、仮面舞踏会の華やかなステージに、映し出されている歌詞で、素敵な衣装を眺めながら、想像力を膨らませて、楽しく聞くことが出来ます。
少年隊といえば仮面舞踏会というぐらい数々の賞を受賞してますし、当時は女子でも少年隊になりきりこの歌を歌ったり踊ったりしていました。振り付けは今でも思い出せるぐらいです。また、今でも懐かしの名曲の番組にも少年隊のこの歌が流れるからです。
仮面舞踏会は、少年隊の数ある中の曲の中で、二番目に好きな歌です。初めてテレビで見た時、サビの箇所と、少年隊の各メンバーのダンスがとてもかっこよく見えたのが印象的です。従兄の結婚式の披露宴BGMで、仮面舞踏会が流れていました。平成にヒットした歌のBGMを流すのかと思っていましたら、昭和にヒットした歌を流していたので、名曲なんだなと思いました。また、テレビで、懐かしの歌ランキングには、こちらの歌が必ず入っているので、やはり名曲なんだなと改めて、思いました。
三人それぞれの特徴があり、ダンスが上手い錦織さん、そつなくこなしている東山さん、いつも一生懸命な植草さん。この時のひがしくんのダンスがキレキレで見とれてしまった1曲になりました。最初の入りに「やややややいや」こんな言葉ないけれど、インパクトありすぎです。
少年隊の一番の名曲だと思います。なつかしの音楽で、よく聴く曲ですが、東山さんはじめとする3人のかっこよさ、男のかっこよさを、歌う姿や歌詞から感じました。舞踏会にも憧れました。いつか3人が揃って歌う姿を生で見てみたいです!
やはり定番ですけど少年隊の代表する曲だと思いますしカラオケでも40代の男性なら誰でも歌って盛り上がった曲だと思いました。また、昔新入社員のとき忘年会や宴会などで同期3人組で踊りました。盛り上がりはいまいちですが皆笑ってくれた思い出があります。
デビュー曲ながらオリコンチャートでいきなり第1位を獲得し、1986年のオリコン年間シングル売り上げでは第3位。現時点で少年隊自身最大のセールス・ヒット曲となった少年隊と言えばこの曲というくらいの代表曲だと思います。
これは少年隊のデビュー曲で、この曲でNHKの紅白歌合戦にも初出場を果たした少年隊の代表曲だからです。当時私の姉が少年隊のファンクラブに入っており、よく側で聞いていてテンポの良い覚えやすい曲で、クラスでも女子が歌っていたのも覚えていますし、余談ですが先程の紅白歌合戦の時に白組司会をされていた加山雄三さんが、仮面舞踏会と紹介する所を「仮面ライダー!」と、全国に紹介してしまった笑えるエピソードも記憶に残っている印象深い私にとっての一番の名曲です。
この曲は私が若い頃働いていたところのお客さんが3人でよく歌って踊っていました。その時のインパクトが強くて、特に最後にバック転をするところを覚えています。なので少年隊といえばこの曲のイメージが強くあります。
少し変わった曲調で一度聴くと頭に残り、何度も聴いてしまいますね。母がよくカラオケで歌っていて仮面舞踏会を歌うといつでも盛り上がるし20代の私でも知っているくらい名曲なので、少年隊と言えば「仮面舞踏会」ですね。
以前、某テレビ番組でこの歌の替え歌をお笑い芸人の方が歌っているのを聞いて何年も経つ今でも忘れられず耳残っています。音楽番組でもよく聞きますが、替え歌のほうが印象強く少年隊=仮面舞踏会の印象がついてしまい名曲だと思いました。
何年たっても少年隊のこの曲は知っている人が多くて、3人の揃ったキレのあるダンスも歌声もいつみてもカッコイイからです。リズムもいいので思わずみんなが口ずさんで楽しめる曲で色あせないので名曲だと思いました。
デビュー曲にしてパンチの効いたノリノリの曲。当時はセンターの錦織に憧れた。仮面舞踏会は好きさお前が、からのくだりが男子の憧れだった。あとはキレのあるダンスとバク転。歌の途中でマイクスタンドを蹴る、投げるパフォーマンスも最高。銀色の衣装にハチマキ、仮面舞踏会最高。
イントロの『Tonight ya ya ya tear』という出だしから聴きやすくて、いいと思います。少し大人の雰囲気のある曲で、歌詞にも聞き入ってしまいます。仮面舞踏会の世界観が表現された名曲だと思います。
当時男性グループアイドルの歌には興味なかったが、紅白の時、司会の加山雄三がこの曲を仮面ライダーと紹介した。それをラジオでサンプラザ中野が揶揄して、何回もこの曲を掛けまくって、知らずに歌詞を覚えてしまった。大人になってカラオケで歌ってみると、リズムも良く意外といい曲だと思った。
一度聴いたら忘れられない「トゥナイナイナイナイナイナティア !」というあのフレーズ。懐かしの名曲特集などで見たあとは、必ずと言っていいほど耳からはなれなくなります。世代ではありませんが、思わず口ずさんでしまうことも…。
少年隊の中でもこの曲は今でもテレビでたまに聴くことがある曲だからです。平成にはないような昭和のアイドルらしいメロディーと、特徴的なサビの部分がとても印象に残る曲だと思います。格好良さもあるし、歌声もとても綺麗です。
世代ではないですが、歌とダンスに魅了されました。サビの錦織さんの「好きさお前が」「好きさ死ぬほど」と歌う部分が素敵すぎてかっこ良すぎてドキドキしてしまいます。ダンスも三人ともキレキレでかっこいい。デビュー10年後位にこの曲を歌ってる映像を見ましたが、大人の魅力が更につまっててとてもよかったです
少年隊と言ったら、鮮烈デビューを飾った「仮面舞踏会」でしょう。その頃30歳前後だった私にとって、踊って歌えるグループとして認知出来たのは「フォーリーブス」でした。しかし、彼らも「ブルドック」以降色褪せてしまい寂しく思っている所に出て来たのが、少年隊の「仮面舞踏会」でした。筒美京平さんの曲に合わせて踊る3人が歌う、不思議な世界感が良いでしたね。良くスナックのカラオケでも歌いました。若いホステスさんから、「○○さん良く少年隊なんか知ってるわね~」と大いに受けた記憶も、この曲を最高傑作と考えさせるのでしょう。
 今でもジャニーズジュニアが歌って踊るジャニーズの歴史的曲だからです。それに少年隊三人のパフォーマンスが文句なしに格好良いからです。紅白歌合戦にもこの曲で参戦し、視界の加山雄三さんがまちがって「仮面ライダー」と紹介したこともあって絶対に有名な名曲です。
カラオケで絶対歌います。振り付けも結構簡単な曲で、アップテンポな曲が好きです。途中の激しいダンスと攻撃的な歌詞とでついつい体が動いてしまう歌です。歌の内容もちょっと古いですが、そこがまた面白くて好きです。
少年隊といえば誰でもすぐに思い浮かぶ曲は仮面舞踏会だと思います。ジャニーズの後輩たちもよくカバーしたりしてるし、また1度聞くだけでもメロディが覚えやすかったり、のりやすかったり、昔のTHEアイドルといった雰囲気がとても大好きです。
デビュー曲で少年隊の代表曲だと思います。若い子たちでも、聞いたことがあると思いますし、ダンスと歌がとってもいい感じで名曲だと思います。腰フリのダンスも少年隊の代表的なものになっていると思うので、一番オススメだと思います。
誰でも1度は聴いたことがある曲だと思います。今でもテレビやラジオで流れるので名曲になっているなと感じます。リズムのテンポが早いので聴いているだけで気分も乗ってきます。3人のパフォーマンスやダンスもキレキレなので合わせて評価が高い曲だと思います。
私はこの曲が発売された時にリアルタイムで聴いたわけではなく、懐かしの曲をテレビでやっていた時に聞いて知っていました。リズム感があって、一度聞くと耳に残るとてもいいメロディーの曲だと思います。特に、三人のダンスがステキです。息のあった激しいダンスがいいです。
この歌しかありません。感服です。これだけ踊って(しかもめちゃくちゃ本格的な踊りを…)さらに、歌唱力が凄い!。見せる楽曲ではなく、魅せる楽曲だと思います。この“仮面舞踏会”を耳にするたび、“バク転”習得したいなあと思い、練習するも習得できませんでした。でも本当にカッコイイ楽曲です。後世に伝えたい名曲だと思います。
少年隊のメンバーはジュニア時代が長かったのでとてもダンスがうまいことが知られていますが、そんなダンスが得意とする少年隊にピッタリの曲だと思うからです。また、サビは、ヤイヤヤイヤ~なので、歌詞が覚えられなくてもみんなで歌えるのでカラオケ向きだとも思うからです。
一度は耳にした事がある、年齢問わず誰もが知っている曲だからです。少年隊のデビュー曲なので、当時の事はわからないのですが、いつの間にか知っている曲です。サビのダンスは覚えやすいし、カラオケではおおいに盛り上がれます。
私が小学生の頃に聞いていた歌ですが、いまだにカラオケなどで歌われているのを聞くと小さい頃を思い出します。歌もすごく良かったのですが、なんと行ってもダンスがとても印象に残っていてヒガシの宙返りが見ものでした。
とにかく元気に踊れる、みんなが一体となって楽しめるような歌だからです。何かにつまずいたときとか共感できる歌詞のものを聞きたいこともありますが、そんなことも吹きとばてくれそうな歌の一つかなとおもいました。
今でも年末のジャニーズコンサートで歌われると盛り上がっているため、親子共々世代を超えて知られており、人気のある曲だと思うからです。ジャニーズにしては難しくはないダンスがカッコよくて何だかマネをしたくなります。
メロディーが頭に残る曲だと思いました。テンポのいい曲調で、ダンスもかっこよく、振り付けや途中の演出もどこかミュージカルっぽいところが、いいと思いました。今のジャニーズにはあまりない曲調だと思うので、そこも逆に新鮮に聞こえます。
ノリもテンポもよく、音楽を聞いているだけで舞踏会の様子が想像できそうなほど、とても情熱に満ち溢れている音楽です。好きになった女性に激しく踊りながらアピールをしているのがとても伝わってきます。積極的で燃え上がるような情熱を全身で伝えている歌なので、とても魅力的な音楽です。
この曲は絶対にどこかで聴いたことがある人が多い曲だと思います。少年隊を知らない世代でもこの曲は名曲としてテレビで流れることも多いし、イントロドンなどで使われることも多いのですごく名曲だと感じています。
仮面舞踏会という誰もが一度は行ってみたいと想像したことのあることを歌にしていて、スタンドマイクでキレキレのダンスをするメンバー達がかっこよく昔流行った曲でありながら今の世代も知っている人が多い曲です。
この歌は歌いだしのメロディーですぐ誰のなんの歌かわかります。今みたいに芸能人がたくさんいろんな舞台で活躍しておらず、遠く手の届かないテレビの中の人、という昭和時代を代表するthe芸能人、それが少年隊だと思いますが、その少年隊といえば仮面舞踏会ですね。
「仮面舞踏会」は少年隊のデビュー曲で、いきなりヒットを出して有名になった曲です。印象的なイントロの部分を聞いただけでも、何の曲かわかる人が多いと思います。誰もが知っている曲なので、カラオケで歌っても盛り上がります。
少年隊世代ではない私でも知っていますし、今の若い世代でもかっこいいと感じる曲調になっていると思います。音楽番組でも少年隊特集や、昔のヒット曲ランキングにはだいたいこの曲が入っているイメージがあります。ダンスの振り付けも特徴的なので合わせて覚えています。
少年隊の「仮面舞踏会」は3人用の男性の歌として、未だにカラオケで人気があります。そんな「仮面舞踏会」はメンバー同士の歌の掛け合いが魅力です。追いかけっこをしながら歌うサビは、疾走感がありテンションが上がってしまうのです。
一度聞いたら耳に残るメロディライン、セクシーで華やかなダンス、どこか切なさを感じさせる歌詞と、どこをとっても最高の楽曲。仮面舞踏会なんて、現実味ががなさそうな世界ですが、よく聞くとリアルでとても切ない。見て、聞いて、歌っても楽しめる楽曲だと思う。
昔の名曲を振り返るといった趣旨の歌番組で、少年隊と言えば必ずこの曲が紹介されており、今の若い世代でもサビのメロディーは聞いたことがあるという子が多いと思うから。また、大みそかのジャニーズカウントダウンでも毎回後輩たちからこの曲が歌われているから。

2位 「君だけに」-スローテンポのメロディと歌詞が心に響くバラードの名曲- 41名

今回2位でありながら41票もの多くの票を集めた曲は「君だけに」でした。この「君だけに」は1987年に発売された6枚目のシングルで、作詞作曲をそれぞれ他のジャニーズグループのヒット曲を手がけている康珍化さんと筒美京平さんが、編曲は嵐やKinKi Kids、関ジャニ∞の作曲を手がけている馬飼野康二さんが担当しています。少年隊のシングル売上ランキングでは2位に入るヒットソングです。

口コミでは「スローバラードの名曲」「現代でも通ずる名曲」などの意見が多くありました。また、「落ち着いたメロディーと3人の素敵な歌声に癒される」「この歌詞に、とても共感できてキュンキュンしながら聴いていた」などの意見も多数ありました。これまではアップテンポのアイドルっぽい曲を歌っていた少年隊ですが、しっとりと歌うこの曲で今までとは違った大人の魅力を感じることができましたよね。テレビの前で胸をときめかせながら見ていた方も多いのではないでしょうか。

この曲は植草さんから東山さん、錦織さんとソロが続き、それぞれの歌声が堪能できる曲ですよね。この曲を「夜のヒットスタジオ」で初披露した時に、錦織さんが最初のソロの部分でマイクを落としてしまうハプニングが起こりました。すぐにマイクを拾い歌い始めたものの、とても悔しそうな顔をする錦織さんが印象的で、見ている側もなんだか切ない気持ちになる場面でした。しかし、このときの錦織さんを見てファンになったという方も多いそうですよ。また、マイクを落としてしまった錦織さんを他の二人が気にしつつ、パフォーマンスはしっかりとしているところにも好感が持てます。さすが80年代を代表するアイドルですよね。

君だけにを選んだ方の年代は?

君だけにの年代別グラフ

40代の方を中心に20代から50代までの方からの票が入っています。指パッチンから始まる振り付けもまたかっこよかったですよね。口コミの中には「スマップのライオンハートと双璧の優しい名曲」との意見もありましたよ。

君だけにを選んだ方の口コミ

バラード曲は苦手だが、この曲は聞いていられる。ジャニーズメドレーや他のジャニーズがカバーしていたり耳にする機会も多い気がするので私にとってはジャニーズで唯一と言っても過言ではないほどのジャニーズバラード名曲です。
スローバラードの名曲。康珍化さんの詩が素晴らしく、「君だけに」の次に「ただ君だけに」と続くあたりもストレートに愛をささやくあたりも特別感が強調されていてドキドキしてしまいます。指パッチンの振りもとても印象的でした。
デビュー以来ずっとダンサブルなノリのいい曲が続いていたが、これが初のバラード。サビ前の「my sweet heart」からの流れは闇夜を一気に光に変えるような世界観が広がる。現代でも通ずる名曲だと言える。
最高のバラードだと思います!3人とも白っぽい清純な雰囲気の衣装もよかったです。君だけに…めぐり逢うために…ですよ。歌詞全体が自然をモチーフにしていて美しいです。3人が歌うたびにカメラ目線のたびに、胸がキュンキュンしたものです。
この歌は、よく音楽番組で聴いていて自然と覚えていました。落ち着いたメロディーと3人の素敵な歌声に癒されます。特に若い頃の東山さんが現在のお姿と変わらずにいて凄いなと関心も受けています。バラードだとこの歌しか知りません。
一番印象に残っているのが、この曲です。バラードでとても格好いい曲だと思っていますし、声も良く3人が格好良くみえる。懐かしい曲の紹介でもこの曲がメインで流れているような気がします。君だけには20代の頃カラオケで歌ってました。名曲だから覚えているのだと思います。
君だけにはバラードでとても聞き入ります。歌詞も女性が好きな人に言ってほしい言葉が歌詞になっていて心を掴まれます。カラオケで昔、彼に歌ってもらった事が思い出です。今も曲を聴くと、当時を思い出します。僕は君だけを抱きしめる為に生まれ来たよの歌詞は当時はそうだなと思いました。
最初の頃は、「仮面舞踏会」「デカメロン伝説」などのアイドルらしい歌が多く、いかにもジャニーズという感じでしたが、「君だけに」はバラードの大人っぽい歌で、当時はこういう曲も歌うんだと意外に思いました。現在のジャニーズでもこんなしっとりした歌を歌ってるってなかなかないのでは。
小学生だった頃良くテレビの歌番組で流れていた曲で印象に残っているからです。バラードで歌いやすくて、歌詞も覚えやすく、小学生だった私は良く鼻歌交じりで歌っていました。それくらい印象的な歌だったからです。歌詞も好きでした。
とてもきれいで素敵なバラード曲です。指を鳴らしながら静かに歌に入り、少年隊の3人が切々と歌い上げます。とても心に染み入ります。「君とめぐり会うために僕はさびしさとともに生まれたよ」という歌詞を聴くたび、なぜかいつも涙が出そうになります。素直な気持ちで、誰かを想いながら聴ける素敵な曲です。
女性もそう思われたいし、男性からしても大切にしたい、そんな気持ちを代弁したような曲だと当時を振り返ります。名曲と言うのは、いつ聴いても色褪せないと言われていますが、?君だけには?を聴くと特にそう思い、清々しい気分になります。
少年隊の曲の中で仮面舞踏会と君だけにが共に名曲であると思いますが、君だけにはとても心に残るバラードで、ノリのいい曲もいいですが君だけには3人の声をよく聴くことができて感動する曲なので、一番の名曲だと思います。
「君だけに」は、それまでジャニーズにはあまりなかったようなミュージカルっぽい王道のラブバラードで、難しい曲だと思うんですがさすがの歌唱力で聞かせてくれました。歌唱力のある少年隊だったからこその名曲だと思います。
少年隊の世代ではないですが、それでも君だけには指パッチンをして歌っている記憶があります。〈君だけにめぐり逢うために・・・生まれたと〉いう歌詞は昭和っぽくて古くさいが、言われて悪い気はしないのでちょっと聞いてみたいと思います。
この、バラードが、1番の名曲だと思います。1番のヒット曲だったと思います。この切ない歌詞が少年隊の雰囲気にピッタリで、聞いてた当時、私も片思い中で、この歌詞に、とても共感できてキュンキュンしながら聴いていました。
少年隊の曲には他にも名曲はあるけれど、その中でも最も人におすすめしたいのが「君だけに」です。マイクスタンドで歌う三人の姿のかっこよさ、美しさに子供の頃夢中になったのを思い出します。切なさと寂しさがにじむ歌詞もとても素敵な曲です。
私が初めて買ったCDで、バラード調の歌になっています。少年隊と言えば仮面舞踏会が有名ですが、しっとりとしたこの君だけにという歌も良いです。女性が言われたら恥ずかしいけど嬉しいと思える歌詞が沢山入っています。純愛という言葉がぴったりな歌で名曲だと思います。
「君だけに」は今でも大好きな曲です。この当時の少年隊は、お世辞にも歌が上手だとは思えないのですが、このバラードを歌う歌声は何故か好きでした。今聞いても良い曲だなぁと思う人は多いと思うので、今後もたくさん歌ってほしいなと思っています。
ジャニーズの若い人たちにも歌い続けてこられているし、ジャニーズの中でも大切にされている曲なんだろうなぁと思います。切ないラブソングで、しっとりききたい曲です。若い世代だけでなく大人も感動するラブソングだと思います。
耳に残る「君だけに」の繰り返しから始まるバラード曲が1番名曲だと思います。そしてあの指で音をならしながら歌うところが印象深くて曲とよくあっていてとても好きな曲です。あんなふうに自分の事を思いながら歌って もらえたらドキドキします。
少年隊=激しいダンスナンバーというイメージをガラッと変えた名曲だと思います。指パッチンから始まる歌い出しも斬新ですが、優しい音楽と想い人への優しさが詰まった歌詞が秀逸です。スマップのライオンハートと双璧の優しい名曲だと思います。
少年隊の主演映画「19」の主題歌になった曲で当時繰り返し聞いており、ファンだったカッチャン(植草)がソロで歌いだすところがとても好きでした。ザ・バラードという曲調ですが、さびしげな歌詞と重なってファンでなくても惹かれる一曲だったと思います。
繊細な感じのしっとりとした優しい曲調で指のスナップ音でリズムをとっているのも独特な感じがして良く、歌声も気持ちのこもった情熱的な感じがして素晴らしいと思います。少年隊のとても良いバラードだと思い、この曲が一番だと思います。
当時私は中学生でした。部活の途中によくみんなで歌っていた思い出があります。最初が大好きで指をパッチン鳴らしながら三人で小さな輪で回りながら歌いだすところが特に好きです。少年隊のこの歌で指鳴らしの真似をして完璧に鳴らせるようになった友達もいて懐かしい思い出です。
少年隊は踊りも上手いですが、歌も上手いです。「君だけに」はバラードで歌いあげるところもありますが、きれいにかっこよく歌っていました。この難しいバラードを歌いながら、踊りも踊っていてすごいなと思っていました。歌い出しの振り付けも印象的ですね。
少年隊の曲の中で君だけに程有名な曲はなく聞いてみると歌詞も素敵なので選んだ曲です。覚えやすく歌いやすいことも名曲の理由だと思うので自分が少年隊の曲の中でも君だけにが一番好きな曲なので名曲として選びました。
少年隊は踊りが上手なのに、この曲は激しい踊りがなくて、バラード風に聴かせる歌でした。歌もたいへん上手なので、安心して聞いていられる曲でした。切ない恋ごころを語っているところが、名曲に選んだ要素でもあります。
どの世代の人も必ずきいたことのある一曲だと思います。とても良い歌詞で元気をくれる歌でもあるので、私は恋愛に悩んだ時、人生に迷った時、どんな状況においてもこの曲を聞くと励まされますし、前向きになれます。
物心ついたときには解散をしていてジャニーズの後輩達が歌ってるのを何曲か聞いてました。一番少年隊と言われて思い付いたのが君だけにで三人で指をならしてるのも印象的です。バラードなのでとてもいい曲だと思いました。
少年隊のシングルでは、仮面舞踏会に次ぐ2番目のヒット曲で、発売当時よく聞いていた記憶があります。歌を歌っている時の指を鳴らすパフォーマンスも印象的でした。歌詞や曲も良いのので、少年隊の曲の中で1番の名曲だと思いました。
少年隊がリリースした中でも1、2位を争うほどのヒット曲ですが、王道のラブバラードに乗せた三者三様の個性が際立つソロパートが素晴らしいと思います。また、冒頭の指をクラップする振り付けも非常に印象的です。
少年隊は歌も踊りもずば抜けて格好良かったですが、3人が真ん中に集まって指を鳴らすところの印象が強く、テレビ画面に釘付けでした。バラード曲の甘い歌詞に子供でもドキドキして心奪われてしまいました。他のグループで大人の色気がここまで出せるかなと思います。
私の青春時代に初めてお付き合いした大好きだった彼が私だけのために歌ってくれたのが、少年隊の君だけにでした。この曲を聞くと歌が上手だった彼の事や幸せいっぱいだったあの頃を今でも思い出し、胸が熱くなります。
昭和の名曲と言ってもいいくらい私にとって名曲です。この君だけには、ドライブ中によく聞いていた曲でとても懐かしい思い出です。歌っている東山さんの姿がとてもかっこいいし、三人で指をならす姿もとても印象的でした。
メロディーが美しいです。また、コード進行が自分のツボなのですよね。切なさや愛おしさ、一途に思う気持ちがよく表現された曲だと思います。これを美男子の3人が心を込めて歌えば、そら、女の子、クラックラになりますわ。神曲の口説き曲ですな。あと、冒頭に3人で指をパチンッパチンッしてる振り付けがツボなのですよね。
『君だけに』という楽曲は19ナインティーンという少年隊が主演をしている映画のエンディングにも使われていて、小学生だった当時少年隊が好きで映画館に見に行った思い出がある事と、少年隊はダンスを得意としているグループですが明るいポップな曲調が多い中、バラードが珍しいと言うことが記憶に残っているからです。
少年隊の中で有名なバラード曲の君だけに。ゆっくりとしたテンポで優しく聞け、1980年代には大ヒット、また後輩のTOKIOや及川光博さんにも曲をカバーされるほど、愛されている曲。おじいちゃん世代には喜ばれたり青春時代を思い出してもらえるきっかけとしてもいいと思います。
しっとりとしたバラードで派手なダンスナンバーではないですが、逆に静かで華麗なダンスと歌声が印象深く残る曲だと思います。ジャニーズの壁を超えて及川光博さんがカバーしていたりとたくさんの人に愛されているんだと思います。
少年隊と言えば、すぐに思い着いたのが、君だけに。だったからです。とてもステキなバラードで、当時は、よくサビの部分を真似して口ずさんでいました。あとは、少年隊のことを知らない子供が、この曲いいよね!と共感してました。時代を超えて、愛される名曲だと思います。
少年隊で珍しいバラード曲。歌詞も凄く感動しました。君だけに巡り合うために。の所が最高です。久しぶりに聴いてみたくなりました。アップテンポの曲も良いですが、たまにはバラードも歌って欲しかったです。
結婚式でよく歌われるので幅広い世代の人に認知されている曲だと思いますし、アイドルの歌にありがちな明るいハッピーな曲調ではなく、しっとり落ち着いた大人のバラードで、歌詞も「星の神話」とか「さよならの妖精たち」とか詩的でロマンチックなフレーズが多く、総合的に見て美しい曲だと思うからです。

3位 「Oh!!」-ドラマの挿入歌にもなった少年隊らしいかっこよさが詰まったノリの良い曲- 2名

今回3位に入ったのは「Oh!!」でした。この「Oh!!」は、1995年に発売された20枚目のシングルで、東山紀之さんが主演をしていたドラマ「ザ・シェフ」の挿入歌となっていました。作詞を光GENJIの「勇気100%」やV6の「愛なんだ」を手がけた松井五郎さんが担当しています。

口コミでは「東山紀之さんが主演していたザ・シェフにおいて、この曲が流れていたのが強く印象に残っている」など、ドラマを見ていた方からの意見がありました。ドラマの挿入歌でしたが、この曲とドラマの場面がとても合っていたために、24年前のドラマでありながら印象に残っている方が多いようです。

この曲が使われていたドラマは、東山さんの他にTOKIOの国分太一さん、V6の森田剛さん、三宅健さんが出演、最終話には滝沢秀明さんもゲストとして出演していました。グループの垣根を超えてこれだけのジャニーズのメンバーが出演しているドラマは珍しいですよね。見たい方もいると思いますが、ビデオは発売されているもののDVDにはなっていないので、ビデオデッキを持っている方でなければ見るのは難しいかもしれませんね。

Oh!!を選んだ方の口コミ

子どもの頃大好きで毎週見ていた、東山紀之さん主演の「ザ・シェフ」というドラマの挿入歌で、シェフが料理をし始める時に、この曲が掛かるんですが、それがそのシーンにぴったりで、カッコ良くて、いつもドキドキしていた記憶が鮮明に残っているのと、少年隊3人のパフォーマンスも歌声も素晴らしかったからです。
年代的に私は少年隊の全盛期をよく知らないのですが、中学生の頃に見ていたテレビドラマで、東山紀之さんが主演していたザ・シェフにおいて、この曲が流れていたのが強く印象に残っています。私にとって、少年隊と聞けば、脳裏にこの曲が流れるのです。

(同率)4位 「STRAPE BLUE」「バラードのように眠れ」「星屑のスパンコール」「春風にイイネ!」 各1名

今回4位には同率で「STRAPE BLUE」「バラードのように眠れ」「星屑のスパンコール」「春風にイイネ!」の4曲がランクインしました。1票ずつと少数ながら、シングル曲だけでなくアルバムの収録曲である「星屑のスパンコール」や「仮面舞踏会」のカップリング曲「春風にイイネ!」が入っているのが特徴的です。

どの曲もデビューから2年以内にリリースされている曲で、少年隊の全盛期に出された曲です。シングルの2曲はどちらもシングルランキングでは10位以内入る人気の曲ですが、アルバムに収録されている「星屑のスパンコール」もファンの中では人気の高い曲だそうです。また、錦織さんもラジオ番組に出演したときに好きな曲の一つにこの「星屑のスパンコール」を挙げていました。この曲はアイドルとファンが街中で出会うという歌詞なので、少年隊のファンでなくても共感できる方が多いのではないかと思います。シングル以外の2曲は聞いたことがない方も多いと思いますが、これを機会に聞いてみるのもおすすめですよ。

STRAPE BLUEを選んだ方の口コミ

この曲の魅力は、なんといってもイントロのリズム感とメロディ。筒美京平がつくる素晴らしいイントロです。リズムがよく、夏の海をイメージさせるメロディ。さわやかな中にも、夏の終わりも感じさせるマイナーなコード。みんなで歌い、大騒ぎできるようなサビ。少年隊、昭和を代表するような歌謡曲でしょう。

バラードのように眠れを選んだ方の口コミ

メロディがとてもいい。歌詞にぴったりあったちょっと切ない感じで、それでいて疾走感もあるメロディが秀逸だと思う。歌詞も彼女を思う気持ちがよく出ていて、情景も目に浮かぶような内容。「ひとりで眠りの船に乗り」など言葉も美しい。沢山ある少年隊の曲の中でも一番の曲だと思う。

星屑のスパンコールを選んだ方の口コミ

この楽曲は、少年隊が歌っているところはあまり聞いたり見たりしたことはありませんが、ジャニーズの後輩たちがよくテレビで歌っています。歌詞がまるでアイドルとファンの関係性みたいで本当にロマンチックな曲だなと思います。

春風にイイネ!を選んだ方の口コミ

この曲が出た頃は中学生だったと思います。当初、勝手に高校生くらいの恋愛かなと思っていました。初々しい恋愛な歌詞が可愛らしくていいです。1番にメロディが好きで初めて聞いて好きになりました。後にジャニーズのアーティストにも歌われ続けるダンサブルな名曲だと思います。

100名に聞いた!少年隊の歌で一番名曲だと思う歌のおすすめ口コミランキングまとめ

100名に聞いた!少年隊の歌で一番名曲だと思う歌のおすすめ口コミランキングはいかがでしたか?

今回は上位2曲に多くの票が集まりました。この2曲は、曲調は全く違うものの、少年隊と言えばこのどちらかの曲をまっさきに思い浮かべる方が多い、少年隊の代表曲ですよね。
1位の「仮面舞踏会」では、アップテンポのメロディの中、スタンドマイクを蹴り上げたり、メンバー3人でバク宙をしたりとダンスも素晴らしく、見ても聴いても楽しい曲です。反対に2位の「君だけに」は、しっとりとしたバラード曲で流れるように踊るメンバーと歌唱力が堪能できる曲となっています。どちらも甲乙つけがたく、少年隊の魅力が感じられる曲となっています。

今では東山さん以外のメンバーをテレビで見る機会が減ってしまいましたが、今回のアンケートの口コミを見ると、3人がテレビで歌っている姿をキュンキュンしながら見ていたという方が多くいました。また3人揃ってテレビで歌う姿をみたいですよね。

少年隊はここ10年CDやDVDを発売していません。グループとしての活動は実質休止状態となっていますが、来年はデビュー35周年の年です。オリンピックがある年であるので、このお祝いムードに便乗してなにかアクションがあればいいなと思ってしまいますね。曲が発売された当時の映像を今見てもカッコいいと思えるので、今までに少年隊の曲を聴いたことがない方はぜひ今回紹介した「名曲」たちを聴いてみてくださいね。

0