季節の変わり目になると、間近に迫った季節の曲が無性に聴きたくなったりしますよね。

歌詞から季節を感じることもあれば、よく聴いていた時期によって、その曲に一定の季節のイメージを持つこともあると思います。

いろいろなアーティストが季節ごとの歌を歌っていますが、みなさんはHey!Say!JUMPの曲の中で冬になると聴きたくなる曲は何ですか?

そこで今回は、Hey!Say!JUMPの歌で「冬」におすすめだと思う歌は何かを、無作為に集めた100名からアンケートをとり、なぜその歌が一番おすすめだと思うのか口コミなどを集計してまとめてみました。

100名に聞いた!Hey!Say!JUMP(ヘイセイジャンプ)の歌の中で「冬」におすすめの曲の口コミランキング

100名に聞いた!Hey! Say! JUMP(ヘイセイジャンプ)の歌の中で「冬」におすすめの曲の口コミランキングのグラフ

1 位 スノウソング … 32 名
2 位 White Love … 27 名
3 位 Give Me Love … 7 名
4 位 真夜中のシャドーボーイ … 5 名
4 位 Ignition … 5 名
6 位 Come On A My House … 4 名
6 位 GIFT … 4 名
8 位 マエヲムケ … 3 名
9 位 スナップ … 2 名
9 位 Deep night 君思う … 2 名
9 位 星の降る夜に … 2 名
12 位 真紅 … 1 名
12 位 Endless Dream … 1 名
12 位 chau# … 1 名
12 位 My Girl … 1 名
12 位 Together forever … 1 名
12 位 愛よ、僕を導いてゆけ … 1 名
12 位 銀の世界に願いを込めて … 1 名

100名に聞いた!Hey!Say!JUMP(ヘイセイジャンプ)の歌の中で「冬」におすすめの曲の口コミランキンググラフ結果

今回見事1位に選ばれたのは「スノウソング」でした!

この「スノウソング」は、明るいメロディのラブソングで冬らしい歌詞が特徴的な曲ですよね。

シングル曲ではないものの、今回は3割以上の票を集めて1位となりました。

上位に入った曲を見てみると、秋から冬にかけて発売された曲が多く、冬らしい歌詞はあまりなくても曲自体に冬のイメージが付いている曲が入っていました。

また、ランキング全体を見てみると、シングルになっている曲よりもカップリング曲やアルバムの収録曲が多く入りました。

Hey!Say!JUMPの冬におすすめの曲は、隠れた名曲的な曲が多いのかもしれませんね。


今回は18曲がランクインしましたが、上位2曲と3位以下には大きな差がありました。

このことから、Hey!Say!JUMPの曲の中で冬におすすめの曲は「スノウソング」と「White Love」の2強と言える結果となりました。

100名に聞いた!Hey!Say!JUMP(ヘイセイジャンプ)の歌の中で「冬」におすすめの曲の口コミ調査 BEST5

1位 「スノウソング」-出だしから冬感バッチリの明るく胸キュンの冬ソング- 32名

今回見事1位に輝いたのは「スノウソング」でした。

この「スノウソング」は2010年12月に発売された6枚目のシングル「『ありがとう』~世界のどこにいても~」の通常盤に収録されている曲です。

作曲を嵐やKinKi Kidsなど、多くのジャニーズグループの曲を担当し、ヒット曲を生み出している馬飼野康二さんが手がけています。

シングル曲ではないものの、多くの方に選ばれ今回見事1位となりました。



口コミでは「雪が降る中でカップルがはしゃいでいるような、アップテンポで楽しい曲」

「歌詞から冬の情景がイメージ出来るところと恋心を描いたストレートな歌詞も照れくさくもあり聞いていてキュンキュンする」などの意見が多数ありました。

また、「冬になると聴きたくなる、聴いていて元気が出る曲」

「JUMPの冬ソングといえばスノウソングを挙げる人も多いと思う」などの意見も多くありました。

初々しいカップルが限られた時間の中で幸せな時間を過ごしているのが伝わってくる歌詞と明るいメロディが、寒い冬に聴くと胸がほんわかと暖かくなるような曲となっています。



この曲は「まさか雪だ~!」のセリフから始まります。

この部分だけを聴いても「冬」という感じがしますよね。

シングル曲ではありませんが、1位になったことからも、冬になるとこの曲を聴いている方が多いのがわかりました。

付き合って間もない時期に、誰もが一度は経験したことがあるような歌詞が共感できますよね。

好きな人とクリスマスの時期に聴くのがおすすめですが、明るい曲調なので友達と行ったカラオケで歌っても盛り上がると思いますよ。

スノウソングを選んだ方の年代は?

スノウソングの年代別グラフ

20代の方を中心に10代から50代までの幅広い世代の方からの支持を集めています。

口コミの中には「大切な人との最初の気持ちを思い出させてくれる曲です!あえて喧嘩とかした時に聞きたい」という意見もありましたよ。

スノウソングを選んだ方の口コミ

6年前にリリースされたクリスマスにぴったりの曲で歌詞は恋人たちの切ない気持ちを歌っていてHey! Say! JUMPファンにはたまらない一曲です。歌詞、メロディ等含めて車内や自宅で彼女と聞くと最高に盛り上がりますね。
軽快なハウス調で明るいラブソング。冬の初めに聞くとなんだか染みます。疑いとかやっかみとか不安とか警戒心とか一切ない若い感情、彼女の事が大好きだっていう気持ちがストレ-トに表現されていて好感が持てます。
6年前にリリースされたクリスマスにぴったりの曲になっています。メロディは軽快でポップですが、歌詞は恋人たちの切ない気持ちを歌っています。付き合いたてのような初々しさを感じることができる曲になっています。
雪が降る中でカップルがはしゃいでいるような、アップテンポで楽しい曲です。この曲を聴きながら冬の寒い街を歩いているとウキウキしてくるような、クリスマスにカップルで聴くのにおすすめな曲です。カラオケで友達同士で歌っても楽しめると思います。
snow songは、寒い冬の雪が降っている状況を歌っている曲です。カップルが雪の降る公園で一緒に遊んでいる、そんな歌です。ピュアで素直な恋愛の気持ちを歌っていて、寒い冬に聞いてるとキュンキュンして、心が温まると思うから。
静かな夜の公園ではしゃぐ二人。ただ時間は限られていて、せっかくの雪の日なのに別れなくてはならない。彼の思いの強さが募るほど、雪は降り積もる。そんな情景が目に浮かぶ、切なさと若さの入り交じったラブソングがメンバーと重なるかのように感じます。
歌詞から冬の情景がイメージ出来るところと恋心を描いたストレートな歌詞も照れくさくもあり聞いていてキュンキュンします。好きな人にこんな事言われたら恥ずかしいけれど嬉しいですよね。軽快でポップなメロディもお気に入りなのでオススメしたい曲です。
直球な歌詞とノリの良さが大好きです。歌詞の男の子がドキドキしているのが伝わってきて、初々しさがかわいいなあとニヤニヤしてしまいます。コンサートでぜひ歌って欲しい一曲です。冬になると聴きたくなる聴いていて元気が出る曲だと思います。
明るい感じのメロディで、恋人がいる人にオススメの曲です。恋人とずっと一緒にいたいなぁという気持ちが湧いてきて、もっと会いたくなって泣きたくなります。恋人と過ごす時間を大切にしようって気持ちになります。
この曲はかなり昔の曲ですが、とてもいい曲で冬にぴったりです。「静かな夜の公園で二人で作る雪だるま」という歌詞に、寒さにも負けない男女の熱い想いが詰まっています。他にも冬の情景が含まれていて、聞いていると頭の中に冬の風景が浮かびます。
夜の公園で恋人と一緒に雪だるまを作り、幸せいっぱいのカップル。もう遅い時間になってしまったけど、まだ大好きな人と離れたくないから、時間が止まってほしいと願っている幸せいっぱいの冬のラブソングです。降り出した雪に、はしゃくカップルの姿にとても共感できるハッピーな音楽です。
JUMPの曲は夏っぽい曲が多い中で曲名もザ・冬な曲です。イントロで「まさか…雪だ~」という山田君のフレーズがとっても可愛くて、冬デートがウキウキして楽しい気持ちが現れている歌詞が可愛いです。JUMPの冬ソングといえばスノウソングを挙げる人も多いと思います。
平成JUMPの歌の中で冬の歌と言えば1番に思いつくのがこの曲ですね。歌詞の中にも粉雪や雪だるまなどのフレーズが冬を表しています。切ない感じの曲ではないですが歌詞が冬らしくて私は冬に聴きたくなる好きな一曲ですね。
八乙女光くんの「雪だー!」から始まる台詞からして、冬を連想し、冬になると必ず聞きたくなる曲。アップテンポで明るい曲になっていて、聞いていてとてもウキウキするのでとてもオススメです。発売された当時からずっと大好きな曲です。
冬といえば、まっさきにこの曲が思い浮かびました!明るい歌なのに、少し切なげな歌詞がグッとくる曲です。初々しいカップルが思い浮かぶ歌詞で、初心に返ることができる曲でもあります。大切な人との最初の気持ちを思い出させてくれる曲です!あえて喧嘩とかした時に聞きたいです♪
曲調のテンポがいいですが、歌詞の情景は冬、クリスマスの恋人たちの様子を歌っているようでお勧めです。恋人二人で雪ではしゃぎ合う様子がわかりますが、どこか恥ずかしげな感じも伝わってきて、いわゆる胸キュンソングといえるでしょう。相応に若いカップルを思って聞ける、素敵な曲です。
曲のタイトルに「スノウ」と入っているところや、歌詞の中にも「雪」という言葉が何度か使われているところからものすごく冬を感じるから。また、「頬が Burn! Burn! Burn!勝手に 熱くなる」という歌詞を聞くと、雪が降っていて寒い時でも恋心があるとなぜか熱く感じることがある事が思い出されて胸が、キュンキュンするから。
静かな夜の公園で二人で作る雪だるま、時計を見たあと君は寂しい顔でうつむく、もう 帰る時間だと 」という前半の盛り上がりのあと「ずっとずっと好きで 君のことをもっともっと深く 感じたいから粉雪の中で 触れた髪 はずかしく 君は目を そらしたね」……まだ付き合いたてなのでしょうか。初々しさが伝わってきます。ういういしくて冬ソング間違いなし。
雪が沢山降った時に聞きたくなります。そうじゃなくても雪が降った時には聞きたくなります。他にもいい曲はありますがこの曲は雪が降った時に聞いたりしてます。他の人にもこの曲を聴いてもらってこの曲を雪が降った時に聞きたくなってもらいたいです。
Hey!Say!JUMPの冬の曲で思い浮かぶのはなんて言ってもこれ”スノウソング”ですね。約6年?7年前にリリースされたクリスマスにぴったりの曲です。メロディは軽快でポップですが、歌詞は恋人たちの切ない気持ちを歌っているいい曲ですね。
ヘイセイジャンプさんの私が思う冬ソングは「スノウソング」です。「ありがとう」の通常版に入っている曲で、聴いていても「あぁ、また冬がきたんだな。」と思える素晴らしく聴き心地が良い曲だと思います。メロディはポップですが歌詞が切ない所が良いです。
付き合いたてというか、初々しくて忘れていたキュンキュンした気持ちがひさびさに湧き出てくる感じがします。いい歳ですが、鏡を見ずに目をつぶって若かりし昔を思い出しながら特にクリスマスあたりに聞くといいですね。
大好きな恋人と共に過ごす冬へのドキドキやワクワクが止まらない、冬への高揚感を表した歌詞にときめきます。この想いが止められないと言うこの歌詞の主人公の思いが伝わってきて、こちらまでワクワクする冬の歌になっています。
スノウソングという曲は題名の通り冬を歌っている曲で、とっても可愛らしい楽曲だと思います。年末年始のライブでも披露されておりファンからの人気も高い楽曲だと思います。冬にぴったりな楽曲なのではないかなと思います。
曲名もですが、曲の始まりに「まさか雪だ~」と言い、歌詞もそのまま冬の景色を表しています。少し前のライブツアーで歌いましたが演出でも雪に見立てた降り物を降らし、冬のイメージでした。この曲がCDに収録されてから雪が降るたびに思い出す曲で、聴くとせつなくもほっこりする曲です。
クリスマスにぴったりの曲だと思います。曲調は軽快でポップですが、歌詞は恋人たちの切ない気持ちを歌っています。雪だるまを作ったりして遊ぶ楽しさや門限?が迫った悲しさが、とても良く表現出来ていると思います。まだき合いたてなのかな?何か初々しい感じです。そこが結構好きです。
タイトルから冬を連想させる曲だからです。歌詞の内容にも、雪の中で喜んではしゃぐ可愛い男女の姿ともどかしい恋心の情景が想像できて、この曲を聴くと冬だなあと思います。毎年雪が降ると曲の最初の「まさか?雪だー!」という台詞がついつい浮かんできます。
歌詞がかわいらしい。曲は、とても軽快でポップな感じがします。付き合い初めたばかりのカップルのせつない気持ちがよくイメージでき、伝わってきます。グループ内の歌割りも絶妙で、いい感じの曲だと思います。クリスマスにピッタリくる曲です。
冬の曲はしっとりとしていたりスローテンポなものが多い中,これはアップテンポでテンションが上がります.冬の情景が思い描きやすい歌詞と恋人同士のやり取りが私は好きです.静かな公園で雪だるまをつくっていたり背伸びした大人ではなく童心のまま仲のいいカップルが想像できて心がほっこりするので私は好きです.
メロディーは軽快でポップな感じですが歌詞が恋人たちの切ない感じを表している曲です。雪だるまを二人で作ったりするのが歌詞に描かれていて冬が伝わってくる歌です。冬になると聴きたくなる歌でHey!Say!JUMPの代表的な歌だと思います。
タイトルの通り冬のラブソングであり、思いを寄せてる人が好きで好きでたまらなくて、会えるのがとても待ち遠しくて耐えきれない様子を雪や冬の寒さというものとリンクさせていてとても甘酸っぱいラブソングになっているから。
ジャニーズ好きの娘の影響で私も一緒にライブに行くなどしてHey! Say! JUMPにはまってます!やはり冬ソングと言えばスノウソング!ポップで明るい曲に寒さを忘れそうです。「降りだした雪にはしゃぐ君、つかまえた君の手を離さない、ずっと!」って言うパートがいいですね。家族全員で「雪だぁ~!」と叫んでいます!

2位 「White Love」-冬のイベントの時期に聞きたい熱いラブソング- 27名

今回1位と5票差の2位に選ばれたのは「White Love」でした。

この「White Love」は2017年12月に発売された21枚目のシングルで、知念侑李さんが出演していた映画「未成年だけどコドモじゃない」の主題歌となっていました。

オリコン週間シングルランキングでは初登場1位を獲得、Hey!Say!JUMPのシングル売上ランキングでも2位に入るヒットソングです。



口コミでは「タイトルからして雪を連想させる冬らしさを感じる」

「ストレートなラブソングが、寒い冬に聴きたくなる曲だと思う」などの意見が多くありました。

また「まさにHey!Say!JUMPの冬を象徴する曲になるものだと思う」

「アイドルらしくて、寒い冬のイルミネーションのようにキラキラした名曲だと思う」などの声も聞かれました。

Hey!Say!JUMPらしい明るいラブソングで、熱い想いを歌った歌詞をメンバーが歌うことで、聴いているだけで幸せな気持ちになれるような曲となっています。



この曲はタイトルからして冬を連想させますが、歌詞の中には冬を感じるフレーズは入っていません。

このシングルがリリースされた時期と、イルミネーションを感じさせるキラキラした雰囲気が、タイトル以上に「冬」を感じさせるのでしょうね。

タイトルとは反対の黒の衣装を身に着けたメンバーはとてもかっこいいのですが、山田さん曰く「男らしい愛の伝え方を衣装やダンスで表現している」とのこと。

クリスマスやバレンタインなど、カップルで過ごすイベントの時期に聴くのがおすすめの一曲です。

White Loveを選んだ方の年代は?

White Loveの年代別グラフ

Hey!Say!JUMPと同じ世代の20代の方から多くの支持を受けていますね。

歌詞のようなことを好きな人に言ってもらえたら、どんなに寒い冬でも暖かく過ごせそうですよね。

White Loveを選んだ方の口コミ

タイトルからして雪を連想させる冬らしさを感じるし、愛を素敵に語る女性への胸キュン歌詞が、イベントが多い冬の特にクリスマス時期に合っていると思うからです。また来年もこれからもずっと君と共に過ごしていきたいと感じるところが冬らしいです。
この曲は冬に起こる新しい恋との出会いについて歌った歌です。歌詞に出てくるただ1人だけ愛する人に捧ぐよという部分がとても優しく心に響く歌です。そして前向きで明るく新しい恋の一歩を応援してくれるそんな暖かい歌です。
ドラマティックな冬の恋をうたっています。演奏もクリスマスの町並みを彷彿させるようで良いです。リリースも去年の冬だったのでよく聞きました。ジャンプの冬歌といえば一番にこれを思い出します。「君を探してた」のラブな歌詞にはキュンときます。
理由は歌詞が凄く乙女心をくすぐる曲なのでクリスマスやバレンタインの季節に彼と聴きたくなる曲です。どんな未来でも変わらぬ愛を誓うよ強く抱きしめたったひとつだけ 願いが叶うのならば君がほしいよ。の歌詞がとても素敵で心が暖まり、相手から言われてみたい言葉でもあります。
アップテンポなメロディーですが、雪のイメージのラブソングで聞いていると冬の恋のイメージができるようなキラキラな曲になっているからです。歌詞で、Iloveyouというフレーズが繰り返されているところも気に入っています。
一人の人との出会あったことへの運命が明るく歌で表現されていておすすめです。そしてその相手に対する気持ちが良く描かれ、幸せを願いその永遠の愛が歌詞に込められているところも良いと思います。その人と一緒に居たいから、これが自分にとって最後の恋になるという気持ちの表し方もどれだけ好きかという気持ちが分かりやすくなれ、おすすめできます。
Hey! Say! JUMPの歌はコンサートのライブに盛り上がれるようなアップテンポの曲が多いですが、ホワイトラブは寒い冬にも心が温まるような優しい歌詞が魅力的だからです。しっとりと聞くことができます。
ストレートなラブソングが、寒い冬に聴きたくなる曲だと思います。歌詞がとても良くて、自分も好きな人からこう思われたいと思ってしまう、女性にとっての憧れの曲だと言えるんじゃないかなと思います。好きな人に歌ってほしくなりますね。
私自身の事で恐縮です。40代の私は結婚もしていません。何故、この曲を知ったのかというと姪がこの曲が大好きで、私が入院していた昨年の冬にスマートフォンにお見舞いとして、ダウンロードしてくれました。最初は「若いな。」と思っていましたが、ずっと、聴いているうちに自分自身の若い頃を思い出すようになりました。「そうだよね。年齢は関係ないよね。」と思い、10代の姪が「恋してるのかな?」と思いながら、微笑ましく、また、若いっていいなぁ等々、寒い冬にも、病気療養にとっても、とても素敵で心温まる曲になりました。
まさにHey!Say!JUMPの冬を象徴する曲になるものだと思います。メロディー自体は明るい曲でアップテンポな曲なのに、ピアノの音が入っている事でぐっと大人っぽい冬の曲になっていると思います。タイトルもwhite loveとまさに冬の王道という感じなので、おすすめです。
賑やかなクリスマスに合いそうなテンポの良い曲です。冬に合う歌詞ですが、曲がリズミカルで華やかな感じなので、聴いていると楽しくなります。この季節にカラオケなどで歌うと盛り上がる、と思うのでおすすめします。
雪の結晶があしらわれたジャケデザに、雪がちらついているようなダンスの「White Love」。でも、歌詞には一言も冬のキーワードはありません。勝手な想像ですが、「White Love」の「White」は「白い雪」と「ウェディングをイメージした純白」の2つを意味を持っているのかなと…。素敵な冬の歌だと思います。
whiteloveは何となく、雪のクリスマスを連想します。曲調も軽快なテンポの曲で、すごく好きな一曲です。この曲のダンスもとても好きで、特にいつも中島裕翔さんの手先が綺麗で指が長くて綺麗な手だな~と、ついつい見入ってしまいます。
結成10周年の記念すべきこの曲が大好きです。題名通り、ホワイトという白い冬景色に似合うメンバーがそれぞれ笑顔で歌い上げ、聞いている私達に寒い冬も心地よく温かく過ごせそうなので、冬に聞くのにおすすめです。
2017年12月に発表されたシングル楽曲で、歌詞の内容的にも冬の季節感に合っている。歌番組でパフォーマンスを見た時は全員白い衣装だったが、元気でフレッシュなHey!Say!JUMPの魅力がよく現れている楽曲だと思えるから。
冬に発売された曲で、曲名がWhite Loveなので、冬をイメージする。歌詞を見ると冬とか、雪とか出てこないしWhite の意味が純白のウエディングなのかもしれないけど、ジャンプの冬の曲で最初に浮かんだ。
タイトルからして冬ソングだし映画に使われてた曲だからメジャーかなあと思ったからです。PVも雪が降ってるような作りホワイトスノウを連想させたり、歌詞も恋にまっすぐで純粋な恋って感じがしてとても好きです。
少しポップな曲調からとてもHey Say JUMPらしい曲調でありながら歌詞がすごくクリスマスっぽくてわくわくするようなクリスマスを迎えられそうです。歌詞のサビで『たった一つ願い叶うならば君がほいしいよ』という歌詞はすごく素敵出来だと思いました。Hey Say JUMPの明るい雰囲気にあった素敵な歌だと思いました。
私が一番Hey!Say!Jumpの冬ソングの中で大好きなのは、White Loveです。まず初めて聴いた時に、なんて歌詞が凄く可愛いんだろうと思いました。曲名はWhite Loveですが、歌詞には一言も冬を想起するキーワードはありません…。しかし、ジャケットのデザインは雪の結晶がりますし、ダンスも雪がちらつくイメージっぽいところもありますので、冬ソングと捉えても良いのでは!?と思い、私にとってはクリスマスのキラキラしている日にぜひ聴きたい一曲ですね。メンバーの伊野尾くんも冬に限らず聴いてほしいと言っていたので、ぜひ私はこの一曲をおすすめします。
まさに冬のラブソング!タイトルにもホワイトと入っています。こんなにストレートに愛を歌っている曲はなかなかないと思います。アイドルらしくて、寒い冬のイルミネーションのようにキラキラした名曲だと思います。夜景を見ながら聴きたい一曲です。
歌詞がとても良いからです。一人の女性のことを思った一途な男をイメージした歌詞がとても魅力的です。どこかありきたりなようで、新しい歌詞です。ここまで想いをストレートに乗せたヘイセイジャンプの歌は他にないのではないでしょうか?
メンバーである知念侑李くんが出演しました映画、未成年だけどコドモじゃないのエンディング曲でとてもキュートな一曲で寒い時にキュンキュンしながら去年聴いていた覚えがあり、この曲がHey!Say!JUMPさんで1番冬を感じることができます。
Hey! Say! JUMP結成10年でリリースされたシングルで、歌詞の中では一人の女性を愛し続けるというゴリゴリの恋愛ソングです。ドラマの主題歌にもなりましたし、今年も冬は来れ聴いて元気もらえればな、と思います。冬の寒さ厳しいときにぴったりの一曲だと思います。
冬に上映していた映画「未成年だけどコドモじゃない」の主題歌だったこともあり、Hey!Say!JUMPの冬の曲といえば「White Love」だと思います。イントロがクリスマスにぴったりの雰囲気で、聞くたびにちょっぴり切なく、キュンキュンしてしまいます!
わたしがオススメしたいのは『White Love』です。自分自信、そこまでHey! Say! JUMPについて詳しくはないのですが、毎年冬が近づいてくるとこの曲が聞きたくなります。恋している男の子の目線から書かれている歌詞だけど「たったひとつだけ 願いが叶うなら 君がほしいよ」など女の子でも共感できる部分もあるかなと思います。メロディもきれいで冬っぽい雰囲気で好きです。
タイトルのWhiteが冬の雪を連想させます。純愛ラブソングで人肌恋しくなる季節にはぴったりの曲です。MVも黒と白のモノトーンでかっこよくまとまっていて季節イメージも四季の中で例えるなら冬が一番近いです。
まず、曲名からしてWhiteloveということで、冬や雪をイメージさせるような感じになっており、更にイントロの部分など、歌詞のない部分が特に冬っぽい感じになっているなと思います。歌詞がとてもストレートな恋愛ソングで、聞いててきゅんとするような冬曲なのでオススメです。

3位 「Give Me Love」-切ない歌詞としっとりとしたメロディは冬に聴きたくなるバラード曲- 7名

今回3位に入ったのは「Give Me Love」でした。

この「Give Me Love」は2016年12月に発売された18枚目のシングルで、山田涼介さんが主演を務めていたドラマ「カインとアベル」の主題歌となっていました。

オリコン週間シングルランキングでは初登場1位を獲得、Hey!Say!JUMPのシングル売上ランキングでは10位に入る人気の曲です。



口コミでは「曲調がバラードで切ない感じと全体的にハイトーンで切なく歌い上げるメンバーの表情が冬を感じさせる」

「儚い感じの歌詞が寒い季節の冬に合う気がする」などの意見がありました。

また、「やはり寒い冬には王道の人恋しくなる切ないバラードが聴きたい」

「月9の主題歌で秋から冬にかけてドラマを観ていたので、ドラマの印象が強く、この曲を聴くと寒い時期だったと思い出す」などの意見もありました。

ミディアムテンポの切ないバラード曲で、メンバーの大人の色気を感じることができる曲となっています。



この曲は山田さんが月9初主演を務めたドラマの主題歌で、山田さんは兄の恋人を好きになってしまう切ない役どころを演じていました。

冬を直接感じさせるような歌詞はありませんが、このドラマが冬にかけて放送されていたことや、リリース時期も冬だったため、この曲を聴くと冬を思い出す方が多いようですね。

一人で浸りたい冬の夜にしっとりと聴くのがおすすめの曲です。

Give Me Loveを選んだ方の年代は?

Give Me Loveの年代別グラフ

30代、40代の方を中心に票を集めています。

ドラマが少し大人の内容だったことや曲の雰囲気も大人っぽいからかもしれませんね。

冬には「切ないバラード」を聴きたいという方が多くいたのも特徴的です。

Give Me Loveを選んだ方の口コミ

やはり寒い冬には王道の人恋しくなる切ないバラードが聴きたいです。ドラマの影響もあってか教会のような場所で懺悔しているような厳かな雰囲気に思えて、とても大人っぽい表情といやらしくない色気が感じられる曲で好きです。
曲調がバラードで切ない感じと全体的にハイトーンで切なく歌い上げるメンバーの表情が冬を感じさせる。「冷めた心に重ねたあのぬくもり」という歌詞も寒い冬のイメージ。切なくて、セクシーなハイトーンボイスを聴いて寒い冬を乗り越えたい。歌唱力抜群の山田くんはもちろんだけど八乙女くんの「進みべき道がある…もう」のところがセクシーでたまらない。
儚い感じの歌詞が寒い季節の冬に合う気がする。私にとってはこの曲が寒空をイメージさせる。この曲を聴くと好きだった人のこととその当時の気持ちを思い出して切なくなる。叶わない恋と冷たい季節な感じが冬っぽいと思う。
私の中で冬の曲のイメージが切ない感じなので、冬におすすめというとこの曲が浮かびました。山田くんが出演していたドラマに使われていて、サビの部分がとてもいいです。曲の感じとHey! Say! JUMPのまだ少年のような声が合っていて、聴いていて引き込まれますし、振り付けも好きです。
冬にテレビでHey!Say!JUMPがたくさん歌っていたと思います。ドラマの主題歌でかなしいドラマだったので冬っぽく感じてるのかも知れませんが、この曲には雪が似合うと思います。いつも元気なHey!Say!JUMPのノリノリの元気な曲ではないのですが、シリアスなjumpの格好いい曲です。クリスマスに聞きたいです。
月9の主題歌で秋から冬にかけてドラマを観ていたので、ドラマの印象が強く、この曲を聴くと寒い時期だったと思い出します。冬というとバラードが多い中、この曲はかっこよくて聴きやすいです。冬の行事で盛り上がれそうな1曲です。
ドラマ主題歌で、雪の舞う都会の夜に、山田涼介くん。バックに流れたこのGive Me Loveがとてもマッチしていてキレイでした。発売時期的にも、冬の都会の街で恋人を待ち続けるような切なさに雪が見えるような歌詞だと思います。

(同率)4位 「真夜中のシャドーボーイ」-暗めの曲調が冬を感じさせるメンバー4人が主演を務めたドラマの主題歌- 5名

今回同率で4位に2曲が入りましたが、そのうちの1曲目は「真夜中のシャドーボーイ」でした。

この「真夜中のシャドーボーイ」は2008年10月に発売された4枚目のシングルで、山田涼介さん、知念侑李さん、中島裕翔さん、有岡大貴さんの4人が主演をしていたドラマ「スクラップ・ティーチャー~教師再生~」の主題歌となっていました。

作詞作曲は1位のスノウソングと同じ、ma-sayaさん、馬飼野康二さんがそれぞれ担当、Hey!Say!JUMPのシングル売上げランキングでは7位に入るヒット曲です。



口コミでは「歌詞からは冬!って感じの曲ではないですが、曲調がどこか冬と思わせる曲」

「ドラマが秋から冬にかけて放映されていて、よく耳にしていたからか、冬になぜか聴きたくなる」などの意見があったほか、

「さびしい人肌恋しい季節に聞くと元気になれる曲だから」といった声も聞かれました。

少し暗めのメロディと好きな人を想う歌詞は、確かに夏よりも人恋しくなる冬に聴きたくなるような曲となっています。



この曲はデビューから約1年後に発売された曲ですが、それまでのHey!Say!JUMPの曲とは少し違い、大人っぽい雰囲気の曲ですよね。

曲の初め「こっち向いてよチェリー」の振り付けもどこかセクシーで真似したくなります。

この曲は、これまで紹介した曲以上に冬を感じるフレーズが歌詞に入っていませんが、ドラマの放送時期やリリース時期から冬に聴いていた方が多いのでしょうね。

そのため冬になるとこの曲を聴きたくなる方が多くいるようです。

曲のタイトルのように真夜中に聴くと、より曲の雰囲気を味わえるかもしれません。

途中の「シャドー…」のセリフは、この曲のポイントとなる部分だと思うので、聞き逃さないようにしてくださいね。

真夜中のシャドーボーイを選んだ方の口コミ

歌詞からは冬!って感じの曲ではないですが、曲調がどこか冬と思わせる曲です。PVも真夜中なのか暗いイメーなのでどこか寂しさをかんじます。メンバーの何人かが「シャドー」と喋るところがカッコイイのでおすすめです。
メロディが切なくて少し暗めの歌詞と曲になっています。そして歌詞が今の現実を忘れさせてくれるような王子様が今つらいところから連れ去ってくれるような歌詞なのでさびしい人肌恋しい季節に聞くと元気になれる曲だからです。
Hey!Say!JUMPのメンバーが主演しているドラマの主題歌で、曲のメロディが少し寂しさを感じさせる気がしていて、ドラマが秋から冬にかけて放映されていて、よく耳にしていたからか、冬になぜか聴きたくなる楽曲になりました。
曲のメロディーが少し寂しいような感じがします。「いつでも願いは届かない」「その笑顔守るために命懸けてもかまわない」などの歌詞から暗くせつない感情が伝わってきて、共感できるところがあり、私は特に冬に聴きたくなるからです。
どこか切なくなる曲ですが冬に聴きたくなる名曲です。クリスマスにもぴったりで、チェリーという言葉が頭から離れなくなります。テンポと歌詞も良くて個性ある声でそれぞれ歌われてるので、イメージソングとも言える名曲です。

(同率)4位 「Ignition」-クリスマス時期に聴きたくなるしっとりとしたラブバラード- 5名

今回同率で4位に入った2曲目は「Ignition」でした。

この「Ignition」は2015年10月に発売された15枚目のシングル「キミアトラクション」の通常盤に収録されている曲です。

「キミアトラクション」は明るくポップな曲ですが、この「Ignition」はしっとりとしたバラード曲となっています。



口コミでは「イントロのしんみりとピアノから入る雰囲気が、クリスマスの聖夜の夜をイメージさせる」

「『色づく街のイルミネーション』という歌詞がクリスマスを連想させる」などの意見がありました。

また「ちょっと切ない響きで、人恋しくなる冬にぴったりだと思う」という意見もありました。

キュンと来るような歌詞のラブソングなので、好きな人と過ごすクリスマスに聴くのがおすすめの一曲です。



この曲は山田さんのソロから始まりますが、しっとりとした歌声は胸に響くだけでなく、山田さんの歌唱力の高さを感じることができます。

また、2015-2016年にかけて行われた初の単独カウントダウンコンサートや、デビュー10周年を記念して行われたツアー「Hey!Say!JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017」では山田さんがこの曲でサックスを披露しました。

なんでも山田さんはHey!Say!JUMPの曲の中でこの曲が一番好きなんだそうですよ。

寒い日にこそ気持ちが暖かくなるようなラブバラードのこの曲を聴いてみてはいかがですか。

Ignitionを選んだ方の口コミ

イントロのしんみりとピアノから入る雰囲気が、クリスマスの聖夜の夜をイメージさせます。またこの曲は、感謝の気持ちや恋しい気持ちをダイレクトに伝えているサビがとても好きです。バラードな雰囲気も、大人な雰囲気があって素敵です。
冬のラブソングです。特に、君が恋しくて恋しくて溶けてしまいそうという歌詞にはきゅんとします。色ずく町のイルミネーションを見ながら聞きたい曲です。彼氏や彼女がいるいない関係なくきゅんきゅんさせてくれる曲です。冬に絶対に聞きたい曲です。
歌詞の全体が冬っぽいと思ったから。このまま寄り添ってずっとずっとって歌詞があって、恋人同士が寒い冬に寄り添い合う=冬のイメージを連想しやすいから。他にも色づく街のイルミネーションって歌詞がクリスマスの12月をイメージさせてるところが冬っぽい。
ガチガチのラブソングです。「色づく街のイルミネーション」がクリスマスを連想させます。「この灯火が導いてくれた想いは」、「ずっと(ずっと)変わらないままだよ」、「君が恋しくて 恋しくて 溶けてしまいそう」等、パートナーへの感謝の思いを綴った歌詞はクリスマスにぴったりですね。
バラードなので、気持ちが落ち着きます。ちょっと切ない響きで、人恋しくなる冬にぴったりだと思います。恋する人に出会えたことを喜んだり、永遠に一緒にいられることを願う曲なので、クリスマスの時期にも合うと思います。

100名に聞いた!Hey!Say!JUMP(ヘイセイジャンプ)の歌の中で「冬」におすすめの曲の口コミランキングまとめ

100名に聞いた!Hey!Say!JUMP(ヘイセイジャンプ)の歌の中で「冬」におすすめの曲の口コミランキングはいかがでしたか?

1位と2位に選ばれた曲は明るいラブソングで、タイトルからして「冬」を感じるような曲でした。

この2曲に多くの票が集まっていることからも、Hey!Say!JUMPを代表する冬ソングと言えそうです。

その他上位に入った曲を見てみると、歌詞には冬のフレーズはないものの、ドラマの放送時期やリリース時期によって、曲自体に冬のイメージを持つ方が多いのがわかりました。

また、少し暗めのメロディや少し悲しげな歌詞の曲は、それだけでなんとなく冬をイメージする方が多いようでした。

確かに、寒い冬は物悲しく感じるときがありますよね。そんな冬のイメージと曲のイメージが合うと冬に聞きたくなるのかもしれませんね。

今回みなさんが冬におすすめの曲は入っていましたか?

冬はまだまだ先と思っていても、すぐに寒さを感じる季節がやってきます。

風が涼しくなってきた時には今回紹介した曲を聴いてみてください。

すぐそこまで来ている冬の訪れをより感じることができると思いますよ。

0