昨年デビュー20周年を迎え、さらに飛躍が期待されるKinKi Kids。この20年の間に歌だけでなく、ドラマや舞台とさまざまなところで活躍をしてきました。

特にドラマはKinKi Kidsの二人がダブル主演を務めたり、主題歌を担当するなど楽しみが盛りだくさん。

そこで今回は、無作為に集めた100名からアンケートをとり、KinKi Kidsが歌うドラマ主題歌で一番好きな歌はなにか、なぜその歌が好きなのか理由や口コミなどを聞きまとめてみました。

100名に聞いた!KinKi Kids(キンキキッズ)が歌うドラマ主題歌で一番好きな曲のおすすめ口コミランキング

KinKi Kids(キンキキッズ)が歌うドラマ主題歌で一番好きな歌の口コミランキンググラフ

1位 愛されるより 愛したい (ぼくらの勇気 未満都市) … 21 名
2位 ボクの背中には羽根がある (向井荒太の動物日記~愛犬ロシナンテの災難~) … 17 名
3位 青の時代 (青の時代) … 13 名
4位 kissから始まるミステリー (金田一少年の事件簿第2シリーズ) … 12 名
5位 薄荷キャンディー (元カレ) … 8 名
6位 to Heart (to Heart 恋して死にたい) … 6 名
7位 FRIENDS (若葉のころ) … 5 名
7位 Secret Code (33分探偵) … 5 名
7位 夏の王様 (Summer Snow) … 5 名
10位 solitude~真実のサヨナラ~ (リモート) … 2 名
10位 ひとりじゃない (金田一少年の事件簿第1シリーズ) … 2 名
12位 Hey!みんな元気かい? (ガッコの先生) … 1 名
12位 もう君以外愛せない (天使が消えた街) … 1 名
12位 情熱 (ルーキー!) … 1 名
12位 やめないで、PURE (君といた未来のために~I’ll be back~) … 1 名

100名に聞いた!KinKi Kids(キンキキッズ)が歌うドラマ主題歌で一番好きな曲のおすすめ口コミランキングの調査結果

今回1位に輝いたのは「愛されるより愛したい 」でした!この曲は、KinKi Kidsのセカンドシングルで「ぼくらの勇気 未満都市」の主題歌となっていました。

このドラマは、鮮烈なデビューを果たしたすぐ後にKinKi Kidsの二人がダブル主演を務めていただけあり、話題性は抜群で人気の高いのドラマでした。
「曲とドラマの世界観がとても合っていてインパクトがあった」「この曲を聞くだけでドラマを思い出す」という声が多く寄せられ、今回見事1位に選ばれています。

2位以下の曲を見てみても、「主題歌とドラマが合っていた」という意見が多く、曲を聞くとドラマだけでなく、その当時を思い出すという方が多くいました。
また、今回ランキングされた曲の多くが、堂本剛さんが主演していたドラマの主題歌となっているのが特徴的です。

繊細なイメージそのままに堂本剛さんの素晴らしい演技と、爽やかだけれどもどこか切ないKinKi Kidsの曲がうまくマッチし、今でもドラマと主題歌がワンセットで思い出すことができる方が多いようです。

100名に聞いた!KinKi Kids(キンキキッズ)が歌うドラマ主題歌で一番好きな曲の口コミ調査 BEST5

1位 愛されるより 愛したい(ぼくらの勇気 未満都市) 21名

今回1位に輝いた愛されるより 愛したいは、1997年に発売されたセカンドシングルで、ミリオンセラーを達成、KinKi Kidsのシングル売上ランキングでは2位に入る人気の曲です。
シングル発売と同時期に放送されていたKinKi Kidsのダブル主演ドラマ「ぼくらの勇気 未満都市」の主題歌となっていました。
このドラマの最終回で「20年後、またこの場所で会おう」という約束通り、2017年に「ぼくらの勇気 未満都市2017」が放送されたのは記憶に新しいのではないでしょうか。

なんとなく何かが起こるのではないかという不安が胸の奥にあった、いわゆる「世紀末」に放送されていたドラマで、ドラマの世界観とKinKi Kids二人の役どころ、曲がとても合っていたという声が多く聞かれ、「このドラマにしてこの主題歌あり」と感じている方が多数いました。

また「愛されるよりも愛したい真剣(マジ)で」という歌詞が、愛されたいと思っていた自分には衝撃的だったという意見や、このフレーズとメロディは一回聞くと頭から離れないという意見がありました。

連続ドラマでは、まだ嵐としてデビューする前の松本潤さん、相葉雅紀さんが出演していたこと、また、すでに芸能界を引退している方が出演していることから再放送は難しく、今では「伝説的なドラマ」とも言われています。

愛されるより 愛したいを選んだ方の年代は?

愛されるより 愛したい年齢別グラフ

当時ドラマを見ていたKinKi Kidsと同年代、30代の方からの支持をダントツに受けています。少年のピュアな気持ちを歌った歌詞と大人っぽいメロディーが印象に残っている方が多いようですよ。

愛されるより 愛したいを選んだ方の口コミ

ドラマ自体もKinKi Kidsの魅力がいっぱい詰まっていて良かったので、この曲を聴くとドラマのシーンが思い出されてきて浸ってしまいます。また、「愛されるより 愛したい マジで」というサビのフレーズが特に良いので一緒に口ずさんでしまう曲なのでおススメです。
曲調がシンプルで耳に残りやすく、つい口ずさみたくなる歌なのはもちろん、歌詞が大好きだからです。愛されたい気持ちが当時強かった自分にとって、愛したい強い気持ちを綴った歌詞は衝撃的で、私も愛せる恋愛をしたいと思った思い出があります。
堂本光一くんと堂本剛くんが主演のドラマだったし、愛されるよりも愛したいは、本当に、印象に残る歌詞だったので大好きです。私も愛されたいなーと思いながら聞いてしまっています。ストレートな歌詞が男らしくて好きです。
デビューして2枚目の曲がこのドラマの主題歌になりました。この曲を聞くだけでこのドラマの内容を思い出し、当時の事も鮮明に思い出せるぐらい思い出の曲です。KinKi Kidsファンにとってはとても思い出深い曲の1つだと思います。
当時とても人気があった青春ドラマの主題歌で、彼ら自身が出演し主題歌も歌っていたということで印象に残っています。切なさを盛り上げるサビのメロディが大好きで、ドラマの世界観とも相まってとてもインパクトがありました。
KinKi Kidsの楽曲で売り上げ第二位を誇る名曲です。とにかくドラマの世界観とピッタリで、この曲がテーマソングだったからこそ成り立ったといっても過言ではないぐらいドはまりしていました。不思議なメロディーが何度も繰り返し聞きたくなります。
KinKi Kidsのデビュー当時を知っている現在30代以上の人ならグッとくる曲なのではないかと思うからです。私はちょうど小学生で、このドラマを見ていました。ジャニーズJr.の小原裕貴さんや宝生舞さんなど引退してしまった人が多くてなかなか再放送されないドラマですが、また見てみたいです。昨年、2017年に放送されたバージョンを見逃してしまったのが悔しいです。ドラマも親友との絆や恋人との愛が絡んでくるので、今でも好きな曲です。
この頃よく歌っていたので、聞きなれているというのあるので好き。このドラマが大好きで、思い出すことができるので今でもたまに聞く。また、「マジ」という言葉が流行りだした頃だったので、それを大々的に出しているところも好き。
KinKi Kidsが歌を歌ってきた中でも、すごく大人っぽく見えたのが[愛されるより愛したい]でした。私と同年代の彼等は、どこかずっと硝子の少年のイメージでずっと少年という感じでしたが、初めて大人の男の匂いがして印象に残りました。その頃、愛されたい!ばかり思ってた自分がいたので余計に歌詞に衝撃でした。
キンキは思春期の繊細な役をやっているイメージがとても強く、それが曲のイメージとぴったり合っていてさらに役のイメージが広がっているような感じがしていました。弱さと強さ、暗いようで光があるような絶妙な世界観があると思います。
今でも歌番組などで歌われる曲なので聴き馴染みがあって、覚えやすくおススメです。また、「愛されるより愛したい」という題名がインパクトがあって覚えやすいです。男性も共感できる部分もありますし、女性はこう思われたら幸せだなと思えるような歌詞なので私はオススメします。
KinKi Kidsが二人で主演していたドラマにぴったりの曲で、とても情熱的な歌なのでおすすめです。二人の織りなすハーモニーが綺麗で、サビの「愛されるよりも 愛したい真剣で?」というフレーズは一度聞いたら忘れられないメロディーです。
ドラマはとてもシリアスな内容で、その世界観を表すかのような繊細な曲調が印象的です。前奏からミステリアスな感じが伝わってくるのがよいです。また、歌詞もなかなか切なく、ドラマの中の人間関係をも表していたり本当にドラマによくあった主題歌だったと思います。
最近になって続編が放送され話題になったように、人気がありとても面白いドラマだったのでその主題歌のこの曲もとても印象深いからです。ドラマの世界観を壊さない、切なくどこか懐かしいメロディーラインが美しいです。
ドラマも好きでした。そしてこの主題歌は一回聞くと頭から離れないメロディーでした。そして歌詞は何度聞いても思うことがある内容で人を愛することの大切さ、それが凝縮された歌詞だと思います。カラオケでもよく歌った曲です。
ドラマと曲がとても合っていると思います。ドラマもとても大好きでよく見ていました。あの曲が流れるとそのドラマを思い出します。若いころの自分の姿を思い出し、なつかしいなと青春を感じます。昔を思い出す一曲です。
ドラマが放送された当時、視聴するのが楽しみで、ドラマの内容に沿ったようなこの曲が大好きでした。この曲を聴くと、若かった頃の自分を思い出します。ドラマの内容にもあるように、オトナたちに歯向いながら、足掻きながら、新しい明日に向かって模索し続けるといった歌詞がオススメです。
イントロがドラマチックな入り方をするのでドラマの主題歌にはぴったりの曲「愛されるより愛したい」。まだKinKi Kids初期の頃の曲で、少年の純粋な気持ちが歌われている曲です。けれど今現在のKinKi Kidsが歌っても違和感のない、大人っぽいメロディーが好きです。
キンキキッヅだけでなく、嵐の松潤や相葉くんが出演していたこともあって懐かしいドラマです。歌詞が若い男の子のピュアな感じを表現していてきゅんきゅんします。ドラマから離れてもキンキの代表作でサビがかっこいい曲です。
ドラマと歌がとてもあっていて、躍動感を感じます。ドラマとは関係ないですが実際問題、人は愛される方がいいとは思うのですが愛されるよりも愛したいというように愛した方が自分自身幸せなんじゃないかなと思わせる歌です。
キンキキッズと言えば、この曲と思います。そのくらいドラマにも合っていたし、流行っていた覚えがあります。愛されるより愛したいマジでというサビの部分がカッコイイなと思いました。曲の雰囲気も格好良いし、キンキキッズが歌うから良いです。

2位 ボクの背中には羽根がある(向井荒太の動物日記~愛犬ロシナンテの災難~) 17名

1位と4票の差で2位に輝いたのは「ボクの背中には羽根がある」でした。
この曲は2001年に発売された11枚目のシングル曲で、作曲を織田哲郎さんが担当、堂本剛さんが主演していたドラマ「向井荒太の動物日記~愛犬ロシナンテの災難~」の主題歌となっていました。

ドラマに合っていたという意見はもちろんですが、堂本剛さん演じる獣医学部の学生と動物の関わりを描いたドラマは「涙なしでは見られなかった」という方が多く、エンディングにこの曲が流れるのが印象に残っている方が多くいました。
また、きれいで優しいけれどどこか切ないメロディと歌詞が心に響くという意見も多数ありました。

「ずっと君と生きていくんだね」という歌詞が「人と人」だけでなく、ドラマ同様「人と動物」にも当てはまり、ドラマを見ながらこの曲を聞くとよりグッと来るようです。この曲を聞くときは、ぜひドラマとセットで見ることをおすすめします。

ボクの背中には羽根があるを選んだ方の年代は?

ボクの背中には羽根がある年齢別グラフ

動物をテーマにしたドラマだったので、家族で見ていた方が多かったようです。そのため放送当時まだ小さかった20代の方や学生だった30代の方からの支持を集めています。ドラマを見て犬を飼い始めたという方もいましたよ。

ボクの背中には羽根があるを選んだ方の口コミ

ドラマ自体も見ていましたが優しいメロディと歌詞が好きで今でもとてもいい曲だと思っています。ドラマの主題歌としてもドラマにとても合っている曲だったのでよく覚えていますが初めて聞いた時から素敵な曲だと思いました。
当時、このドラマが大好きで毎週楽しみに見ていました。哀愁のあるイントロから始まる、kinki kidsならではのどこか民族的なメロディーと、「ずっと君と生きてくんだね」というサビのワンフレーズ目が、荒太とロシナンテにぴったりで大好きです。
私はこの曲が大好きです。ドラマも見ていてロシナンテが大好きで犬を飼いはじめました。曲も愛する人への思いが溢れている曲です。だれか大切な人がいたら歌ってあげたい気でした。聞いているといつのまにか涙が出てしまうので物思いにふけりたい時にお勧めです。
KinKi Kidsのドラマ主題歌でオススメは僕の背中には羽があるです。これは堂本剛と水野真紀、安倍なつみが出演しており、獣医学部での動物たちとの触れ合いや時には悲しい別れをテーマにしたストーリーです。エンディングで流れるこの歌と物語がリンクされていると思います。
こちらの曲は今でも忘れられない大好きな曲です。当時、愛犬ロシナンテの災難とゆうドラマにハマっていて、まだ小学生だった私でも感動して涙があふれる内容でした。そんな大好きだったドラマの主題歌は今でも想い出の一曲です。
私がドラマを見て、この曲の歌詞が気になり調べて読んでいるいちに、恋人や夫婦、ふたりで歩いている時間を大切に大切にしないと…という気持ちになりました。実際は背中には羽根は無いですが、そんな気持ちになる良い曲だと思います。
堂本剛さん主演のドラマの曲です。非常に曲として哀愁感たっぷりの曲に仕上がっていて個人的にこういう曲大好きなのとあとやはりこのドラマ自体を思い出してしまいます。動物との関わりを描いていたドラマですが毎週のように悲しいシーンや動物の死というのも多く非常に印象に残っているドラマでそこにこの曲がかかり歌詞とリンクしたところでよく泣いていました。ドラマとセットで見たら余計にいい曲になるのでオススメです。
ロシナンテの災難が放送されていた当時、私は小学生だったのですが、ロシナンテが可愛くてよく観ており、この曲がとても印象に残っているからです。その当時もこの曲を聴いてはよく一緒に口ずさんでいたのですが、その頃はまだ歌詞などを気にしたことがありませんでした。しかし、大人になって改めてこの曲を聴くと、曲だけではなく歌詞も素晴らしく、とても大好きな曲の一つになりました。
作曲した織田哲郎さんの曲は、好きなのが多いです。この曲も哀愁漂うメロディーで耳に残りやすく、歌いやすいから好きです。ドラマの最終回で、歌詞の一部を台詞に使うなどドラマのイメージにもぴったりじゃないかと思います。
人間と動物の絆が感じられる涙なしでは見られないドラマだったし、動物はペットではなく人間と同じ感情のある生き物だと感じさせられる内容のドラマだったのに対し、動物と人間が互いに互いを必要な存在としており、共に生きようねというような歌詞がドラマとマッチしているからです。
我が家は動物が大好きで、ドラマが放送されていた時も大型犬を飼っていました。そのドラマにも大型犬が出ていて、その仕草や行動の意味が見ていて通じるものがあったし、家族で見ていたこともあって、その曲を聴くと未だに人間と動物の絆の深さを思わずにはいられないから。
ドラマのストーリー上、動物との別れのシーンが多く、切ないラストの話もあったのですが、悲しいだけでなく救いや希望もあるドラマの内容に非常にこの歌がマッチしています。エンディングのたびに泣いていた思い出のドラマと歌です。
ボクの背中には羽根があるが一番お勧めです、音楽の音色がとても落ち着いたいい音色で、歌詞ととてもあっていると思います。歌と音色の落ち着いた音楽を聞いているとしんみりと心に響き渡り、ノスタルジーな気分になります。
ドラマの内容はなかなか重いものでした。ラストで、この曲がかかると、少し希望が見えてくるような気になっていました。ドラマとの調和が素晴らしかったです。ラブソングですがそれだけではないような歌詞も好きです。
とにかく綺麗なメロディーが良いです。切ない楽曲と歌詞に、KinKi Kidsの歌唱力が映えていると思います。特にサビの部分は魅力的で、心に染み入ってきます。何度も聞いていますが、色褪せることのない楽曲だと思います。
KinKi Kidsにはたくさんの名曲がありますが、この曲は2001年のドラマの主題歌なのに今も歌番組でもたまに聴くくらいメジャーな曲です。代表曲とも言えるくらい有名な曲だと思います。ドラマもかなり前のものですが、主人公・荒太と愛犬ロシナンテを描いているように感じる曲です。「今幸福に触ったみたい」という歌詞がとても好きです。
メロディが印象的でドラマでも描かれていたが、歌詞も人と人だけでなく、人と動物にも当てはまると思い、優しい気持ちになる。また当時、MVで剛と光一が背中合わせで座っている絵がすごいきれいで印象に残っており、今でも大好きなMVの一つです。

3位 青の時代(青の時代) 13名

青の時代は1998年に発売された4枚目のシングル曲で、堂本剛さん主演で青春三部作と言われている中の一作「青の時代」の主題歌となっていました。
「全部だきしめて」とダブルA面となっていて、3作目のミリオンを達成、KinKi Kidsのシングル売上では3位に入っています。

「歌詞とドラマがとても合っていた」という声のほか、この曲を聞くとドラマだけでなく、自分の青春時代を思い出すという方が多くいました。
また、主役の堂本剛さんがとても素敵で印象的だったという声も聞かれました。

KinKi Kidsにしては珍しくソロパートがなく、最初から最後まで二人がそろって歌っています。しっとりとしたバラードの優しいメロディが二人の歌声と合っていて心に染みる、まさにドラマ名・曲名通りの「青い時代=青春」を思い出す一曲となっています。

青の時代を選んだ方の年代は?

青の時代年齢別グラフ
ドラマが放送されていた当時、堂本剛さんと同年代でまさにドラマさながら青春時代を過ごしていた30代の方からの圧倒的支持を受けています。

青の時代を選んだ方の口コミ

当時このドラマを観ていたので強烈なインパクトがあります。元々KinKiKidsのバラードは好きなのですが、この歌が流れるとドラマのシーンが頭を過ぎる位大好きな歌です。青春ドラマは今あまり見かけなくなった中で、主人公たちが青春を謳歌して一生懸命生きていくドラマの内容がこの歌の歌詞と非常にマッチしていると思います。
もうイントロから美しくて泣けます。この曲と歌詞を聞けばドラマの内容がよみがえってきて、つい曲を聴きながら浸ってしまいます。カラオケでも歌いやすい曲調でつい口ずさんでしまい、サビはとても耳に残って心地よい曲です。
決して、楽しくてワクワクするような歌詞ではありませんが、当時やっていた「青の時代」のドラマの主題歌にぴったりな歌なので。ドラマに出ていた奥菜恵さんや堂本剛さんと同年代なので、毎週楽しみにみていたことが蘇る、思い出深い歌です。
当時社会問題になっていた十代の犯罪や非行について取り上げられていたドラマで、毎回ハラハラしながら見ていたのを今でも覚えていて、この曲も爽やかさもありつつドラマに合った切ない感じで印象に残っているから。
この楽曲は、キンキの堂本剛主演のドラマ『青の時代』と同タイトルになっています。ドラマではまだまだ世間を知らない若者が友情や愛情、憎しみや苦悩を通して、人として成長していく事を描写しています。そして、このドラマをそのまま歌詞に反映させている所が素晴らしいと思います。
その当時私は学生で友達の間でもKinKi Kidsは話題になっていて、私も堂本剛が大好きだったので、私の好きなKinKi Kidsの歌の青の時代が主題歌(エンディング)で、流れるドラマは、青春時代真っ只中だった私には夢中になって見ていたし聞いていたからです。
歌詞もメロディーも繊細な歌です。主題歌となったドラマの雰囲気とも合っているし、歌っていた当時の二人の年齢や雰囲気にハマっているので、聴き入ってしまいます。「青春」という感じの曲で、聴いていると自分の学生時代を思い出します。
ドラマが放送されていた当時は、ほとんど見ていませんでした。数年後に、昼に、再放送していました。再放送している時間は見れないので、録画して見ていました。歌詞の内容と、ドラマのストーリーがすごく合っているのと、主役の堂本剛君が、とても素敵だと思っています。
ちょうどドラマで放送されてたのが90年代であり、高校時代でした。同世代であるKinKi Kidsの二人が出演していて、青春時代を思い出させるような懐かしさを感じさせる良い曲でおすすめだと思います。
青の時代のドラマ内容を反映する歌詞がとても心の中に入ってきます。青の時代を聞くと、誰もが共通して自分の青春時代を思い出すと思います。バラード調の音調であり、歌の上手いキンキの綺麗な歌声が心に染みます。
KinKi Kidsの堂本剛さんが主演のドラマの主題歌ですが、この歌の歌詞と曲、どちらともが大好きです。まさに青春のドラマですが、この最初からしっとりと流れる曲に引き込まれ、何度もカラオケで熱唱していた事を、昨日の事のように思い出します。とても素敵な曲です。
当時大学生でしたが、歌詞の内容とドラマと、自分の当時の状況がすべてリンクしあっていたので素直にいい曲だなと思えました。この曲はたしかカップリングの曲なのでA面の曲ほど有名ではないかと思いますが、若かりし頃のいい思い出になっています。
胸が苦しくなるような、剛君の鬼気迫る演技を今でも覚えています。このドラマは辛いお話なのに、この曲の優しいメロディが印象的でした。この曲の中にある、青春のはかなさとか、タイトルそのままの透明感のある青さが好きです。

4位 kissから始まるミステリー (金田一少年の事件簿 第2シーズン) 12名

kissから始まるミステリーはデビューシングルの「硝子の少年」と同時発売された、デビューアルバムに収録されている曲で、堂本剛さん主演ドラマ「金田一少年の事件簿 第2シーズン」の主題歌となっていました。
このドラマはその後も主演を変えて続いていますが、堂本剛さんが主演をしていた第1、第2シーズンは、どちらとも視聴率が20%を超える大ヒットドラマとなっています。

「硝子の少年」と同じく、作詞は松本隆さん、作曲は山下達郎さんが担当し、シングル曲になってはいない曲ですが、「テンポが軽快で歌詞がいい」という意見が多く、「かっこいい曲」と多くの方が感じているのが印象的でした。
また、堂本剛さんの金田一役はとても合っていて、かっこよさが際立っていたという意見もありました。

CDデビュー前にもかかわらず、主題歌に抜擢された異例とも言える曲で、シングル曲ではないためメジャーとは言えない曲ですが、ドラマと主題歌が合っていたという印象を持っている方が多く、今回4位にランクインしています。

kissから始まるミステリーを選んだ方の口コミ

堂本剛の金田一一がぴったりだったおかげでドラマも本当に大好きでした。そのドラマの第2シリーズの主題歌がこの曲です。エンディングでは堂本剛の映像とこの曲が流れていて、今でも懐かしく思い出します。軽快なリズムなんだけど、ちょっと切ないような歌詞でとても良い曲です。
若かりし頃の堂本剛主演のドラマのエンディングにかかっていました。シングルではないので、とてもマイナーなあまり知られていない曲ですが、テンポがよくてかっこいいので大好きです。ドラマの雰囲気にも合っていました。
この曲は大ヒットを飛ばしたデビュー曲と同じ作家陣営が手掛けた作品です。作詞は松本隆で作曲・編曲は山下達郎です。この顔ぶれでダメな曲なワケがありません。私はキンキの二人はもちろん、曲を手掛けた有名な作家二人もセットで好きです。 サビ終わりの「君がほしい」の歌詞をコンサートで聞いたらファンはくらっときてしまうでしょう。 剛君主演のドラマも楽しみました。
学生時代に大好きだった金田一少年。Kinki Kidsデビュー前にも関わらず主題歌に決まった曲です。大人っぽくミステリアスな曲調でドラマとシンクロしています。山下達郎さん作曲でA Albumにも収録されています。
シリアスな歌詞が放送当時のドラマを蘇らせ剛くんの探偵のシーンを思い出してなつかしいきもちになります。恋愛をミステリーとした歌詞にもぐっときました。まだ話題二人の歌声も今聞くとくすぐったくてとても好きです
この曲を聞くと金田一少年の事件簿を思い出すからです。剛くんのかっこよさが際立っていました。金田一少年の事件簿は剛くんのイメージがとても強いためいろいろな人がやっていましたがやはり剛くんが際立っていたなと思います。
KinKi Kidsの曲の中でもこの曲は特にかっこよくそして切ない曲だと思います。ラップ部分が特に素敵で、その後のサビの曲調、歌詞の「恋はミステリー 誰かぼくの 胸のナイフを静かに抜いてくれ」が特に好きでした。ドラマも好きで見ていたので記憶にとても残っている曲です。
このころ一番堂本剛君が好きで、毎週熱中をしてドラマを見ていました。とても思い出深い曲です。でも明るい曲ではなくて、メロディーは綺麗なのに、歌詞が切なくて不穏でびっくりした思い出があります。ドラマに合わせたのかなと思います。
山下達郎の曲らしい、とってもポップでさらりと耳に心地よく入ってくる曲調が気に入っています。そんなさわやかな曲調にもかかわらず、君が欲しい~、を連呼していたり、失うものは何もない、世界中敵にまわして愛してもいい…など、ときめくフレーズがちりばめられている詞とのギャップも好きです。
きみが欲しいという率直なところがすごく好きです。他には何もいらないだなんてかっこよくてすごく好きな曲です。好きな人から言われてみたいそんな歌詞だと思ってとても好きな歌です。すごくいい曲だと思っています。
イントロのチャ、チャラッチャ~のメロディーだけでも、ハマっていたドラマの光景が甦るからです。ドラマはとても面白かったです。曲自体もカッコよく意味深な歌詞にもドキドキします。カラオケだとあまり高得点を取れたことがないですが(笑)作曲、編曲が山下達郎さんだとは後から知りました。
歌詞と曲とアレンジがすべて揃ってとにかくかっこいいです。「誰か僕の胸のナイフを静かに抜いてくれ」というサビの歌詞を初めて聴いたとき、鳥肌がたったのを覚えています。山下達郎が作曲というだけで、聴いていて感慨深いものがあります。

5位 薄荷キャンディー(元カレ) 8名

薄荷キャンディーは2003年に発売されたシングル曲で、堂本剛さん主演ドラマ「元カレ」の主題歌となっていました。

繊細な恋心を描いたドラマと、甘く切ない感じの主題歌がとても合っていたという声のほか、曲名通り「薄荷」のような透明感のあるメロディと二人の歌声が合っていて印象に残っている方が多いようでした。
また、二人のハーモニーがとてもきれいで、青の時代からの成長を感じたという方もいました。

薄荷キャンディーがリリースされた2003年に出された曲はPVがつながって一つのストーリーになっているそうです。気になる方は「永遠のBLOODS」→「心に夢を君には愛を」→「薄荷キャンディー」+アルバム「G album-24/7-」に収録されている「Bonnie Butterfly」の順番でPVを見てみてください。ドラマ主題歌としてだけでなく、もう一つのストーリーが楽しめておすすめですよ。

薄荷キャンディーを選んだ方の口コミ

この曲を聞くと元カレの事を思い出して懐かしくなったり、切なくなったり、良い思い出ばかりで時々聴きたくなります。友達などの結婚式で薄荷キャンディーが流れるとついつい元カレを思い出してしまって複雑な気持ちになるけど素敵な曲だからオススメです。
このドラマを見ていてとても好きだったので、主題歌も好きになりました。歌詞がとても可愛いく、リズムも良いのでどんな気分の時も聞けますし、聞くとあのドラマを思い出しますし、あの頃の自分の事を思い出せるからです。
私がこの曲をお薦めする理由は、透明感があり、聴いていて心地のよい感じがするからです。恋愛ドラマの主題歌なので、甘く切ない感じがドラマのイメージによく合っていたと思います。また曲名の“薄荷キャンディー”が歌詞の爽やかなイメージにぴったりだと思いました。
剛が主演していたドラマの主題歌でしたが、久々に復帰した相手役の広末涼子さんが本当に魅力的でのめり込んだドラマでした。ドラマのストーリーに上手く馴染んで、しっとりかつ切なげに歌うこの曲は歌詞も曲調も今までのKinKi Kidsの初期の青の時代から成長したかのようなイメージでとても印象的でした。
キンキキッズの二人のハーモニーがとても印象的な曲。それまではあまりハモリを強調した曲はなかったように思う。「君しか見えない~」から始まるサビがドラマを思い出させる歌詞になっていて聞くといつも切なくなる。
ドラマが面白く、主題歌として合っていた。プロモーションビデオがドラマ仕立て(永遠のBLOODS→心に夢を君には愛を→薄荷キャンディーの順)の三部作になっていて、この曲が完結編になっているのも見所だった。音楽番組にもよく出演していて、記憶に残っているのがFNS歌謡祭で歌った時で、彼らのファッション性も込みでお気に入りの場面。堂本剛氏の歌唱力に重きを置き出し、彼に合わせたキーの曲へと方向性が定まってきた作品で、より音楽的にも深みが出ているのが、おすすめだと思う。
デビュー曲「硝子の少年」からキンキキッズのファンでした。ジャニーズの中でも特に歌が上手く二人の切ない感じの声が特に好きです。またこのドラマは剛君が主演で元カノと今カノとの間で揺れる繊細な恋心と薄荷のような透明感、キンキの二人の声の持つ雰囲気がものすごく合っていました。今でも大好きな歌とドラマです。
ドラマの主人公が、仕事で久しぶりに元カノと再会し、今カノと元カノのと間で揺れ動く様がこの歌を聞くと、思い出され、とても甘酸っぱいような何ともキュンとさせてくるところが、女としてトキメキを覚えてしまうからですね

100名に聞いた!KinKi Kids(キンキキッズ)が歌うドラマ主題歌で一番好きな曲のおすすめ口コミランキングのまとめ

100名に聞いた!KinKi Kids(キンキキッズ)が歌うドラマ主題歌で一番好きな歌の調査結果はいかがでしたか?

今回上位にランキングされたドラマ主題歌はすべて堂本剛さんが主演をしていたことが印象的でしたよね。
若者の心の葛藤や悩みなど繊細な役を堂本剛さんが見事に演じ切っていたこと、曲のメロディと歌詞がドラマのイメージ通りだったこと、そして何よりKinKi Kids二人の歌声が全てにマッチしていたことが、記憶に残るドラマ主題歌を作り出したと言えるのではないでしょうか。

2017年にデビュー20週年を迎えた二人。最近は以前のようにドラマに出演することが少なくなっていますが、また素敵な主題歌とドラマが見られる日まで、今回紹介したドラマを見てKinKi Kidsの魅力に浸ってみてはいかがですか。

0