学校の一大イベントの一つである「運動会(体育祭)」。

楽しかったことや悔しかったことなど、さまざまな思い出が蘇る方もいるのではないでしょうか。

そんな運動会や体育祭で華を添えてくれるのが、入場や競技中に流れる音楽ですよね。

定番の曲からその時期に流行っていた曲など、使われる曲は学校によってそれぞれ違いますが、最近ではノリがよく元気ソングの多い関ジャニ∞の曲を運動会や体育祭で使う学校が増えているようです。

そこで今回は、無作為に集めた100名からアンケートをとり、関ジャニ∞の歌で運動会や体育祭で使うのに一番オススメの歌はなにか、なぜその歌がオススメなのか理由や口コミなどを聞きまとめてみました。

100名に聞いた!関ジャニ∞の歌で運動会や体育祭で使うのに一番オススメの曲口コミランキング

100名に聞いた!関ジャニ∞の歌で運動会や体育祭で使うのに一番おすすめの曲口コミランキングのグラフ

1 位 ズッコケ男道 … 29 名
2 位 無責任ヒーロー … 18 名
3 位 がむしゃら行進曲 … 16 名
4 位 前向きスクリーム! … 9 名
5 位 オモイダマ … 5 名
6 位 NOROSHI … 3 名
7 位 愛に向かって … 2 名
7 位 今 … 2 名
7 位 関風ファイティング … 2 名
7 位 モンじゃい・ビート … 2 名
7 位 キングオブ男! … 2 名
12 位 あおっぱな … 1 名
12 位 急☆上☆Show!! … 1 名
12 位 T.W.L … 1 名
12 位 なぐりガキBEAT … 1 名
12 位 へそ曲がり … 1 名
12 位 朝焼けの太陽 … 1 名
12 位 パノラマ … 1 名
12 位 バッキバキ体操 … 1 名
12 位 ワッハッハー … 1 名
12 位 life … 1 名

100名に聞いた!関ジャニ∞の歌で運動会や体育祭で使うのに一番オススメの曲口コミランキングの調査結果

今回1位に輝いたのは「ズッコケ男道」でした!

この曲は2007年に発売された曲で、ノリがよく盛り上がるためライブでは歌われることが多いライブの定番曲です。

明るい曲調でテンポが良く、歌詞も応援歌のようで盛り上がるという声が多く、行進や競技だけでなく、振り付けも簡単なのでダンスにも使えるなど、運動会のどんな場面でも使えるところがおすすめポイントとなっていました。

その他ランキングされた曲も、「ノリがいい」「アップテンポ」というのが特徴となっていて、歌詞も前向きな「応援歌」と言える曲が選ばれています。

小学校低学年から中学・高校の体育祭まで、どの年代でも使うことができる曲が多く、思いがけず関ジャニ∞の強みがわかる調査結果となりました。

100名に聞いた!関ジャニ∞の歌で運動会や体育祭で使うのに一番オススメの曲口コミ調査 BEST5

1位 ズッコケ男道 29名

ズッコケ男道は、2007年に発売されたシングル曲です。

演歌部門からポップス部門へとレーベルが変わり関ジャニ∞としても転機になった曲で、メンバーにとっても「この曲で有名になれた」と思い入れがある曲です。

ノリがよく、ファンからの人気も高いためライブでは一番歌われているライブの定番曲となっています。

歌詞の「きばってこーぜ」や「振り切っていこーぜ」が運動会にピッタリという意見や、「イェイイェイイェイ」「ブンブン」などの掛け声はみんなで言ったら盛り上がるとの声が多数ありました。

また、テンポが良く楽しい曲なので、自然と元気になれて頑張れるのもおすすめポイントとなっています。

実際に運動会や体育祭に使われていたという方も多く、この曲を聞くと当時を思い出すという方もいました。

振り付けも覚えやすいためダンスの曲としてもおすすめですが、リレーや100メートル走だとより盛り上がるそうです。

ズッコケ男道を選んだ方の年代は?

ズッコケ男道年齢別グラフ

実際に学生のときの運動会や体育祭に使われていた20代の方の票を集めています。

中には、この曲が流れるといつもより速く走れるという方もいましたよ。

ずっこけ男道を選んだ方の口コミ

だいたいの人がサビを聞けば歌える曲で、ノリもとてもいいし、「きばってこーぜ。

」や「ブンブン。

」の歌詞はまさに運動会にピッタリな曲で、聴いていて私ならその出ている競技に頑張りたくなる曲だから一番おすすめの曲だと思います。

「きばってこーぜ」など頑張っていこうという歌詞や「イェイイェイ」など掛け声が盛り上がれそうで運動会向きな気がします。

サビの振り付けも誰にでも出来るので体育祭でみんなでダンスなんかも盛り上がれると思います。

サビの「きばってこーぜ!」の部分が体育祭や運動会などの頑張る姿にピッタリだと思いました。

曲のテンポも良く明るい曲調なので、幅広い年代の方にも聴きやすい曲だと思います。

振り付けも真似しやすいので応援としても盛り上がりそうです。

運動会で聴くと力が出てきて競技をやっててもやってなくても盛り上がるから。

特に100メートル走やリレーの時に流れると走ってる人も応援している人も力が入っていた。

私自身もこの歌を聴きながら走ると力がみなぎる感じがしたから。

アップテンポで元気の良い曲なので運動会にぴったりです!「きばってこー!」とか大声でみんなで歌うと力が湧いてきそうです。

「イェイイェイ」の部分を合唱にしたりして盛り上がれそうです。

男子リレーで流すのがおススメです!

歌詞も曲調も転んでも頑張ろうと思える曲だからです。

「きばってこーぜ」、「ふりきってこーぜ」のような前向きで背中を押してくれる歌詞に、子供でも覚えやすい明るくてノリの良い曲なので運動会にぴったりだと思います。

ずっこけるなんて、運動会や体育祭では縁起でもないかもしれませんが、いいところを見せようと奮闘する男子たちのテーマソングとして、いいのではないかと思います。

応援の時に流すのも、合いの手が入ってノリがいい曲ですのでいいかもしれません。

何と言っても、ノリがめちゃくちゃ良い曲なので、運動会で走る時に流れると、いつもより速く走れる事間違いなしの曲になっています。

応援する方も、ノリが良い曲なので、ノリノリで応援してくれるはずなので、走っている本人も自然と力が湧いてくる曲です。

ノリがいい曲なので、運動会などがより盛り上がると思います。

とても力強い曲なので、皆が元気をもらえると思います。

また、サビ部分は誰でも聞いたことがあると思ったので、先生やご両親など、観客の方も楽しめると思いました。

明るく前向きな曲で運動会にはピッタリだと思います。

サビのフレーズも応援などにピッタリな歌詞で運動会で使うには盛り上がる曲だと思います。

また、ノリが良くて覚えやすい曲なので、応援歌の替え歌などにもおススメです。

歌詞の一部分の『気張っていこーぜ いえいいえいいえい』という所が応援歌の様で盛り上がりそうです。

小学生が好きそうな曲で、人気曲でもあるので頭の中にスムーズに入り、運動会で歌いやすく、大人も知っているのでみんなが楽しめそうです。

恋愛の曲ではあるが、サビのメロディーと歌詞がとても盛り上がるので、体育祭や運動会にはおすすめなのではないかと思います。

また、1度聞くと頭から離れないメロディーは応援のときなどに使えば、盛り上がるのではないかと思います。

自分の運動会で流れていた記憶があり、特にリレーでせっているときに流れてるのが印象的です。

なので、歌番組などをみると運動会は懐かしいと感じることがあります。

なので、私がおススメする運動会の曲はズッコケ男道です。

ズッコケ男道は、ノリが良く口ずさんでしまう曲調なのでオススメです。

実際に自分が小学生のときに、運動会でこの曲が流れていた記憶があります。

関ジャニ∞の曲の中でも、トップクラスの知名度を誇る曲なので、盛り上がること間違いなしです。

曲調もノリノリで歌詞などが運動会とか体育祭にあうような気もします。

また、関ジャニ∞の歌の中でも比較的に有名な歌なので誰でも聞いていて飽きないような歌だとおもいます。

みんなで団結しやすい歌だと思います。

歌詞の中にテンションが上がる内容のものが沢山含まれていて、音楽のテンポも気分が盛り上がる曲調で聞いていて楽しくなる。

聞いていて自然と頑張ろうと思える曲で、大人子供問わず、楽しい曲だと思います。

歌詞も簡単で覚えやすい。

サビの気張ってこうぜってフレーズを聴くと元気になれるし、頑張れます。

学生のときよく体育祭などで流れてたのが印象的で、社会人になってからも頑張りたい時にはいまだによく聴いています。

学生でも、働いてる人たちにも元気とやる気をくれるいい曲だと思います。

明るくてテンションの高い曲なので、老若男女問わず盛り上がれると思います。

「明日は明日の風が吹く」などの前向きな歌詞もとても良いので、大人になっても体育祭・運動会の思い出とともに覚えておいてほしいです。

明るくて元気で運動会で使うにはいいと思います。

けっこう前の曲なので、今の運動会に出るような世代の子供は知ってるか知らないかわかりませんが。

歌詞も前向きでわかりやすい曲なので、昔の曲ですが、この曲がいいと思います。

サビに「イェイ イェイ イェイ」という掛け声をいれる部分があり、みんなで声をそろえる応援歌などの使用にピッタリです。

実際、運動会で使用した経験がありますが、アップテンポでノリもよく、かなり盛り上がりました。

アップテンポでありながら応援歌の要素も感じられる歌詞が運動会や体育祭のBGMにぴったりだと思いました。

特に歌詞の中にある気張ってこーぜイェイイェイイェイのところは覚えやすく周りのかたも歌えるので良いのではないでしょうか?

全体的にノリが良くて、大人数でフリを合わせたりするのにもピッタリの曲だと思うからです。

「気張ってこうぜ~」の歌詞も、体育会系な感じですよね。

特にサビの部分は客席も一緒に応援しやすい感じが、いいのではないでしょうか。

とにかくノリがとてもよく楽しい曲なので年齢問わず運動会中もテンションをあげるのと足取りを軽快にするのに最適だとおもいます。

お遊戯や給食中の時にも使われることも多々あるので自然に耳にしてる曲だとも思います。

ノリがいいし頑張ろうぜっていう内容の歌だからです。

イエイイエイイエイとか、そういった楽しそうな歌詞が曲の全体に散りばめられています。

なので、運動会でダンスや応援歌に起用したらみんなで盛り上がれるのではないかなと思いました。

運動会や体育祭って、運動できる方がカッコイイのですが、失敗してもカッコ悪くても良いように思える事かな?運動できる人も、運動が苦手でも頑張れば一番になれることでしょう。

昔とちがって、現在ではレースで順位を付けないと聞くので、誰にでも気持ちがあれば出来るってところでしょう。

とにかく明るい曲なので、行進にも競技中にも、小学生のダンスなどにも色々な用途で使えると思います。

元気いっぱいになれる曲なので運動にはぴったりだと思います。

体育祭よりは運動会のお子さん向けな曲かなと思います。

関ジャニ∞は明るくて前向きな曲が多いので迷いましたが「ズッコケ男道」がおすすめです。

明るいテンポな歌というところと歌詞の内容が運動会などにぴったりだと思います。

実際に私の体育祭のときはよくこの歌が流れていました。

実際に私が学生の頃に実際に体育祭で流れていた曲でもあり、思い出深い曲です。

曲調がガッツにあふれているので、やる気がアップします。

歌詞も青春っぽい感じがするので体育祭にもってこいだと思います。

皆で歌いやすくノリやすいところも魅力の一つです。

メロディや曲調がアップテンポで明るくポップな曲なので、盛り上げるには良い曲だとおもいます。

また、歌詞が簡単なので老若男女問わず口ずさめるため、体育祭のような様々な人が集まる場面では、とても馴染むとおもいます。

2位 無責任ヒーロー 18名

無責任ヒーローは、2008年に発売されたシングル曲で、関ジャニ∞のシングル売上では1位となっている人気曲です。

発売当時に放送されていた「江川×堀尾のSUPERうるぐす」のテーマソングとなっていたり、野球選手の登場曲としても使われるなどスポーツとの関わりが深い曲となっています。

「アップテンポでノリがいい」「テンションが上がる」という意見が多く、替え歌にして応援のときに使うものおすすめとの声もありました。

また、「なんとでもなるさ」「なるようになるさ」という歌詞が、結果よりも運動会や体育祭そのものを楽しんでほしいという思いにつながるとの意見もありました。

明るく楽しい曲なので、実際に出ている人だけでなく、会場全体を盛り上げることができる運動会にもってこいの曲となっています。

いつもはちゃらんぽらんな人が、リレーでごぼう抜きなんてことがあったら、まさに「無責任ヒーロー」になれちゃいますね。

無責任ヒーローを選んだ方の年代は?

無責任ヒーロー年齢別グラフ

20代、30代の方からの支持が多いものの、10代から60代までの幅広い世代から票が入っています。

少し前の曲ですが、今でも運動会で使われることがあるのかも知れませんね。

実際、「孫の運動会でかかっていた」という方もいました。

無責任ヒーローを選んだ方の口コミ

体育祭だとやる気の出る曲テンションがあがる曲がいいと思うのでこの曲をオススメします。

関ジャニ∞らしい元気が出る曲ですし歌詞も元気づけられる内容になっていますしなんとかなるさという歌詞のところはすごくいいですね。

すごく応援歌になってる曲なので盛り上がると思います。

アップテンポでノリの良い楽しい応援ソングで、テンションが上がるメロディと歌詞が運動会を盛り上げてくれると思います。

BGMに使用するのも良いですが、応援団の応援歌の替え歌に使用するのにも向いていると思います。

まず、なんといっても曲調が明るくテンポもよく盛り上がり、聞いててとても楽しい気分になり、自然と笑顔になります。

また、歌詞も運動会向けの言葉がたくさんあり、一番はヒーローという言葉があるので運動会にはぴったりだと思います。

明るい歌で、運動会のようなアクティブな場面にはぴったりだと思います。

リレーなどのバックに流れる曲にも合うと思いますし、ダンスナンバーとしても盛り上がると思います。

運動が苦手な子たちでも、自然とノル事ができると思います。

孫の運動会で実際に「無責任ヒーロー」がかかっていました。

たしか、低学年がスタート位置に向かう移動の音楽だったと思いますが、ポップな曲調で、まさに低学年の子供たちの団体競技にはピッタリ合っている思いました。

運動会や、体育祭の選手入場時にこの曲を流したら場の空気が盛り上がりそうだから。

歌詞が格好良くて、強弱もあるので、スポーツをする時に聞くのはピッタリだと思います。

この曲を知らない人でも、頭に残りやすい曲だから皆んなで盛り上がることが出来るから。

とにかく、明るい曲でツアーやライブでも盛り上がる曲なので体育祭や運動会で流せば盛り上がること間違いないと思います。

また、リズムよくテンポもいいので、運動する際にリズミカルに行うことができると思うのでおすすめです。

一番の理由はやはり盛り上がれるリズムとテンポだと思います。

子供から大人まで、この曲を知らない人でも自然と体が動き出してくるようなノリのいい曲だと思います。

また、BGMとしてだけでなく、ダンス曲として使用したり、応援の際に替え唄にして使用したり、幅広く使用できるメロディーも選んだ理由の一つです。

テンポも良くノリがいい曲なので、体育祭等のみんなで盛り上がる場面にはぴったりだと思います。

特にサビの部分は耳に残りやすいリズム、メロディーになっているので、聞いたことのない人でも気分を盛り上げることができると思います。

また、踊りも簡単に覚えられるようなものなので、ダンスの出し物として使うのもいいと思います。

子供の運動会や高校生の体育祭などにもこの曲は盛り上がるのでおススメだと思います。

ダンスの振り付けもやりやすい曲ですし、ノリノリで曲に合わせて踊れます。

見ている人まで楽しくなるような歌なので会場全体が盛り上がると思います。

やっぱり運動会は盛り上がる曲が一番だと思います。

関ジャニ∞は男女問わず知られていてその中でもこの曲は知名度が高いです。

ダンスのときにもテンポをとりやすいし、歌詞のジャジャジャジャーンなどノリがいいフレーズがあるので参加してない人もテンションがあがること間違いなしです。

「なんとでもなるさ」「なるようになるさ」の歌詞のとおり、難しいことは何も考えず、パワー全開で力の限り運動会(体育祭)を楽しんで欲しいという思いにつながる曲だからです。

スポーツ選手からも支持される納得の曲です。

運動会や体育祭は「無責任」ではいけないとは思いますが、とにかくノリが良いので、障害走などで流すにはとても良い曲だと思います。

なんとなく口ずさみたくなるし、元気も出てくるので、実際に競技をしている人も、応援している人も盛り上がれます。

とにかくノリがよくてテンションが上がっている運動会や体育祭にはうってつけの曲だと思います。

歌詞も簡単なのでついつい、おいら~伝説の~とすぐに覚えて口ずさんでしまうと思います。

またあまり早口や難しい単語が入ってないのもポイントが高いと思います。

この無責任ヒーローですがけっこうみんな知っていると思われますしテンポよく使い勝手のいい曲だと思います。

こういう曲調だといいかんじに盛り上がったりするので運動会や体育祭で使ったりするといいと思われますのでオススメします。

みんなが結構知っている曲ですし、テンションが上がり関ジャニ∞の中でも元気な曲です。

ライブでも盛り上がり、手の動きも簡単ですし、踊れない人でも簡単に踊れます。

なので、運動会や体育祭にはとても向いていると思います。

関ジャニの代表曲と言っても過言ではないシングル曲なので、多くの人が集まる運動会でもみんなで盛り上がれる曲だと思います。

「心ひとつで なんとでもなるさ」などの応援してくれる歌詞が運動会の雰囲気にピッタリだと思います。

みんな一度は聞いたことのあるようなアップテンポな曲だからです。

リズムにものりやすいと思いますし、そしてこの歌を聴いていると元気が出てくる気がするからです。

歌詞にも「限界挑戦」て言葉もあり、運動会向けでもあるかと思いました。

3位 がむしゃら行進曲 16名

がむしゃら行進曲は、2014年に発売されたシングル曲で、丸山隆平さんが主演していたドラマ「地獄先生ぬ~べ~」の主題歌となっていました。

PVが学校で撮影されていることや、曲の中の「Wow oh Wow ho」が学校のチャイムの音程になっていること、ドラマも学校での話だったこともあり、この曲自体に学校のイメージがついている方が多くいるようでした。

「アップテンポでリズミカルな音楽が運動会にあっている」「君たちが明日の“ヒカリ”だ 輝き続けてくれ」などの前向きな歌詞が応援歌に聞こえるという意見が多かったほか、「がむしゃら行進曲」という曲名が運動会に合っているとの声が多数ありました。

振り付けも覚えやすいためダンスにもおすすめですが、綱引きや玉入れなど「がむしゃら」に頑張れる競技に使われると、応援する側も盛り上がること請け合いです。

がむしゃら行進曲を選んだ方の年代は?

がむしゃら行進曲年齢別グラフ

がむしゃら行進曲は、30代の方からの支持を一番受けています。

子どもの運動会で実際に使われていたのかも知れませんね。

「家事をやりながら聞くとはかどる」なんて意見もありました。

がむしゃら行進曲を選んだ方の口コミ

運動会や体育祭を頑張れそうな歌でおすすめです。

テンポもよいのでのりのりで運動会や体育祭ができそうな感じがします。

今日の日にありがとうという歌詞もイベントに合っていてよいと思います。

元気がでておすすめです。

行進曲という名前の通り、勢いがあって元気な曲です。

PVも学校で撮られているせいか、チャイムを思い出させるようなコーラスもあります。

どんな用途で使われるかは分かりませんが、ダンスを踊る場合もサビは踊りやすくておすすめできます。

この「がむしゃら行進曲」は「先のことばかり心配せずに思ったままに未来へ進もう」という明るく前向きな歌詞が元気をくれる歌で、まさに運動会、体育祭にもってこい。

歌いだしの「おい!おい!」の掛け声でテンションがあがったら、あとは元気にがむしゃらにグラウンドを駆け抜けぬけたくなるテンションの上がる一曲です。

元気いっぱいで前向きな気分になれる曲なので、みんなが一生懸命に汗を流して頑張る運動会や体育祭にピッタリだと思います。

「へっちゃらラララ走るぞ そして見える景色 君たちが明日の”ヒカリ‘’だ 輝き続けてくれ」という歌詞が若者への応援歌という風に感じるので競技を頑張る子への応援にもピッタリだと思います。

サビの部分の振り付けが簡単なのでみんなで踊ることが出来て、盛り上がるはずです。

まず曲名がぴったりですね。

歌詞も進もうって内容なのであっています。

答えはその先にある、だからがむしゃらに進もう。

学生には合ってますね。

もちろん歌詞が流れない場合でも、曲調、リズムが元気で明るいので、楽しくなります。

最初からノリがよくておもわず動きだしたくなる曲です。

ドラマにも使われていた曲なので知っている人も多いと思いこと、そしてタイトルにもあるようにがむしゃらに、そして頑張って行こうという思いが運動会や体育祭にはおススメだと思ったからです。

PVも学校だったし、行進曲というタイトルが運動会や体育祭で合っているし、曲調がせかせかした感じがするし、歌詞にがむしゃらが含まれているので、走るシーンや綱引きや玉入れなどの、誰かと競う場面では場を盛り上げそうです。

実際に子供の運動会で使われていました。

元気いっぱい楽しくなる曲調に思わず一緒に体が揺れてしまいます。

子供たちもとっても楽しそうに競技をしていたし、ニコニコ笑顔がたくさんで声をあげてみんな応援していました。

曲そのものがノリのいいアップテンポなものだし、曲のミュージックビデオも、メンバー全員がノリノリで歌っていて、運動会や体育祭にぴったりだと思います。

曲名そのものもがむしゃら行進曲なので、聴いているだけで、テンションも上がる曲です。

明るくポップで楽しくなる、運動会でダンスの曲としてもBGMとしても万能に使用できる曲です。

なにより前向きな歌詞が運動会のリレーなどの競技にぴったりでおすすめです。

タイトル、歌詞の内容が「がむしゃら進もう 答えはその先に」など前向きに、ひたむきにさせるようなさせるような感じの歌詞になっている。

曲も明るくテンポがいいので、運動会や体育祭などの雰囲気に合っていると思う。

身体を動かしたくなるようなアップテンポな曲調や曲名が、運動会にぴったりだと思いました。

主題歌として使用された作品も小学校が舞台だったので、学校行事との繋がりも感じさせてくれます。

歌詞はやや恋愛要素な部分もありますが、『君たちが明日のヒカリだ』など、明るい未来を予感させる前向きなフレーズが多いです。

『がむしゃらラララ~進もう~』の言葉を繰り返すあたり、常に活力をもらえる気がして良いです。

運動会や体育祭は体が動きやすいようなリズミカルな曲がいいと思ったため、がむしゃら行進曲にしました。

またこの曲のPVを見る限りですが、サビなどの振付がわかりやすく、小学生などの発表等にも使えると思ったためです。

キンコンカンコンとチャイムのような音楽が途中に流れ、スイッチが入ると思うからです。

がむしゃらに何も考えずに一心不乱に走り、踊り、応援するという運動会にはぴったりだと思います。

心が踊る曲ではナンバー1です。

実際に運動会で使用されていた事もあり、テンポがとてもよく、運動会や体育祭を盛り上げてくれる元気ソングでおすすめです。

運動会とかのお題から回答からそれてしまいますが、家事をしながらたまに聞くこともあるのですが、特に曲の途中で、がむしゃらというくだりになると妙に元気になりはりきってしまいます。

皿洗いもテンポよく出来ます【笑】

がむしゃら行進曲はテンポがよく明るい曲だからおすすめです。

歌番組を見ると前走で「へい!へい!」と合いの手をいれていて、みんなで盛り上げていく感じが運動会や体育祭にぴったりだと思います。

振り付けも簡単なのでみんなでやったら面白いと思います。

4位 前向きスクリーム! 9名

前向きスクリーム!は、2015年に発売されたシングル曲で、関ジャニ∞が出演していた「オロナミンC」のCMソングとなっていました。

何度も出てくる「前向き前向き」の歌詞が応援ソングだと思えるという意見や、これだけ「前向き」と言ってもらえるとミスをしてしまっても頑張れそうという声が多くありました。

またノリノリでアップテンポな曲なので、お祭りのように盛り上がれ、ポジティブな歌詞でみんながひとつになれるとの声もありました。

リレーなどの走る競技で使うことをおすすめする方や団体競技で使うのをおすすめする方、踊りでも使えるという方がいました。

このことから、どの競技でも使うことができるオールマイティーの運動会ソングと言えます。

この曲が流れれば、オロナミンCのCMのように「元気ハツラツ」で頑張れそうですよね。

前向きスクリーム!を選んだ方の口コミ

冒頭からの「前向き」という歌詞と関ジャニ∞の振り付けで応援ソングになると思い選曲しました。

完全燃焼して運動会でしてしまったミスも、違う競技をしたら楽しくなったりします。

何歳でも盛り上がれる曲だと思います。

ひたすら「前向き」という言葉を連呼しているのが、運動会の応援みたいだ、っていうのもありますが、やっぱり、前向いて走ってないと運動会じゃないし!

勝ってても負けてても、最後までベスト尽くして頑張れる気がします。

シングル曲なので、聴いたことある人も多く馴染みがあると思います。

タイトルの通り、前向きに明るい曲なので、運動会のようなテンション上げたい時にピッタリです。

ダンスも簡単なので、応援しながら踊っても楽しそうですね。

学生時代に実際に体育祭でこの曲を使ったことがあります。

歌詞もメロディーも明るく、テンションも上がるので、運動会や体育祭にぴったりだと思います。

とてもリズミカルな曲なので、ダンスを踊るにもノリノリで楽しめると思います。

ノリノリで明るいアップテンポな曲だし、歌詞もとてもポジティブでお祭りのようにみんなでひとつになって盛り上がっていこうとする内容なので運動会や体育祭の玉入れや団体競技を想像できるような運動会向きの曲だと思いました。

これだけ前向きを連呼してもらうと転んじゃったって平気そうだし、お祭り騒ぎでソレソレとはやしたてるのが鼓舞されているようです。

リレーでも踊りでも使えそうだし応援する方もみんなが楽しめそうな感じがします。

リズミカルで元気いっぱいな印象の曲なので、リレーとか走るのがメイン競技の時に流すと良いのではないかと思います。

前向きになれる歌詞なので、運動が苦手な生徒がいても、歌の力でノリノリで競技に参加できちゃうはずです。

前向き!前向き!ハイハイハイハイ!!とテンポの良いリズムが、競技に向いていると思います!

借り物競争や、障害物競争のような、アクションを起こしてからの競技や団体競技に流すと応援の方も盛り上がりそうです。

テンポが良くて、歌詞の内容が明るくて、タイトルの通りに前向きで、お祭り感が満載の曲だから。

関ジャニ∞の曲を全て知っているわけではないですが、知っている中では一番おすすめだし、運動会、体育祭の中でも、走る系競技のBGMにちょうど合う曲じゃないかな、と思います。

5位 オモイダマ 5名

オモイダマは2014年に発売されたシングル曲で、この年の「熱闘甲子園」のテーマソングになっていました。

全国の高校生から募集したフレーズが歌詞の中に盛り込まれ、メッセージ性の強い曲となっています。

この曲を聞くと、激闘を繰り返していた高校球児の頑張る姿を思い出すという方も多いのではないでしょうか。

これまで紹介してきた曲は、明るくノリノリでテンポが良いのが特徴でしたが、この曲はどこか切ないメロディーと夢に向かってひたむきに努力する歌詞が特徴となっています。

「頑張っている人たちにむけた曲」「青春のイメージが運動会に合っている」などの意見が多く、サビに向けて盛り上がるメロディーが感動的で、涙なくしては見られないという声もありました。

この曲はみんなで盛り上がるというよりも、歌詞に重みがあるので、自分の気持ちを盛り上げるときや、運動会・体育祭の後にみんなと感動を分かち合うときに聞くのがおすすめかもしれませんね。

オモイダマを選んだ方の口コミ

オモイダマには一緒に頑張ろうと応援する気持ちが込められた内容の歌詞が多いなと感じられます。

また、感動するような気持ちを盛り上げてくれるメロディの曲になっているので、みんなで作り上げる、頑張る場面という体育際や運動会にはぴったりだと思うからです。

サビの部分の歌詞に「オモイダマ今空に駆け上った」とあるので、玉入れなどの競技に最適だと考えるからです。

またサビ以外の歌詞も「きらり輝き脚光浴びて」とか「がむしゃらに走ってきて」などの青春を感じさせるような歌詞があるからです。

夏の甲子園のテーマ曲に使われていて、印象に残っているので。

また、体育祭や運動会でがんばっている人たちに向けて、内容もメロディーもぴったりだと思います。

聞いていても、清々しい気持ちで、がんばれる元気をもらえる曲だと思います。

夏の高校野球特番のテーマソングになっていたので、青春のイメージによく合うので体育祭にはぴったりだと思います。

歌詞も重みがあるし、それでいて盛り上がる曲調なので、楽しくも思い出深い体育祭にできそうです。

運動会で披露するのにオモイダマはピッタリだと思います。

一生懸命練習してきた様子を保護者の方に見せる時に、この曲がかかるとみんな涙なくしては見られないと思います。

生徒の熱い気持ちがこの歌詞とリンクして、とても良い発表になると思います。

100名に聞いた!関ジャニ∞の歌で運動会や体育祭で使うのに一番オススメの曲口コミランキングのまとめ

100名に聞いた!関ジャニ∞の歌で運動会や体育祭で使うのに一番オススメの曲の調査結果はいかがでしたか?

関ジャニ∞の代名詞とも言える、「明るくてノリのいい曲」が数多くランクインしていましたね。

今回紹介した曲は、どの曲も歌詞が前向きで、聞いているだけで元気になれる、盛り上がるというのが特徴となっていました。

また、思っていた以上に運動会や体育祭で実際に使ったことがある方が多かったのが印象的でした。

今回上位にランキングされた曲は、スポーツ番組や甲子園のテーマソングになっていたり、学校を舞台としたドラマの主題歌、オロナミンCのCMソングに使われるなど、なにかと運動や学校をイメージしやすい曲だったように思います。

これからが運動会や体育祭にもってこいのシーズンです。

関ジャニ∞の曲を使う予定のある人もない人も、今回紹介した曲を聞いて、運動会までに気分を盛り上げてみてはいかがですか。

1+