ジャニーズアイドルの曲はさまざまシーンで聴くことが多いでよね。そんな中、運動会や体育祭にジャニーズの曲が使われることも多く「あのジャニーズグループの曲でダンスをした・リレーを走った」などの思い出がある方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、ジャニーズグループの中でも、汗を流しながら体を動かすのが似合うTOKIOの曲で運動会や体育祭に使うのに一番おすすめだと思う曲は何かを、無作為に集めた100名からアンケートを取り、なぜその歌がおすすめなのか理由や口コミなどをまとめてみました。

100名に聞いた!TOKIO(トキオ)の歌で運動会や体育祭で使うのに一番おすすめと思う曲の口コミランキング

100名に聞いた!TOKIO(トキオ)の歌で運動会や体育祭で使うのに一番おすすめと思う曲の口コミランキングのグラフ

1 位 AMBITIOUS JAPAN! … 39 名
2 位 宙船 … 36 名
3 位 LOVE YOU ONLY … 6 名
4 位 自分のために … 5 名
4 位 花唄 … 5 名
6 位 カンパイ!! … 3 名
6 位 うわさのキッス … 3 名
8 位 ハートを磨くっきゃない … 1 名
8 位 メッセージ … 1 名
8 位 みんなでワーッハッハ! … 1 名

100名に聞いた!TOKIO(トキオ)の歌で運動会や体育祭で使うのに一番おすすめと思う曲の調査結果

今回1位と2位だけで全体の4分の3の票を獲得、3位以下を大きく引き離した結果となりました。そんな中、2位に3票差で1位に輝いたのは、「 AMBITIOUS JAPAN!」でした!

この「AMBITIOUS JAPAN!」は、2003年に発売されたシングルで、「JR東海」のCMソングになっていました。「爽やかで疾走感があるメロディは運動会・体育祭にぴったり」「人気の曲で幅広い年代の方が知っている」との意見が多数あり見事1位に選ばれました。

その他上位にランキングされた曲をみてみると、「アップテンポ」「歌詞が前向き」という点が共通していて、応援ソングと言える曲が入っています。また、この曲はリレーに、この曲は入退場にといったように、その曲ごとにイメージがあるのが印象的でした。

実際に運動会や体育祭に使われていた、今でも使われているという曲も多く、思いがけず「運動会の定番曲」になっている曲があったことに驚き半分、納得半分の調査結果となりました。

100名に聞いた!TOKIO(トキオ)の歌で運動会や体育祭で使うのに一番おすすめと思う曲の口コミ調査 BEST5

1位 AMBITIOUS JAPAN! 39名

今回2位と3票差で1位に輝いたのは「AMBITIOUS JAPAN!」でした。

この「AMBITIOUS JAPAN!」は2003年に発売されたシングル曲で、「JR東海」のCMソングになっていました。「Be ambitious!」の歌声をバックに、新幹線とTOKIOが走るCMを覚えている方も多いのではないでしょうか。JR東海との関係は深く、発売から15年経った現在でも東海道新幹線の車内チャイムに使用されています。そのため、ジャニーズにあまり興味のない方や、直接この曲を知らない子どもにも幅広く知られている曲です。

CMのイメージと軽快で明るい曲調から「爽快感・疾走感あふれるメロディは運動会にピッタリで新幹線のような速さで走れる気分になれる」「聴いているだけで頑張ろうと思えるメロディと歌詞」などの意見が多数ありました。特に「未来に向かってまっしぐら」「立ち止まらない 振り返らない」の歌詞が前向きで勇気が持てるとのことです。また、曲名にもなっている「Ambitious」は「意欲的な」という意味であり、サビの「Be ambitious」は「大志を抱け」という意味なので学生にぴったりとの声も多く聞かれました。

実際に運動会に使われていたという方からの票も多く入っていました。このことからも、この曲が運動会と合っていたことがわかりますよね。スピード感のある曲なので、徒競走やリレーなどの走る競技に使うのが特におすすめの曲となっています。

AMBITIOUS JAPAN!を選んだ方の年代は?

AMBITIOUS JAPAN!年代別グラフ

TOKIOのファン層であり、子供の運動会で使われていたのを見たことがある30代の方を中心に票が入っています。中には、TOKIOが応援してくれている感覚になるという方もいました。

AMBITIOUS JAPAN!を選んだ方の口コミ

聞いているだけで頑張ろうと思うことができるメロディと歌詞なので勢いが必要な運動会や体育祭にはピッタリの曲だと思います。行進やかけっこ、リレーにも使えますがダンスに入れても踊りやすそうなメロディで踊っている方も見ている方も聞いている人も楽しめると思います。
AMBITIOUS JAPAN!は、JR東海のCMソングでした。この曲と新幹線の画像が印象的だったせいか、この曲を聴くと走り出したくなります。軽快なテンポでノリも良いので運動会にはピッタリだと思います。特に団体競技のリレーや台風の目などのスピードを競う競技にピッタリだと思います。
この曲は鉄道のCM曲に使われていましたが、その爽やかな疾走感が運動会や体育祭にも合っていると思います。1度聞いたら耳に残るインパクトのある明るく力強い曲なので、やる気スイッチが押されるんではないでしょうか。
未来に向かって走りぬくというイメージが、運動会や体育祭でのイメージとあっていると思う。この音楽や歌詞を聴くと、頑張ろうという気持ちにもなるため、競技をする生徒にとってはモチベーションがあがると思います。そして元気にもなれます。
サビの「Be AMBITIOUS わが友よ 冒険者よ~」の部分がとってもノリやすく、口ずさみやすく、歌っていると気分も上がってくるので、アクティブな気分にになりたいときには、ぜひおすすめだと思います。
心が明るく前向きになる曲だと思います。歌詞を聴くと、困難なことや無理だと思っていることにも希望を持ち、現状を変えていくために頑張っていこうという勇気がもてる曲だと思います。ぜひ子供達にも聞いて欲しい曲だと思います。
正直、この曲以外他に出るものはない気がします。疾走感溢れるメロディーで、リレー等で流したら、まるで自分が新幹線の様な速さで走れる気分にさせてくれる様な曲です。少しロックも入っているので、テンションも上がり、パワーをくれる曲だと思います。
ノリもテンポもよくてスピード感があるので運動会や体育祭には向いていると思います。また歌詞もとても前向きな内容なので、聞いていてもネガティブな感情になったりマイナスに引きずられたりせず、チームワークや徒党を組んで応援するような体育祭には最適だと感じます。
小学校の子供の運動会に、本当に使われていたから。歌詞を読むと、突き進んめば希望が叶う友達に対しての応援ソングだから、ピッタリだと思う。運動会の時に使われているし、爽やかな歌だから、人気があるのだろうと思いました。
娘の運動会で流れていました。元気が出る曲で旅立つ人に栄光あれとあり、運動会の騎馬戦などにも流れてもいいと思いました。運動会は子供たちが元気いっぱい頑張るところなので曲も明るく元気のある方がいいと思いこの曲がお勧めだと思いました。
とても爽やかで疾走感のあるメロディーなので特にかけっこなどの競技のときによく合うと思います。また、歌詞の内容もこれからを生きる若者への応援歌という感じで小中学校や高校の運動会にぴったりだと感じました。
前向きな気持ちにさせてくれる一曲なので、お互いを高め合う運動会や体育祭にはもってこいだと思います。曲名のアンビシャスには『意欲的な』という意味もあり、まさにそれぞれが自分の力を精一杯出して頑張る晴れの舞台にピッタリです。
アップテンポな曲調でTOKIOが応援してくれている感覚になれると思います。冒険者とか勇者であれ!のフレーズがすごくカッコよくて前向きな気持ちにしてくれる。応援合戦とかしてみたい。徒競走前などはあきにも早く走れそう。
新幹線の車内チャイムで有名な歌です。TOKIOの中で、最も好きな歌です。運動会、体育祭の競技。特に、リレー競技で、この歌を流すと、いっそう、盛り上がると思います。また、走る側も、気合いが入ると思われます。体育祭等に流してほしい、オススメの歌です。
旅立つ人を歌った曲なので、今から走り出そうとしている走者の姿とすごく合うように感じます。新幹線がタイアップだったということもあり、曲調が清々しく、疾走感もあるので、青い空のもとで聞くとより良く聞こえます。どの世代の人にも受け入れやすさがあると思います。
この歌はサビの部分が特に運動会に向いているとおもいます。「友」や「勇者」という言葉はまさしくぴったりだと思うし、音楽も元気がでるようなノリが良い曲なので、頑張ろうという気持ちになれそうだし、題名にもある「ambitious」の意味も含めてぴったりだと思います。
曲名が大志を抱けというメッセージが込められているので、チームで優勝を目指す体育祭で流すのに合っているからです。またアップテンポでノリも良く、曲の最初から最後まで盛り上がり続ける曲なので走る競技で使うのが良いと思います。
明るくて元気が出る曲で、早すぎず遅すぎず調度良いテンポなのでノリノリで走れそうだからです。友達を勇気づけたり元気づけたり応援するような歌詞なので、クラス皆で力を合わせる体育祭などに向いてると思います。
新幹線に乗ったことがある人なら一度は聞いたことがある曲で、走る競技が多い運動会ではこの曲を聞きながら走ればもっと速くはしれるような気がしますし見ている方もこの曲が流れていると自分の子供の走りに感動できると思います。ダンスや他の競技で使うのもノリがいいですし人気な曲なので使いやすいと思います。
サビの部分の『Be ambitious!』のフレーズとメロディーが、スピード感があって盛り上がると思います。サビも直訳すると大使を抱け的な感じなので、子供の教育環境で使うにはいいんじゃないでしょうか。それに、新幹線の中でも流れるメロディーなので、老若男女問わず耳にしたことがあると思うので良いと思います。
「突き進めば希望はかなう」「やるべきことをやるだけさ」など、歌詞に出てくるキーワードに勇気と元気をもらう一曲です。JRとのタイアップだったこともあり、疾走感のある曲調は運動会や体育祭などにはぴったりだと思います。
Be ambitiousは少年よ大志を抱けという言わずもがな有名な言葉。運動会や体育祭で子供たちへ向けたメッセージとしては最適な言葉だと思う。サビの友達やこれから門出を迎える人への力強いメッセージと覚えやすいメロディは誰もが知っていて、運動会などには最適だと思う。
この曲は、某運輸会社のCMソングとして使われていました。そのイメージが少しありますが、走っている感じがとてもします。体育祭などの徒競走などに使ってもいいじゃないかと思いました。爽やかな感じもいいと思います。
テンポが速く、ノリに乗れる曲だと思います。実際運動会で曲が流れているのを聞いたことがあります。リレーや短距離走の時が良さそうに感じました。まだまだトキオの中でアドレナリンが出そうな曲はあると思いますが、この曲は結構いいと思います。
この曲は応援ソングなので、運動会に流れるとすごくやる気が出ました。皆んな歌えるような名曲なので、流れると自然と歌ってしまいます。トキオはどの年代も好きなので!運動会に応援に来た父兄の方もノリノリでした。
仕事場の運動会で使いました。突き進めば必ず奇跡が起きるという内容が良くて、最後のリレーに使いました。曲も明るいので少し負けてて落ち気味な気分も奇跡が起きるで、逆転を信じて最後まで戦い抜ける曲だと思います。
紅白でも歌われていたり、JRのイメージソングとして使われていたり、知名度が高い曲です。しかも運動会にふさわしくテンポの良い曲です。歌詞の内容はまるで「少年よ大志を抱け」のような若者の未来に期待を寄せるような歌詞なので、学生さんにぴったりではないでしょうか。
運動会や体育祭はワクワクする明るい曲が良いと思う。多くの競技が他者との競争となり、自分一人、もしくは同じチームでの団結戦となるので、力がみなぎり勇気が湧いてくる曲が良い。そういった点でTOKIOの曲の中ではこのAMBITIOUS JAPAN!が合っているのではないかと思う。歌詞も前向きで、突き進めば奇跡も起こる 立ち止まらないBE AMBITIOUS?勇者になれ!というフレーズもピッタリで、活躍してヒーローになりたい!なってみせる!と思える最高におすすめの曲です。
とにかく元気が出る曲!テンポも良いので軽快に走れそうです。歌詞のなかのフレーズ「勇者であれ」や「Be ambitious!」は運動会や体育祭で「一番になってやる!」「絶対に負けない!」という気を奮い立たせてくれると思います。
JR東日本の新幹線のCMソングとしても有名な楽曲ですが、曲調も含めて爽快感を意識されていて速く走るようなイメージがあるので、運動会など体を動かすような行事に会っていると思います。また子どもから大人まで幅広い世代に浸透しているというのも大きなポイントです。
新幹線のぞみのCM曲ですが、テンポの良い明るい曲なので運動会や体育祭にはぴったりだと思います。それに歌詞に「友」という言葉が入っていますし、未来や希望に向かって突き進むという歌なので、クラスで協力し合う運動会を髣髴とさせるものがあります。
とにかくノリの良い曲であるし、真っ直ぐなところも運動会には向いているのではないかと思ったからです。曲調もわかりやすく盛り上がる感じなので、子供たちも明るい気分になれるのではないかと思います。おすすめします。
軽快なメロディーラインと心に響くメッセージ性はどれをとっても素晴らしく、みんなで一つのものを作り上げる運動会や体育祭にはぴったりな一曲です。聴いていて誰もが口ずさみたくなるポップさも気持ちが良いです。
CMで使われていた曲なのでサビ部分を聞くと知ってる!!という人が多いので知ってる曲は盛り上がるのと、新幹線ののぞみやひかりにちなんで単語が入ってたりするので縁起?が良いかなと思います。歌詞が前向きですごく好きです。
新幹線のCMで流れていて、「新幹線=走る」というイメージなので、運動会や体育祭で合っていると思います。歌詞の中に応援するような歌詞があるのも、合っていていいのではないかと思います。聴いていたら、頑張ろうと思える歌だと思います。
TOKIOの曲で運動会などに、オススメなのは「Ambitious Japan」です。「勇者であれ、be ambitious!」という歌詞。徒競走、騎馬戦、なんでもそうですが、運動会では時には勇気と覚悟が必要です。まさにピッタリの曲ですね。
「立ち止まらない振り返らない」「光に向かってまっしぐら」など前向きな歌詞、乗りやすいポップな音楽で気分が上がる曲です。また親世代もしっている曲なので応援に来ている方々、先生方も盛り上がれる曲だと思います。
さわやかなメロディで外で行う運動会に良く合うと曲だと思います。「未来にむかってまっしぐら」や「立ち止まらない 振り返らない」のリレーにピッタリの歌詞で、この曲を聞いて振り返らず頑張ろう!と思えるような曲なので選曲しました。
誰でも聴いたことのある曲だと思いますし、宙船なども良いとは思うのですが、より明るい感じで疾走感のある曲なのでおすすめしたいと思います。また、「突き進めば奇跡も起きる立ち止まらない振り返らないやるべきことをやるだけさ」などの歌詞も運動会などに良さそうだと思いました。

2位 宙船 36名

今回の調査でツートップとなった2曲目は「宙船」でした。この「宙船」は2006年に発売されたシングルで、作詞作曲を中島みゆきさんが担当、長瀬智也さんが主演していたドラマ「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」の主題歌になっていました。

「『おまえの手で漕いでゆけ』の歌詞が自分の力を出し切る運動会に合っている」「自力でやり抜けという応援ソングなので維持になって頑張れそう」などの意見が多くありました。また、ドラマの主題歌だったため知っている人が多いことをおすすめ理由としてあげる方が多く、そのドラマが学園ドラマだったので、すぐにこの曲が浮かんだという方もいました。

マイナー調のメロディですが、あえてメジャーコードじゃない曲を持ってくることで熱くなった気持ちを諌める効果がある、運動会にもっとふさわしいいかにもの曲もあるけど、逆にいかにも感がないところが良い、という意見があったのが印象的でした。

今回上位に入った曲の中で、この「宙船」が一番「実際に使われていた」という方が多く、よく流れているので「この曲を聴くと運動会シーズンが来たと思う」「今でも使われている運動会の定番曲」という意見がありました。ダンスやリレー、団体競技、入退場など、運動会の様々なシーンで使える、オールマイティの運動会ソングとなっています。

宙船を選んだ方の年代は?

宙船の年代別グラフ

この曲を実際に運動会や体育祭に使ったことがある世代20代の方からの支持を1番集めていますが、20代~60代の年代の方からの票が入っています。幅広い年代の方からの支持があることから知名度が高いことがわかりますよね。運動会の鼓笛でこの曲を演奏したときには、サビで観客が大合唱したという方もいました。

宙船を選んだ方の口コミ

宙船が一番おすすめだと思うのは、曲を聞いてて自分でも一生懸命に頑張ろうと思う曲ですし、聞いてて一緒に頑張ろうと応援したくなる曲です。それと聞いてて元気が出るし、曲を聞いてると力強い気持ちにもなり、凄く楽しい曲です。
長瀬智也さん出演のドラマ曲でした。多分、ドラマの影響もあると思います。「運動会や体育祭」それだけで浮かんだのがこの宙船です。インパクトがある歌でドラマにハマりました。今思えば、凄い豪華なキャストです。内容も面白いドラマでした。躍動感があってカッコいい歌です。全体的にインパクトがある歌詞ですが、特にその中の歌詞で「その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな」本当に凄いです。長瀬智也さんのボーカルの力強さにピッタリです。
マイナー調なので「もっと他にもノリの良い曲があるんじゃないか」と思いがちですが、実はあえてメジャーコードじゃない曲をもってくることで熱くなった気持ちを諌める効果があります。また、歌詞に込められた熱いメッセージが自身を鼓舞する作用もあり、絶妙な運動会ソングだと言えるでしょう。
歌詞に自力で全力でやりぬいていけと寄り添うように応援してくれていて、くじけそうになった時も「何くそ」と意地になって頑張れそうなそんな気にさせてくれる、宙船は、運動会や体育祭で使うのにはバッチリ行けている歌だと思います。おすすめです。
テンポがよく、運動会でもよく使われてるイメージがあります。サビにリズムよく盛り上がるので騎馬戦などに向いている曲と思っています。大サビ前にかける部分は切迫感があり、より競争が熱くなるBGMですし、メジャーな曲なので観客もその体感を味わうことができます。
テンションが上がるから。一緒に歌いたくなる歌だし、ギターの音も良い!運動会に他にもっとふさわしいいかにもの曲もあるけど、ぎゃくにいかにも感がないところが良いかなと思います。TOKIOの代表曲でもあるし。
船を漕いで行くのは自分だという強いメッセージが運動会や体育祭での走る競技にピッタリだと思いました。とくにリレーだとオールをバトンに置き換えることができるので、バトンを持って走るランナーにとっては気合いが入って走ることができると思いました。
この曲はこちらの方ではよく流れている曲ですね。運動会で走る時の曲というよりは騎馬戦などの時に流れてるイメージが強い曲ですね。こちらの方ではこの曲はよく使われている曲だと思います。聞くと運動会シーズンがきたなと思いますね。
実際息子が幼稚園の運動会の時に鼓笛をし、その際に宙船を演奏しました。渋い曲の選曲だなと初めは感じましたが、老若男女知っている曲な為に運動会では大盛り上がりでした。サビの部分では見ていた観客が大合唱した程でした。
重低音ながらもサビ部分がノリのよい曲なので、短いフレーズが流れる入退場の音楽としても使いやすい曲です。また聴いていると気持ちが高ぶる曲なので、運動会の目玉ともいえるリレーの曲としてもおすすめしたいです。
まず、曲全体がアップテンポなので、曲のリズムに合わせて体を動かしやすい。特に、走る系の種目にはとても適していると思う。そして、歌詞が「自分の力で船を漕いで行け」という内容なので、運動会や体育祭で自分の力を出し切ってやろう、というシチュエーションにマッチしている。
この曲は聴いているとなんだか頑張ろうと思える曲なので運動会や体育祭に使っても合う曲だと思います。実際に運動会で使われているのも見た事があるし色々な種目や競技でこの曲を流したら見ていて応援にも力が入りそうです。
この曲の歌詞は自分の力で突き進んでいくというメッセージを発信していると感じています。そのため、学生1人1人が体力と気力を発揮する必要がある運動会や体育祭にはピッタリです。また、軽快なテンポも運動をするシーンに合っている印象です。
宙船がシングルで発売した時に良く子どもたちと歌っていました。当時の職場でも運動会時に宙船が使われていることが多く、TOKIOの曲で運動会というと一番に頭に浮かぶのはやはり宙船です。力強さや前に進むというイメージがあり、運動会にはピッタリの曲です
とてもベタな選曲ですが、皆が知っていますし、ノリの良さと熱い歌詞が運動会の場にぴったりだと思いました。サビの「その船で漕いで行け?」というところから始まり、よっしゃやるぞ!という気持ちを引き出してくれる曲だと思います。
TOKIOの歌の中でも、知名度の高い歌のひとつで、生徒や観客にも知っている方が多いかと思います。力強いメロディーと、歌詞にある「その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ」というメッセージが、運動会や体育祭の行事にピッタリだと思います。
この曲は中島みゆきさんが作詞作曲をされた、若者に対する人生の応援歌なので、運動会や体育祭に参加する学生たちが競技中に苦しい場面に直面してもこの曲を聞くなら、力をもらい、再び頑張ろうと思えるようになると思います。
歌詞が相手を勇気付けるような詩だからです。また曲調も競技にさんかする選手を鼓舞するようなメロディだと思います。応援席にいても気分が盛り上がると思います。運動会などの紅白で対戦する種目や綱引きにもぴったりだと思います。
どんな状況でも舟を漕いで行け、お前のオールを任せるなという歌詞を運動会に置き換えると、諦めるな、勝利を掴め、最後まで頑張るんだと言っているように感じるし、TOKIO絶世紀世代ではない現代の学生でも、この歌は有名なので知っていると感じるからです。
サビの部分に勢いがあり、特に「おまえの手で漕いでゆけ」という部分は運動会にぴったりだと思います。曲の始まりのイントロもとても格好よく、みんなのテンションが上がること間違いなしです。TOKIOを代表する、誰もが知っていて口ずさめるノリの良い曲だと思います。
かっこよく、気合が入るようなパワフルな曲なので、運動会や体育祭にぴったりだと思います。アツくて真っ直ぐな歌声も、運動会をよりアツいものにしてくれそうです。また、盛り上げたい場面などでこの曲をかけるのも良いと思います。
1番明るくて元気の出る曲だからです。私がこの曲が好きだからかわかりませんが、この曲を聴きながら競争とかすると楽しいし頑張ろうと思うからです。競争心がわく音楽だと思います。それにメジャーな曲ですので流れると楽しいと思います。
TOKIOの長瀬くんが主演の、学園ドラマで主題歌として使用されていた曲でもあるし、人々にファイトを与えるような曲、紅白でもよく歌っている曲なので、学生の体育会や運動会で使用するにふさわしい曲なのではないかと思います。
徒競走の時などに掛けたら盛り上がりそう。バンドの演奏とトランペットなどの楽器も演奏で入っててカッコいい。サビの「その船を漕いで行け」の部分なんかは勝負するときに盛り上げてくれそうなワンフレーズだと思います。
まず、老若男女から10年以上に渡って愛されている名曲というのがひとつ。また、士気を煽られるようなメロディー・歌詞になっているため、体育祭というシチュエーションにピッタリです。特に玉転がしや綱引きなど、チームで何かを成し遂げる競技に向いていると思います。
私が小学生の時に実際に運動会で使われていた曲です。リレーの時の定番の曲でいつも盛り上がっている印象がありました。発売されたのが2006年でもう12年前の曲ですが、今でも近所の運動会では使われていて、運動会の定番ソングになっていると感じます。
この曲はとてもテンポがよく、ノリやすい曲だと思います。聴いていて明るくなる曲だと思います。体育祭の生徒の入場シーンや、リレーを走っているシーンで流すのにピッタリの曲ではないでしょうか。私は「その船を漕いでゆけ」の歌詞も、「自分の足で走れ」という風に捉えることもできるので運動会らしいと考えます。
・知名度が広く、誰でも一度は耳にしたことがある。TOKIOの曲の中でも特に有名と思います。・サビ部分の「その舟をこいで行け。お前の手で漕いで行け」が、障害物競走とか大玉転がしとかで、まあ無理やりかもですが、使えるかと。
みんなで結束して行う綱引きやリレーや大縄跳びのときなどにかけると、生徒の皆さんも曲の歌詞に刺激されてよりやる気が出ると思います。曲の力強い雰囲気に元気を貰ってもうひと頑張りできると私の周りでも好きな人が多くいます。
こちらの曲はドラマの主題歌にもなった曲で、TOKIOの曲の中でも最も人気のある曲なので、学生さんはもちろん親世代や先生方の世代でも知っている曲なので、運動会などのイベントにはピッタリの曲でおススメです。先生も親も生徒も一体になって盛り上がれると思います。
運動会と言えば、行進曲、リレーや玉入れの際のBGM、これは力強くてテンポが良い事が必要不可欠だと思いました。そうして考えていくと、この宙船(ソラフネ)がピッタリだと思いましたこと“その船を漕いでいけ!”という指揮を取っている感じはピッタリだと思いました。
私が小学生の頃に実際運動会で宙船の曲を流しながらパフォーマンスを披露した事があるからです。TOKIOはどの曲も歌詞がよくてどの曲でも運動会にほぼ使えるとは思いますが、思い出に残ってるからですかね、宙船を選択したくなります。
タイトル通り船をテーマにした曲になっていて、運動会といえば「走る」事がメインになってくるので、ぴったりではないかと思います。歌詞の「お前のオールを任せるな」という所があり、個人種目などでは個々の力が大事なので、そこもマッチしてきます。ほとんど全ての人が知っている曲なので、種目に出てる人以外にも応援してる人も一緒になって全員で盛り上がる曲になっています。
私は20代ですが、自分が小学校の頃よく宙船が運動会で使われていました。かけっこのときに流れていたのですが、子供が頑張って走っている姿、周りが応援する姿にとてもあっていたと思います。また私のいとこの運動会では、宙船でダンスを踊ったりもしていたので、さまざまなシーンで使える万能曲かと思います。
誰もが一度は聞いたことのある有名な曲で、迫力もあり単純にかっこいいと思うからです。自分を鼓舞するような歌詞ですし、メロディーもスピード感があり、運動会や体育祭で使うにはうってつけではないかと思います。
ノリも良く、盛り上がるので子供達がノリノリになること間違いなしですし、保護者世代にも有名な曲だと思うので運動会全体が盛り上がると思うからです。元気が出る曲なので、子供達の競技も盛り上がること間違いなし!

3位 LOVE YOU ONLY 6名

この「LOVE YOU ONLY」は1994年に発売されたデビューシングルで、TVアニメ「ツヨシしっかりしなさい」の主題歌になっていました。TOKIOのシングル売上ランキングでは1位を誇るTOKIOの代表曲とも言える一曲です。

「爽やかな曲で老若男女問わず好かれている曲なので幅広い世代がノリノリになれる」「テンポが良いので運動会にピッタリ」との意見がありました。また、可愛らしく若い感じのする歌詞とメロディが学生さんに合っているとの声もありました。徒競走などの競技やダンスなどに使うのもよし、歌詞を変えて応援歌にして使うのもよしの曲となっています。

24年前にリリースされた曲ですが、明るくキャッチーな曲なので、この曲を知らない子供でもすぐにノレそうという口コミがありました。しかし、発売当時リアルタイムで聴いていた保護者の方のほうが盛り上がるかもしれませんね。そう考えると、子供と保護者が一緒に楽しめる貴重な曲と言えるかもしれません。

LOVE YOU ONLYを選んだ方の年代は?

LOVE YOU ONLYの年代別グラフ

TOKIOのファン層でもある30代の方からの支持を中心に票を集めています。この曲がリリースされた当時、長瀬さんや松岡さんは体育祭に参加する世代だったのが懐かしいですよね。

LOVE YOU ONLYを選んだ方の口コミ

少し古い歌ですが、「つよししっかりしなさい」というアニメの主題歌だった曲です。ノリがよいので、老若男女どの年代でも聞けば体が踊りだす様なテンポとなっています。運動会、体育祭でもつかえるのではと思っています。
誰もが知ってる元気な曲で活気があるからです。ノリが良く、青空の下聞くのにぴったりです。爽やかな曲なので正々堂々戦う場面で流れていたらとてもマッチすると思います。老若男女に好かれている曲なので、運動会で流れていたら幅広い世代がノリノリで頑張る事ができるように感じます。
テンポの良い曲で、運動会や体育祭にはピッタリだと思います。曲全体がアップテンポなので、徒競走などのBGMとして使っても良いし、障害走などのBGMとして使っても良いと思います。心が弾むような気持ちになれる1曲です。
TOKIOのデビュー曲ですが、一番弾けていて楽しくて、多分色々な世代が知っているでしょうし、運動会や体育祭の競技に使うのでもダンスをするのでも歌いながらでも明るく爽やかな曲でこの曲が、ぴったりだと思います。
キャッチーなメロディが一番の理由です。この曲を知らない子でも、乗りやすいのではないでしょうか。保護者の方はほとんどの方がご存じだと思うので、一緒に楽しめると思います。歌詞をオリジナルにして、応援歌にも使い易いと思います。やはり運動会はみんなで楽しむ事ができる!が選曲の上で一番大切だと思います。
歌詞が可愛らしいし若い感じがするので学生さんにぴったりの印象です。バンドのリズムもアップテンポで、どんな競技にも合いそう。観覧にくる人たちもみんな知ってる歌だし幅広い年齢の人が盛り上がれる歌だと思います。

(同率)4位 自分のために 5名

今回同率で4位に2曲入りましたが、そのうちの1曲目「自分のために」は、2004年に発売されたシングル曲で、松岡昌宏さんが主演していたドラマ「ナースマンがゆく」の主題歌になっていました。曲中に繰り返し出てくる「走れ!走れ!明日のために! 進め!進め!自分のために!」の部分は三三七拍子になっているため、耳に馴染みやすい曲となっています。

「明るい曲調が運動会や体育祭に向いている」「聴いているだけで元気が湧いてくる」という意見のほか、歌い出しの「走れ!走れ!明日のために!」の歌詞が運動会や体育祭にビッタリとの意見がありました。また、「目の前を遮るカベは自分の力で超えてゆけ」という歌詞も対抗戦である運動会に合っているとのことです。

この曲のPVはストーリー仕立てになっていて、TOKIOの他にまだジャニーズJr.だった頃の中島裕翔さん(Hey!Say!JUMP)が出演しています。ストーリーももちろん楽しめますが、さらにこのPVの脚本、監督は松岡昌宏さんなので、違った意味で何通りも楽しめる曲となっています。

自分のためにを選んだ方の口コミ

まず何より歌い出し早々一言目の歌詞が「走れ!走れ!自分のために」で、いきなり走ることから始まるので(少々意味合いは違いますが)運動会のBGMにはピッタリではないかと思い、選びました。聴きながら競技を頑張って欲しいです。
走れ、走れ、明日のために、進め進め自分のためにという歌詞が運動会や体育祭にピッタリだなーと思います。頑張ろうという気もちにしてくれる応援ソングでおすすめです。明るい曲調も運動会や体育祭に向いていると思います。
 歌詞には「走れ走れ」「進め進め」が出てきます。まさに自分のチームの勝利のために走らないといけない「リレー競争」の時にこれを聞けば気分が盛り上がります。 目の前の壁は自分の力で越えていくという内容を歌っているので、闘いでも運動会の場に相応しいと想います。
走れ!走れ!という繰り返しが運動会や体育祭にもぴったりだと思います。全般的にリズミカルで明るい応援歌になっていて、聴いているだけでも元気がわいてくる曲です。一緒になって力こぶしをつくって歌いたくなる歌詞でもあります。
力強い歌詞とTOKIOの綺麗な歌声が、運動会や体育祭をより一層盛り上げてくれのでオススメです。リレーや騎馬戦など競う競技の際に使うのはもちろん、余興などでダンスなんかをする時にでも使える曲だと思います。

(同率)4位 花唄 5名

同率で4位に入った2曲目の「花唄」は、2002年に発売されたシングルで、同じく4位に入った「自分のために」が主題歌になっていた「ナースマンがゆく」の前シリーズである「ナースマン」の主題歌になっていました。

「アップテンポでノリの良い曲」「メロディーラインが行進曲のようなので入場やダンスにおすすめ」との意見が多くありました。わかりやすく聞きやすい曲調なので年配の方にも受け入れられやすいところもおすすめポイントとなっています。実際に小学校の運動会で使われたのを見ていた方からは「前向きな歌詞なので、将来子供が落ち込む時があった時にこの曲を思い出して励まされる時があるかもしれないと思った」という意見がありました。ここまで考えてくれる方がいると、この曲の使用を決めた先生や歌っているTOKIOも嬉しいだろうなと思いますよね。

この曲は、運動会におすすめの曲でもありますが、励ますような歌詞と「花吹雪」や「桜木」などのフレーズから卒業ソングとしてもおすすめの曲となっています。運動会、卒業式とこの曲を使えばより心に残る曲になりそうですよね。

花唄を選んだ方の口コミ

拍手をしやすく、のりやすいこの曲が一番お勧めです。表現という競技では、首を左右上下に振りながらダンスしたり、吹奏楽の音楽にも使えてるので入場行進にもぴったりです。TOKIOさんの明るい爽やかなボイスとリズムにノリノリになります。
アップテンポで ノリの良い曲です。歌詞を見てみても、落ち込んでいる人を励ます応援歌になっています。ドラマの主題歌にもなっていましたし、サビの部分は 今だに番組などで使われることがあるので 若い人でも 聞いたことがあると思うからです。
この曲はメロディーラインが行進曲のようで、運動会や体育祭の入場や、ダンスの曲にもぴったりだと思います。わかりやすい曲調で、ききやすいので観覧に来られる年配の方にも受け入れられやすいのではないかと思います。
とても前向きな曲でリズムもとりやすい曲で、小学校で使用して踊っているのをみたことがあります。将来、子ども達が落ち込むことがあった時にこの曲をふと思いだして励まされる時があるかもしれないなと思いながら見ました。とても良い曲で運動会の行進曲や踊り等に合う曲でおすすめです。
リズムが軽快で心地よく、よく晴れた体育祭や運動会に合いそうだと思いました。ワードのひとつひとつが青春とか若いパワーに合っていると感じました。「花吹雪」や「そして歩き出す」「迷ってもいいさ」「明日を信じる」など。

100名に聞いた!TOKIO(トキオ)の歌で運動会や体育祭で使うのに一番おすすめと思う曲の口コミランキングまとめ

100名に聞いた!TOKIO(トキオ)の歌で運動会や体育祭で使うのに一番おすすめと思う曲の口コミランキングはいかがでしたか?

今回紹介した曲は「アップテンポでノリがいい」というのが特徴となっていました。また、上位に入った曲は、どれも今から10年以上前に発売された曲でしたが、今でも運動会に使用され「運動会の定番曲」になっている曲もありましたね。

調査結果を見ると、1位と2位に多くの票が集まっていました。口コミの中に「いかにも」という曲と「逆にいかにも感がない曲」と言っている方がいましたが、1位の「AMBITIOUS JAPAN!」はいかにもの曲で、2位の「宙船」はいかにも感がない曲ということになるのだと思います。それでも「宙船」が1位にも迫る勢いで2位にランキングされたのは、運動会に使用されることが多く、その運動会を実際に見たことがある方が多いからかもしれませんね。

どの曲も運動会の様々なシーンに合う曲ばかりでしたが、それでも曲によって何の競技に合うか人それぞれイメージがあるようでした。TOKIOはジャニーズグループの中でも男らしいイメージがあるので、ダンスやお遊戯というよりも、どちらかというとリレーや騎馬戦など「競う」種目をおすすめしている方が多かったのも印象的でした。

夏休みが終われば、いよいよ運動会シーズンです。運動会を見に行ったときは、TOKIOの曲が流れるか気にしてみてください。そしてもし運動会でTOKIOの曲が流れたときは、このランキングを思い出してくださいね。