数あるジャニーズグループの中でもダンスに定評があるV6。

6人がそろったキレのあるダンスはとてもかっこいいですよね。

そんなV6の曲は、ダンスナンバーが多くノリの良い曲が多いイメージがありませんか?

そこで今回はV6の歌の中で最もノリが良いと思う曲は何かを、無作為に集めた100名からアンケートをとり、なぜその歌が一番ノリが良いと思うのかを口コミなどを集計してまとめてみました。

100名に聞いた!口V6(ブイシックス)の歌で最もノリが良いと思う曲口コミランキング

V6(ブイシックス)の歌で最もノリが良いと思う曲口コミランキングのグラフ

1 位 MUSIC FOR THE PEOPLE … 19 名
2 位 愛なんだ … 18 名
3 位 WAになっておどろう … 17 名
4 位 TAKE ME HIGHER … 10 名
5 位 MADE IN JAPAN … 7 名
6 位 HONEY BEAT … 6 名
7 位 Sexy.Honey.Bunny! … 5 名
7 位 Darling … 5 名
9 位 SOUZO … 2 名
10 位 サンダーバード -your voice- … 1 名
10 位 OK … 1 名
10 位 Feel your breeze … 1 名
10 位 ROCK YOUR SOUL … 1 名
10 位 Believe Your Smile … 1 名
10 位 GUILTY … 1 名
10 位 KEEP GOING … 1 名
10 位 愛のMelody … 1 名
10 位 Will … 1 名
10 位 Always … 1 名
10 位 星が降る夜でも … 1 名

100名に聞いた!V6(ブイシックス)の歌で最もノリが良いと思う曲口コミランキンググラフ結果

今回1位~3位までは1票差ずつと接戦でしたが、そんな中見事1位に輝いたのは「MUSIC FOR THE PEOPLE」でした!

この「MUSIC FOR THE PEOPLE」はV6のデビュー曲で、V6のシングルの中でも売上2位を誇るV6を代表する曲の中の一曲です。

今回の調査では1位~3位まで、5位~7位までがそれぞれ1票差で、どの曲が上位に入ってもおかしくない結果となりました。

また、5位までに入った曲はデビューから2年以内出されたシングルで、売上も上位に入っている曲というのが特徴となっています。

では、なぜこれらの曲がおすすめなのか、詳しい理由を口コミから見ていきましょう。

100名に聞いた!V6(ブイシックス)の歌で最もノリが良いと思う曲口コミ調査 BEST5

1位 MUSIC FOR THE PEOPLE 19名

今回接戦を見事制して1位に輝いたのは「MUSIC FOR THE PEOPLE」でした。

この「MUSIC FOR THE PEOPLE」は、1995年に発売されたV6のデビューシングルです。

今ではジャニーズグループが「バレーボールワールドカップ」の大会サポーターを務めるのが定番となっていますが、V6が初代サポーターであり、この曲がテーマソングとなっていました。

また、V6のシングル売上ランキングでは2位に入るヒットナンバーです。

「聴いていると思わず踊りだしたくなる」「サビに向かってぐんぐんと盛り上がっていく感じが良い」などの意見が多数ありました。

また、テンポが良く軽快なメロディに加え、「翼を広げて」や「ビクトリー」などの前向きな歌詞を聴いていると「気持ちがどんどん上がっていく」「元気になれる」との声も多く聞かれました。

ユーロビートの曲調が世代によってはディスコを思い出すなど懐かしさを感じる方もいて、この曲に合わせて踊るV6のダンスがカッコよくて素晴らしいとの意見もありました。

V6はバレーボールワールドカップのイメージキャラクターとして結成されましたが、グループ名の「V」には「バレーボール」「ビクトリー」「ビジュアル」などの意味があります。

また、「6」はメンバーの人数でもありますが、バレーボールの人数でもあります。

口コミにも「バレーボールのイメージソングだった」と書いている方も多くいましたが、「MUSIC FOR THE PEOPLE」を聴くとバレーボールコートで歌って踊っているV6を思い出すという方もいるのではないでしょうか。

MUSIC FOR THE PEOPLEを選んだ方の年代は?

MUSIC FOR THE PEOPLEの年代別グラフ

23年前の曲のため、当時リアルタイムで聞いていた30代~50代の方からの票を多く集めています。

幼稚園の運動会で使用して、その場にいた全員が盛り上がったという口コミもあったことからもノリの良い曲だということがわかりますよね。

MUSIC FOR THE PEOPLEを選んだ方の口コミ

ユーロビートにのって思わずリズムを刻む曲です。

バレーボールのテーマ曲だったと思いますが、やはりリズムがいいのだと思います。

思わず、踊りだしたくなるという感じもしてノリノリな曲で、鼻歌も歌ってしまいそうな曲です。

まずテンポが軽快でノリやすい。

ユーロビート調の曲なので、私たちの世代にはディスコが思い出され、ちょっとした懐かしさも感じられる。

V6と同様に踊ることは無理だが、勝手に体が動き出しそうな曲で思わず踊りたくなる感じがするので。

『MUSIC FOR THE PEOPLE』は「バレーボールワールドカップ1995」イメージソングと「第26回春の高校バレー」イメージソングに使用されています。

それからこの年以降、バレーボールワールドカップのイメージソングはジャニーズ系アイドルグループが担当するようになり現在もジャニーズが努めています。

勇気を与えるような楽曲が選ばれた要因ではないでしょうか。

これからも勇気や元気を与えられるような曲を歌って欲しいです。

デビュー曲でもあり、ノリが良いと思います。

年長組みと年少組みが重なりあって出す、ハーモニーは格別です。

これから羽ばたいていく若い人向けの曲に聴こえます。

最後にビクトリーと言うフレーズが勝ち組を漂わせています。

サビのところがぐんぐん盛り上がっていくのが好きです。

曲の初めは抑えた歌い方ですが、少しずつアクセルを踏んで行くような感じで一気にサビで盛り上がります。

コンサートへ行った時、この曲がかかると必ずじっとしていられず手足が動いて踊ってしまいます。

V6のデビュー曲で、バレーボールのワールドカップのイメージソングにも使用されていた曲ですが、イントロからビートがガンガン聞いたメロディーでデビュー当時のはじけそうな勢いをそのまま歌にぶつけているような曲です。

この歌は、本当にノリがよくて大好きです。

ノリのよいテンポと歌詞で聴いていてとっても楽しくなります。

翼をひろげてとか夢に向かっていくような歌詞が素敵です。

ノリがよくて元気になれるからおすすめです。

歌詞もとても素敵です。

やっぱり一番好きな歌で歌詞もとてもいい歌詞です。

気分をノリノリに盛り上げてくれ力強くて、そしてテンポがはやいけれど比較的歌いやすい歌で聞いているととても元気になりよし!

明日も一日頑張るぞとモチベーションを上げてくれます。

サビの「MUSIC FOR THE PEOPLE Lovin’ 翼を広げて~」の部分が口ずさみやすく、ついつい体を動かしながら歌ってしまえる曲だと思います。

当時流行ったユーロビートっぽくて、ノリやすいのかなと思います。

ドライブにオススメの曲としても選曲させていただいています。

V6が一番若い時の、『さあ、スタート』な1曲です。

このデビュー曲が、1番だと、個人的に強い印象を持っています。

この曲に合わせたダンスはまた素晴らしいです。

バレーボールのワールドカップ大会のメインテーマにもなった曲です。

試合を盛り上げるように、力強いメッセージと、勢いのある曲調が魅力的です。

この曲調はドライブで風を切って走る、爽快なイメージとよく合うと思います。

デビューシングルでいきなりこんな曲を持ってきたのに驚きましたね最初見たときに非常にダンスもカッコよくてしびれましたね。

あとは何といっても聞いていて踊りだしたくなるノリの良さとテンション上がってくるメロディといい素晴らしい曲です。

作った人がユーロビートの人というのもこの曲がノリやすくて耳に入ってくるところなのでしょうね。

V6のデビュー曲で、まさに売れるためにつくられた、リズム感が良い、口ずさみやすい曲である。

当時のフジテレビのバレーボールのテーマ曲で、歌詞もポジティブな内容なので、ノリも良く、歌いながら気持ちが前向きになれる。

電子音がガチャガチャ鳴る感じのちょっと昔の曲調が今逆に新しくてかっこいいと思うし、歌詞もただの恋愛ソングではなく音楽が力を与えるというような深い内容なので誰が聴いてもノリノリになれるような名曲だと感じるので。

ワールドカップバレーボールの曲として使われていたV6のデビュー曲なので、弾むような気持ちで、元気が出ます。

特に、サビに向けて気持ちがどんどん上がっていくような気がします。

ノリノリで歌える良い曲だと思います。

古い曲ですが、音楽が攻めているのでとても好きです。

ノリが最もよくダンスするのにも合う曲調だと思います。

聞いていると元気になれる曲だと思います。

みんなで歌ったりしてもとても盛り上がる曲だと思うので、おすすめしました。

バレーボールワールドカップのイメージソングだったこともありよく耳にしたので、今でもついつい口ずさんでしまう一曲です。

「翼を広げて~」「ビクトリー」など前向きな詩と、ちょっとダークな曲調がやる気が出ます!

music for the peopleはメロディーラインがとても軽快で爽快感あ理、とてもノリの良い一曲となっています。

しかも、どこかで聞いたことあるくらい流行っていた一曲なので懐メロではあるけれど色褪せてはいません。

V6のデビュー曲です、私が幼稚園の頃の運動会で使用しました。

簡単な振り付けでも、その場にいた全員が盛り上がりました。

今でも聴いており、カラオケなどで歌っても、みんなで盛り上がることができるので、最もノリが良い曲だと思います。

2位 愛なんだ 18名

わずか1票差で2位になったのは「愛なんだ」でした。

この「愛なんだ」は1997年に発売された5枚目のシングルで、作詞は、安全地帯や工藤静香さんなど、多くのアーティストの作詞を手がけている松井五郎さんが、作曲は安全地帯のボーカル玉置浩二さんが手がけています。

CMやドラマなどのタイアップ曲ではないものの、V6のシングル売上ランキングでは堂々の1位に輝く人気の曲です。

「ノリの良いメロディと明るい歌詞は聴いていると一緒に歌いたくなる」「年齢に関係なくみんなで歌えてノリノリになれる」などの意見が多数ありました。

また、「明るさの中に優しさがある曲」「前向きに明日も頑張ろうと思える曲」との声も聞かれました。

この曲を歌っているV6のメンバーが楽しそうで、仲が良さそうな感じも伝わってくるとの口コミもありました。

20年以上前の曲ですが、今でもコンサートで盛り上がる曲だそうです。

ノリがいいのでカラオケで歌うのもおすすめの曲となっています。

井ノ原さんと玉置浩二さんがドラマで共演していたことがきっかけで、この曲ができたそうです。

二人の関係が良かったこそ「楽曲提供」ということになったのでしょうね。

重くなりがちな恋愛ソングを爽やかで明るいメロディにのせているところもおすすめポイントとなっています。

愛なんだを選んだ方の年代は?

愛なんだの年代別グラフ

当時学生だった30代の方からの票を多く集めています。

デートの前に聞きたいという口コミもありました。

メロディ、歌詞、ダンスの全てにノリがいいので、テンションを上げたいときに聴くのもおすすめですよ。

愛なんだを選んだ方の口コミ

軽快なリズムから始まる「愛なんだ」は玉置浩二が作曲したことで、ノリ良いリズムに仕上がっていると思います。

そして「そうなんだ、きっとそこから愛なんだ!」いつまでも色褪せないメッセージが歌詞に託されているので、こちらをノリよい歌ということにします。

みんなで歌える元気な曲だと思います。

V6のみなさんの仲良しな感じもつたわり愛を感じられます。

「愛なんだ」の繰り返しも覚えやすく歌いやすいですし、年齢関係なく、みんなで合唱できてノリノリになれる曲だとおもいます。

歌詞も明るくワクワクする感じで、リズムもサビは一度聞いたら耳から離れないと言うか、思わず口ずさみたくなる感じがします。

また、「イエーイ」とみんなで盛り上がれる部分もあり、古い曲ですが今でもよく使われているように思います。

V6といえば、愛なんだ。

愛なんだといえば、V6。

そういっても過言ではないぐらいの代表曲です。

明るさの中に優しさもあって、ただただノリが良いだけでなく、聞いていて心まで綺麗になっていくような感覚になります。

この曲を聞いていると、テンションがあがり、盛り上がれるからです。

ちょうど学生時代の流行りの歌だったのもあり、この曲を聞くとウキウキするような、当時の恋を思い出すような気持ちになれます。

とてもいい曲です。

おすすめの理由は覚えやすいサビでついつい口ずさんでしまうからです。

また、この曲をカラオケで歌うと周囲の雰囲気が変わり、みんなノリノリで盛り上げてくれます。

きっとこの歌詞と疾走感溢れる曲調が周囲を明るくしてくれるのだと思います。

きっと知らない人もいないくらい、歌詞を知らない人でも思わず鼻歌で歌ってしまいたくなるようなテンポの良い曲で、「きっとここから愛なんだ!」という歌詞があるように、前向きな未来を想像させてくれる曲で、一番のおすすめです。

この曲のサビの「愛なんだ」というところを聴くともうノリノリになってしまいます。

明るくって楽しくって笑いながら一緒になって歌い出したくなるような曲です。

これを歌ってるときのV6もなんだか楽しそうなのがいいです。

一度聴いたら耳に残るアップテンポな曲調や、明るい歌詞がノリが良くておすすめです。

聴くと気持ちも明るくなり、元気をもらえます。

誰でも歌いやすいメロディーであり、その場の雰囲気を盛り上げることもできると思います。

ノリの良いテンポと曲調、そして歌詞です。

「そうなんだ きっとここから愛なんだ はじめることが愛なんだ」という部分からぐっと盛り上がりますね。

V6の一番人気があった時で一番有名な曲であることも理由ですね。

愛なんだは何度聞いてもノリがよく、ついリピートして聞いてしまいます。

歌詞も聞いていてフレーズが頭に入ってきやすいし、ちょっとしんどい時とか疲れてる時には、ポジティブな曲なので、すごく元気を与えてくれる曲だと思います。

歌が始まる前奏部分から明るいメロディーでリズムが良く、一緒に口ずさみたくなるようなノリが良い一曲であると思います。

聴いているだけで元気がでて踊りだしたくなり、前向きにまた明日も頑張ろうと思える一曲だからです。

愛がテーマとなっている曲は聞いていて、楽しくなります。

歌詞も明るいので、聞いていて明日も頑張ろうと感じました。

サビの部分が特に良いと思います。

ノリノリになるので、カラオケでも盛り上がるし、良いなと感じました。

いまだにV6のコンサートの時に盛り上がる曲だからです。

学生時代の時に見ていたCMの歌ということもあり、耳に焼き付いているから。

カラオケに行ったときにも年齢関係なく口ずさんだり、踊ったりできるから盛り上がるのでおすすめです。

歌詞がとにかく良いです。

リズムも良く、覚えやすい曲調が口ずさみ安いし、歌詞も覚えやすい。

これを聞いたことあると言う方は多いはず。

テンションを上げたいときとか、デート前に聞きたい曲です。

もちろん、カラオケでも盛り上がります。

私が産まれた年代に大ヒットした歌でした。

テレビの音楽番組で、「懐かしの歌」や「あの時流行った歌」などのテーマでよく流れているイメージがあるからです。

ほかにも、カラオケなどで、自分の産まれた年代の曲を検索した時に出てきて、親近感を感じるからです。

テンポも早すぎず遅すぎず、のりやすい丁度いいテンポ。

歌詞も覚えやすくサビの「ダメダメダメ」の振りは思わず自分でもやってみたくなるほどキャッチーである。

メロディ、歌詞、ダンスすべて合わせてノリが良いと言える。

愛を重たい感じの曲にしないで、明るく愛をうたうとことが好きです。

きっとここからが愛なんだ、はじめることが愛なんだ、いろいろな愛の形を明るく歌うところや挑戦することを恐れちゃだめだよというメッセージ性がすきです。

3位 WAになっておどろう 17名

1位と2票差、2位と1票差で3位となったのは「WAになっておどろう」でした。

この「WAになっておどろう」は1997年に発売された7枚目のシングルで、当時、NHKの「みんなのうた」で放送されていたAGHARTAの「ILE AIYE〜WAになっておどろう〜」をカバーしたものです。

作詞作曲をシンガーソングライターの角松敏生さんの別名義である長万部太郎さんが担当、V6のシングル売上ランキングでは、上記の2曲に次いで3位に入るヒットナンバーです。

「思わず体が動き出すような曲」「みんなで体を揺らしながら歌えそうな曲」といった口コミが多く、タイトル通り、曲を聴いていると輪になって踊りたくなくような明るくノリの良い曲となっています。

また、テンポも速すぎず遅すぎずでちょうどよく、オリジナル版の「WAになっておどろう」は長野オリンピックのテーマソングになっていたことから子供から大人まで一緒になって盛り上がれる曲となっています。

この「WAになっておどろう」は、V6の他にもいろいろなアーティストにカバーされています。

その中でもTOKIOがカバーしているのには、ちょっとした驚きがありませんか?TOKIOがカバーしているのはAGHARTA版ではなくV6のバージョンで、AGHARTAのメンバーでもあり作詞作曲を担当した長万部太郎さん(角松敏生さん)がコーラスとギターで参加しています。

いろいろなアーティストの「WAになっておどろう」を聴き比べてみるのも楽しいかもしれませんね。

WAになっておどろうを選んだ方の年代は?

WAになっておどろうの年代別グラフ

30代の方を中心に20代~50代の幅広い年代の方からの支持を集めています。

今では音楽の教科書にも載っているため、子供から大人まで誰もが知っている曲と言えそうですね。

学生のときに流行っていたのでこの曲を聴くと青春を思い出すという方もいましたよ。

WAになっておどろうを選んだ方の口コミ

V6の中でノリのいい曲と言ったら、真っ先にこの曲だと思います、みんなで肩を組んで歌う為に作られたような曲だと思います、明るく軽快なテンポ、コーラスしやすい歌詞などノリの良さ満載です、キャンプファイヤーなどにもすごく合いそうです。

V6のWAになっておどろうは、メロディと歌詞が覚えやすく、すぐに歌えるので好きです。

子どもから大人まで、つい踊りたくなるようなノリの良い曲です。

特にV6が歌って踊っているのを見ると、楽しい気分になれるので、この曲が一番好きです。

曲調も、歌詞も楽しさがあふれでている。

結構年齢層も高いグループですが、そんなことを感じさせず、みんな若々しく見えます。

若い人たちの間で絶大な人気を誇ることがなぜなのかがわかる代表的な曲だと思うためです。

WAになっておどろうはかなり前の曲ですが、有名な曲だと思いますし、V6の曲の中でも色々な曲がある中でかなり明るくてノリがいい曲だと思います、特にサビの部分は今でも良く覚えてるくらいノリが良くて有名なサビだと思ます。

ハイテンポの曲と言ったら別の曲を選びますが、みんなで体を揺らしながら歌えそうな曲なので、そういう意味ではノリがいい曲と言ってもいいんじゃないかと思います。

立って、本当に輪になって手を繋いで踊るのもいいです。

思わず体が動き出すという雰囲気の曲です。

私が小学生か中学生の頃に、励まされた曲です。

毎日学校が嫌で友達とも馴染めなくて、うつむいてばかりの時にWAになっておどろう。

をテレビでみました。

歌詞が、その当時の私にピッタリでビックリしたのを覚えています。

みんなが口づさみながら歌える曲だと思います!カラオケでこの曲を誰かが歌うと盛り上がるので。

ノリもいいですし、男女共に愛される曲なんだと思います。

曲調もいいですし、テンポもちょうどよく最適だと思います。

V6の曲の中で、WAになっておどろうが一番好きです。

何年経っても良い曲だと思います。

友達と手を繋いで歌っていました。

学生の頃に流行っていたので、この曲を聞くと青春を思い出す。

カラオケの締めにもよく歌っていたなぁ~。

確か長野オリンピックでも使われていた曲だと思うのですが、みんなで一緒になってとても盛り上がれる曲だと思います。

子供から大人まで一緒になって踊れるような曲でもあるし聴いているだけでリズムに乗りたくなる曲です。

学生の頃、学校のイベントなどでタイトル通り皆んなで輪になって踊る事がありました。

振り付けもそんなに難しくないのでみんなが同じ動きをしてとても笑顔でいられる曲だと思います。

個人的に懐かしい思い出の曲です。

輪になって踊ろうという歌詞があるように、みんなで踊って歌うのに適していると思います。

速い動き、遅い動きのどちらにでも対応できるテンポなので、子どもからお年寄りまで年齢層関係なく幅広く親しむことができ、歌詞も覚えやすく口ずさみやすいです。

小学校のときに運動会で踊ってとてもノリのいい曲だと思います。

今でも歌えるほどの曲です。

サビの部分はみんなで盛り上がれること間違いなしだと思います。

手拍子もとてもしやすいです。

ぜひ、一度聞いてみてください。

誰もが知ってる曲でテンポが早すぎず遅すぎずノリやすいです。

サビのところはフリも簡単なので覚えやすいしみんなで合わせてできるので盛り上がります。

歌詞も明るくてみんなが笑顔で歌えると思います。

ほんとにWAになっておどれると思います。

メロディやテンポが明るいので、ノリやすい曲だと思います。

曲を聴いているだけで体が動いちゃうというか、リズムに合わせて踊りたくなります。

そもそもタイトルが「WAになっておどろう」なので、踊りたくなるのは当然だなと思います。

タイトル通り、WAになっておどれてノリやすい曲だと思います。

隣どおし、知らない人でも手を繋いで盛り上がれると思うのですごくおすすめです。

結構前の曲なので知らない人もいるかもしれませんが、恥ずかしがらずにのれると思います。

ノリが良くて思わず踊り出したくなる曲なので、この曲にしました。

「waになって踊ろう」は小学生の時に流行った曲ですが、運動会のダンスで踊りました。

ノリが良くて楽しい曲です。

子どもでも親しみやすい曲だと思います。

20代・30代以上の世代なら知らない人がいないっていうくらい有名な曲だと思います。

テンポもよく、この曲を知らない世代にも耳に残りやすい覚えやすい親しみやすい音楽だと思うので、私にとってオススメの1曲です。

4位 TAKE ME HIGHER 10名

「TAKE ME HIGHER」は1996年に発売された4枚目のシングルで、長野博さんが主演をしていた「ウルトラマンティガ」のオープンニングソングになっていました。

V6全員で歌っている曲では、初のドラマタイアップ曲となっています。

また、V6のシングル売上ランキングでは6位に入る人気の曲です。

「自然と体が動き出すアップテンポな曲でノリがいい」「とにかくノリがよく元気が出るような曲」などの意見が多く見受けられました。

また、ウルトラマンティガの主題歌だったため、ジャニーズファンだけでなくウルトラマンファンの両方が盛り上がる不思議なノリがある曲との声もありました。

アップテンポで激しい曲調は、スピード感を感じさせるとのことです。

「V6らしい曲」との口コミも多く、激しいダンスも見どころの一つとなっています。

「TAKE ME HIGHER」を訳すと「私をもっと高いところまで連れて行って」という意味になります。

歌詞の中には「Gonna TIGA!Take me, take me higher 」というフレーズがあり、「TIGA」はもちろんウルトラマンティガのことを指しています。

この部分を訳すと「ティガ、私を、私をもっと高いところまで連れて行って」となります。

この意味を考えながら聴いたり歌ったりすると、よりノリがいい曲に思えますよね。

TAKE ME HIGHERを選んだ方の口コミ

曲のつくりは至ってシンプルで繰り返しが多いのに、激しくて緊迫感があるメロディに中毒性があり、何度も聴きたくなる曲です。

激しさの中に爽やかな疾走感も感じられ、身体が自然と動き出すアップテンポな曲なので一番ノリがよいと思います。

「MADE IN JAPAN 」等もそうですが、テンポよくノリのいいユーロビートのサウンドで、聞いててテンションが上がります。

また、この曲は、メンバーの長野博が出演した「ウルトラマンティガ」の主題歌としても使われたので、イメージからか、よりスピード感を感じさせます。

ノリの良い曲だし、有名な曲なのでV6のファンでなくても、たくさんの人がどこかで一度はどこかで耳にしたこともあるのではないかと思います。

私も別にV6ファンではないのですが、この曲は何度も聞いたことがあるし、ノリの良い曲なので好きです。

とにかくノリが良く元気が出るような曲なのでV6の歌の中でTAKE ME HIGHERがノリが良い曲としてはが一番お勧めです。

初期のV6らしく元気いっぱいでダンスも激しいので歌わなくても聞いているだけで元気になれる曲です。

ウルトラマンティガのオープニング主題歌で、V6ファンだけでなく、ジャニーズのグループや楽曲に抵抗が有るウルトラマンティガを見ていたウルトラマンのファンも共感も得ている曲で、テレビで唄う事になれば、V6ファンとウルトラマンのファン両方が盛り上がる不思議なノリが有る思います。

今の私の年齢(今年28歳)でこの曲を知らない人はほとんどいません。

そのためによくカラオケで入れて歌う人がいますが、やっぱりテンションは上がります。

テレビで歌っているのをよく見ますが、何回見てもきたー!

となり、やっぱりこの曲はいいね、と毎回思えるのでこの曲だと思いました。

曲調とダンスが激しくとてもノリが良い曲だと思います。

タイトルにもあるwanna take me baby take me higherという歌詞が何度も出てきて、そこのメロディーが特にノリが良くとてもかっこいい曲だと思います。

一番好きな曲なので友達とライブに行ったときに、この曲が流れると最高にテンションが上がります。

そしてライブが終わった後にカラオケに行って、またこの曲をみんなで代熱唱するのが定番になっています。

盛り上がるのに欠かせない曲です。

長野くん主演のウルトラマンティガの主題歌で、流れてた時は、聞きやすく、カラオケでは一番歌ってました。

特にサビの部分は歌いやすいですし、歌詞も覚えやすく、ノリも良いと思います。

リズム感もあり一番のおすすめ曲です。

確かウルトラマンシリーズのオープニングで流れていたと思います。

アップテンポでとてもノリが良く、カラオケでも盛り上がる一曲です。

この曲を聞くと、「あ~、v6だ」と思うくらいV6らしい曲だと思います。

シンセが効いていてサビの部分がかっこいいです。

5位 MADE IN JAPAN 7名

この「MADE IN JAPAN」は1996年に発売された2枚目のシングルで「春の高校バレー」のイメージソングになっていました。

V6のシングル売上ランキングでは4位に入るヒットソングです。

「初期のユーロビートの曲の中でも一番ノリがいい曲」「アップテンポの激しい曲でノリが良く、聴いていると歌いだしたくなる」といった声が聞かれたほか、2枚目のシングル曲ということもあり、「若かりし頃のV6のメンバーが思い出される」「彼らの勢いがとても現れている」と言った意見もありました。

スピード感と若さが溢れている曲で、ノリの良い曲調だけでなく、かっこいいダンスもおすすめの一曲です。

シングル売上はデビューシングルの「MUSIC FOR THE PEOPLE」よりも低いものの、オリコンチャートではこの曲で初めて1位を獲得しました。

22年前の曲ですが、ヒットソングのため認知度も高く、サビの「Made in Japan Made in Japan」を聴くと、つい口ずさんでしまっているようなノリの良い曲になっています。

カラオケで歌うのもおすすめですよ。

MADE IN JAPANを選んだ方の口コミ

ノリノリで、タイトルも歌詞もちょっと意味不明なところが面白くて好きです。

カラオケで歌ったらみんなで盛り上がれること間違いなし。

特に30代の人にはなつかしく、青春がよみがえるのでまたノリノリになれそうです。

V6と言えばメードインジャパンだと思います。

ノリがいいと言えばこの曲が思い浮かびました。

カラオケに行って皆で歌い踊る曲です。

メンバーが若い時の曲ですが今のV6が歌い踊っている姿が見てみたいです。

この曲の頃が歌もダンスも格好よくて一番好きでした。

ダンスビートのような音楽と激しいのに覚えやすい歌詞で、さびの部分は一緒に歌いたくなります。

同じ系統で「MUSIC FOR THE PEOPLE」も好きなので、こういう曲を歌うV6が好きなのだと思います。

とてもノリがいい曲です。

V6初期の頃はユーロビートのカバーを出してましたね。

その中でも一番ノリがいいかと思うのがこのMADE IN JAPANです。

他のユーロビートのカバーに比べテンポが早く、途中に入るラップの部分が最高です。

サビの部分の「メイドインジャパン」の歌詞が印象的です。

アップテンポの激しい曲で、ノリがよく、歌いたくなります。

前向きな応援ソングで聞いていると元気が出ます。

セカンドシングルですが、当時勢いを感じることができました。

この曲はV6の初期の曲であり、彼らの勢いがとても現れていると思います。

サビの部分で繰り返される「MADE IN JAPAN」が耳に残り、つい口ずさみたくなってしまいます。

元気をもらえる1曲だと思います。

Made In Japanは春高バレーのイメージソングでもあり、スピード感と若々しさが溢れている曲です。

とても昔の曲ですが、若かりし頃のV6のメンバーが思い出され、すごくノリが良い歌になっているので選びました。

100名に聞いた!V6(ブイシックス)の歌で最もノリが良いと思う曲口コミランキングまとめ

100名に聞いた!V6(ブイシックス)の歌で最もノリが良いと思う曲口コミランキングはいかがでしたか?

今回紹介した曲はV6の初期の頃の曲が多く、特に1位の「MUSIC FOR THE PEOPLE」、4位の「TAKE ME HIGHER」、5位の「MADE IN JAPAN」はユーロビートミュージシャンであるデイブ・ロジャースさんが作曲しているため、ユーロビート調の激しい曲というのが特徴となっていました。

また、その曲に合わせて踊るV6のダンスが「カッコイイ」「勢いを感じる」といった声が多くあったのが印象的でした。

上位に入った曲のそれぞれの口コミの中には、「V6といえばこの曲」と言っている方がいたように、上位の曲はどれもV6の代表曲といえる曲ばかりでした。

また、初期の頃の曲は激しいダンスナンバーが多く、それらの曲を「V6らしい曲」と口コミしている方がいました。

このことからもV6のイメージはこの頃から出来上がっていたのがわかりましたよね。

5位までに入った曲はどれも20年以上前の曲でしたが、今聴いてもノリノリになれる曲ばかりなので、テンションを上げたいときは今回紹介した曲を聴いてみてはいかがですか?

0