「リレーのときにあの曲が流れていた」「あの曲に合わせて踊った」など、皆さんは運動会や体育祭で使われていた思い出の曲はありますか?運動会や体育祭では、当時流行っていた曲、定番の曲などさまざまな曲が使われますが、その中でジャニーズの曲が流れていたという方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、ジャニーズの歌で運動会や体育祭で使うのに一番おすすめの曲は何かを、無作為に集めた100名からアンケートをとり、なぜその曲が一番おすすめなのか口コミなどを集計してまとめてみました。

100名に聞いた!ジャニーズの歌で運動会や体育祭で使うのに一番おすすめの曲の口コミランキング

100名に聞いた!ジャニーズの歌で運動会や体育祭で使うのに一番おすすめの曲の口コミランキングのグラフ

1 位 Happiness ( 嵐 ) … 23 名
2 位 GUTS! ( 嵐 ) … 10 名
3 位 勇気100% ( 光GENJI ) … 6 名
4 位 A・RA・SHI ( 嵐 ) … 5 名
4 位 がむしゃら行進曲 ( 関ジャニ∞ ) … 5 名
6 位 世界に一つだけの花 ( SMAP ) … 4 名
7 位 パラダイス銀河 ( 光GENJI ) … 3 名
7 位 希望~Yell~ ( NEWS ) … 3 名
9 位 バッキバキ体操 第一 ( 関ジャニ∞ ) … 2 名
9 位 ズッコケ男道 ( 関ジャニ∞ ) … 2 名
9 位 がんばりましょう ( SMAP ) … 2 名
9 位 WAになっておどろう ( V6 ) … 2 名
9 位 無責任ヒーロー ( 関ジャニ∞ ) … 2 名
9 位 前向きスクリーム! ( 関ジャニ∞ ) … 2 名
9 位 ジェットコースター・ロマンス ( KinKi Kids ) … 2 名
9 位 Joy!! ( SMAP ) … 2 名
9 位 SHAKE ( SMAP ) … 2 名
18 位 WISH ( 嵐 ) … 1 名
18 位 シンデレラガール ( King & Prince ) … 1 名
18 位 Love so sweet ( 嵐 ) … 1 名
18 位 Hero ( 嵐 ) … 1 名
18 位 青春アミーゴ ( 修二と彰 ) … 1 名
18 位 オリジナル スマイル ( SMAP ) … 1 名
18 位 Real Face ( KAT-TUN ) … 1 名
18 位 BANG! BANG! バカンス! ( SMAP ) … 1 名
18 位 over ( V6 ) … 1 名
18 位 ガラスの十代 ( 光GENJI ) … 1 名
18 位 明日が聴こえる ( J-FRIENDS ) … 1 名
18 位 バリ ハピ ( ジャニーズWEST ) … 1 名
18 位 STAR LIGHT ( 光GENJI ) … 1 名
18 位 TAKE ME HIGHER ( V6 ) … 1 名
18 位 WANNA BEEEE!!! ( Kis-My-Ft2 ) … 1 名
18 位 ええじゃないか ( ジャニーズWEST ) … 1 名
18 位 チャンカパーナ ( NEWS ) … 1 名
18 位 Everybody前進 ( 嵐 ) … 1 名
18 位 Lady ダイヤモンド ( Sexy Zone ) … 1 名
18 位 宙船 ( TOKIO ) … 1 名
18 位 NOROSHI ( 関ジャニ∞ ) … 1 名
18 位 カンパイ!! ( TOKIO ) … 1 名
18 位 フラワー ( KinKi Kids ) … 1 名

100名に聞いた!ジャニーズの歌で運動会や体育祭で使うのに一番おすすめの曲の口コミランキンググラフ結果

今回見事1位に輝いたのは嵐の「 Happiness 」でした!明るい曲調とサビの歌詞、知っている人が多いところがおすすめの理由となっています。

ランキングされた曲を見てみると、5位以内に嵐の曲が3曲入り、全体的に見ても嵐の曲が一番多くランクインしています。嵐の曲は明るく前向きな曲が多いので、運動会や体育祭に合っていますよね。

嵐に次いで、明るくノリの良い曲が多い関ジャニ∞、2016年に解散をしたSMAPの曲が多く入っていますが、中でも、伝説のアイドルと言われ20年以上前に解散をした光GENJIの曲が数曲ランクインしたことに驚いた方も多いのではないでしょうか。思い出の曲は何年経っても忘れずに記憶に残っていることが証明された結果となりました。

100名に聞いた!ジャニーズの歌で運動会や体育祭で使うのに一番おすすめの曲の口コミ調査 BEST5

1位 「Happiness ( 嵐 )」-サビの歌詞は運動会にぴったり!聴いているだけで元気になれる応援ソング- 23名

今回2位に倍以上の差をつけて1位に輝いたのは嵐の「Happiness」でした。この「Happiness」は、2007年に発売された20枚目のシングルで、二宮和也さんと櫻井翔さんが主演していたドラマ「山田太郎ものがたり」の主題歌となっていました。

「アップテンポで明るく楽しい曲なので元気がもらえる」、「サビの『走り出せ走り出せ明日を迎えに行こう』の歌詞が運動会にぴったり」との意見が多数あったほか、ドラマの主題歌になっていたことや歌番組などで歌われることが多く「世代を問わず誰もが聴いたことがある曲」「知っている人が多いので盛り上がる」という意見も多く見受けられました。また、「子供の運動会でずっと使われていた」「徒競走のときによく流れている」など、実際に運動会や体育祭で使われていることがわかる口コミもありました。

イントロからノリが良く、軽快なリズムと前向きな歌詞は頑張っている子どもたちにぴったりで、走る競技だけでなく、団体競技、入退場など、どんな場面でも使えるおすすめの曲となっています。応援合戦のときに、この曲のサビの部分の振り付けをみんなでやったら盛り上がること間違いなしだと思いますよ。

Happinessを選んだ方の年代は?

Happinessの年代別グラフ

嵐のファン層でもあり、この曲が主題歌だったドラマを見ていた世代20~30代の方からの票を多く集めています。自分の子供の運動会でも使われる世代なのかもしれませんね。爽やかな曲なので晴れた日に聴きたいという口コミもありましたよ。

Happinessを選んだ方の口コミ

ノリがいい!競技中、競技移動中、全てに合います。今、中1の子供がいますが、6年間使っていました。「走り出せ~」で走ったり。競技の移動中は、足踏みしながら次の競技へ向かうけど、ダラダラしないリズムで移動してました。
やはりサビの部分の「走り出せ走り出せ明日を迎えに行こう」の部分ですね。Happinessは2007年の歌ですが今でも運動会や体育祭でよく使われますね。認知度も高い曲ですし盛り上がります。特に徒競走、クラスや部活動対抗リレーではなく普通の100m走とかでよく流れています。
歌詞がとても前向きで応援歌に頑張ってる選手にぴったりの曲。走り出せ、走り出せ や 何度も立ち上がるよ の部分は特に今にも身体が動き出しそうな歌詞でリズムもアップテンポ、全体の歌詞も明確で選手にも観客にとってもとても分かりやすい意味の歌詞だから。
イントロあら疾走感のあるギターサウンドで、聴いていてやる気が湧いてくると思いますし、サビの「走りだせー走りだせー」の所は、まさに運動会や体育祭にピッタリだと思います。リレーとかで流れていたら頑張りたくなります。
世代問わず、誰でも一度は聞いた事ある知っている曲だと思いますし、走りだせ~♪という所が運動会にあっていると思いました。明るく元気で爽やかな曲なのでお天気のいい日に聞きたい曲ナンバーワンなのでおすすします。
大人も子供も、知っている人も知らない人もすぐにノリノリになって歌えるし、暑い中、頑張って競技をやっている時に特にサビの部分「走り出せ走り出せ明日を迎えに行こう」が頑張っていると人達に響くし、運動、体育祭にぴったりだと思う。
嵐は色んなメディアにも出ていて、小さい子からお年寄りまで認知度は高いと思います。嵐の曲は、みんなが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。その中でもこの曲は、歌詞に「走りだせ 走りだせ」というフレーズがあるのでスポーツシーンにはぴったりではないかと思います。
明るく楽しい曲調なので、思わず体を動かしたくなる運動会にぴったりの曲です。さびの部分が、【走り出せ、走り出せ】なので、一生懸命走る競技が多い運動会に似合う歌です。前向きで元気で、皆が一度は耳にしたことがある定番の曲なので馴染みやすいと思います。
もちろん曲そのものがとても良いですが、歌詞も良いです。運動会や体育祭で使うとなるとAメロ、Bメロ、サビがしっかり分かれているほうが使いやすいと思います。またこの曲は古すぎず新しすぎでもないので、知っている方も多いと思います。
歌詞の内容が、運動会や体育祭のイメージと合っていると思うからです。特に、サビの「走り出せ」という歌詞がスポーツイベントに合うと思います。曲の雰囲気も爽やかな感じで、スポーツイベントにぴったりだと思います。
アップテンポで、明るく、楽しい曲調なので、その場にいる人たちに元気を与え、アクティブな気持ちにさせてくれそうです。何より、サビの歌詞を聞いたら、みんな「走り出したく」なると思います。応援ソングとしても最適なのではないでしょうか。
サビの部分で、「走り出せ、走り出せ」という歌詞があったり、思わず走り出したくなったり、踊ったり、体を動かしたくなるような、明るく元気が出るメロディーなので、運動会や体育祭に合っている曲ではないかと思いました。
踊りでも使えるけれど、走る場面で重宝されると感じるからです。誰もが一度は聞いたことがある嵐の曲だと思うし、走りだせ走りだせ、止めないで止めないでと言う部分が合っているし、学生という立場の希望に満ちた時代に合っているからです。
とてもノリがいい曲だし、アップテンポなので運動会などで流すと盛り上がると思います。また、サビの「走り出せ 走り出せ」という部分が直接的で徒競走などに使うと走っている方も応援している方もテンションが上がっていいと思います。
実際に子供の幼稚園の運動会でも使われていたのですが、「走り出せ 走り出せ 明日を迎えに行こう」というサビの部分がとてもかけっこにぴったり。元気で前向きな雰囲気も頑張る子供たちや運動会というイベントに良くあっていたと思います。
運動会や体育祭といえば、生徒たちは全力で元気になり、観覧席の方々も笑顔になれる場です。だから、明るく勢いのある曲をと思い、この曲を推薦致しました。サビの「走り出せ、走り出せ明日を迎えに行こう」という歌詞はこういう場にぴったりだと思います。辛いことやしんどいことは沢山あります。でも、走り切って乗り越えた先に見えるものを生徒たちや保護者の方々、先生方に感じ取っていただきたいです。それができる一曲だと思うので、私はこちらの曲を推薦致します。
嵐は世代問わず誰でも知っているグループだし、一度はテレビやラジオで耳にしたことがある曲だと思います。過去にとらわれずひたすら前を見て走っていくという歌詞は誰でも共感でき、明るい曲調も人を前向きに元気にさせる曲だと思います。運動会で負けてしまった子や理想の結果が出せなかった子も「また次がんばろう」と思わせる曲だと思います。
嵐の曲は毎回、明るく元気の出る曲がたくさんあります。その中でもこれを選んだ理由は、アップテンポの曲調で運動会や体育祭でも盛り上がると思います。またみんなが聞いたことある曲だと思うので親しみやすいと思います。そして、歌詞も前向きであっていると思います!
ノリが良く、自然にリズムを刻んだり身体が動き出す曲です。ポップだけど「走り出せ走り出せ」とか「止めないで止めないで」とか、結構闘争心もかきたてられます。青空の下で自分の力を、力まないで楽しく解放できる感じで良いと思います。
「走り出せ!走り出せ!」という歌詞が運動会や体育祭にはピッタリです。リズムも良く、実際に競技する側も、応援している側も、どちらも気持ちよく聴くことができます。それに、なんと言っても元気がでるので弾むような気持ちになれます。
タイトルのようにメロディが明るくとても軽快でテンポがとても良いこと。また、歌詞も未来に向けての前向きな歌詞であることと、サビの「走り出せ、走り出せ」というフレーズが印象的で、運動会にはピッタリだと思いました。
曲全体が明るく盛り上がるメロディーなので、聞いているだけで気分が明るくなり運動会という盛り上がる場面が多い競技にぴったりだと思うからです。また、歌詞の「走り出せ」という部分がリレーなど走る競技が多い運動会にリンクしていると思います。
サビの「走り出せ走り出せ」のところがまさに運動会にうってつけだと思いますし、曲全体が爽やかでスピード感があるので小中学校、高校どこでも使える曲です。歌詞も青春の一ページという感じでよく合うと思います。

2位 「GUTS! ( 嵐 )」-タイトルからして頑張ろうと思える曲。応援団のような振り付けは運動会におすすめ- 10名

2位に入ったのは、同じく嵐の曲「GUTS!」でした。この「GUTS!」は2014年に発売された43枚目のシングルで、二宮和也さんが主演していたドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」の主題歌となっていました。

口コミには「タイトル通り、頑張ろうと思える曲」「前向きになれるポジティブな歌詞と明るいメロディが運動会に合っている」などの意見がありました。また、テンポやノリが良く、知っている人が多いので、この曲がかかれば子どもたちだけでなく観客もノリノリになれるとの声も聞かれました。歌詞の「VIVA青春」や「君はひとりじゃないさ」が学生らしく、「まだまだ諦めるな」「闘う友よ」のフレーズは、仲間たちと力を合わせて頑張る運動会や体育祭にはもってこいの曲となっています。聴いているだけで勇気が湧いてくると思いますよ。

この曲は、野球のスイングや応援団のような振り付けが特徴となっていて、歌詞や振り付けだけを見ても応援ソングとしてもおすすめの一曲です。ダンスに使ってもよし、リレーや入退場のときに使ってもよしの曲なので、「運動会などでは使いやすい」という意見もあり、実際に「子供の運動会で使われていてノリノリだった」という方もいました。

GUTS!を選んだ方の年代は?

GUTS!の年代別グラフ

子供の運動会で聴く機会が多いのか、30代の方を中心に票を集めています。嵐の振り付けをそのまま幼稚園や保育園の運動会で子どもたちが踊ったら可愛らしいでしょうね。

GUTS!を選んだ方の口コミ

勢いがありノリが良く運動会や体育祭に使われる曲ならばGUTS!はぴったりだと思います。知っている人も多い曲でテンポが良く聞いていて楽しいことや元気が出る歌なのでダンスにも体操にも使用できる歌だと思います。
子供の小学校で流れたことがあるのですが、とても盛り上がっていました。リズムもミュージック感もノリノリなので、子供たちだけではなくて周りの観客もノリノリになっていました。場を盛り上げてくれとても楽しかったです。
タイトル通り、頑張ろうと思える曲。歌詞の中にも「青春」「君は一人じゃないさ」「勝ち誇れ」などの言葉も入っていて勝敗が決まるイベントにはもってこいだと思う。曲もアップテンポで明るいので楽しい気持ちで盛り上がれる。
ダンスでみんなで踊る曲にも、リレーの曲としても幅広く使える曲調だからおすすめです。GUTS!というタイトル通り、きつくて諦めたくなるときに聴くと、勇気ややる気が湧いてくるので運動会にはぴったりだと言えます。
曲のテンポがマーチのようで、踊るにしても行進するにしてもとてもリズムが取りやすい曲です。嵐は大人にも子供にも人気のあるジャニーズのグループなので曲を知っている人も多くノリやすいと思います。ドラマ「弱くても勝てます」と言う野球のドラマの主題歌でもあったので、運動会にぴったりな曲です。
この曲は、応援歌のような歌詞だからです。実際に運動会で使われているのも見たのと、以前から運動会や競技するのに向いているなと思っていました。嵐は、今幅広い年代で歌も曲もわかると思います。運動会でも、小学生の低学年の子達のダンスの曲としても使われているので、私は、一番おすすめだと思いました。
運動会や体育祭にぴったりの歌詞だと思います。前向きで、青春という感じが伝わってきます。また、音楽も楽しく軽快で、生徒たちが頑張って走っている姿がさらに引き立つようなバックミュージックになってくれそうだと思います。また、サビを聞けば一生懸命走ろうという気持ちになれそうです。
応援ソングとして運動会などでは使いやすい曲かつ、簡単な踊りもできるようになっているので盛りあがりにも適していると思う。一致団結が必要な運動会や体育祭ではみんなで一緒になって応援しやすい曲だと思うのでおすすめしたい。
運動会を楽しんで欲しい、という気持ちにぴったりの曲だからです。前向きになれるポジティブな歌詞と明るいメロディーで、みんなのやる気がパワーアップすること間違いなしです。振り付けも覚えやすいので、見ている人も一緒に盛り上がれる曲です。
ノリのいい曲だし、徒競走などさまざまな競技に使えるから。また嵐は子どもでも大人でもみんなが知っているので親しみやすく誰でも楽しめると思ったから。また、今の時期にぴったりな曲でもあり、振り付けもあるのでダンスでも使える。

3位 「勇気100% ( 光GENJI )」-明るいメロディは運動会向き!今でも歌い継がれるアニメソング- 6名

この「勇気100%」は1995年に解散した光GENJIの21枚目のシングルで、1993年にリリースされ、アニメ「忍たま乱太郎」の主題歌となっていました。この曲はその後も、Hey!Say!JUMPやSexy Zoneなどのジャニーズグループに歌い継がれ、今では「子供なら誰もが知っている」と言えるような曲となっています。

「幅広い年齢層に知られている曲でみんなで盛り上がれる」「明るくポップな曲は運動会にピッタリ」との意見が多くあったほか、「いまだに運動会や体育祭でよく流れているのを聴く」「子供の運動会のお遊戯で使われていた」という方もいました。「そうさ100%勇気 もうがんばるしかないさ」の部分は、誰もが一度は聴いたことがあるメロディなのではないでしょうか。前向きな歌詞と明るい曲調は聴いているだけで元気づけられ、みんなが頑張っている運動会や体育祭の応援ソングとしてもおすすめです。

オリジナルは光GENJIが歌っていましたが、発売から25年以上経った今でも「忍たま乱太郎」の主題歌はこの「勇気100%」で、さまざまなジャニーズグループに歌い継がれてきました。光GENJIは20年以上前に解散してしまったので、彼らのことは知らなくても、この曲を知らない子供はほとんどいないのではないでしょうか。数年後にもし同じアンケート調査をしたとしても、この曲は上位に入ってくるのではないかと思いますよね。長い間みんなに愛される前向きな応援ソングは、運動会や体育祭にぜひ使ってほしいおすすめの一曲です。

勇気100%を選んだ方の年代は?

勇気100%	の年代別グラフ

アニメを見ていた世代なのか、30代~40代の方からの票を集めています。一世を風靡した光GENJIのファンの方もこの年代に多いのではないでしょうか。

勇気100%を選んだ方の口コミ

もう25年も前の曲ですがいまだに運動会や体育祭でよく流れているのを聞きます。100%の勇気をもって思い切りやってやろう!という歌詞で明るいメロディーなのでスポーツには本当にもってこいの曲だと思います。
娘の運動会でのお遊戯の曲でした。運動会らしくのりもよく口ずさみやすく、親子そろって大好きな曲です。運動会というと真っ先に思い出す曲です。明るくポップな曲はのりのりの運動会の曲にぴったりだと思います。老若男女が楽しめる曲ではないでしょうか!?
もうだいぶ原曲は古い曲ですけど実際に自分が小学生時代に使われていた曲でいろいろなジャニーズの方が歌われていて昔から色褪せない曲でやはり歌詞の内容が運動会や体育祭で使用したときにピッタリとはまる曲で聞いているだけで元気づけられてくるところがたまらない曲で今の小学生達にも聞いて欲しいですね。
オリジナル版は光GENJIですが、その後Hey! Say! JUMPやNYCなんかも歌っていて、幅広い年齢層に知られているため運動会や体育祭でもみんなで盛り上がれる曲です。アップテンポで親しみやすいメロディーと、まさしく応援ソングという感じの歌詞も運動会にぴったりです。
NHKで長年やっているアニメのテーマソングなので、小学校の運動会の曲によさそう。お父さんお母さんも世代も子どものころに聞いたことがありそうなので、子どもたちと一緒に盛り上がれるのではないかな?と、考え選んでみました。
私が学生の頃に、運動会で何年も使用されていた楽曲で親しみがあります。入退場や競技の際など、幅広く使えると思います。前向きになれそうな明るい曲調と背中を押してくれる歌詞が、運動会に合っていておすすめです。

(同率)4位 「A・RA・SHI ( 嵐 )」-運動会に嵐を巻きおこせ!アップテンポで盛り上がる嵐の代表曲– 5名

今回4位に同率で2曲入りましたが、その中の1曲は嵐のデビューシングル「A・RA・SHI」でした。この「A・RA・SHI」は1999年に発売されたシングルで、この年に開催されたバレーボールワールドカップのイメージソングになっていました。作詞をSexy Zoneの菊池風磨さんの父であるJ&Tさんが手がけています。多くのヒット曲を連発している嵐ですが、嵐のシングル売上ランキングでは1位に輝く人気の曲です。

「みんなが知っている曲なので楽しく盛り上がれる」「ノリが良くてアップテンポなので運動会に合っている」などの意見がありました。また、サビの振り付けは簡単なので、嵐のメンバーカラーを取り入れたボンボンを持って踊れば楽しそうとの口コミもありました。アップテンポなメロディと「体中に風を集めて巻きおこせA・RA・SHI」のフレーズがまさに運動会にぴったりの曲となっています。

自分の運動会でも流れていたという方が何人かいましたが、その中には、自分の運動会にも使われ、子供の運動会にも流れていたという方がいました。その方自身もびっくりしたという口コミを書いてくれていましたが、親子で同じ曲が使われるのはすごいですよね。思わぬところで嵐の曲の息の長さを感じるエピソードとなりました。

A・RA・SHIを選んだ方の口コミ

運動会とか体育祭だと、盛り上がったらとても楽しいので、みんなが知ってる曲がいいと思ったことと、ノリが良くてアップテンポな曲がいいと思ったことと、以前自分の学校で使っていたことからこの曲がいいと思いました、
体育祭はある意味嵐。勝利を収めるために歌詞にもあるように、「体中に風を集めて 巻きおこせ」がまさにピッタリだと思います。老若男女問わず愛されるグループだし、リズミカルでテンポもいいので、盛り上がること間違いなしだと思います。
嵐と同じように五人ずつくらいで一組になって衣装の再現は無茶ですが、メンバーカラーのようにポンポン等色を取り入れて踊ったら映えるし、楽しそうだと思います。さびの振りも簡単ですし、小学生でも中学生でも踊りやすく、いける気がします。
元気な曲で、ノリがいいと思います。運動会や体育祭に出ている子供も、応援する保護者も先生も、多くの人が知っている曲でもあり、みんなが楽しめ、明るく元気になれるような気がします。特に、サビのところでは、振り付けも自然にできそうで、運動会が楽しくなりそうです。
元気が出て頑張ろうと思える曲です。体中に風を集めて 巻き起こせ 嵐 嵐この歌詞が運動会にふさわしいなと思います。私が小学生の頃の運動会で流れていました。今では古めの歌なのかもしれませんが、子供の保育園の運動会にも流れてたので今でも使われていてびっくりしつつすごいなと思いました。

(同率)4位 「がむしゃら行進曲 ( 関ジャニ∞ )」-背中をガツンと押してくれるような応援ソング。がむしゃらに頑張りたいときにおすすめ- 5名

同率で4位入った2曲目は関ジャニ∞の「がむしゃら行進曲」でした。この「がむしゃら行進曲」は2014年に発売された31枚目のシングルで、丸山隆平さんが主演していたドラマ「地獄先生ぬ~べ~」の主題歌となっていました。

「明るくテンポがいいので運動会にもってこいの曲」「とにかく明るい曲で思いっきり背中を押して応援してくれている感じがする」との意見があったほか、ドラマの舞台が学校だったことや、曲の途中にチャイムの音程が入っているため、この曲自体に「学校」のイメージがあり「学校行事にピッタリ」との意見もありました。曲の中で何度も出てくる「がむしゃらラララ」のフレーズを聴くと元気が出て、「がむしゃらに頑張ろう」と思えるような曲になっています。

明るくノリがよく、いわゆる「お祭りソング」と言える曲が多い関ジャニ∞ですが、この曲もイメージ通りの明るい応援歌で関ジャニ∞らしい曲です。疾走感がある爽やかな曲はリレーなどにおすすめですが、この曲は泥臭くがむしゃらに頑張れそうなので、団体競技のときに使うのがいいかもしれませんね。振り付けも簡単ですぐに覚えられるので、踊って歌いながら応援すれば「最後の大逆転!」なんてこともあるかもしれませんよ。

がむしゃら行進曲 を選んだ方の口コミ

リリースされて以来、実際に体育祭や運動会で流れているのをよく耳にしますし、すごく明るくテンポが良いので、活発に動くイベントにはもってこいの曲だと思います!「がむしゃらラララ進もう~」というサビの歌詞に、元気とパワーと頑張る力を貰えると思います!
とにかく明るく元気で思いっきり背中を押して応援してくれている感じが運動会にピッタリだと思います。テンポも良いし、子供たちもリズムに合わせて力がみなぎりそう。実際に我が子の運動会でも使われていて大盛り上がりでした。
運動会や体育祭ということは学校なので、まずチャイムの音程が入っていて学校の行事にピッタリだと思います。曲がアップテンポで、掛け声や振り付けもあるのでみんなで歌ったり踊ったりできてとても楽しめる曲です。
まず、関ジャニ∞のパワフルではっちゃけているような声は運動会という楽しい祭日にぴったり!!また、この曲は「がむしゃらららら」という言葉が何度も出てくる。運動会をがむしゃらに頑張っていこうと思えるような、元気溢れる曲になっているから。
運動会にお勧めの歌といえば、がむしゃら行進曲です。この歌は、運動会にバッチリにあう元気いっぱいの歌で、運動会を楽しく盛り上げるのに一役かってくれそうで、リレーや、徒競走などがむしゃらに頑張れそうだと思います。

100名に聞いた!ジャニーズの歌で運動会や体育祭で使うのに一番おすすめの曲の口コミランキングまとめ

100名に聞いた!ジャニーズの歌で運動会や体育祭で使うのに一番おすすめの曲の口コミランキングはいかがでしたか?

運動会や体育祭におすすめというだけあり、どの曲も「明るい」「前向き」「知名度が高い」というのがポイントとなっていました。中でも、上位5曲中3曲が嵐の曲となりましたが、曲の知名度はもちろんのこと、嵐自体の知名度も高く、「みんなが知っていて年代問わず人気があり親しみやすい」こともおすすめ理由となっているようでした。また、デビュー曲や数年前に発売された曲がランクインするなど、嵐の曲はリリースされた年に関係なく人気があることがわかりました。

しかし、このランキングで一番特徴的だったのは「光GENJI」の曲が4曲も入ってきたことではないでしょうか。3位にランクインした「勇気100%」はジャニーズグループに歌い継がれているため納得の結果とも言えますが、その他ランキングに入った「パラダイス銀河」「ガラスの十代」「STAR LIGHT」はリリースから30年以上経っている曲です。凄まじい人気を誇り、伝説のアイドルと言われた光GENJIのすごさを再認識した結果となりました。

これから運動会や体育祭だという方もいると思います。いつもは意識して聴いていなかった方も多いと思いますが、運動会や体育祭に流れている曲を気にしてみてください。今回紹介した曲が流れたときは、小さく「よし!」とつぶやいてくださいね(^^)

0