ジャニーズのアイドルと言えば「爽やか」「キラキラ」といった言葉がぴったりですよね。そんな彼らはどちらかというと落ち着いた冬よりも、ハツラツとした夏が似合うイメージがありませんか?ジャニーズアイドルの歌には、夏になると聴きたくなる歌がたくさんありますよね。

そこで今回は、ジャニーズの歌で夏に一番ぴったりだと思う曲は何かを、無作為に集めた100名からアンケートをとり、なぜその歌が一番ぴったりだと思うのか口コミなどを集計してまとめてみました。

100名に聞いた!ジャニーズの歌で夏に一番ぴったりだと思う曲の口コミランキング

100名に聞いた!ジャニーズの歌で夏に一番ぴったりだと思う曲の口コミランキングのグラフ

1 位 夏の王様 ( KinKi Kids ) … 23 名
2 位 ジェットコースター・ロマンス ( KinKi Kids ) … 18 名
3 位 BANG! BANG! バカンス! ( SMAP ) … 9 名
4 位 フラワー ( KinKi Kids ) … 6 名
5 位 Summer Splash! ( 嵐 ) … 5 名
6 位 SUMMER TIME ( NEWS ) … 4 名
6 位 SUMMER NUDE’13 ( 山下智久 ) … 4 名
8 位 Ho!サマー ( タッキー&翼 ) … 3 名
9 位 Sha la la☆Summer Time ( Kis-My-Ft2 ) … 2 名
9 位 オモイダマ ( 関ジャニ∞ ) … 2 名
9 位 罪と夏 ( 関ジャニ∞ ) … 2 名
12 位 きっと大丈夫 ( 嵐 ) … 1 名
12 位 夏模様 ( KinKi Kids ) … 1 名
12 位 エンドレス・サマー ( NEWS ) … 1 名
12 位 Summer Breeze ( Kis-My-Ft2 ) … 1 名
12 位 SHAKE ( SMAP ) … 1 名
12 位 BOUNCE GIRL ( KAT-TUN ) … 1 名
12 位 movin’ on ( 嵐 ) … 1 名
12 位 Oh Yeah! ( 嵐 ) … 1 名
12 位 太陽のあたる場所 ( V6 ) … 1 名
12 位 夏のかけら ( Coming Century ) … 1 名
12 位 ハイティーン☆ブギ ( 近藤真彦 ) … 1 名
12 位 真剣SUNSHINE ( Hey! Say! JUMP ) … 1 名
12 位 夏の名前 ( 嵐 ) … 1 名
12 位 Love so sweet ( 嵐 ) … 1 名
12 位 Summer Dreamer ( ジャニーズWEST ) … 1 名
12 位 season ( 嵐 ) … 1 名
12 位 風 ( 嵐 ) … 1 名
12 位 ナイスな心意気 ( 嵐 ) … 1 名
12 位 太陽がいっぱい ( 光GENJI ) … 1 名
12 位 渚のお姉サマー ( NEWS ) … 1 名
12 位 WANNA BEEEE!!! ( Kis-My-Ft2 ) … 1 名
12 位 SUMMER GATE ( SMAP ) … 1 名

100名に聞いた!ジャニーズの歌で夏に一番ぴったりだと思う曲の口コミランキンググラフ結果

今回は「夏の王様」が1位、「ジェットコースター・ロマンス」が2位と、KinKi Kidsが歌う曲が見事ワンツーフィニッシュを飾りました!この2曲はまさに「夏歌」と言える曲で、明るくノリの良い爽やかな曲ですよね。

今回のランキングでは多くの曲が入りましたが、その中でも5位以内の上位にKinKi Kidsの曲が3曲入りました。どちらかというとKinKi Kidsの曲はマイナー調の暗めの曲が多いので、夏歌ランキングの上位に3曲もランクインしたことを意外に感じた方もいるではないでしょうか。

また、3位には惜しまれながら解散をしたSMAPの曲が、5位には嵐の曲が入りました。特に嵐の曲は33曲中9曲がランクインしています。このようなジャニーズのランキングでは、やはりSMAP、嵐は「強い」と感じる調査結果となりましたね。

100名に聞いた!ジャニーズが歌うジャニーズの歌で夏に一番ぴったりだと思う曲の口コミ調査 BEST5

1位 「夏の王様( KinKi Kids )」-明るく爽やかなメロディと歌詞は夏にピッタリ!ジャニーズを代表する夏の歌- 23名

今回見事1位に輝いたのはKinKi Kidsの「夏の王様」でした。この「夏の王様」は2000年に発売された10枚目のシングルで、堂本剛さんが主演していたドラマ「Summer Snow」の主題歌となっていました。また、「夏の王様」と曲調が違う「もう君以外愛せない」との両A面になっていて、KinKi Kidsの魅力を存分に味わえるシングルとなっています。

「この曲を聴くと夏が来たなと思う」「太陽が眩しい夏の光景が浮かんでくる」といった意見が多数ありました。また、タイトルや歌詞からも夏を感じられ、特にサビの「Yo!太陽の下で夏をカジろう」の歌詞がカッコイイなど、この部分が印象に残っている方が多くいました。テンポが良く、曲調が明るいので夏の陽気な雰囲気にあっていて、聴いているだけでテンションが上がり、楽しくなってくるような曲となっています。とにかく夏らしいノリの良い曲なので、夏のドライブやカラオケにもおすすめの曲です。

今回多くのジャニーズの曲を抑えて1位に輝いたこの曲ですが、実はKinKi Kidsの二人はこの曲のキーが高すぎること、曲調が明るいことを理由に苦手としており、歌番組で披露するのを断っているそうです。「キーを変えて歌えば?」とも思いますが、キーを変えてしまうとコードが持っている響きが変わってしまうため、歌うときは原曲キーで歌うそうですよ。KinKi Kidsがこの曲を歌っているが見られるのは今となっては「レア」なのかもしれませんね。
サビに入る前の歌詞「Oh! Summer time」の部分は「王様」と掛けているので、この曲を聴くときは、その部分も注目して聴いてみてください。

夏の王様を選んだ方の年代は?

夏の王様の年代別グラフ

発売当時、この曲を聞いて青春を謳歌していたと思われる、20代、30代の方を中心に票を集めています。聴いているだけでテンションが上がるので、掃除や洗濯中に聴けば作業もはかどるなんて意見もありましたよ。

夏の王様を選んだ方の口コミ

この歌が聞こえてくるたびに当時は、夏がきたなと思っていました。歌詞がとても夏っぽくて、海に行きたくなる歌です。心が盛り上がる歌で元気にもなれます。今でも夏が近づいてくるとこの曲を流してテンションをあげています。
サビ部分の「太陽の下で 夏をカジろう」の部分など、夏の青空と日差しが目に浮かんでくるような、夏を感じられる曲だと思うからです。テンポもよく、思わずリズムにのりたくなるようなメロディーもとても夏らしいと思います。
ジャニーズの夏曲と言ったらいっぱいありますけど自分は夏の王様ですねKinKi Kidsが好きでちょうど世代というのもありますけどこの曲聞くとまた夏がやってくるんだなという気持ちになりますしよく聞いていたなと懐かしい気持ちにさせてくれる曲でもあります。いかにも夏の歌という感じのする曲ですし剛くんのドラマも見ていたのでそのイメージも浮かんできますね
太陽を感じながら夏を満喫している様子が歌詞からわかってきてとても楽しい夏を感じられるのでぴったりだと思います。Summer timeや夏や太陽というようなキーワードがたくさん出てきますし、夏は明るい曲があっていると思うのでみんなで楽しく歌えると思うのでおすすめです。
タイトル通り夏の歌ですが、明るくてノリのいい曲調なので、聴いていると気分が上がります。歌詞も前向きで、元気になれる曲です。この曲を聴いていると、太陽が眩しい夏の光景が浮かんできます。夏といえば、この曲だと思います。
テンポが良く、踊りだしたくなるような感じがあり、曲調も明るいので、夏の陽気な雰囲気に合っている。歌詞に「Summer」「太陽」などの、夏のフレーズが並んでいる。PVでも、Kinki Kidsの二人が夏の衣装で楽しそうに歌っているから、聴いているこちらも楽しくなれる。
まずタイトルがキャッチーで夏そのもの、夏に思わず聴きたくなります。詞は言葉遊びもあるので覚えやすくカラオケでも歌いやすそうです。曲調は軽く夏の開放的な気分とリンクして、気分が爽快になります。なので、掃除や洗濯中に聴けば作業もはかどります。
ゆったりした曲調が、太陽がギラギラした夏に聴くにはピッタリな曲だと思います。太陽を「キミ」として、励ましてくれる歌詞なので、夏の日が暮れた海などで聴いたら穏やかな気持ちになれるのではないかなと思いました。
楽曲の題名にもあるように、夏を意識している曲で、リズムやテンポがすぐになじむ。とてものりのよい曲で、聴いているだけで楽しくなってくる。この曲を聴いていれば、暑い夏でも元気に乗り切っていけそうな気分になれる。
KinKiKidsの代表曲であり、多くのジャニーズファンに親しみのある楽曲であると思います。ウキウキ感を向上させてくれる軽快なメロディは、夏の暑さを楽しみに変えてくれるため、とても元気が湧いてきます。
キンキのお二人が、20歳くらいのころの作品ですが、お二人とも若くてエネルギッシュに感じます。夏の歌らしく、アップテンポで明るい曲で、聞いていると元気が出ます。曲を出したころの剛さんの金髪っぽい髪形が懐かしいです。
タイトルからして夏っぽいですが、イントロからアップテンポでノリがいいので、テンションが上がります。歌詞も片想いをしている男性目線で、恋の予感を感じさせる前向きなイメージなので、ぜひ海岸で聴きたい曲です。
とってもさわやかで、タイトルも歌詞も夏らしさ満載な曲だからです。ミディアムテンポで速すぎず遅すぎないのでノリやすく、海やプールなどで流れてそうです。メロディーも明るく、ゆったりとした曲調で癒されます。
太陽の下で夏をカジろうなんて歌詞を聞いたときにすごく格好いいと思いました。多分他の人が歌っていたらちょっとチャラくなって夏がもっと嫌いになってしまったかも、キンキが歌うとなんだか哀愁があって太陽の下に出たくなり自然と励まされている感じがします。
夏をテーマにしている曲であることはもちろんですが、歌詞とメロディが印象深いものになっているのが理由です。メロディを聴くだけで夏がやってきたんだなという気分になりますし、テンションも上がります。夏には必ず聴きたい曲の一つです。
KinKi Kidsの夏歌はたくさんあって、どれにしようか迷いましたがカップリング曲の、もう君以外愛せないも良い曲で好きなので、夏の王様を選びました。当時はこの歌をKinKi Kids大好きな友達とカラオケでよく歌っていました。懐かしい思い出です。
夏にぴったりの爽やかなメロディーと覚えやすくて夏を感じることが出来る歌詞がおすすめの曲です。耳に残るメロディーなので、みんなが口ずさめる曲だと思います。この曲を聞きながら、夏にドライブで聞きたいと思います。
夏といえばこの曲!「太陽の下で夏を感じよう」とKinKi Kidsも歌ってるように真夏の太陽をギラギラと感じさせる曲です。KinKi Kidsをイメージさせながら聞くと暑さも、爽やかで元気な夏になります。
タイトルに夏が入ってるのでいかにも夏を連想する曲だと思いました。歌詞にも夏を連想するものが入ってるので夏にふさわしい曲として自分はこの曲がオススメです。実際に暑い夏に聞くと気分良くなって元気になります。
曲のタイトルからして、ザ・夏!!です。暑い夏に聞くと、めちゃくちゃ爽やかな気分になります。暑くて力が入らない時でも、ノリノリでテンションが上がる曲だと思います。夏を思いっきり楽しみたくなるのですごくおすすめです。
大勢の人が集まる夏の大浴場でも毎年この曲が流れるぐらい夏の定番曲ですが、KinKi Kidsのファンなので灼熱の夏を過ごすぴったりの曲で初めて聴いたときから大好きです。KinKi Kidsの2人の素敵な歌声で夏が大好きになれる曲です。
夏と言えばキンキキッズの夏の王様が一番夏っぽい歌だと思います。夏らしく明るく楽しい曲なので聞いているとこちらも夏を感じることができます。夏と入っている曲のほうが夏を感じますがその中でも夏の王様が一番夏っぽくて好きです。
夏らしい明るいメロディーと歌詞で、テンションが上がるから。夏のドライブなどで聞くのに良いと思います。爽やかな歌で、耳に残るメロディーなので口ずさめますし、昔の歌ではありますが今聞いても古くさくなく良い曲です。

2位 「ジェットコースター・ロマンス ( KinKi Kids )」-夏の海に行くときのBGMにおすすめの一曲- 18名

今回2位に選ばれたのは、KinKi Kidsの「ジェットコースター・ロマンス」でした。この「ジェットコースター・ロマンス」は1998年に発売された3枚目のシングルで、KinKi Kidsの二人が出演していたANA「’98パラダイス沖縄」のCMソングになっていました。作詞作曲を「硝子の少年」を担当したのと同じ、松本隆さんと山下達郎さんのゴールデンコンビが手がけています。

「この曲を聴くと『ああー夏だ!』と思わせてくれる」「真夏に海辺をドライブしながら聴きたい曲」との意見が多数ありました。また、この曲に合わせてKinKi Kidsの二人が出演していたCMが印象に残っている方も多く、「沖縄の美しい空と海がぴったりの曲」「二人が海ではしゃぐシーンが忘れられない」との意見もありました。歌詞には「夏」「波」「海辺」「サーブ・ボード」など、夏の海を連想させるフレーズがたくさん使われているため、この曲を聴くと海に行きたくなるという声も聞かれました。20年前の曲ですが古さを感じさせず、KinKi Kids二人のキラキラした感じがよく出ている、夏らしい爽やかな曲となっています。

デビューシングルから現時点までに発売されたシングル全てが初登場1位を獲得、4枚のシングルでミリオンセラーを記録しているKinKi Kidsですが、この「ジェットコースター・ロマンス」はKinKi Kidsのシングル売上ランキングでは5位に入っています。ミリオンセラーにも迫る売上を記録しましたが、発売当時はミリオンに届かなかったため、KinKi Kidsのデビュー20周年に合わせて、ファンの間でこの曲をミリオンセラーにするための購買運動「ジェロマミリオン大作戦」が展開されました。そのため、発売から18年経った2016年2月には、オリコンデイリーランキングで18位に入り当時話題となりました。そんなファンの方たちの思い、KinKi Kidsの二人は嬉しいでしょうね。

ジェットコースター・ロマンスを選んだ方の年代は?

ジェットコースター・ロマンスの年代別グラフ

「中学、高校の頃に毎年夏になると流れていてこの曲を聴くと懐かしく夏が来たなと思う」という口コミがあったように、30代の方からの票を中心に集めています。青春時代の思い出の曲となっているのでしょうね。

ジェットコースター・ロマンスを選んだ方の口コミ

とにかくトロピカルな曲調で、これを聞くと、ああー夏だ!と思わせてくれます。歌詞も海を連想するようなものになっていて、真夏に海辺をドライブしながら聴きたい曲です。ちょっとしたサンバ的な要素も入っていて、ノリの良い夏におすすめの一曲です。
波は、ジェットコースターという歌詞が海を感じさせてくれて爽やかで夏に聴きたくなります。明るくて爽やかな曲だから夏におすすめです。夏にドライブなどで聴いても楽しめると思います。海に行きたくなるような歌です。
真夏の海辺での楽しい恋の様子を、爽やかに歌ったナンバーです。聴いているだけでドキドキワクワクしてきます。キラキラと輝く夏の太陽と水しぶきが目に浮かびます。結構昔の歌ですので、今時の若い子は知らないかもしれませんが、だからこそ聴いてみてほしい名曲です。絶対、海に行きたくなります。
ANAの沖縄のキャンペーンソングで、当時CMを見ていました。最近は、あまり聞く機会がなくなりましたが…ふと、ラジオで流れたりしていると、夏だな!…と勝手に思ってしまいます。KinKi Kidsの二人が海ではしゃぐシーンが忘れられません。それだけに、CMに起用されると印象が強いんだとおもいます。
さわやかな歌詞、ポップなメロディーが夏の始まりにぴったり。素敵な季節の始まりを予感させます。歌詞も「夏はアミューズメント・パーク」「サーフボードに寄りかかりながら」「夏の斜面を滑りながら」と、夏がいっぱいです。
KinKi Kidsの2人が出演したANA沖縄キャンペーンのCMに使われた曲で、沖縄の美しい空と海がぴったりの曲だからです。歌詞に登場する風、波といった夏を象徴する言葉や、開放的な明るいメロディーが聞く人を楽しい気持ちにしてくれる曲です。
夏の明るい雰囲気がよく出ている。歌詞も夏をイメージしたものが多く、元気に夏に海をドライブしている時や、友達大勢と海で遊んでいる時などに聴きたくなる曲だと思います。また、私の青春時代の思い出もあるので。
歌詞の中身が夏らしいので、夏と恋のイベント双方が燃え上がりそうで、暑苦しさを聞くだけで感じられる曲だからです。暑い夏には冷たいものを連想させる、海辺・風・濡れた髪などが歌詞に含まれていることから、同時に涼しさも求めている感じがするからです。
いきなり始まるサビの、波はジェットコースターというフレーズが印象的で、アップテンポで聴いていて楽しくなるからです。サーフ・ボード、ビキニといった夏らしいワードも出てきます。曲は1998年にリリースされましたが、今でも通用するというか、ちょうどKinKi Kidsのキラキラした感じがよく出ているかと思いオススメします。
夏と言えばこの曲しかありません。イントロの笛の音を聴くと頭の中には雲ひとつない晴天の海が目に浮かびます。1番の歌詞にも『夏はアミューズメントパーク』と歌ってるぐらいなので夏をイメージして作られた明るい曲なので本当にオススメです。
20年くらい前に発売された曲だったと思います。この曲は音楽番組で何度も聞いていたので、聞いているうちに夏をイメージと合う曲だと思いました。まさにジェットコースターみたいなドキドキする歌詞が印象的でした。
中学生くらいの頃にハマっていたKinKi Kidsがとても好きで今でも昔ハマった曲はすぐに思い出せるので夏の歌といえば?と言ってたらすぐにKinKi Kidsのジェットコースターロマンスが出てきました。夏の海を思い出させるような歌詞とメロディが大好きです。
中学の時に流行って、夏休みのプールやイベントでもよく流れていました。中学、高校と一番青春を送った時代に毎年必ずと言うほどどこかで耳にしていました。その度に懐かしく思い、また今たまに聴いてもその時の夏の思い出が蘇ります。個人的に夏が来た!って感じが一番する曲です。
アップテンポで爽やかなメロディはまさに夏に相応しい一曲で、海水浴やドライブデートで聴きたくなります。この曲を聴くと太陽に反射してキラキラ輝く真夏の海が思い浮かび、この歌詞のようなひと夏の恋を経験したくなります。
歌詞にも「夏」「サーフボード」「海辺」と夏に関連・想起させるワードが多く、曲調もワクワクする感じだからです。中・高校生の頃夏にアミューズメントパークやプールに行くとこの曲が流れており、この曲を聴くと夏が来たなと思ったものです。
まさに夏、というか夏休みのはしゃいだ1コマがぎゅっと詰まっている感じです。夏の日差し、風、海、ビキニの水着、サーフボード、そしてジェットコースターのような波!さわやかでいてうねるようなメロディが、どこか危うげな夏の午後を思わせ、無性に海に行きたくなります。
ジェットコースターロマンスは、歌詞も波、サ-フボ-ドなどとあり夏を想像できてる歌詞が使われ、曲が山下達郎ということもありとても爽やかでテンポ良いメロディーで夏になると車でドライブをして大音量で聞きたい歌です。
私が中学生のころにとても流行っていて、夏といえばこの曲だ!というくらい爽やかなメロディーと歌詞が印象的だからです。剛くんと光一くんのCDジャケットもとても夏らしかったのを覚えています。この曲を聴くと海に行きたくなります。

3位 「BANG! BANG! バカンス! ( SMAP )」-作詞はクドカンが担当!夏のウキウキ感が溢れた明るくポップな曲- 9名

3位に入ったのは2016年に惜しまれながら解散したSMAPの「BANG! BANG! バカンス!」でした。この「BANG! BANG! バカンス!」は2005年に発売された37枚目のシングルで、作詞を宮藤官九郎さんが担当、テレビ朝日系の世界水泳やスーパーベースボールのテーマソングとなっていました。

「暑い夏にぴったりの弾けた曲」「暑い夏を元気に乗り切れそうな気持ちになれる」などの意見が多くありました。また、歌詞の中には「クーラー」「海パン」「太陽」など、夏を連想させるフレーズがたくさん出てくることや、曲名の「バカンス」からも夏が感じられるとの意見がありました。明るくポップな曲調は夏のウキウキ感が溢れていて、この曲を楽しそうに歌っていたSMAPのメンバーが印象に残っている方もいました。聴いているだけで元気になれて、みんなで盛り上がることができるおすすめの一曲です。

この曲の作詞は、脚本家の宮藤官九郎さんが担当していています。歌詞の中には「男前だね木村くん」「稲垣って名字の半分はガキガキガキ」など遊び心満載のフレーズが多く、クドカンワールドが味わえるような歌詞となっています。海へのドライブにもおすすめとの意見もありましたが、「木村くん」「稲垣」の部分を一緒にいる人の名前にして歌えば盛り上がること間違いなしだと思いますよ。

BANG! BANG! バカンス!を選んだ方の年代は?

BANG! BANG! バカンス!	の年代別グラフ

30代の方からの支持を多く集めています。この曲を聞きながら海へ行っていたのかもしませんね。テンションが上がるような楽しい曲なので、暑くてだらけているときに聴くのがおすすめですよ。

BANG! BANG! バカンス!を選んだ方の口コミ

歌詞が宮藤官九郎が書いていますが、すごくポップで楽しい感じで好きです。ラジオなどで夏に近くなると流れてくるので、「夏だな」と思います。この時は仲が良かったのかななんて思ってしまいますが、このころに戻って歌って欲しいですね。
明るくポップで踊り出したくなるような曲調で、「バカンス」という単語が曲中にたくさんでてくるところから、聞くだけで夏を感じられる一曲だと思います。クーラーや裸足といった夏を連想させる言葉もたくさん曲中に登場するところも、夏にぴったりな曲としておすすめできる点だと思います。
暑い夏を元気に乗り切れそうな気持ちになれるので、夏にぴったりの曲だと思います。解散は残念でしたが、当時メンバーが楽しそうに歌って踊っていたのが印象的です。宮藤官九郎さんが作詞をされ、歌詞の中にも、クーラー、海、太陽、海パンなど夏を連想させる単語が散りばめられています。
夏が溢れている歌詞とノリノリでの曲調に聞いているだけで、夏のウキウキ感が湧いてくる曲だと思います。歌っているスマップの楽しさまでも伝わってくる曲なのではないでしょうか。海沿いをドライブしたくなります。
暑い夏にぴったりの弾けた曲で、聴くだけで夏が楽しみになり気分もウキウキ明るくなる曲なので、これから夏休みに向けて気分を夏高めたい人におすすめだと思います。歌詞もふざけた感じでどんな人でも楽に聴くことができます。
夏って感じが率直にするからです。歌詞の中に「BABYBANG!BANG!BANG!裸足でGO NOW」とありますが、バカンスと夏を思い浮かべるワードも入っていて、曲調もテンポもよく、盛り上がる曲でもあるので夏にはとてもおすすめだと思います。
もう解散をしてしまって、昔の映像でしか見ることができないのがとても残念です。歌っているスマップが夏の服装をしており、とても夏らしさを感じさせてくれます。みんなで盛り上がることができる夏曲だと思います。テンションがとても上がります。
とにかく夏らしい歌です。曲調も夏らしくアップテンポで、ラップの部分もあり、聞いていて元気になるし、暑くて項垂れそうな気持ちが吹き飛ばされる感じです。海へのドライブなどで聞いても似合う曲です。青空の下でみんなで歌いたい歌です。
真夏の暑くてダルい日常と、とにかくテンションを上げて楽しく弾けたいようなせめぎ合い、誰でも共感できる歌詞の中に絶妙なバランスで表現されていて、ノリノリのナンバー。聴けば聴くほど、曲調や、間奏も含めて味わい深い一曲。

4位 「フラワー ( KinKi Kids )」-南国をイメージさせるミディアムテンポの優しい夏歌- 6名

4位に入ったのはKinKi Kidsの「フラワー」でした。この「フラワー」は1999年に発売された7枚目のシングルで、KinKi Kidsの二人が出演していたANA「‘99パラダイス沖縄」のCMソングになっていました。シングル売上はミリオンセラーを達成、KinKi Kidsのシングル売上ランキングでは4位に入る大ヒットソングです。

「曲調が南国をイメージできる」「夏にふさわしい爽やかな曲」との意見があったほか、「KinKi Kids二人の透明感ある歌声がこの曲に合っている」「二人の優しくて爽やかな歌声と明るい歌詞は夏にピッタリ」などの声も聞かれました。また、2位の「ジェットコースター・ロマンス」と同じANAの「パラダイス沖縄」のCMソングとなっていたため、「夏に旅に出たくなるような気分が高揚する曲」との意見もありました。夏の歌というとアップテンポな曲が多いですが、この曲は速すぎず遅すぎずのミディアムテンポの曲のため、ゆったりと落ち着いて聴けるような明るくて優しい雰囲気の曲となっています。

当時KinKi Kidsが曲を披露するときには、後ろにジャニーズJr.がいることが多かったですよね。この「フラワー」を歌うときもたくさんのジュニアがいましたが、その中には嵐のメンバーや山下智久さん、藤ヶ谷太輔さん、生田斗真さんなどがいました。今見るとすごいメンバーですが、当時「KinKi Kidsのバックダンサーはスターになる」という伝説があったそうです。この伝説は本当だと証明されていますよね。この曲を歌っている当時の映像を見る機会があったときは、後ろのジュニアにも注目してみるとより楽しめると思いますよ。

フラワーを選んだ方の口コミ

中学生の頃、運動会の応援団でフラワーを踊りました。とても思い入れのある曲で、夏になると思い出します。さぁこれから夏がやってくるぞ!と、夏の始まりを表すとてもいい曲だと思います。五月病柄長引いてる時はこの曲を聴くと、さぁ夏になる!頑張ろう!という気持ちにさせてくれます。
全体的にとても爽やかな感じがして、夏のドライブの時は必ずかける曲です。ANAの夏季のCMソングに使われていて、曲とCMの雰囲気がすごく合っていて昔から好きでした。夏に旅に出たくなるような、気分が高揚するメロディーでとても好きです。
私が幼い頃、夏に離島に旅行しに行った時に、車で移動していたのですが、車内のラジオか何かでKinKi Kidsのフラワーが流れていました。フラワーの曲調も南国をイメージできるものなので、夏っぽさを肌と耳で感じたその時の経験から、フラワーを聴くと夏を感じずにはいられません。
メロディーがカラッとしていて、夏にふさわしい爽やかな曲だからです。また、二人の透明感のある歌声がこの歌のメロディーとマッチしていて、とても素敵です。海に向かう途中なんかに聞くとテンションが上がります。
夏と言えば、アップテンポでノリノリな感じで盛り上がるようなダンスナンバーを耳にする機会が多いです。逆に、「フラワー」のようにアップテンポにしすぎない曲の方が疲れすぎないので聞いていて心地いい感じがします。
まさに南国に来たかのようなメロディーから始まって、KinKi Kidsふたりの優しくて爽やかな歌声と明るい歌詞で夏にぴったりだと思います。この曲を聴くと何となくふたりがアロハシャツを着て歌っているイメージです。

5位 「Summer Splash!( 嵐 )」-ライブでも盛り上がること一曲。アルバムに収録されている夏の名曲- 5名

今回5位に入ったのは嵐の「Summer Splash!」でした。この「Summer Splash!」は2010年に発売されたオリジナルアルバム「僕の見ている風景」に収録されている曲で、嵐が出演していたJAL「わくわくアロハ計画2010」のCMソングになっていました。シングルカットされていない曲ですが、今回は5位に選ばれました。

「曲名にもSummerとあり、ライブでも盛り上がる曲なので夏にピッタリ」「曲中に波の音なども入ったまさにTHE!夏という曲」という意見がありました。アルバムに収録されている曲のため、それほど有名な曲とは言えませんが、知られていない名曲で「ぜひ広まって欲しい」との声もありましたよ。

口コミには「ライブで盛り上がる」との意見が多くありましたが、この曲は嵐のライブでは歌われることが多いライブの定番とも言える曲のようです。アップテンポでノリの良いメロディと夏らしい歌詞だけでも盛り上がる要素が満載ですが、「Summer Splash!」の声に合わせて放水される演出や、「Oh Yeah!」「Summer Splash!」などのコール&レスポンスで一体感が生まれ、より楽しめる曲となっています。

シングルになっていないことにくわえ、ライブのことを口コミに書いてくれた方が多くいたことからも、この曲をおすすめしてくれたのは嵐のファンの方だと思います。今回のランキングでは他にも嵐の曲が入っていますが、その中でもこの曲が上位に入ったということは、それほど夏に一番ぴったりの曲なのでしょうね。

Summer Splash!を選んだ方の口コミ

題名にもSummerとありますし、嵐のライブでも盛り上がる曲で夏にぴったりな曲だと思いました。また、ライブでも水を使った演出などもしてましたし、全体的に夏にぴったりな歌詞なので夏に聞くには一番オススメです。
Summer Splash!はアルバム僕の見ている風景に収録されてる曲でそこまで有名な曲ではありませんが、他にもNEWSのSUMMER TIMEなど有名な曲がありますが、歌詞などが、一番夏って感じで夏にはこの曲が一番合ってると思います
イントロからして夏の爽やかな感じで、曲中に波の音なども入ったまさに「THE!夏」という曲なのでオススメです。夏ソングは沢山ありますが、アルバム曲なので知られていない名曲で、是非もっと広まってほしい曲です。
曲名の通り、夏の水しぶきを思う存分に楽しもうよ!と言う楽しい感じが伝わってくる、とってもポップでノリのよいウキウキする楽曲です!ライブでのコール&レスポンスもとても楽しく、この曲を聴くとテンションがぐっと高まります。
嵐の2010年発売の「僕の見ている風景」に収録されているアルバム曲なのですが、某テレビで紹介されるほど魅力のある曲。アルバム曲がテレビで紹介されるのはなかなか珍しいと思います。ライブでも大変盛り上がり、題名、歌詞、曲調もさわやかでとても夏らしくいい曲です。

100名に聞いた!ジャニーズの歌で夏に一番ぴったりだと思う曲の口コミランキングまとめ

100名に聞いた!ジャニーズの歌で夏に一番ぴったりだと思う曲の口コミランキングはいかがでしたか?

上位5曲のうちの3曲がKinKi Kidsの曲でした。KinKi Kidsというと「哀愁を帯びた」「どこか切ない」というイメージがありますが、今回は明るくノリの良い曲が選ばれました。イメージとは少し違う曲だからこそ、そのギャップが魅力となっているのかもしませんね。今回上位に入った「夏の王様」「ジェットコースター・ロマンス」「フラワー」はKinKi Kidsの初期の頃の曲で、二人の爽やかな歌声が素敵な曲ですが、この3曲ともKinKi Kidsの二人は苦手としている曲だそうですよ。今では歌番組で披露することがあまりない曲なので、これらの曲を歌うときは、忘れずにチェックしておきたいですよね。

その他にランキングされた曲を見てみると、アップテンポで明るい曲が多く、聴いているだけで「テンションが上がる」「元気になれる」曲ばかりでした。なんとなく気持ちが開放的になる夏だからこそ、このような曲が聴きたくなりますよね。海に行くときや夏のドライブにはもちろんのこと、気分を上げたいときに聴くのもおすすめです。

自分が好きな夏歌にくわえて、今回紹介した曲も聴いてみてください。新たにお気に入りの夏歌リストに入る曲があるかもしれませんよ。